第 5 人格 カウボーイ。 第五人格の利敵行為について。過去にマルチで第五人格をしていたらチ...

【アイデンティティ5】カウボーイ対策まとめ!【第5人格】

第 5 人格 カウボーイ

内在人格「危機一髪」を発動させないで救助することができるため、終盤まで温存することができる。 カウボーイの外在特質 パーク カウボーイの外在特質 投げ縄 アイコンをタップすると投げ縄を投げることができる。 サバイバーにヒットすると対象を背負いつつ数秒間移動速度が上昇し、ハンターにヒットするとハンターの反対側へと高速で移動できる。 アイコン長押しで投げ縄の対象を狙い続けるとゲージを溜めることができ、ゲージが最大まで溜まると多少照準を外しても必ず命中するようになる。 また、投げ縄を使って風船状態や拘束状態の仲間を救助することもできる。 庇護欲 女性キャラを背負った状態でダメージを受けると自身が2回分のダメージを受け、背負った仲間はダメージを受けない。 男性キャラを背負った状態でダメージを受けると、両者ともに1回分のダメージを受ける。 特に風船状態から仲間を救助する際は役立つので、失敗する確率が下がるぞ。 閉鎖空間装備のハンターなら、 ハンターが窓枠を乗り越えたタイミングで縄を当てれば簡単に反対側へと逃げられるぞ。 仲間が追われているなら助けるのもあり もし付近で解読キャラがハンターに追われているなら、投げ縄で助けるのもありだ。 数秒間の高速移動を駆使して距離を引き離せるため、より安全に解読時間を稼ぐことができるぞ。 どの方向に逃げると安全なのか判断しやすくなるため、チェイスで失敗しにくくなる。 ハンターから逃げ切りやすい 「割れ窓理論」を取得しているため、 窓枠と板を駆使すればハンターから逃げやすくなる。 仲間を縄で救助したあとの安定感を高めやすく、カウボーイと相性が非常に良い内在人格だ。 ハンターに捕まってしまっても長い時間耐えられるようになるため、「受難」とも相性が良い。 ハンターの接近にも気づきやすくなるため、チェイスの安定感を高めることができるぞ。 負傷者を確実に逃しやすい! 「危機一髪」のおかげで、 仲間を救助してからの20秒間は攻撃を受けてもダウンしなくなる。 縄救助には反応しないため、ここぞという場面がくるまで温存することも可能だ。 さらに救助へ向かいやすくなるため、危機一髪とも相性が良くおすすめ。 カウボーイの衣装 国王の裁縫師 タイトル 結論 遭遇 1枚の写真:雪に足をとられ地面に座り込んでいる少年が、みすぼらしい服に身を包んだインディアンの女の子とその近くにいる狂牛を見上げている。 女の子の手には、精巧に作られた投げ縄が握られている。 恩に報いる 1枚の写真:カヴィン一家と女の子が古く壊れかかった暖炉を囲み楽し気にしている。 女の子が自分の投げ縄を渡している瞬間をとらえた一枚だ。 期待 別れが訪れた後に、再び会える確証もないのだ。 悪夢 懸賞通知:インディアンを殺した米国住民には、懸賞金が与えられる。 ということは、ついこの間家に来た牛や羊は、こうやって得たものなのか? 生計 雇用契約:農場主は、定期的にカヴィン・アユソさんに対し報酬を支払うこととする。 幸運にも、心身共に健康なカウボーイにとって、生計をたてるのはそう難しい事ではない。 九死に一生 1枚の写真:火の傍に横たわるカヴィンの周りを数人のインディアンが囲んでいる。 とても興奮した表情を浮かべる族長のような老人の手には、精巧に作られた投げ縄が握られている。 贖罪 日記の1ページ:僕がかくまっているあの2人が行った罪と同胞たちによる悪行を、できる限り償っていきたい。 完全殺戮 「信じてくれ!皆の行先を漏らしたのは僕じゃない、僕は裏切り者なんかじゃないんだ!」 躊躇い 「お嬢さんとは、昔とても仲の良い友人でした。 一緒に素晴らしい冬を過ごせたのです。 その後、彼女は戻られていないのですか?」 背負いきれない重荷 族長に書いた別れの手紙と、お金が入った袋。 恐らくこれが彼の全財産だろう。

次の

#5 シルエットでカウボーイ集【第五人格】

第 5 人格 カウボーイ

投げ縄 長押しした状態では目標を狙うことができ、照準範囲内で投げると必ず目標に命中する 照準範囲を外すと照準進捗が失われる 縄が仲間に命中すると、一定時間移動速度が上昇する。 縄がハンターに命中すると、ハンターの頭上を飛び超えて、反対側に着地する カウボーイは風船およびロケットチェアにいる仲間を救出することができるが、通常より多く縄を消費する。 唯一興奮を気にせず風船救助ができるキャラ• フェイスキャンプに対しても横から縄で救助できるので若干強い• 救助する前にハンターに気付かれると全身でガードされるが…• アップデートにより、縄を板か暗号機に当てることである程度の距離を素早く移動できるようになった• 月の河の滑り台上から遠くの板まで、ジェットコースター乗り場から板へ、のような通常では有り得ないルートでチェイス可能• 割れ窓理論無しでも十分チェイスをこなせるようになった。 が、ファスチェを引いたら救助する機会は少ないので縄はどんどん使ってしまっていい• また、他のチェイスキャラと比べると移動の際の出だしが非常に遅いのでコツがいる• 板当てのスタン時間が長い• 救助だけでなく縄を使って味方のチェイスサポートもこなせる。 縄が命中したサバイバーがカウボーイの位置まで足跡も無しに瞬間移動し更にカウボーイの加速効果で離脱できるので視界の悪いマップではそれだけでハンターを撒ける事も。 距離を置いた状態でサポートできるのでハンターから攻撃されづらくリスクが少ない。 窓を挟んだ位置からなら更に安全。 特に聖心病院の出窓のような一方通行で入って来れない場所から縄を投げるとノーリスクハイリターン。 に猫をつけられても、使徒に縄を当てて飛び越えることでスタンにならずに猫を外す事ができる• 女性キャラを担いでいる時に攻撃を受けるとダメージを肩代わりすることができる 短所• 縄を扱うのに練習が必要なため、初心者にはおすすめできない• のチェーンと同じように縄を投げてから対象に当たるまで時間差があるわけだが、 こちらには一切命中補正がつかない。 そのため、 風船救助はかなり難しい。 長押しするとオートエイムがつき、普通に投げるよりかは比較的やりやすくなるのだが、上手いハンターだと投げ縄の音を聞いてサバイバーを風船から下ろしてしまう。 結局のところハンターの移動ルートを先読みした置き撃ちが一番安定するとされる。 男性キャラとの相性が悪い• 特にランクマだとやなど、優先して採用したいキャラが男キャラのため立ち回りを制限されやすい• 女性キャラを担いでいる時に攻撃を受けるとカウボーイが2ダメージを受けるだけだが、男性キャラを担いでいる時に攻撃されると両者が1ダメージを受ける= 縄救助だった場合はDDの危険性がある、ということである• また、男性キャラと一緒に解読をすると解読効率が極端に落ちてしまう• この点はハンターがだった時や最後の1台を解読する時にかなり重いデバフになる。 前者は写真世界崩壊までに暗号機が上がらず、後者は寸止めまでチェイス中の味方が耐えられない可能性が高くなる• 断罪狩人との相性が悪い。 断罪狩人のチェーンの方が縄より射程が長い。 縄救助を狙う時は断罪狩人の射程に入らざるを得ないという事になる。 チェイスの時に板や暗号機に縄を投げて移動してもチェーンの方が射程が長いので逃げ切れず即座に引き戻されてしまう。 しかし断罪狩人のチェーンはほぼ水平に近い射角でしか投げられないのに対し、カウボーイの縄は角度をつけて投げられるため高低差に強い。 この差を活かすことが出来れば射程の差による弱みを充分補い対抗する事も出来るだろう。 担ぎ状態で板を越えられない• 開始時• などと同様に、 序盤は粘着より解読を優先しよう。 解読デバフがあるとはいえそこまで大きくないので、どんどん解読を進めていきたい。 粘着をすることで 解読する人が一人減ってしまうデメリットを考えよう• ファーストチェイスの補助をする場合、自分が一台解読が終わってからで良い。 その場合、仲間にがいると粘着しても解読を進めることができる。 チェイス• 自分がファーストチェイスになったときは、 縄を出し惜しみしないようにしよう。 ファーストチェイスになった時点で、縄を救助に使う機会はほとんどないと言える。 縄を使わないで死ぬより、使ってチェイスを伸ばした方がいい。 スキルボタンをタップしてから板に引き寄せられるには若干のタイムラグが存在するため、カスタムなどで練習して感覚をつかもう。 ハンターに縄をひっかけて飛ぶことで、飛び越えることができる。 これを使うことで、の霧やのロケットダッシュを避けることができたり、の猫を外すことができる。 のアスレチック、の出窓、閉鎖空間が発動した窓枠など一方通行の窓枠を乗り越えてきたハンターに縄を当てて、カウボーイ自身は窓枠の向こうに戻るというの香水戻りのようなことが出来る• しかし、ハンター側には神出鬼没で窓枠以外から降りることで縄を回避できるという対処法が存在する• 救助、粘着• 風船救助• 基本的には ハンターの移動ルートを先読みした置き撃ちをしよう。 ハンターから姿を見られていたら簡単に避けられてしまうため、 なるべく死角から救助しよう。 この際、内在人格「囚人ジレンマ」を持っていると救助が成功しやすい。 縄を振り続けることでオートエイムが発生し、照準が少しずれても風船救助をしやすくなる。 カウボーイを使いはじめた人はこれを使おう。 画面中央に常にサバイバーをとらえるようにすることで、オートエイムが外れにくい。 地下室に向かおうとしている仲間の救助に有効。 しかし、オートエイムを発生させるためには縄を振り続ける必要があり、上手いハンターだと縄の音を聞いてサバイバーを風船から下ろしてしまう。 また、風船救助には確実に成功する瞬間が存在する。 これを「即縄」という。 カスタムマッチなどで練習しよう。 また、ハンター側もこれがわかっているため、サバイバーがダウンした時、カウボーイがハンターの目の前にいることで牽制になり、それだけでも時間稼ぎになる。 椅子救助• 椅子にいくまでは隠密をする。 椅子の近くまできたら、縄で仲間を助け出そう。 ハンターは、救助者がカウボーイだとわかったら全身でガードしてくる。 救助するつもりがハンターに縄が当たってしまい、そのままハンターに殴られる…などはよくある話。 それを防ぐため、縄を振った時サバイバーが青く縁取られていることを確認しよう。 の壁の裂け目など、それぞれのマップの椅子に救助対象者を安全に逃すことのできる「穴場」となる場所が存在する。 なお、地下救助の場合、相手が女性サバイバーかつ危機一髪が発動している状態であれば、相手を担いで階段を上がることで相手がダメージを受けないように地上まで運ぶことができるので(自分が救助される側でも同様)、その後のDD回避がしやすくなる。 ハンターの死角となる場所から、チェイス中のサバイバーを担ぐ。 などの視界の悪いマップだと、ハンターはこれだけで見失うことがある。 死角でなくても、縄の射程+縄加速で十分距離を離すことができる。 板グル中の補助をするとき、縄の判定が板に吸われないように注意• また、カウボーイは板スタンの時間が長いため、板当てをするのも手• 救助、粘着後には縄加速などを使ってサバイバーを安全なところまで運ぼう。 ハンターに追いつかれそうになった場合は、サバイバーを下ろして肉壁をしよう。 短所の欄にある通り、担いでるサバイバーが男性キャラだった場合最悪DDもありうるから。 のページにもある通り、心眼はカウボーイが担いでいる間は軽叩きも出来ないため、ほとんど周囲が見えていない。 救助後に下ろすタイミングには特に気を付けよう。 また、自分がカウボーイに担がれている間は自分から降りないようにしよう。 通電後 他のサバイバーがゲートを開けている間は、後ろから縄を振り回してゲートを開けているサバイバーをいつでも担げるようにするといい。 瞬間移動でやってきたハンターからすぐに逃げられる おすすめ人格• 受難 起死回生 寒気 怪力 カウボーイはチェイスがきついので基本的に39がおすすめ。 怪力は馬上英雄との相性が良く、囚人ジレンマもあるので風船救助をしやすい。 板当てを狙わないなら生存の意思や不撓不屈でも• 受難 起死回生 寒気 膝蓋腱反射1 縄をチェイスに使い、救助は危機一髪で行うというスタイル。 風船救助や粘着ができなくなるのであまりおすすめはしない。 受難 起死回生 寒気 怪力2 かすかな音または雲の中の散歩をつけてもいい 味方が遠くて救助に間に合わない、地下室だから39じゃ行けない、野良が救助行ってくれない、そんな悩みを解決する天賦。 左を捨てた為、初手は絶対隠密。 もしばれてしまっても尻に火で板倒しを早め怪力でスタン時間を延ばしてチェイスをするという脳筋天賦。 この天賦だと自分で救助に行き、危機一髪で遠くに逃げ縄救助することで即死してもセカチェを伸ばすことで4通電を狙いに行くことができる。 かすかな音で椅子への縄救助をやりやすくさせる。 03 受難 起死回生 囚人ジレンマ 膝蓋腱反射2 S徽章の人が考えた天賦。 殿堂級まで使わない方がいい。

次の

【第五人格】シーズン5で入手できる報酬一覧

第 5 人格 カウボーイ

第1位:調香師 第1位は「 調香師」でした! 調香師はチェイス型(ハンターに追いかけられることを得意とすること)のキャラクター。 外在特質の『忘却の香』を使うことで、香水をまいたタイミングから数秒間、まいた瞬間に戻れるという能力を持っています。 この能力はハンターに追われているときや仲間を救出するときに役立ち、初心者でもキャラクターの扱いが簡単と言われています。 かわいらしい見た目も相まって、今回堂々の1位となりました。 第2位:空軍 第2位は「 空軍」でした! 空軍は救助型(仲間の救出を得意とすること)のキャラクター。 最初から信号銃を携帯しており、ハンターに向けて使用すると、一定時間ハンターを気絶させることができます。 仲間を救出する際にタイミングよく信号銃を使うことで、逃走時間を稼ぐことができる優秀なサバイバーです。 第3位:傭兵 第3位は「 傭兵」でした! 傭兵も空軍と同じく救助型のキャラクターですが、サブタイプとしてチェイス型も備わっています。 ダメージを受けても15秒遅れて有効になったり、肘当てを使用してダッシュできたりと、仲間の救助時に役立つ特質を多く持ちます。 上手く使いこなせると、非常に立ち回りやすいサバイバーです。 Pick up!! 『占い師』 占い師はサポート型のキャラクター。 サポート型は読んで字のごとく、他のサバイバーのサポートをすることに長けているサバイバーです。 試合開始時にハンターの影が見られるので、ハンターの位置や種類を特定できたり、使い鳥を使って他のサバイバーや自身が受ける攻撃を防いだりとゲームを有利に進行できる能力を多く持ちます。 ローブをまとう見た目のカッコよさも人気の一つですね。 ハラハラドキドキのスリル満点鬼ごっこ 独特の世界観とハンターに追われるドキドキ感が魅力のゲーム。 また、友達とオンラインで一緒に遊べるので、グループ通話をしながらプレイすると、さらに盛り上がります。

次の