妊娠 後期 張り やすい。 妊娠中期〜妊娠後期のお腹の張りは危険なの?原因と対処法は?

妊娠後期のお腹の張りの症状、原因、頻度、対象法について解説

妊娠 後期 張り やすい

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠中期~妊娠後期になると、お腹が大きくなり、「お腹の張り」を感じる場面が増えます。 生理的な現象としてのお腹の張りであれば、安静にしていることで治まります。 しかし、ときには大きなトラブルにつながるお腹の張りであるケースもあります。 そこで今回は、危険なお腹の張りを見逃さずに対処できるように、妊娠中期〜妊娠後期のお腹の張りの原因や対処法などをご紹介します。 妊娠中のお腹の張りとは? 子宮は筋肉でできていますが、普段は柔らかい状態です。 しかし、何らかの刺激を受けたり、臨月以降にお産に向けて子宮が準備を始めたりすると、子宮の筋肉がキュッと収縮し、硬くなります。 これが、いわゆる「お腹が張った状態」です。 お腹が張るという感覚は人によって違いますが、指の腹でお腹を触ると子宮が硬くなっているのがわかり、「スイカのように硬くなる」と感じる人もいるようです。 出産が近くなればなるほど、分娩に備えて子宮が準備運動を始めるので、お腹が張る回数も増えていきます。 妊娠中期にお腹が張る原因は? 妊娠中期と妊娠後期では体の状態が異なるので、お腹が張る原因も変わってきます。 そこで、まずは妊娠中期にお腹が張る原因をご紹介します。 妊娠5・6・7ヶ月にあたる妊娠中期はいわゆる「安定期」で、比較的楽に過ごせる期間です。 つわりも落ち着いて、赤ちゃんの状態も安定していることが多いため、妊婦さんは活動的になれます。 体調も落ち着き、自然にお腹が張ることは少ないのですが、動きまわったり、遠出をしたりして疲労が溜まると、お腹が張りやすくなります。 元気だからといって無理をしすぎないようにしましょう。 なお、切迫早産と診断されるようなお腹の張りの場合、歯周病などによって起こる絨毛膜羊膜炎が関係していることがあります。 関連記事 妊娠後期・臨月にお腹が張る原因は? 次に、妊娠後期や臨月にお腹が張る原因をみていきましょう。 妊娠後期(妊娠8・9ヶ月) 妊娠8ヶ月に入ると、「妊娠後期」と呼ばれる時期に入ります。 その影響で、ママの子宮はどんどん大きくなり、お腹の張りを感じやすくなります。 臨月(妊娠10ヶ月) 妊娠10ヶ月にもなると、お腹の張りが多く現れるようになります。 体が出産に向けて準備を始め、子宮収縮が頻繁に起きるからです。 特に出産が迫ってくると、不規則に子宮が収縮する「前駆陣痛」が起こるので、それに伴ってお腹が張りやすくなります。 妊娠後期のお腹の張りは出産に向けた準備であることがほとんどです。 安静にしながら心の準備をしておきましょう。 お腹の張りが規則的に起こり、張りを感じる間隔が段々と短くなってくる場合は、お産につながる「本陣痛」である可能性もあります。 特に、正期産の時期に入ると、いつ本陣痛が来てもおかしくありません。 「本陣痛かな?」と思ったら、かかりつけの産婦人科に連絡するようにしてください。 関連記事 妊娠中期〜妊娠後期のお腹の張りに痛みや出血を伴ったら要注意? お腹の張りと一緒に激しい痛みや出血が現れた場合は、「常位胎盤早期剥離」の可能性もあります。 赤ちゃんに酸素や栄養を送っている胎盤が、何らかの理由で剥がれてしまう疾患です。 常位胎盤早期剥離は、症状が軽ければ治療して妊娠を継続することもできますが、症状が進行していると緊急帝王切開が必要になります。 放置しておくとお腹の赤ちゃんの命にかかわるので、異変を感じたらできるだけ早く産婦人科に連絡しましょう。 また、切迫早産になったときも、お腹の張りや出血などが見られることがあります。 これらの症状で病院を受診する際は、「お腹が張り始めた時期」「痛みの有無と強さ」「張りの頻度や間隔」「出血・胎動の有無」などを伝えると診断がスムーズです。

次の

【助産師監修】臨月にお腹の張りが!これって陣痛?原因と対処法まとめ

妊娠 後期 張り やすい

ママの体に負担がかかると、おなかは張りやすくなります。 たとえば、どんなときに張りやすいのかを紹介します。 まずは、張らないように予防するのが大切ですが、もしものときにどうすればいいか、シチュエーションに合わせた対処法をみうらレディースクリニック・助産師の初芝里美さんに伺いました。 この筋肉が一時的にギュッと縮むのが 『子宮収縮=おなかの張り』。 筋肉が緊張して、おなかがかたくなったように感じます。 多くの場合は、子宮が大きくなるときの生理的なものです。 しかし、危険な兆候であることも。 疲れやストレスを感じて子宮の血流が悪くなったり、腟(ちつ)の炎症などが原因で卵膜(らんまく)の一部にまで炎症が及んだりすると、強い子宮収縮を引き起こす危険があります」 張りやすい3大シチュエーションと対処法 「ママの体に負担がかかると、おなかは張りやすくなります。 さらに、張っているのに休まずにいると、どんどんおなかがかたくなり、痛みも増します。 ときには動けなくなってしまうことも。 強い張りがつづくと、赤ちゃんを子宮の外に押し出す力が持続的に働いて赤ちゃんが下がってきてしまい、早産や流産につながる危険があります。 だから、おなかが張ってしまったら、正しく対処して体を休めましょう」 1.長く歩いたとき 「張りやすいシーンの代表が、長く歩いたとき。 大きなおなかで歩くのは、負担がかかりやすいものです。 通勤や買い物、体重管理のためのウォーキングなどのシーンがありますが、避けることが難しいこともありますね。 対処法は、まずは、ベンチなど座れる場所を探して、張りが治まるまで休みましょう。 家に帰ることを優先させて、無理するのは禁物です。 通勤中、電車やバスに立っているときなら、できれば席を譲ってもらって座るか、下車して休みましょう」 2.家事をしているとき 「キッチンで立ちっぱなしだったり、掃除で立ったりしゃがんだり、短い時間だと思っていても、意外と体に負担がかかるものです。 対処法は、家事の途中でもおなかが張ったら手をとめて、ソファなどに横になって休みましょう。 やりかけの家事は、パパに任せられることだったらお願いして。 『言わなくてもわかってくれる』と思わずに、伝えることも大切です」 3.仕事をしているとき 「外回りや立ち仕事だけではなく、座りっぱなしでいるのも体に負担がかかります。 また、気が張ってストレスも感じやすいもの。 簡単に休息を取れないことも多いので、無理しがちに。 仕事だからといって無理は禁物です。 対処法は、横になれる場所があるなら、横になって休ませてもらいましょう。 仕事は、いつでも引き継げるように用意しておくことも必要です」 予防することが大事! 「張ったら休むのが基本ですが、まずは、張らないように予防することが大切です。 長時間外出するなら、昼食やお茶をする時間をつくり、長く歩かなくていいようにスケジューリングをしましょう。 出かける場所は、座れる場所を見つけやすい所がおすすめ。 家事は、パパとの分担を見直すのもいいですね。 仕事では、張ったら休めるように職場に相談してみましょう。 言い出しにくいなら、産院で出してもらえる 『母性健康管理指導事項連絡カード』を利用して、職場に伝えるのもひとつの方法です」 関連: おなかの張りは、「無理してるから、休んで!」という体のサイン。 きちんと予防と対処をして、おなかの赤ちゃんを守れるようになりましょう。

次の

妊娠中のお腹の張りの原因

妊娠 後期 張り やすい

二人目、妊娠後期の、高齢経産婦です。 以前からお腹が張りやすく、30週を過ぎてからは、家の中でのちょっとした動きでも、お腹がカンカンに張るようになりました。 張り止めの薬ももらっていますが、飲むと眠気が出るので、頓服として服用しています。 上の子(一歳)の世話もあるので、思うように休めない時もあり、本当に大変です。 何も分かっていないので、面白がって、お腹を叩いたり、蹴ったり、馬乗りになったりします。 遠方で、実家や義家族の援助が受けられないので、今は保育園を利用させて頂いていますが、夕方、土日はやはり辛いです。 (夫はよく手伝ってくれるのですが・・) 出産に備えて、体操や散歩もしたいのですが、こうもお腹が張っては、身動きとれません。 お腹が張りやすい方、どのように過ごされましたか。 体験談やアドバイスを頂ければ嬉しいです。 ユーザーID: 私もよくお腹が張りました。 結果31週で大出血、少々の破水を伴い切迫早産となりました。 幸い子供は2ヶ月NICUに入院となりましたが元気に来月2歳のお誕生を迎えます。 フルタイムで働き、同居で夕飯の準備も任されていたので夜8時ぐらいまで動きっぱなしでした。 私の責任感の強さが災いし義母にお願いすることもありませんでした。 (義母は自称料理下手、仕事持ち)妊婦にはお腹のはりはつき物と浅はかにも軽く考えていたのです。 部屋が少しぐらい散らかっていたって死にはしません。 まずは子供が部屋の中を動き回っても安全なように危険なものは手の届かないようにし、お母さんが横になって監視できる一人でも遊べる空間作りをされてみたらいかがでしょう?お腹のはりは胎児にとっても苦しいみたいですからとにかく休んで下さい。 お願いです。 (みんながみんな私の様な症状になるとは思いませんが脅かしみたいな内容でごめんなさい) ユーザーID:• 絶対安静 私も妊娠中におなかが張りやすい体質でした。 最初の妊娠で、5ヶ月頃から張りを感じていたのですが、担当のおじいちゃん先生は「良くあること」と言うだけだったので、そういうものかと特に気にせず普通に動いていました。 7ヶ月の検診の時、たまたま別の先生に診てもらったら内診で子宮口が半分開いていることがわかり、その場ですぐ入院になりました。 その時ロビーで家に電話を掛けてから病棟まで歩いていったら、看護師さんにものすごく叱られました。 切迫早産は絶対安静、歩くなんてとんでもない、ベッドに寝たきりで移動は車椅子、トイレは足下のポータブルで、ということでした。 その後、トイレと洗面だけは歩く許可が下りましたが。 一ヶ月後に退院しましたが、36週を過ぎるまでは外出不可、家でも出来るだけ横になって過ごすようにと指示があり、家族の協力で何とか乗り切りました。 おかげで39週まで持ちこたえて正常に出産できました。 散歩や体操、おっぱいマッサージはNGです。 上のお子さんがいると寝たきりも難しいのですが、1日でも長くおなかの中であかちゃんを育ててあげてくださいね。 ユーザーID:• やっぱり安静に 2人の子の母ですが、二度の妊娠中とも切迫早産で入院しました。 やはりお腹が張りやすく、子宮口も開きやすい体質のようでした。 私は上の子の時は1ヶ月、下の子の時は2ヶ月の入院を余儀なくされ、それはそれで不安な日々を過ごしました。 今は何週に入られているのでしょうか、とにかく今は「人間保育器」(!)となって、出来るだけお腹の赤ちゃんを早くに外に出さないこと、家事はほっといて上のお子さんの世話以外は横になっていられるように工夫することが大事だと思います。 あと一ヶ月足らずのことでしょうから、ご近所などのお友達、ベビーシッターなどの助けは借りられませんか。 あともう少し、頑張って下さいね! それからご出産後、もし上のお子さんに精神的に負担を掛けていたと感じたら、是非上のお子さんの方を大事にしてあげて下さい。 私が入院中、看護婦さんに言われたことです。 生まれたばかりの赤ちゃんも大事だけれど、退院する時は上のお子さんの手をしっかり握って家に帰って下さいね、と。 トピ主さんも、きっと数年後、私もよく頑張ったなーと思い出せる日が来ますよ! ユーザーID:• 入院してました なんてタイムリー(苦笑)。 初産の体験談で恐縮ですが、先週一週間入院してました。 幸い私は軽症のうちで、退院後は特に生活上の具体的な制限はなく「様子を見ながら過ごしてね」程度だったのですが、それでも夕方になれば張りやすいですし、今日も来客があったので嬉しくて話し込んでいたらやっぱり疲れたのか、後半は「あいててて・・・」と横になっての接客(?)でした。 たとえ出血していなくてもです。 母からは「お散歩もそろそろしないとね」と言われましたが、まだちょっと怖いです。 余談ですが入院中、二人めを出産されたお母さんにお兄ちゃんが面会にきていて、久しぶりに会えたのが嬉しいらしくめちゃくちゃハイになって甘えまくってました。 酔っ払いのご機嫌おやじみたいで、すごく可愛かったです。 ユーザーID:.

次の