いちご 飴 簡単 レンジ。 飴の簡単な作り方まとめ!定番のべっこう飴からフルーツ飴・金太郎飴まで

いちご飴の作り方でパリパリにするには?固まらないなど失敗しないコツは?

いちご 飴 簡単 レンジ

〈このレシピで使う材料〉• 砂糖 180g• 水 50cc• このレシピで使う砂糖は1カップ。 ただ、砂糖の1カップって言われても、計量カップがない分かりません。 計量カップがない場合のために一応グラムを紹介。 上白糖は130g• グラニュー糖180g• ザラメ 200g 健康志向な人に人気のきび砂糖を使う場合は、上白糖と同じ130gです。 計量カップがない場合はぜひ参考にして下さいね。 こちらも鍋で作るレシピ。 ポイントは先ほどと同じです。 絶対にかき混ぜないようにしましょう。 煮詰める時間が早いと、水飴状になりベタベタに。 ほんのりきつね色なった瞬間がベストな状態です。

次の

いちご飴の作り方でパリパリにするには?固まらないなど失敗しないコツは?

いちご 飴 簡単 レンジ

シリコンケース(耐熱性の深いお皿でもOK)• 竹串(つまようじでもOK)• キッチンペーパー• 気になる方は包丁で切ってもOKです。 苺をふく作業がかなり大事になります。 つまようじでやる場合は1本だと苺の重みがあるので、2本さしてください。 このとき砂糖が下に溜まってしまうことがるので、 しっかりと溶かしてください。 砂糖が溶けてドロドロになればOKです。 ここで砂糖が ぶくぶく泡立っていたらOKです。 苺をくるくるする回数は 1周~1周半くらいで大丈夫です。 あまり欲張って 砂糖をつけすぎてしまうと、パリパリ感がなくなってしまうので注意しましょう。

次の

【失敗しない】いちご飴の作り方。簡単レシピ

いちご 飴 簡単 レンジ

レンジで作るパリパリいちご飴 材料(イチゴ約10個分)• 砂糖 大さじ4(45グラム)• この拭き取りが、めちゃくちゃ大事です。 包丁で切り落とすと、果汁が染み出てくるので、手で葉っぱをちぎるように取ります。 白っぽい感じ。 電子レンジによって、個体差があるので、ここからは様子を見ながら、600ワットで30秒ずつ、加熱します。 茶色く色づいたら、イチゴに絡めます。 すぐに固まらなければ(飴にならなければ)もう一度、レンジに10秒ほどかけます。 皿を傾けると、作業しやすいです。 いちごに飴を絡めたら、冷水にサッと浸けて取り出します。 作業スペースは広くとること•

次の