毒親 復讐。 【虐待防止】子どもから毒親への復讐には気を付けてね

毒親のプライドをぶっ壊してみたレポ④ ~毒母がはまるパターンを利用する~

毒親 復讐

毒親とは? 親子は、人によって全く関係が異なります。 普通の親子は親と子が愛情と信頼関係を持って接していますが、毒親と子の場合は、親子が主従関係で成り立っています。 そして、毒親と子の主従関係には愛情というものがありません。 親のエゴによって子どもが支配されている状態です。 会社で例えれば、パワハラの関係です。 パワハラであれば会社に訴えることもできますが、親子の関係となるとそうもいきません。 現在の日本の法律は、家庭内の事情には関与しないという姿勢を取っているので、家庭内の問題に第三者が関わる場合、心療内科、児童相談所などを間に挟んで解決していくしか方法がありません。 また、自分の親が毒親であることに気付かない人も多く、社会人となって生きにくさを感じて心療内科で診察を受けたところ、親が毒親であることに気付くケースが増えています。 毒親の元で育つとなぜ生きにくさを感じるのか? 毒親のことを知らない人は「なぜ毒親の元で育った人が、親以外の人を信じられなくなるのか分からない」と言います。 親は、子どもが生まれて初めて接する人間です。 本来であれば子どもは親から愛情を受けて成長し、互いに信頼関係を結んでいくようになります。 しかし毒親は、子どもを一人の人間として見ることができません。 残酷ですが、自分の言うことを聞く人形のように思っているところがあります。 ですから子どもが自分の言うことを聞かないと、暴力を振るったり、脅したりして強制的に言うことを聞かせます。 つまり、毒親と子の関係には、愛情も信頼関係もないのです。 本来愛情をもらい、信頼関係を築くという経験を毒親の元で育った子どもはできなかったため、学校や会社に行くようになると、どのように人間関係を築けば良いのか分からず、本人も原因が分からず自分を責めて苦しむことになります。 毒親の特徴 自分の親が毒親かもしれないと思った場合は、当てはまるものについてチェックしてみてください。 以下の項目で半分以上に該当すると、毒親である可能性があります。 命令口調の話し方をする• 「これくらいでは世の中を渡っていけない」、「もっと努力しろ」などプレッシャーをかける言葉を使う• 「育てるのにいくらかかった」など子どもにお金の話をする• 「育ててやったんだから、老後は介護しろ」など感謝や見返りを求めてくる• 「言うことを聞かないなら、親子の縁を切る」など、脅し言葉を使う• 勉強、習い事などで常に完璧を求めてくる• その日の気分で子どもに対する態度が変わりやすい• 親がヒステリック、感情の起伏が激しい面を持っている• 子どもの目の前で夫婦喧嘩する、または互いの悪口を言う• 「恥ずかしいから大人しくしなさい」など、世間体を気にする言葉をよく言う• 親が家族とそうでない人への態度が違う(外面が良い)• 冗談を言い合えないなど、家庭内の雰囲気に緊張感がある• 子どもの意見を聞き入れない、習い事などやりたくないことを強制する• 子どもの好きなものを認めない• 子どもの話を聞かずに一方的に話す• 子どもに共感しない、子どもが不安を抱えていても理解しようとしない• 自分の言うことが正しいと信じて疑わないところがある• 理由を言わずに突然子どもを怒鳴る、何かを禁止する• 誕生日、クリスマスなど記念日のイベントを無視する• 体罰、暴力で子どもを大人しくさせる• 子どもの外見や性格の悪口を言う• 子どもの髪型や服装について厳しく指摘する• 子どもの間違いばかりに気付いて注意する、褒めない• 友人、恋人関係など子どものプライベートを詮索する、口出しする• 学校や会社のことについて色々聞いてくる• 子どもの部屋に勝手に入る、日記や携帯を勝手に読む• 子どもの人生を支配しようとする、親元から離そうとしない• 子どもの成長に必要な衣食住の場を与えない• 親族に精神疾患や依存症を抱えている人がいる• 親の親(祖父母)が親に虐待をしていた 毒親に育てられた人の特徴 毒親に育てられた人の特徴を示すチェックリストです。 以下の項目で半分以上当てはまる場合、毒親に育てられた可能性があります。 気分が移り変わりやすい、喜怒哀楽が激しい• うつ病、摂食障害、何らかの依存症を発症している• 自傷行為をしている• 完璧主義な面がある、常にプレッシャーを感じている• 親、他人と接するときに不安や緊張を感じやすい• ストレスを感じやすく、疲れやすい• 人の目が気になる、人の目を気にしないようにすることができない• 他人から嫌われるのが怖い、八方美人になる• 他人に警戒心を抱く、心を開けない• 人間関係に悩みやすい• 人間関係がうまくいかず、転職を繰り返す• 異性と交際することが難しいと感じる• 自分に自信がない、他人を見ると劣等感を感じる• 友人や恋人であっても、他人を信用できない、嫉妬深くなる• 人に暴力を振るう、暴言を吐くことがある• 親といると気を遣う、「良い子」を演じる• 親のことを考えると「介護しなければならない」など義務感を感じる• 本当は親から解放されたいと思っているが、罪悪感があるので離れられない• 親に復讐したい、絶縁したいという思いがあり、恨んでいる• 親のようにはなりたくない、容姿や性格が親に似るのは嫌だと感じる• 子どもとどう接して良いか分からない、子どもを見ると自分の幼少期を思い出す• 子どもを持つことに抵抗感を感じる• 自分の育った環境は恵まれていないと感じる、そのせいで今不幸になっていると感じる• 友人や恋人の話に共感できない、自分は他の人とは違う人間のように感じる• 世間の常識と自分の考えに「ずれ」を感じることがある• 自分のやりたいことが分からない、自分で自分の人生を決めることができない 毒親に対する対処法 自分の親が毒親だと理解する 毒親に育てられた人は、学校や会社で人間関係に苦しんで不登校や転職を繰り返すなど、平穏な生活を維持するのが困難になりやすい傾向があります。 すると、周囲の人からは「我慢が足りない」「我がまま」などと言われたりして、本人も自分が悪いと責めてしまうところがあります。 しかし毒親に育てられた人の場合は、育ってきた環境のせいで人間関係がうまくいかないという原因があります。 ですから、毒親に育てられた人は自分だけが悪いのではなく、原因は親にもあります。 自分だけが悪いと思い込むと精神を病んでしまうので、「私は親のせいで人生がうまくいかなかったんだ」と理解することで、毒親から受けてきた洗脳に気付くことができます。 親は変わらないことを理解する 自分の親が毒親であると分かると、親に毒親であることを理解してもらいたい、自分に対する態度を改めてほしいと思って、親を変えたいと思うかもしれません。 しかし、毒親はそのままの考え方で何十年も生きて来た人ですから、そう簡単には変わりません。 親に「あなたは毒親です」といっても、「今まで育てた親に対して毒親とは何だ!」というように反論されてしまうことがほとんどです。 もしかしたら時が経って、親も自分のしてきた過ちに気付くかもしれません。 ですが、親を変えようとするよりも、まずは毒親に対する自分の気持ちの整理の付け方として、「毒親は変わらない」という前提を持ち、自分の対応の仕方を変えて行くのが先です。 親と物理的に離れる 自分の親が毒親だと分かっていても、何となく大人になっても親から離れられない人がいます。 これは、親が子どもの人生を何でも決めてきたり、子どもの意見を尊重しなかったことによって、子どもが大人になっても自分がどう生きていけば良いか分からないからです。 今まで親の意見に従って生きて来たので、大人になっても親から離れられなくなります。 親と子が互いに依存し合う、共依存ともいいますが、これは一種の洗脳です。 マザコン・ファザコンなども、本当は子どもが親を好きではなく、親にストレスを感じている場合は、親が毒親で子どもを支配していることから起こるものです。 このような関係を断つには、別居するなど物理的に親と子が離れる必要があります。 心療内科で相談すると、医師から可能であれば親と離れて暮らすように言われる場合もあります。 それほど、親と距離を置くことは大切なことです。 物理的な距離を持つと親の支配が届かなくなるので、子どもは自分と親の関係を冷静に見つめ直すことができます。 毒親を介護する義務はない 日本では「親の老後は子どもが面倒を見る」という習慣がありますが、それは一般の家庭にのみ当てはまるものであって、毒親の場合は例外です。 そもそも毒親は子供が健康的に育つ環境を与えられなかった時点で、親として失格です。 そのような人は「人の親」ではなく、ただ子どもを産んだ人間であるだけです。 子どもの人権を尊重できないような人間は、子どもから感謝されない、介護されなくても仕方のない人間です。 親も親で色々問題を抱えているのかもしれませんが、それを子どもに八つ当たりのようにぶつけていい道理はどこにもありません。 もし面倒を見ないことに対して他人から「親不孝」と言われたとしても、毒親に育てられた人は「それは一般的な親元に生まれた人のことで、自分には該当しない」と思ってください。 毒親を持つ人に「親不孝」と言う人は、毒親がどういうものか理解していない人です。 毒親に育てられた人の事情を理解している人は、簡単に親不孝などの言葉は使いません。 理解のない言葉を言ってくる人は世間知らずな人だと思って、真に受けず聞き流すのが対処法です。 日本では子どもが親の面倒を見なくても、国から老後支援を受けられます。 ですから、毒親の老後については自分は知らない、面倒も見ないという考えも許されることを理解してください。 心療内科に相談する 自分の親が毒親で生きにくさを感じている場合、心療内科を受診することをおすすめします。 心療内科は人間関係のトラブルに対する専門のプロです。 心療内科でカウンセリングを受けることによって自分の心がどのような状態が分かり、これからどう生きて行けば良いのか相談をすることができます。 自分の家庭の事情を知っている人が、第三者の中にいるというだけでも心の支えになります。 家庭の事情は一人で抱え込まず、相談機関に足を運んで、様々な人から助けを受けることも必要です。 毒親を許さなくても良い 毒親と子どもが距離を置くことで、親の方が自分のしてきた過ちに気付き、謝罪してくる場合もあります。 しかし、その謝罪は実は子どもの同情心を煽って、自分の元に取り戻したいという気持ちが含まれている場合があります。 また、謝罪されても過去の時間が返ってくる訳ではないので、子どもからしてみれば「今更何もかも遅い」と思う気持ちになると思います。 それもその通りで、よく考えてみれば、子どもの人生を狂わせて、謝れば済むと思っているような人間は、親といえど信用ならない人間です。 人の人生を狂わせ、そのことによって子どもが現在も精神的苦痛を感じるなど、親が他人であれば裁判沙汰になってもおかしくないことです。 また、本当に親が心から申し訳ないと思っている場合でも、子どもが親を許さないことによって、親も自分のしてきた過ちの深さに気付かされると思います。 親を許せない場合は親が謝罪してきても、親を反省させるため、親の本心(本当に申し訳ないと思っているのか)を知るためにも、すぐに許す必要はありません。 毒親は、自分が心から許せるようになるまで許す必要はありません。 毒親に仕返しはしない 今まで親のせいで人生がうまくいかなかったんだと思うと、親に対しての怒りや恨みの念が湧いて来ると思います。 そうすると、自分が親にされてきたことと同じことを、親に対して仕返ししたくなるかもしれません。 しかし、親と同じように仕返しをした子どもの姿は、親と全く同じ姿になります。 顔付きや話し方、生き方まで似てくるようになります。 そして、仕返しとはいえ憎んでいる親と同じことをするのは、親の呪縛を抜け切れていない心の表れでもあります。 毒親のように自分の子どもすら大切にできない人は、わざわざ子どもが仕返しをしなくても勝手に不幸になっていきます。 毒親の末路に待っているのは、病気になっても看病してくれる家族もいない寂しさ、孤独死などの不幸です。 毒親への復讐は幸せになること 毒親に復讐するのであれば、親と違う人生を歩む、つまり親より幸せになることが最大の復讐となります。 毒親は人生の悪いお手本を、生涯を通してあなたに見せてくれている存在です。 親の嫌な面を見たら「自分はこうならないようにしよう」と思って、親と違う判断をすれば幸せに近づきやすくなります。 親に制限されてできなかったことをやってみる、親に無理だと言われた夢を目指す、結婚したら親よりも幸せな夫婦関係を築く、子どもを大切にするというように、親を反面教師にして生きれば、親と過ごした時間は取り戻せなくても、幸せは自分の行動次第で後からいくらでも手にすることができます。 不遇な環境で育つと、「自分はこんな幸せになって良いのか」という気持ちが起こるかもしれません。 しかし、毒親に育てられた人は今まで幸せや自由を知らなかった分、普通の人よりも幸せになる権利があります。 今まで味わえなかった分の幸福も受け取っているんだというくらいの気持ちで、幸せな時間を思い切り楽しんでください。 毒親への一番の対処は距離を置くこと 毒親の特徴と対処法についてご紹介しました。 今まで自分の親が毒親であることを知らなかった人は、親が毒親であること、自分が毒親に育てられたことを認めたくない気持ちもあると思います。 しかし、少しずつでも良いので、毒親とまで言わなかったとしても、親は自分とは相性の合わない人間である、ということを理解することが大切です。 親子であっても互いに一人の人間なので、親と性格や考え方が合わないことはおかしなことでも、悪いことでもありません。 そして、親とは徐々に距離を置き、関係を薄くしていくことが毒親の呪縛を逃れる第一歩でもあります。

次の

苦しめ続けられる毒親へ仕返しを!仕返しをすることであなたは救われる?

毒親 復讐

家族間の悩みは人によって様々。 ・親が自分の人生の邪魔で辛い ・旦那さんが全然気持ちを理解してくれない ・子供の将来が心配... 家族間のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、 「どうすれば問題が解決されるのか」、 どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば家族の問題は一気に解放される方向に進みます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事🔮 プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、 あなただけの人生のコンパス 「占いなんて... 」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって 驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する プロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、他の人との相性なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 凄く当たる!と評判です🔮 家族は切っても切れない関係。 それだからこそ逆に苦しめられたりしんどくなってしまう事もありますよね。 でもそういった中でも、家族関係を綺麗にしたり、関係を改善したりすることが出来た事例は数多くあります。 🔮NO. 1チャット占いMIROR🔮では有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたの家族関係がどうすれば改善するか、あなたのストレスが無い形になって解決していくかを本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、どうすれば良いのか?さえ具体的にわかれば一気に問題解決の方に動き出します。 「問題が良い方向に向かってる」という報告が続々届いているMIROR。 今なら初回返金保証付きなので、実質無料でプロの鑑定を試してみて😌 \\あなたの問題解決のお手伝い// 「私は小さい頃から毒親に育てられてきました…やりたいことを話すと、そんなことあなたには絶対にできない!と否定をされてきたんです。 それがずっと嫌で大人になった今、母に同じ態度を取るようにしています。 といっても母との仲は良くないので、たまに話しかけられたときに言う程度の関係で、自分から母との関係を悪くしているんだな…というのはわかるのですが、正直言ってこれでいいかなって思っています。 だってずっと辛かったので…」 20代・OL 幼少期に毒親にされてきた態度や、されてきた同じことで仕返しをする人は結構たくさんいるみたい。 相手に同じことをすると 「自分の気持ちが伝わるだろう」って考えている人も多いのでしょう。 「社会人になってから親との縁は切りました。 父も母も私を単なる道具のようにしか思っていないんだろうな…と感じるときが多くて、幼い頃から両親のことがコンプレックスだったんです。 ただ、父と母は人前ではいいひとぶるのが本当に嫌で…大人になったときに何か仕返しをしてやりたい!そう思いました。 だから両親がどれだけ毒親だったのかを周りに伝えてバラしました。 みんな驚いていましたが、最後の方は私が泣いてしまい理解をしてくれたみたいで…。 心配してくれて少し心がスッキリしました」 20代・アパレル) 毒親は子供に対しては過剰な態度をみせますが、周りの人に対してはいい恰好をする人が多いのも特徴的です。 だからこそ、毒親っぷりを周囲にバラすことは一つの仕返しになるはず。 ですが、バラすということは縁をきるなどの 「親子関係を諦める」ということにもなるので、相当な決意が必要かもしれません。 「母がず~っと大切にしてきたものを大人になってから壊したことがあります。 もうこんな母親と暮らすのは嫌だ…!と最後口論になったときに壊しました。 母はヒステリックになってましたが、物を壊したことにより私の心が何故かとってもスッキリしたんです 笑 ああ、これで母から解放される…と思いました。 あれ以来母とは一度も会っていませんが、もう一生会わないと思います」 30代・会社員) 仕返しとなると、やっぱり 相手が一番嫌がることをすることが一番効果的です。 毒親というのは、正直言ってかなり最低な存在と言えます。 子供の気持ちを考えることができず、時に子供を自分の人生の道具として扱うことがあるのです。 そういった毒親に対して何か仕返しや復讐をしようと思っても、なかなか相手が自分の非を認めないことだってあります。 例えば、先ほどのエピソードに周囲の人に毒親ぶりをバラした…というものがあったのを覚えていますか? 毒親はこういったことを言われてもめげないことが多く、普通に「子供が変なことを言ってすみません…あの子昔からああいう子なんです…」と 子供の悪口さえ言ってしまうことがあるのです。 毒親に仕返しをするのは かなり至難の業と言えることに気づかされることもあると思います。 シンプルな方法かもしれませんが、相手に対して何かをしてやろうと思うと自分がしんどくなってしまうことがあります。 だからこそ「距離置く」ことが何よりも大切になるんです。 学生さんであれば少し難しいかもしれませんが、社会人であれば親元から離れる決断をしてもいいはず。 親がなかなか手を放してくれない…という人も身近にいると厄介なのでなるべく早めの段階で強行突破することも大事です。 毒親といると精神的にも滅入ってしまい「自分って何なんだろう…」という気持ちになってしまうこともあると思います。 こういった気持ちが続いてしまうと 自分が自分でなくなるような感覚や、 精神的に落ちて何もしたくなくなる可能性もあるので「現状を変えたい」と感じている今だからこそ距離を置く選択を取ってください。 毒親に支配をされていると「自分の人生は親のものだ…」なんて感じてしまうこともあると思います。 ただ、一つ言えることがあるとすれば 「自分の人生は自分のもの」です。 あなたが選択をする必要がありますし、自分で選んでいいということを頭の片隅に置いておいてください。 毒親に仕返しをしてやりたい!なんとしてでも復讐してやりたい…といった気持ちを持ってしまうのは仕方のないことです。 そう感じるほど、毒親にずっと支配されてきたのであれば多少なりともそういった「憎しみの気持ち」を感じることは当たり前のはず。 ただ、 それを行動に移すときっとあなた自身が辛くなってしまうのでそれ以外の行動をすべきです。 特にしてほしいのが 自分の人生は自分で選択して心からの幸せを掴むこと! 今まではず~っと親に支配されてきた人生だったかもしれませんが、ここからは自分で人生を選択してみませんか? 毒親のことを考えるとしんどくなってしまう…でも誰にも話せない…と感じている方も多いと思います。 そんな考えが強まってしまうと「仕返し・復讐」といった過激な方向に走ってしまいがちです。 そうなってしまうと、 家族関係はもちろん自分の精神面もかなり辛くなってしまうと思います。 なので、一度心療内科などでカウンセリングを受けてみてもいいはず。 カウンセリングの場であれば、現状の話を全て聞いてくれる人がいますし「その関係はダメなんじゃない?」なんて否定する人なんていません。 なので、しんどい…と感じたときこそ「カウンセリング」を受けてみてください。 病院に通う最初の一歩は少し気分が重たくなってしまうかもしれませんが、 誰かに話を聞いてもらっているのか、いないのか…では全然状況が違うはずです!.

次の

毒親オカンの末路|アダルトチルドレンへのメッセンジャー/梅岡サチ|note

毒親 復讐

毒親に仕返しや復讐がしたい 毒親に仕返しや復讐がしたい と思うほど毒親に心を やられてしまっています。 それは、謝罪などで 許されるものではありませんよね。 ひどい場合なんかは 殴りたい、殺したい やられたことをそのまま やり返したいと思う人も いることだと思います。 私自身もふとした瞬間に やられたことを そのまましてやろうかと 思うこともあります。 毒親に実際に仕返した方法 実際に毒親に仕返しをしたと 言う人もいました。 しかし、現状の家族関係が 悪くなってしまったり 社会的地位を失ったり 前科持ちになった人もいます。 やばい仕返し方法 実際に毒親に仕返しをした方法は ・毒親のものを勝手に処分 ・今までの毒親の行動を周囲の人に暴露 ・毒親の大事なイベントに乱入し無茶苦茶に壊す などがありました。 しかし、これらの方法だと 名誉毀損だったり 法に触れてしまう可能性があります。 実際にやられても やり返してしますと 毒親と同類なってしまうだけでなく、 仕返しをしたことで より大きな代償を 今後抱えて生きていくことに なるのです。 これ以上毒親のせいで 人生を狂わされるのは 賢明ではありません。 全て投げ捨てて自殺で親に仕返しとか考えるけど「娘に自殺された私可哀想」「でも私は立派にここまで育てたわ」みたいな自己愛だか自己陶酔だかの涙流されて終わるだけだよなって思う。。 — yayoi yayoisannanoyo 中には自殺してしまう人も います。 これは逆に毒親が なんて私はかわいそうなんだ、、、 と被害者ぶってしまい 自分が悪かったと 思わない可能性があります。 もともと、毒親は 自分が悪いと思っていない人が 多いのです。 毒親育ちは見切りつけることです。 共依存になりますし愛着障害になります。 自分は何もしてないのに、悪くないのに、孤独な人生を生きていかねばなりません。 仕返ししたくてもできません。 仕返しするなんて悲しいですよね。 諦めるしかありません。 生きたいなら足掻くのみです。 — クロミツ ma0ehito もちろん先ほどの 仕返し方法などは 法に触れる可能性も ありますのでお勧めできません。 しかし、法に触れない方法で 毒親に仕返しをしている人もいました。 因果応報の仕返し方法 毒親への仕返しで 法に触れない方法を まとめてみました。 老後の世話をしない これが一番の仕返しに なるのではないでしょうか。 自分は世話をここまでしたのだから 老後の面倒を見ろと 毒親は話してくるでしょう。 しかし、老後の面倒を見てもらえるのは 子供に感謝されている親です。 老後に面倒を見てもらえない親は 自分で資金を工面して 老人ホームなどに入ればいいのです。 その金銭的工面も 子供の世話も きちんとしてこなかったのなら 自業自得ですよね。 中にはあえて評判の悪い 老後施設に入れるなんて人も いました。 結婚式に呼ばない もし、結婚をまだしていないようなら 結婚式に呼ばないのも一つの手段です。 子供が成人してから 親に感謝を伝える一大イベントに 呼ばれないので、 毒親もショックでしょう。 孫に合わせない 自分がされたことを 自分の子供にされたくない! という気持ちもあるので 合わせたくないですよね。 しかし、毒親も親であり 世間体との付き合いもあります。 孫が生まれたのに 孫の顔が見れていないと いったストレスも感じるでしょう。 合わない(絶縁) 一切の連絡を拒否します。 絶縁するのもいいですね。 毒親と会うたびに 過去の嫌なことも 思い出してしまいます。 しかし、絶縁したり 合わなくなると不思議と 嫌なことを思い出す頻度も 下がってきます。 警察に通報 現在進行形で暴力を受けていたり する場合は警察に通報してください。 証拠がなくてもとりあえず通報し 証拠が出てきた時に スマホで録音や 怪我の写真を撮って 再び警察に通報してください。 警察が家に来てから 家庭内暴力がなくなった話も 聞きますので 第三者の介入は大切です。 ネタとして話してしまう 当時は話すこともできず 抱え込んでしまっていましたが あまりにもひどい話を 友人に話した時に 「そこまでひどかったら 一周回ってネタにしたほうがいい」 と言われることがありました。 当時は話すだけで 涙が出てきてしまいましたが、 面白おかしく話してしまう方が 自分自身も楽になります。 これらの仕返しは 自分がしたことの結果 自分に返ってくるので 因果応報ではないでしょうか!? 毒親を恨む気持ち 毒親を恨む気持ちは どこからくるのでしょうか。 もちろんひどいことを された経験などから くるものなのですが 根本的には 親に愛されたかった という気持ちから くるものなのですね。 しかし、それは毒親に求めても 帰ってきません。 そのため、どこかで 幸せになることが 一番の仕返しなのです。 子供は親の所有物でない 自分の意思の通りに 動かないと怒る親っていますよね。 「お前のためにしてやった」 「お前のために〜〜〜」 という言葉なんかまさに その通りです。 子供の意思を聞かず 自分がいい親だと思われたいから 行った行動です。 子供のためにしているようでも 自分のためにしています。 子供は親の所有物では ありません。 そのため、子供だって 親の言うことを全て聞く必要も ありません。 親の言う通りでなく 自分の幸せになる人生を 生きるべきなのです。 毒親の老後に仕返ししたい! 親が憎い人はこちら! 復讐方法まとめ 毒親の老後に 仕返しする方法を まとめてみました。 法に触れない範囲で 絶縁したり 老後の面倒を見ないと言うのは 毒親の招いた 自業自得なので いいのではと思います。

次の