正月門松。 正月に門松を飾る意味。由来と語源。時期はいつからいつまで?

門松の意味や由来!正月に飾る理由を教えて!

正月門松

年末も慌ただしくなり、もう少しで新年正月ですよね。 正月と言えば正月飾りがあります。 正月飾りと言えば、 しめ縄 門松 鏡餅 玉飾り 羽子板 破魔弓 など色々とあります。 その中でもよく飾られる正月飾りと言えば 「しめ縄、門松、鏡餅」などですよね。 そんな正月飾りの「しめ縄、門松、鏡餅」の由来や意味をご存知ですか? なんとなく毎年、正月飾りを飾っているけど、実は何のためにどういった意味があって飾っているのか知らない方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな疑問にお答えし、正月飾りの「しめ縄、門松、鏡餅」の由来や意味について解説したいと思います。 正月飾りの「しめ縄、門松、鏡餅」の飾る期間や飾り方を知りたい方はこちらも参考にしてみて下さい。 またしめ縄、門松、鏡餅などの正月飾りの処分の仕方・方法が知りたい方はこちらも参考にしてみて下さい。 簡単に説明すると、天照大神 あまてらすおおみかみ が弟の悪事に怒ってしまい、岩屋へ閉じこもってしまいました。 天照大神は太陽の神様なので、閉じこもってしまうと太陽が出なくなり、真っ暗な世界になってしまいます。 ですので、これに困り果てた他の神様たちが天照大神を誘いだすために岩屋の前で宴会を始めました。 その宴会騒ぎが気になって岩屋の戸から身を乗り出したところで、もう二度と岩屋に入らないように、岩戸をしめ縄で縛ってしまいました。 これがしめ縄の由来です。 しめ縄は 「神の世界と現世を隔てる」という意味があります。 しめ縄を漢字で書くと 「注連縄」となります。 この「注連(しめ)」の意味が場所と場所の境界を分けて立ち入りを禁じる標示を意味しているそうです。 sponsored link 【正月飾り】門松の由来と意味は? 門松とは竹や松などで作られた正月飾りのことを言います。 門松は別名、 「松飾り」「飾り松」「立て松」とも言い、歳神様がお家にやってくる際の目印として家の門の前に立てます。 昔から樹木には神様が宿ると言われており、松という木は 「祀る(まつる)」の語呂に合わせて縁起が良い樹木として門松に使用されるようになったそうです。 門松と言えば 「竹」のイメージがあるかと思いますが本来は 「松」で作られているものなのです。 そんな門松の由来ですが、平安時代に行われてた 「小松引き」という宮廷貴族の遊びで外から持って帰ってきた松を玄関に飾るようになったことが始まりだと言われています。 小松引きとは 長寿祈願のための風習で、正月初めの子(ね)の日に外に出て,小さな松を引き抜いてくる宮廷儀礼です。 そして、門松に竹も使用されるようになったのは室町時代になってからそうです。 その時代では、竹は長寿を象徴するものだったみたいで、松と一緒に竹も門松として立てるようになりました。 【正月飾り】鏡餅の由来と意味は? 鏡餅とは大きさの異なった円形の丸いお餅を二つ重ねたもので、神様にお供え物として床の間に飾ります。 お正月には歳神様がお家にやってきます。 歳神様がやってくると家を守ってくれるそうです。 その歳神様に感謝の気持ちを込めてお供えをするわけですね。 正月の間、鏡餅の中には歳神様が宿っています。 そして鏡開きでその鏡餅を食べると一年間、病気などをせずに 健康に過ごすことができると言われています。 また鏡餅の二つの大きさが違うのは 「陰と陽」「月と太陽」を表しており、その二つを重ねることによって福徳が重なるという意味があるそうです。 まとめ 今回は正月飾りのしめ縄、門松、鏡餅の由来と意味について簡単に紹介しました。 思っていたとおり、どれも縁起が良い由来ばかりでしたね。 昔からの風習というのは、やはり意味があって行っているものなんですね。 最近ではあまり正月飾りをしない家庭も増えてきましたが、こういった由来をちゃんと知って、正月飾りを飾れば一年間、健やかに過ごせそうですね^^ カテゴリー•

次の

正月に門松を飾る意味。由来と語源。時期はいつからいつまで?

正月門松

門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし この句は一休禅師が著わした『狂雲集 (きょううんしゅう)』という詩集に掲載されている一句にまつわる逸話なのだが、まあ、なんという強烈な皮肉であることか。 「めでたいのう、めでたいのう。 あの世にまた一歩近づいたのだから、めでたいのう。 正月に飾られるの門松は、まるで冥土へと向かう道に築かれた一里塚みたいなものじゃ」 このような意味の一句を詠みながら、一休禅師は年が明けたばかりの正月ムードの京の町を練り歩いたという。 しかも、手には竹竿を持ち、その竿の先に人間の髑髏 しゃれこうべ を刺していたというのだから驚愕。 現代でこれをやったら、すぐさま通報されて警察の厄介になること間違いなし。 一説によれば、家の前を髑髏を掲げた不気味な僧侶が歩いているという、この気味の悪い出来事が起きたせいで、 京の人々は正月の三ヶ日の間は外に出ないようにするという風習が広まったとか。 もちろん、一休宗純という不審者と出会わないために。 しっかりと家の戸を閉める人々の姿が目に浮かぶようで、この逸話には本当に困惑する。 一休宗純の奇行の意味 ただしこの逸話、一休禅師の心を鑑みれば、一概に拒絶する話ではないことも確かである。 誰もはっきりと自覚したいなどとは思っていないかもしれないが、正月を迎えることは、それだけ死が近づいたという一面を意味している。 死というものが大袈裟で実感が湧かないというのなら、「老い」に置き換えてみてもいい。 誕生日を迎えるということは、一つ老いたということ。 誕生日ケーキに差されたロウソクは、冥土へと向かう道の一里塚。 捉えようによって、めでたいことでもあり、めでたくないことでもある。 すると確かに、年をとることは「めでたくもあり めでたくもなし」となる。 女性に限った話ではないが、年をとることに抵抗を感じる人は多い。 新年を迎えた、あるいは誕生日を迎えたことをめでたいと思いながらも、また一つ年をとって老いてしまったのだなと、頭の片隅では寂寥を味わう。 幸と不幸が同封されたプレゼントを受け取るような、嬉しいような嬉しくないような複雑な心境。 その意味で、一休禅師の句に共感できる方は、もしかしたら少なくないのかもしれない。 一休禅師の狙いは、おそらくそのあたりにあるのではないだろうか。 つまり正月を迎えて、めでたいめでたいと浮かれ祝う京の人々に、この一句を詠んで聞かせることで人々を正気に戻そうとしたのではないかと。 ちゃんと目を覚ましておけよと。 新年を祝うということは、死の近づきを祝っているという意味でもあるんだぞ。 死はすぐそばにあるんだぞ。 自分の死というものをちゃんと認識した上で、正月を祝うんだぞ。 そんなメッセージを込めた一句だったのかもしれない。 有り難し 「ありがたい」とは嬉しいという感情とは幾分か性質の異なる感情である。 それはまさに、有ることが難しいという「 有り難し」の心境そのもので、人生というものがあたりまえにあることではないのだという、 生を慈しむ心境に近い。 この「ありがたい」という心と、「冥土の旅の一里塚」の句を詠んだ一休禅師の心には、共通点があるのではないだろうか。 生と死とは、まさに表裏の関係にある。 自分が今ここに「在る」ことは、考えれば考えるほど「有り難い」ことに思えてならない。 めでたくもあり、めでたくもない正月。 生きることと年をとることと死ぬことがセットになったこの人生をどう捉えるか。 一休禅師の句は、そんな課題を突きつけているのかもしれない。 金襴の袈裟を脱ぐ 一休禅師に関するもう1つの逸話は、「 金襴の袈裟を脱ぐ」という話。 ある日、一休禅師を訪ねて一人の男がやってきた。 取次の僧が応対すると、男はこう言った。 「私は京都の高井戸と申す長者の使いです。 突然ではございますが、 明日は大旦那さまの一周忌でして、ぜひ一休禅師さまにお勤めをお願いしたく思い参じました」 取次の僧がその旨を一休禅師に伝えると、では伺うことにするから時刻を訊いておいてくれとのこと。 その返事を聞いて安心した使いの者は、頭を下げるとお寺を後にした。 使いの者が去ってからしばらく経った。 陽が傾き、夕闇が辺りを包みはじめた頃、高井戸家の玄関先に、 一人のみすぼらしい格好の男が現れた。 泥だらけの薄汚れたぼろを着ている。 「どうぞ、お恵みを……」 男は哀れな声で両手を差し出し物乞いをした。 玄関に立つ高井戸家の使用人たちはそれを聞くと、 「だめだ、お前にやるものなどない。 さっさと立ち去れ」 と、男を追い返した。 「僅かばかりでかまいません。 どうか、どうか……」 男はなおも両手を差し出す。 「うるさい、帰れと言っておるのがわからんのか!」 やがて騒ぎは家の中にまで聞こえ、とうとう若主人が家の中から出てきた。 「おい、何をしている。 早くこいつを追い返さぬか。 去らぬのなら叩き出せ!」 使用人は命じられたとおり、男を叩きつけ蹴り倒し、最後には往来に放り捨てた。 そして固く門を閉ざした。 さて、翌日、 一休禅師は煌びやかな金襴の袈裟をまとい、約束の時刻に高井戸家に赴いた。 玄関先には大勢の人が集まり、主人ら一族郎党は紋服姿で一休禅師を出迎えていた。 主人は一休禅師の傍に歩みより丁重に頭を下げた。 「本日はようこそおいでくださいました。 さあ、こちらへどうぞ」 先導をするように招く主人であったが、 一休禅師は足を動かさなかった。 「こちらでございます。 さあどうぞ」 再度招くも、それでも一休禅師は微動だにしない。 「わしはここで結構じゃ」 「えっ、いや、お上がりいただきませぬと、お勤めいただくことができませぬゆえ……」 「ここで結構。 わしにはここが身分相応なのじゃ」 一休禅師は玄関先に敷いてあったむしろの上に腰を下ろし、立ち上がろうともしなくなった。 主人はさすがに苛立ちを隠しきれず、一休禅師の手を引いて立たせようとする。 すると、一休禅師はその手を払いのけ、 「それほど招き入れたければ、この 金襴の袈裟を仏間に持って行っていきなされ。 わしは人に足蹴にされるような者で有り難いものではないからのう。 玄関先のむしろの上で十分じゃ」 怪訝な表情をする主人らを、一休禅師は皮肉そうな笑みを浮かべて眺めた。 「ご主人、昨日の黄昏れ時にみすぼらしい男がやってきたじゃろう。 あれはわしじゃ。 昨日は散々叩かれ蹴られ、今日は手厚くもてなされ。 一体これはどういうわけじゃ。 昨日のわしと今日のわしとで違うところは、この金襴の袈裟のみ。 されば、この袈裟を招き入れればよいのが道理ではないか」 これを聞いた主人らは、一様に言葉を失った。 一休宗純禅師といえば、 将軍や多くの大名から尊敬される傑僧である。 そのような人物にむかって昨日のような非礼無礼を浴びせてしまったのかと思うと、ただただ顔が青ざめるばかりであった。 一休禅師は乾いた笑い声を響かせると、 着ていた袈裟や法衣を脱いで、笑顔で言った。 「法事はこの袈裟と法衣に頼みなされ。 そのほうが功徳もあるじゃろうて」 そして何も屈託もなく軽やかに立ち上がると、すたすたと寺へ帰っていった。 身だしなみは大事だが、 見てくれで人間を判断しては、物事の内面を見抜くことはできないのだろう。 まさに傑僧と呼ばれるにふさわしい一休禅師らしい逸話である。 zen-ryujo.

次の

正月の門松!飾りの意味と由来はどこから?

正月門松

火田, 博文 [2019]. Pan roringu Hatsubai. 中央学院大学人間・自然論叢. 2019年10月21日閲覧。 1089ブログ()、2012年1月9日• 364()• [ リンク切れ]• 河北新報、2017年12月16日• 西宮神社• 大國魂神社• エキサイトニュース、2011年12月26日• 市原市• 産経WEST、2014年12月27日• [ リンク切れ]• 編「年中行事事典」p272、1958年(昭和33年)5月23日初版発行、東京堂出版• 『広辞苑 第5版』及び『大辞林 第三版』の「門松は冥途の旅の一里塚」の項• レファレンス協同データベース•

次の