サリー イングル フィールド。 ラグビー日本代表戦で“絶叫”応援の英国女性 熊本へエール | 熊本日日新聞

ストレンジ・デイ・イン・ベルリン

サリー イングル フィールド

熊本城の被害状況について説明を受けるサリー・イングルフィールドさん(左)=熊本市中央区 ラグビー日本代表の熱烈なファンとして知られる英国在住のサリー・イングルフィールドさん(26)が26日、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催地である熊本を訪れた。 被災した熊本城などを見学。 「熊本は必ず復興できると信じている」とエールを送った。 イングルフィールドさんは大学職員。 15年のW杯イングランド大会で日本が南アフリカに歴史的勝利を挙げた試合で、絶叫しながら応援する姿がテレビで紹介され、注目を集めた。 日本代表のチームプレーと諦めない姿を見てファンになったという。 来熊は、25日に東京であった日本とスコットランドとの試合に合わせてラグビーファンらが企画した交流ツアーの一環。 熊本城では真剣な表情で被災状況について説明を聞いていた。 W杯の開催地となるうまかな・よかなスタジアム(同市東区)なども見学した。 「壊れた熊本城にはショックを受けたが、見る人にパワーを与えるラグビーは、復興を手助けする力があると思う。 19年には、また熊本に戻ってきたい」と話した。 (中島忠道).

次の

マイク・オールドフィールド

サリー イングル フィールド

PROGRESSIVE ROCK• 商品詳細情報 アニー・ハズラム、マディ・プライアなどと並び称される、英国が誇るフィメール・フォークの至宝サリー・オールドフィールドによる'83年にブロンズからリリースされたソロ5作目。 共同プロデューサーに元バグルスのハンス・ジマーを迎え、彼女の個性にニュー・ウェイヴ感覚を取り入れて制作された。 荘厳なクワイアまで導入したドラマティックなナンバーから、ダンサンブルなロック色の強い曲までバラエティに富んだ内容を聴かせる。 メル・コリンズ sax やレベル42のアラン・マーフィー g らが参加。 馨しきロマンの香り漂う清廉なサリーの歌声が、さらに愛おしさと艶やかさを増し、メランコリックに迫る珠玉作。 ボーナスとして「パス・ウィズ・ア・ハート 12inch Single Version 」「ネヴァー・ニュー・ラヴ・クッド・ゲット・ソー・ストロング 12inch Single Version 」「フォー・オール・タイム」を追加、アナログに添付された歌詞掲載内袋も再現。 ア・ミリオン・ライト・イヤーズ・アウェイ・フロム・ホーム• パス・ウィズ・ア・ハート• ストレンジ・デイ・イン・ベルリン• ミート・ミー・イン・ヴェローナ• ゼアズ・ア・ミラクル・ゴーイング・オン• シー・トークス・ライク・ア・レディ• ネヴァー・ニュー・ラヴ・クッド・ゲット・ソー・ストロング• パス・ウィズ・ア・ハート 12inch Single Version [ボーナス・トラック]• ネヴァー・ニュー・ラヴ・クッド・ゲット・ソー・ストロング 12inch Single Version [ボーナス・トラック]• フォー・オール・タイム[ボーナス・トラック] 当店ではクレジットカード決済、PayPal決済、Amazon Pay、佐川急便の代金引換をご選択いただけます。 - クレジット決済の場合 以下のクレジットカードがご利用いただけます。 - PayPal決済、かんたん銀行決済の場合 カードでも銀行口座からでも、一度設定すればIDとパスワードでかんたん・安全にお支払い。 新規登録は無料。 銀行口座からのお支払いでも、振込手数料は無料です。 - Amazon Payの場合 Amazon Payは、Amazonアカウントに登録されたクレジットカード情報、配送先を使ってご注文いただけるサービスです。 - 代金引換の場合 代金引換は佐川急便株式会社のe-コレクトとなります。 代金は商品お届け時にお支払いください。 送料について - 宅配便の場合 全国一律440円 税込 、ネコポスの場合は全国一律297円 税込 の送料を頂いております。 5,000円 税込 お買い上げのお客様は、宅配便送料を無料とさせて頂きます。 - 代金引換の場合 代金引換は佐川急便株式会社のe-コレクトとなります。 代金は商品お届け時にお支払いください。 代引手数料は以下のように計算されます。 税込1万円未満 330円• 税込1万円~3万円未満 440円• 税込3万円~10万円未満 660円• 税込10万円~30万円未満 1,100円.

次の

サリーさん来日プロジェクト<Sally's Japan travel diary>

サリー イングル フィールド

彼女の映像は、生中継の試合時だけではなく、日本大会へ繋ぐ閉会式の映像でも使用され、今や彼女は国際的にあの歴史的試合の象徴的な一人になっている。 そこで私たちは、「彼女に会いたい」というメッセージを日本語、英語でたくさんの場所に残し、その後多くの方の協力を得て、ついに!ついに!!本人からのメッセージを直接受け取り、この週末に出会うことができたのである。 お名前はサリーさんと言う。 写真のようにとってもチャーミングでかわいらしい女性だった。 本取材を心から喜んでくれ、日本でこんなにも自分のことが話題になっているとは驚きだと、興奮気味に話してくれた。 ご本人からの許可を得て、サリーさんから皆さんへのメッセージ動画をYOUTUBEでお届けする。 (もし、彼女が誰なのかわからない場合、本動画の右下にあるパネルが大きなヒントになるかもしれない) 彼女は私たちが思っている以上に、日本ラグビーの大ファンであった。 その証拠に、現在、彼女は自身のフェイスブックの写真として、南ア戦勝利後の日本チームの写真を使っている。 ゆっくり時間をとってもらいテムズ川のほとりでインタビューをしてきたので、少しずつ公開していきたいと思う。 「改めまして、サリーさん、あんなにも日本を応援してくれて本当にありがとう!」 ラグビーファン全員を代表してお礼を伝えてきました。 最後に...... 、サリーさんに聞いてみた。 「もし、日本のメディアが日本に来てほしいと言ったらどうする?」 「もちろん、なんとしてでもお休みをもらっていくわ!」 もし、関心のあるメディアがあれば、私にコンタクトを頂ければ、お手伝いします。 こちらから中継をつなぐ、動画をお届けするなどもできるかも?? 高野 美穂 教育系出版社を経て、ライターとして独立。 その後、日経CNBC等のリポーターを経て、2005年にコンテンツ制作会社スタイルクリエイト ()を設立。 WEB時代の黎明期から時代に合わせたコンテンツ提供を行っている。 企画、コーディネート、 取材、執筆、TVリポーター、ナレーションを一人でこなせることを強みに、紙媒体、放送双方に強みをもち、フットワークよく取材に出向く。 ロンドンでは、 英語教育法、易しい欧州のニュース解説、世界の妊婦・世界の育児などをお届けしていく予定。 ラグビーワールドカップイングランド大会2015では、紹介番 組の現地リポーターと観戦ガイドブックの企画編集を行った。 スポーツ愛好家。

次の