アジングフロート。 【アジング】フロートリグで遠くのアジを狙い撃とう!その仕掛けや作り方、使い方まとめ

ただいま絶好調! Fシステムなどフロートリグを使った遠投系アジングを紹介【寄稿byモンキー】

アジングフロート

ライン アジングに使われるラインはナイロンライン、ポリエステルライン、フロロカーボンライン、PEラインの4種類で、太さはPEラインなら0. 2~0. その他なら2~5lbが主に使用されます。 違いは硬さや伸び率で、硬さは、エステル>フロロ>ナイロン、伸び率は、ナイロン>エステル=フロロ>PEといった感じです。 またPEラインは強度が高いためより細い糸を使うことが可能です。 アジングの場合は、遠投するならPEそれ以外ならフロロを使うのがおすすめです。 リーダー リーダーとはリールに巻いてあるラインの先端に接続する別のラインのことです。 アジングの場合、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンラインを使う時はジグヘッドに直結で大丈夫ですが、PEラインを使う時はリーダーを接続する必要があります。 リーダーにはフロロカーボンを使い、FGノットやノーネームノット、電車結びなどで結びます。 長さは根がかりのない釣り場なら40cm、根のキツイ場所なら1m程とるのがよいでしょう。 ワームの種類と色 ワームには、小魚を模したものや甲殻類を模したものなど様々な形があり、色もホワイト、ピンク、赤、緑、透明、ラメ入りなど多様です。 アジングでよく使われるのは、ストレートテールワームやシャッドテールワームで、サイズは1~2. 5インチくらいです。 色はどれがいいかはその日その時の状況によって違うのでピンク、ホワイト系を中心に数種類用意しておくのがよいでしょう。 ラインはジグヘッドに直接結んでも大丈夫ですし、スナップを挟んでもオーケーです。 スナップはあればジグヘッドを交換する際にいちいちラインを切る必要がなく便利なのですが、アジングの仕掛けは非常に軽いので使う時は専用のものを使うことおすすめします。 シンカーはガン玉やカミツブシでも大丈夫ですが、専用のものはゴム管でつなげるようになっているのでラインを切らずとも違う重さに交換することができます。 そこでアジが浅い棚にいてなおかつ遠投したい場合にはフロート(飛ばしウキ)を使用します。 仕掛けの作り方は簡単で、ラインにフロートとクッションゴムを通したらサルカンに結び、サルカンのもう一方に結んだラインにジグヘッドをつければ完成です。 この仕掛けに使われる中通しのシンカーは、TICTのMキャロをはじめ専用のものが売られているのでこれを使うのがおすすめです。 ミノーなどでも釣れますが、最もよく使われるのは3~8g程度の小型のメタルジグです。 浅い棚では不利ですが、深場に潜む大型のアジにはメタルジグの方が効果的な場合も多いです。 まとめ 色々な仕掛けがありますが、とりあえずジグヘッド単体を基本として、釣れないときはオモリを追加して広範囲を攻めてみるって感じでいいと思います。 ジグヘッドやワームは、釣り場にある程度の種類を持っていった方がいいのですぐに取り出せるようワームケースを使ってきれいに収納しておくのがおすすめです。

次の

アジング用シンカーってどんなふうに使えばいいの?ユーザー評価の高いおすすめアイテム特集

アジングフロート

アジングはジグヘッド+ワームの組み合わせである、所謂「ジグ単」の釣りを軸に楽しむ釣りではありますが、1g前後のリグを使ったときの飛距離は、どう頑張っても30mが限界であり(10m〜20mの飛距離が妥当)、 「遠く沖を回遊しているアジ」を狙うことは不可能です。 場所によっては「飛距離を出さないことには話にならない」ようなポイントもあるため、そのような場所では、どうアジングを展開していくか?が釣果を分ける大事な要素となり、外せないポイントとなってきます。 そこで便利なのが「フロートリグ」を用いた方法で、ジグ単の釣りでは10〜20mほどの飛距離で戦わなければいけないところ、フロートリグを使うことで50mほどの飛距離を出すことができるようになるため、 「飛距離を出すことが絶対条件」な状況下では、これ以上ない武器となるのです。 今回は、そんな「フロートリグ」の仕掛けや作り方、その使い方までを詳しくまとめていこうと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。 フロートアジングを楽しむときの仕掛け(ロッド、リール、ライン)の考え方 1g前後のリグを扱う一般的なアジングでは、〜3gまでのリグを扱えるタックルセレクトを組むことが大半ですが、フロートアジングを楽しむときは、〜15g前後のリグを組むことが多くなるため、 「重たいリグを背負うことができるタックルセレクト」が必要不可欠な要素となってきます。 一般的なアジングロッドだと、〜5gまでがリグウエイトとして設定されていることが多いため、エギングロッドやシーバスロッドを流用するか、フロートリグを扱うことに特化したロッドを使うことが絶対条件となってくるのですね。 ただし、あまりにパワーが強いロッドや重たいロッドでは、操作性が悪くなったり、感度が低下することになるため、できる限りライトなロッドをセレクトしていきましょう。 フロートアジングで使うリールですが、基本的には 「ロッドとバランスが取れたもの」を使うことが理想的です。 番手で言うと各メーカー2000番〜2500番が最適で、後はロッドの重量とリールの重量のバランスを考え、先重りしないタックルバランスを意識しておけばオッケーですね。 ラインの種類はPEライン、太さは0. 4号〜0. 6号、ショックリーダーはフロロカーボン4〜10ポンドを、必要な強度に応じてセレクトしていきましょう。 かっ飛びボール• シャローフリーク• ぶっ飛びロッカー では、それぞれ一つずつ詳しく見ていきましょう。 ハピソン かっ飛びボール かっ飛びボールは中に電球が内蔵されており、電池を入れることで光ってくれる、非常に視認性に優れたフロートリグです。 真っ暗闇の中、フロートアジングを楽しむときは「仕掛けがどこに飛んだか分からない」「巻きすぎてティップに仕掛けを巻き込んでしまう」などなど、ストレスが溜まる要素が多いのですが、かっ飛びボールはその全ての悩みを一撃で解消してくれます。 光色は赤、青、緑が用意されており、ウエイトは4. 6g〜7gがラインナップされており、サスペンドからエクストラシンキングまで、フォールスピードが選べるようになっています。 アルカジックジャパン シャローフリーク シャローフリークは最早フロートリグの定番とも言えるアイテムとなっており、「Fシステム」というリグを組むことで、ジグ単のような感度精度を誇ったまま、遠投でのアジングゲームを楽しむことが可能となっています。 シャローフリークにはフローティングタイプとダイブタイプの2種類が用意されており、表層付近を回遊しているアジを狙うときはフローティング、中層〜ボトム付近を攻めたいときはダイブタイプと、異なるアジングを楽しむことが可能であり、ウエイトは7. 5〜16. 6gまでがラインナップされています。 出典: シャローフリークを使ったFシステムの作り方はこんな感じで、ショックリーダーを結束するときに出る不要なライン(カットするライン)上にシャローフリークを結束するという、なんとも不思議なリグとなっています。 フロートが孤立していることから、従来持つ感度性能を損なわずにアジングを展開していけるため、「ちょっとしたアタリをモノにすることが大事なアジング」において、これ以上ないフロートリグとなっています。 アルカジックジャパン ぶっ飛びロッカー こちらもアルカジックジャパンからリリースされているフロートリグで、Fシステムとは違い「中通し式」のフロートリグとなっています。 「Fシステムを組むのが面倒」そんなときは、ぶっ飛びロッカーで文字通りぶっ飛しちゃいましょう。 フロートリグの使い方 超遠投を可能とするフロートリグですが、一体どのような使い方をすれば良いのでしょうか?基本的には「ジグ単と同じような使い方」でオッケーなのですが、ちょっとした使い方のコツがあるため、その辺りについて詳しくお話していこうと思います。 フロートアジングの使い方としては、「ただ巻き」「ただ巻き+フォール」「チョンチョンフォール」この3つがあるため、それぞれ一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。 (Fシステムを基準にお話していきます) ただ巻き 文字通り、「ただ巻いてくる」だけのテクニックとなります。 ただし、ただ巻きでコンスタントに釣果を得るためには、その日の(アジの)活性に合わせたリトリーブスピードを見つけ出すことが肝心で、2秒に1回転ほどのスローリトリーブが効くこともあれば、少し速めのリトリーブが効くこともあるため、色々試してみるのが釣果を伸ばすコツとなります。 アジは(どちらかと言うと)横の釣りよりは縦の釣りに好反応を示す魚ですが、 活性が高いときほどただ巻きに好反応を示す傾向にあるため、アジが表層付近に浮いているような状況下や、積極的にベイトを追い回しているような状況下では、「ただ巻きオンリー」のフロートアジングを楽しんでいきましょう。 ステイを入れるただ巻き アジの活性が渋いときなど、「ただ巻き」だけでは反応が鈍いことがありますが、そんなときは「ステイを入れたただ巻き」を試してみて下さい。 グルグルとタダ巻きで引いてきて、そのままテンションフォールで沈める。 こうすることで(フローティングタイプのフロートでは)フロートリグを軸にワームが斜めに落ちていくこととなり、落ちきるとそのレンジをキープしたまま、ユラユラと漂うアクションを演出してくれます。 また、ステイしたままラインテンションを掛け、そのまま放置しておくことで、潮の流れや風によりフロートリグが動き、よりナチュラルな誘いを掛けることができるため、 所謂「巻かない釣り」でアジを狙うテクニックも、アジに有効的な方法です。 チョンチョンフォール アジが散っているときなど、積極的にアピールしていくテクニックが「チョンチョンフォール」です。 その名の通り、ロッドで2〜3回ほどチョンチョンとアクションを入れ、その後のカーブフォールで口を使わせる・・・という、アジングのスタンダードとも言えるテクニックですね。 ただ巻きの釣りで反応が鈍いときに最適な方法であり、良く釣れるテクニックなので、ぜひお試しあれ。

次の

楽しさは無限大!! 夏のアジングを制するためのノウハウ|【Shar's=Style= vol.11】

アジングフロート

フロートリグでのアジング そもそもアジングやメバリングなどのライトタックルでの繊細な釣りの釣行は、片手で数えるほどしか行ったことがなく、タックルやルアー、仕掛けもそんなに持っていない初心者なわたし。 そんな初心者でも大きなアジが陸っパリで簡単に釣れてしまうと釣友のHさんに教えて頂き挑戦することに!! 仕掛けはリーダーから三又サルカンを経由して、エダスにフロート、ハリスにジグヘッドを装着するだけ。 私が使ったタックルと仕掛けを紹介すると、 タックル ロッド:8. 3フィートのMLぐらいのシーバスロッド いつもワインドで使ってます リール:シマノの2500番 仕掛け ライン:PE0. 6号 イカメタルで使ったそのままのライン リーダー:フロロ2号、40~60cmぐらい ハリス:フロロ1. 5号、80~100cmぐらい フロートと三又サルカンの間のエダス:フロロ8号、10cmぐらい フロート:アルカジックジャパン シャローフリークF15g ジグヘッド:0. 2~0. 4gのジグヘッド ワーム:釣れそうなやつ! ジグヘッドには、デカアジに対応できるとさらに軽いをチョイス。 アジングやメバリング用のジグヘッドと三又サルカン 三又サルカンはイカメタルのオモリぐ用を流用 あとは、海の状態や潮の状況に合わせて、フロートの種類をスローシンキングさせたり、ジグヘッドを重くしたり軽くしたりするとのこと。 フロートリグでのアジングのタックルとしては、アジングタックルのような華奢なタックというより、太刀魚などのショアジギングやエギングタックルで挑むイメージでしょうか。 びゅんびゅん遠投して飛距離が欲しかったのですが、キャスティング時などでの高切れが少し心配だったのでメインラインをPE0. 6号で挑戦しましたが、もう少し細めのラインでも大丈夫そうでした。 実際、フロートリグでキャスティングするとめちゃくちゃ飛んでいきます。 この飛距離が出ることで、今まで普通のアジングでは狙えなかった距離にいるでかいアジを狙えるとのことみたいです。 はじめてのフロートリグのアジングの釣果は? ごろた石の釣り場 むこうに関空が見えます 釣り場に到着したのが17時40分ごろ。 ちなみに長潮で、満潮が16時44分。 うす暗くなってきて、先行者がすでにアジをコンスタントに釣り上げています。 夕まずめのアジの時合いがきているようで、はやる気持ちを抑えて準備をします。 まずは0. 2gでいざ釣り開始~ フロートリグを使ったアジングのキャスティング距離は、想像していた以上にぶっ飛んでいきます。 へたくそな私でも60~70mぐらいは飛んでいるのでは!? 釣り方は、目標のレンジをキープしながら、できるだけゆっくりとリールを巻きながら、たまーにちょんちょんと軽くアクションを付けて少しフォールを入れます。 レンジキープといっても、今回の準備したフロートリグは完全にフローティングなので表層付近しか探れないのですが… 笑 ジグヘッドの重さでフォールスピードを変化させるぐらいしかできませんね~ すぐにアジからのアタリが! わりと手前の20~30m付近で小刻み良いアジのアタリが頻発します。 少し竿のスペック的に無理があったのか、私がへたくそなのか、なかなか合わせても乗りません… 汗 なんとか数投後に1匹目!.

次の