パナソニック 食 洗 機 修理。 パナソニックの食洗機が、水漏れ不良→部品交換で修理→排水不良→部...

パナソニック ビルトイン食洗機 水漏れ修理

パナソニック 食 洗 機 修理

パナソニック ビルトイン食器洗い乾燥機 漏水修理 パナソニック ビルトイン食器洗い乾燥機 品番 NP-45VE6SAA に、 誤って、食器洗い機用の専用洗剤ではなく、 手洗い用の台所用洗剤を投入しました。 すると「ピー ピー ピー」とエラー音が出て、運転停止してしまいました。 エラーコードを調べると、 水漏れエラーによる運転停止です。 ボタンを押しても、電源を切っても、ブレーカーを落としても 反応しません。 ダメです。 引き渡しの時に貰った取扱説明書(マニュアル)をみると、 「販売店か施工会社に連絡する」それしか対応が書いてありません。 で、電話してみると、メーカーの修理サービスを受けるしかない様子。 そして修理費用は1万5000円前後かかりますとの説明がありました。 高いです、、、、 サービススタッフが訪問して修理するので. ほとんど人件費なので、当たり前といえば当たり前の金額ですが、 うっかり、一般洗剤を投入しただけで、 その修理代に1万5000円、、、、、涙 インターネットでいろいろ調べてみましたが、 対応方法はどこにも書いてありません。 キッチンを取り付ける業務をしている職人用のマニュアルを、 インターネットで探してみましたが、 どうやら洗浄槽(洗浄庫)自体が、 システムキッチンが出荷の段階でついてくるので、 簡単に取りはずせる物ではないみたいです。 当然、職人用のマニュアルにも 洗浄槽(洗浄庫)の取り外し方は書いてありません。 漏水を自分で修理 しょうがないので、自己責任で修理をしました。 結果は無事修理完了しました。 しかしメーカーの人に聞いたわけでもないので 本当に大丈夫かわかりません。 パナソニック食洗機の漏水エラー表示 パナソニック ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45VE6SAAの漏水エラー表示です。 この表示がでると、操作不能になり、何も動かなくなります。 原因ですが、多分この隙間から見える漏水センサーが反応しているからです。 まず4ヶ所のビスを外して、横にある目隠しパネルを外します。 この2ヶ所も外します。 するとこんな感じで、横についている目隠しパーツが外す事ができました。 目隠しパーツが外れたので、隙間から奥が見やすくなりました。 庫内の奥の下にあるセンサーらしき物の周りが泡だらけです。 この泡を取ります。 タオルに水を吸収させて棒を動かし拭き取ります。 水が多いので、タオルを何枚か交換して拭き取ると、 水と泡がなくなりました。 電源ボタンをおしてみると、 やりました、無事復帰しました!!! 空運転をしてみると無事終了です。 漏水修理の注意 この記事は、食洗機の漏水を自分で修理を推奨するものでもありません。 あくまで自分で修理した方法の記録です。 決して真似をしないでください。 また、真似して修理し、故障した場合の責任も追いません。 食洗機が漏水した場合には、メーカーの修理を受けるのが適切な対応です。 食洗機の水漏れ対策 手洗い用食器用洗剤のボトルと食洗機用洗剤が、 両方液体タイプの為間違っていた事にきづきませんでした。 例えば食洗機用洗剤を粉末とかジェルとかスティックにしておけば 投入ミスがへると思いますので、今後はタイプ変えます。

次の

ビルトイン食器洗い乾燥機の修理代

パナソニック 食 洗 機 修理

食洗機が故障した 利用開始から7年目にして、の食洗機が故障しました。 型番は「NP-P45X1S1AA」、45センチ幅のビルトインタイプ食洗機。 症状は「さっと」ランプと「念入り」ランプが点滅した状態で、スタートボタンを押してもビープ音が連続して洗浄できないとうものです。 モード切替で乾燥のみにすれば利用はできたのですが、それでは不便なのでの修理窓口に連絡して来てもらいました。 じつは、数ヶ月前も一度来てもらっています。 そのときは食洗機の下段にある引き出しが、食洗機と干渉するようになってしまったという症状でした。 当時もに来てもらったのですが、別段食洗機に異常はなく、枠がゆがんでいるなどの状況もみられないということで、キッチン全体の立て付けなどの問題かもしれないとういことで特に対処無し。 そのまま、引き出しがカツンカツンと当たる状態で使い続けていたのですが、それと関係有るのか無いのかは素人にはよくわかりません。 まずはのサポート担当の人に来てもらうことに。 修理担当来訪 の方が来られると、一目で「これは水漏れ、後ろでパイプが外れているか緩んでますね」という診断がなされ、早速食洗機を取り外して確認することに。 まず、食洗機下段の引き出しを引き抜き、底板を留めていたネジを外して底板を外します。 左の写真は引き出しを引き抜いたところ。 底板はカラーボックスの背面版のように、溝に沿ってスライドさせながらはめ込むようになっていました(下の写真)。 引き出しを引き抜いて、底板を外した状態の写真が下の写真です。 キッチンの床板が途切れ、コンの床が見えています。 太い管は排水管でしょうか。 白い蛇腹状の管は食洗機の給湯パイプのようです。 それにしても…キッチンの一式、これって純粋に床に乗っかってるだけじゃない?おまけに床板からはみ出した部分は板の切れ端で支えてるとかこんなものなの?(の方にちょっと聞いたところ、どこもこんなものですよ、とのこと…ほんとかなぁ)。 次に、一旦外に出て給湯栓を閉じ、再度戻ってきて流し台の下に潜り込んで背部の電源OFFと配管を外しているようです…で、このあと問題が発覚。 「食洗機が外れませんねぇ」 この状態であれば、食洗機の枠を引き出すとそのままごそっと抜けるのが普通の取り付けだそうなんですが、どうも、キッチンの天板に付いている何かが干渉して引っかかってしまっているとのこと。 隙間からのぞき込んだの人は「ちょっと社に戻って工具を取ってきます」と、一度戻ってしまいました。 20分ほどで再度登場(結構近くのサービスセンターだったので)。 取り外し、まさかの事実 工具を持って戻ってきたの方は、床に養生用のシートを敷いて本格的な作業開始。 まず、食洗機とキッチン天板の隙間に長い工具を差し込んで、ハンマーでカツンカツンと叩き始めました。 ええっ!?大丈夫?と思っていると、引き続き食洗機がゆっくりと引き出されてきました。 手前の部分に汚れがたまっているのはご容赦を。 こうやって食洗機を抜き出してみると… なんと…天板に余計な木の板が…。 そしての人が一言。 「この、マジックで書いてある番号…隣の部屋の番号じゃないですか?おまけにこの木、両面テープで留めてあるので多分不要なものですよ」。 そう、天板を運搬する際の下駄のようになる板が両面テープで付いたままに。 おまけにどうやら、天板は隣の部屋のもののようでした…。 さらに、通常は天板を取り付けてから食洗機をはめ込むところを、この施工者は「食洗機を取り付けてから、上から天板を被せた」ようなのです。 だから、あとから食洗機を取り外そうとしても外れなかったのですね。 それにしても…隣の部屋の部材が来ていたということは……もしかして7年前の内覧会で発覚した、「頼んだゴミ処理機が付いていなくて食洗機が付いていた問題()」の原因は、純粋に隣の部屋と部材一式を取り違えていたことだったのは??? ま、販売会社も施工会社も倒産してしまった今となっては確かめる術もありませんが、いずれにしても、この板は不要そうなので取り外してもらいました。 で、結局食洗機異常の原因は、背面にある給排水管の劣化による緩みで水漏れを起こしていたことでした。 ゴム製の部品がかなり硬化してしまっており、留め具と接続部の間に隙間が空いていたようです。 単純に締め直すことで応急処置も可能でしたが、このあたりの部品は消耗品でどうしても経年劣化は避けられないとのこと。 というわけで、一式の交換をお願いしました。 費用は工賃込みで15,600円。 作業は1時間弱で完了し、その場で支払いを終えたあと、内部の清掃も兼ねた空っぽでの試運転を行って終了。 で、1つオマケの効果が。 なんと、冒頭に書いていた食洗機と引き出しの干渉も直っていたのです。 ということは、恐らく天板についていた余計な板の粘着テープが緩むか板がゆがんで、天板から食洗機を押し下げてしまっていたのでしょう。 なんというか、7年越しでと不良が発見、正されるというオチまで付いた食洗機修理イベントでした。 ちなみに、の方に最新型の食洗機に置き換えた場合どうだろう?ということを聞いてみましたが、機械自体は非常にシンプルな作りで、新しいモノでも目立った新機能は無いとのこと。 今回の部品入れ替えで今の機械はまた暫く使えるので、今のまま使い続けてなんの問題もないとのことでした。 そんなもんなんですね。

次の

食洗機 買替え対応機種検索システム

パナソニック 食 洗 機 修理

目 次• パナソニック食洗機の底から水漏れするのは故障? 食洗機が水漏れしたら、ビックリしますよね。 私はあわてて修理を頼みました。 保障期間が過ぎていたので、修理は有料でした。 その時は、パッキン交換をして水漏れはなおったのです。 ところが、半年もしないうちに、また同じ場所から水漏れするではありませんか? 半年でパッキンが悪くなるのもちょっとおかしいですよね。 そこで、食洗器の点検をしてみると・・・。 簡単に水漏れは直ってしまったのです。 パナソニック食洗機の水漏れの原因はパッキン? 前回の水漏れと同じ現象だったので、水漏れの原因は、またパッキンの劣化?と考えましたが、原因は意外なことだったのです。 我が家の食洗機の水漏れの原因は、水垢でした。 食洗機内部のパッキン部分を、お掃除していなかったからです。 食洗機のパッキンの部分を、キッチンペーパーで、ぐるっと拭いてみました。 すると、こんなに汚れていたのです。 たったこれだけで、食洗機の水漏れが直ってしまったのです。 結構汚れていますよね。 食洗機内部のお掃除をしていても、パッキンの隙間の汚れは見落としがちですよね。 スポンサーリンク パナソニック食洗機の水漏れ修理の前に確認してみて その後も半年に1度くらい水漏れがありましたが、パッキンの掃除だけで水漏れが直っています。 こんなに汚れているなら、月に一度くらいはパッキンのお掃除をしたほうがいいですよね。 お掃除のポイントは、食洗機の稼動が終わって、まだ内部が湿っているときの方が、パッキンの汚れを、綺麗に拭き取ることができますよ。 食洗機の中の白い水垢汚れの落とし方も紹介しています。 食洗機の水漏れ あれっ、水漏れしていると思ったら、修理を頼む前に、パッキンが汚れていないか、確認してみてくださいね。 お掃除するだけで、簡単に水漏れがなおってしまうことがあります。 修理を頼むと、出張費だけでも数千円、パッキン交換になれば2万円近くの修理費がかかります。 パッキンのお掃除だけで、水漏れか直ってしまえば、ラッキーですよね。 食洗機が水漏れしたら、パッキンの汚れを確認してから、修理を頼むか決めても遅くないですよ。 我が家の、食洗機の水漏れ対策を紹介しました。 修理を頼む前の参考にしてみてくださいね。

次の