あまり りす。 アマリリスの育て方

『アマリリス』の俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか編

あまり りす

まぁ高性能PCや、の購入が可能であればこんな苦労をしなくても済むかも知れませんが。。。 コード変更時に影響するソースが多すぎる。 うまくモジュール化されていない。 影響するコード多すぎ。 ソースコードが多すぎる。 規模が大きくなると大問題になります。 気づいた時には割りと手遅れです。 早期発見が大事。 でどうすりゃいいの? ヘッダの依存を減らす。 頻繁に変更の可能性があるコードはヘッダに書かない。 include "classC. 継承している場合は仕方ないが、ポインタとしてクラスに持っておけば、前方宣言を書いて、cppでインクルードするだけで良い。 インクルードを書く必要がなければ、そのヘッダが変更されてもビルドされるソースコードは減るのでコンパイル時間も減ります。 コレを応用した、という手法も有ります。 使いようによってはコードがすっきりするかも。 モジュール化して依存を減らしたり、モジュールをdll化してリンク時間を短縮する(分け過ぎはNG• モジュール毎にプロジェクトを分割すれば、自然と依存も切れるので結果プログラム変更時のビルド時間の短縮にもつながります。 また、静的リンク staticLib から動的リンク dll に変えることで、リンク時間の削減につながります。 ロード時間が気になるようだったら、開発時はdllにしておいて、リリース時に静的リンクに変えればOKです。 モジュール毎にDLL化していれば、プログラムを起動したまま動的ロードなんてことも可能になったり・・・• モジュールの粒度に関してはOSSなどを参考に・・・ 僕も明確な答えを持ってないので。。。 プリコンパイル済みヘッダとは? コンパイルの最初にヘッダを全て解析し、解析済みのヘッダを使うことでヘッダ解析のコストを下げる手法。 変更が少なく、いろんなところでインクルードされているようなヘッダ windows. hとかstl関連とか をまとめたヘッダファイルとヘッダファイルと同名のcppにインクルードを書いてプロジェクトに追加する。 プロジェクトのすべてのソースファイルの先頭で、先ほど作成したヘッダファイルをインクルードする。 試しにビルドしてみて、設定前より明らかにビルドの速度がUPしていれば成功なはず。 適当すぎ 並列ビルドとは?• ネットワークを使った並列ビルドの仕組みとしては、が有名ですが、VisualStudioのみでもローカルPCののみですが並列ビルドが可能です。 ソースコードがデカイくて複雑• プリプロセスに時間がかかったり、ソースコードが複雑だとビルド時間に影響し、ビルド後のOBJファイルのサイズがデカイとリンクに影響します。 コレも依存と一緒で、コード量が増えれば増えるほど対応が辛くなります・・・整理担当を決めたりチーム員に啓蒙するなり始めから手を打っておきましょう。 複雑なテンプレート• プリプロセスで行われる テンプレートの解析はビルド時間に、 テンプレートの展開によるコードサイズの増加はリンク時間 に多大な影響をおよぼすので、テンプレートは用法用量を守って正しく使いましょう。 テンプレートを覚えたての時は、美しい? コードを書くためにいろいろ駆使したくなる時期は誰しもあると思いますが、人に迷惑がかかる前に自力で目覚めましょう。 強制inlineも割りと危険。 処理速度を上げることだけが最適化と思い込んでいる人がかなりの数存在するため、すべての関数を強制inline化し、気づいてみたらOBJサイズが大変なことになり、ビルド時間やリンク時間に影響がでます。 できるだけinline化は僕らより何倍も賢いコンパイラさんに任せましょう。 馬鹿でかいstatic領域がいっぱい そんなに影響無いかも?• ソースに馬鹿でかいstaticな配列が入ってたりしてもOBJのサイズがでかくなります。 強制inlineおじさんや過激なtempleteヤンキーが居ないのにもかかわらず、なぜかリンク時間が多めな場合は、頑固なstaticおじいちゃんが隠れているかも知れません。 見つけたら躊躇せず抹殺しましょう。 動的ヒープに変えましょう その他• ソースコード可視化• まとめ• コードサイズが少なければコンパイルも早いよ。 依存が少なければ変更してもビルドされるコードは少なくて済むよ。 コンパイラさんがビルド時間短縮のために頑張ってくれてるのでちゃんと受け止めよう。

次の

あまりのあるわり算 指導案と実践記録

あまり りす

まぁ高性能PCや、の購入が可能であればこんな苦労をしなくても済むかも知れませんが。。。 コード変更時に影響するソースが多すぎる。 うまくモジュール化されていない。 影響するコード多すぎ。 ソースコードが多すぎる。 規模が大きくなると大問題になります。 気づいた時には割りと手遅れです。 早期発見が大事。 でどうすりゃいいの? ヘッダの依存を減らす。 頻繁に変更の可能性があるコードはヘッダに書かない。 include "classC. 継承している場合は仕方ないが、ポインタとしてクラスに持っておけば、前方宣言を書いて、cppでインクルードするだけで良い。 インクルードを書く必要がなければ、そのヘッダが変更されてもビルドされるソースコードは減るのでコンパイル時間も減ります。 コレを応用した、という手法も有ります。 使いようによってはコードがすっきりするかも。 モジュール化して依存を減らしたり、モジュールをdll化してリンク時間を短縮する(分け過ぎはNG• モジュール毎にプロジェクトを分割すれば、自然と依存も切れるので結果プログラム変更時のビルド時間の短縮にもつながります。 また、静的リンク staticLib から動的リンク dll に変えることで、リンク時間の削減につながります。 ロード時間が気になるようだったら、開発時はdllにしておいて、リリース時に静的リンクに変えればOKです。 モジュール毎にDLL化していれば、プログラムを起動したまま動的ロードなんてことも可能になったり・・・• モジュールの粒度に関してはOSSなどを参考に・・・ 僕も明確な答えを持ってないので。。。 プリコンパイル済みヘッダとは? コンパイルの最初にヘッダを全て解析し、解析済みのヘッダを使うことでヘッダ解析のコストを下げる手法。 変更が少なく、いろんなところでインクルードされているようなヘッダ windows. hとかstl関連とか をまとめたヘッダファイルとヘッダファイルと同名のcppにインクルードを書いてプロジェクトに追加する。 プロジェクトのすべてのソースファイルの先頭で、先ほど作成したヘッダファイルをインクルードする。 試しにビルドしてみて、設定前より明らかにビルドの速度がUPしていれば成功なはず。 適当すぎ 並列ビルドとは?• ネットワークを使った並列ビルドの仕組みとしては、が有名ですが、VisualStudioのみでもローカルPCののみですが並列ビルドが可能です。 ソースコードがデカイくて複雑• プリプロセスに時間がかかったり、ソースコードが複雑だとビルド時間に影響し、ビルド後のOBJファイルのサイズがデカイとリンクに影響します。 コレも依存と一緒で、コード量が増えれば増えるほど対応が辛くなります・・・整理担当を決めたりチーム員に啓蒙するなり始めから手を打っておきましょう。 複雑なテンプレート• プリプロセスで行われる テンプレートの解析はビルド時間に、 テンプレートの展開によるコードサイズの増加はリンク時間 に多大な影響をおよぼすので、テンプレートは用法用量を守って正しく使いましょう。 テンプレートを覚えたての時は、美しい? コードを書くためにいろいろ駆使したくなる時期は誰しもあると思いますが、人に迷惑がかかる前に自力で目覚めましょう。 強制inlineも割りと危険。 処理速度を上げることだけが最適化と思い込んでいる人がかなりの数存在するため、すべての関数を強制inline化し、気づいてみたらOBJサイズが大変なことになり、ビルド時間やリンク時間に影響がでます。 できるだけinline化は僕らより何倍も賢いコンパイラさんに任せましょう。 馬鹿でかいstatic領域がいっぱい そんなに影響無いかも?• ソースに馬鹿でかいstaticな配列が入ってたりしてもOBJのサイズがでかくなります。 強制inlineおじさんや過激なtempleteヤンキーが居ないのにもかかわらず、なぜかリンク時間が多めな場合は、頑固なstaticおじいちゃんが隠れているかも知れません。 見つけたら躊躇せず抹殺しましょう。 動的ヒープに変えましょう その他• ソースコード可視化• まとめ• コードサイズが少なければコンパイルも早いよ。 依存が少なければ変更してもビルドされるコードは少なくて済むよ。 コンパイラさんがビルド時間短縮のために頑張ってくれてるのでちゃんと受け止めよう。

次の

アマリリスの育て方・お手入れ方法

あまり りす

庭(花壇植え)の場合 1. 日当たりと風通しがよく、水はけのよい場所を選びます。 3. 球根の頭(球根の4分の1程度)が出るくらいに浅植えにします。 鉢植えの場合 1. 鉢底ネットを敷き、底に3cm程度ゴロ土を入れます。 2. 用土は、赤玉土、腐葉土、バーミキュライトを2:1:1ぐらいの割合で配合した土に、元肥として緩効性肥料を3〜5g程度を混ぜ合わせた用土を使用します。 3. 球根の頭(球根の4分の1程度)が出るくらいに浅植えにします。 水やり 育成期5月〜10月は、土の表面が乾いたら、水を与えます。 球根に水がかからないようにします。 秋に気温が低下し、葉が黄色くなったら、水やりをやめます。 肥料 花後、葉の生育期に規定値に薄めた液体肥料を月に2〜3回程与えます。 開花後の管理 花が終わった後は、花茎を切り取り、葉を十分に生長させます。 肥料を与え、十分に球根を太らせるようにします。 高温を嫌うので、鉢植えで管理している場合は、風通しのよい半日陰で管理します。 庭植えの場合は、遮光を行い、温度上昇を防ぎます。 球根を掘り上げる場合 球根を掘り上げない場合 庭植えの場合 気温が低下し、葉が黄色くなったら、球根を傷つけない内容に掘り上げます。 鉢植えの場合 気温が低下し、葉が黄色くなったら水遣りを止め、そのまま乾かし気味に管理をします。

次の