イソジン 虫歯菌。 虫歯菌は殺菌・消毒できる?|虫歯【ブラウンオーラルB】

歯周病はイソジンやオキシドールのうがいで治るのか?

イソジン 虫歯菌

うがい薬を使うメリット 2-1. 口臭予防ができる うがい薬を使うと口臭は一時的に軽減します。 うがい薬だけでは、口臭がなくなることはありませんが、外出時歯磨きができない時や 臭いの残る食べ物を食べたあとには効果が期待できます。 2-2. 歯周病予防ができる 薬用成分によっては、歯周病菌の殺菌、消毒の効果が期待できるうがい薬もあります。 うがい薬を使っていれば、歯周病にならないということではありませんが、 歯周病菌が増えない清潔な状態を保つことで、お口の健康を保つことができます。 2-3. 清潔に保つことができる 体調不良や風邪や発熱など、体調がすぐれない時は、歯磨きができなかったり免疫力が低下し、お口の中の細菌も増えやすい環境になります。 日頃からうがい薬を使っていれば、お口の中を清潔に保つことができますので、体調が悪い時にもお口を清潔に保つことができます。 2-4. 気分転換になる 集中したいのに、集中できない。 考えたいのに考えがうかばないなど、気分を変えたい時などに、うがいは簡単にできる気分転換の方法の一つです。 市販のうがい薬 明治うがい薬(旧イソジン) オススメする方 風邪をひきやすい人におすすめ 効果・効能 薬用成分のポピドンヨードが口腔内やのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去の効果が期待できます。 商品詳細 【発売元】明治製薬 【値 段】469円 新コルゲンコーワ オススメする方 気軽に使いたい方 効果・効能 薬用成分は少なく、口臭を気にしてる方むけです。 爽快感が持続します。 商品詳細 【発売元】興和新薬 【値 段】880円 キレイキレイうがい薬 オススメする方 気分転換にうがいをした人 効果・効能 さわやかなアップルミントのフレーバーでリフレッシュ効果が期待できます。 商品詳細 【発売元】ライオン 【値 段】945円 リステリン オススメする方 とにかく、すっきりしたい、消毒効果を期待したい人におすすめ 効果・効能 余計なフレーバーが入っておらず、刺激が強く、しっかり消毒してくれます。 ただし、苦味や辛味があるので、刺激に弱い方にはおすすめできません。 商品詳細 【発売元】ジョンソン・エンド・ジョンソン 【値 段】791円 4. 処方が必要なうがい薬 処方箋が必要な薬品は厚生労働大臣が指定した医薬品であり、薬理作用が強い薬剤や、新発医薬品などが指定されています。 保険が適応されるので、安価で薬理効果の高いうがいぐすりとしてはおすすめです。 歯科医院や内科で症状に合わせて処方してもらうことができます。 ネオステリングリーン 歯科医師の処方が必要です。 抜歯後のお口の消毒に使用される、粘膜にも傷口にも優しいうがい薬です。 刺激も少なく、苦味もないので、粘膜の弱い方にオススメです。 商品詳細 【発売元】日本歯科薬品 コンクールF 処方は必要ないですが、歯科医師、歯科衛生士の指導のもと使用することをオススメします。 一度に多量に使用することで、アレルギーがでる場合があります。 容量、用法を守って正しく使いましょう。 歯周病菌の殺菌に最も優れているうがい薬として、歯科医院ではよく使用しています。 刺激も少なく、とても使いやすいうがい薬です。 商品詳細 【発売元】ウェルテック 【値 段】1,000円 5. うがい薬の選び方 5-1. 1〜2種類の殺菌効果が期待できる成分入りを選ぶ いろいろな殺菌成分や保湿剤が入ったものよりも、1・2種類の殺菌効果が期待できる成分が入っているものを選びましょう。 いろいろな薬剤を入れることで、保存剤や粘結剤など必要のない材料が多く入っている商品があります。 成分はできるだけシンプルなものをオススメします。 グルコン酸クロルヘキシジン• グリチルリチン酸モノアンモニウム• セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)• GK2(グリチルリチン酸ニカリウム)• ポビドンヨード 5-2. うがいをした時に歯がキシキシしないものを選ぶ 歯がキシキシするのは、お口の中が酸性に傾いている証拠です。 お口の中が酸性に傾くと、虫歯になりやすい環境を作ってしまいます。 うがいをするたびに、虫歯になりやすくなるようでは、せっかくお口の中がすっきりしても、今度は歯が痛くなってしまう可能性もあります。 お口にも歯にもよい商品を選びましょう。 5-3. ミントなどの香りの強い商品は避ける 香りの爽快感で殺菌、消毒された気分になってしまうからです。 商品自体の薬用成分が少なくても、香りでごまかしてしまう、うがい薬もあります。 爽快感よりも薬用効果を期待する人は、香り付けのない商品を選びましょう。 うがい薬を使う時の注意点 6-1. 体調が悪い時は一時中止することをオススメします。 体調が悪い時や、口内炎や口のまわりにひどいただれができている場合は、一旦使用を中止するか、医師に相談してください。 薬用成分による副作用の可能性も考えられます。 使用後、腫れ、かゆみ、発赤、などが継続する場合は、重篤な症状が起こることもあります。 使用をやめ、医師の診療をうけてください。 6-2. 歯周病対策には限定的 うがい薬はあくまでも一時的な対症療法です。 口臭の根本的な原因を取り除かなければ、 問題解決にはいたりません。 かかりつけの歯科医院へ通い、歯周病治療の相談をうけましょう。 まとめ いろいろなうがい薬がありますが、自分に合ったうがい薬はみつかりましたか? うがい薬を選ぶ時のポイントをチェックして、自分にあったうがい薬を使ってくださいね。 症状がわからない場合は、内科や歯科医院に相談してみてください。 歯科医院では、歯の痛みがなくても、相談にのってくれる医院はたくさんあります。 まずはかかりつけの医院へ連絡してみてくださいね。 Author:•

次の

歯周病はイソジンやオキシドールのうがいで治るのか?

イソジン 虫歯菌

虫歯予防、対策について• 虫歯とは?原因やその症状 虫歯は、う蝕やう窩 (か)とも呼ばれ、多くの人々がかかっている慢性疾患です。 そして、最も予防しやすい疾患でもあります。 特定の物を食べると、歯の上の細菌がそれを分解して酸を作り出します。 この酸が歯の硬組織を破壊し、その結果として虫歯ができます。 一般的に、虫歯は歯の2つの部分で発生します。 咬合面(こうごうめん)う蝕は、直に食べ物が当たる歯の一番上の部分で、隣接面う蝕は歯の間で起こります。 これらの2つの場所で、細菌が化膿を起こし、お口の衛生を危険にさらしているのです。 歯のかみ合わせ面、歯間のすき間、および歯根に近い表面が、最も虫歯になりやすい場所です。 歯とその周囲の部分が適切にケアされていないと、細菌が口の中の食べ物から残った糖を分解し、排泄物として酸に変えます。 こうした酸は歯のエナメル質を脱灰(だっかい)するほど強力で、小さな穴をつくります。 これが虫歯の初期段階です。 歯は唾液よって強化されたカルシウムとリン酸の構成を維持する能力を持っていますが、エナメル質が分解されるにつれてこの能力を失ってしまいます。 次第に、酸が歯に浸透し、内側から破壊していきます。 歯ブラシやデンタルフロスが届きにくい位置にある歯もまた、歯垢(プラーク)がたまりやすく、それゆえ虫歯が形成されてしまいます。 虫歯菌はどこから来る? 虫歯菌の中でも代表的なのはミュータンス菌です。 興味深いことに、新生児の口内にはミュータンス菌がありません。 周りの大人の唾液に含まれている菌が感染するのです。 たとえば、箸やスプーンで食べ物をあげたり、同じコップで飲み物を飲んだり、キスをしたりすることで感染します。 虫歯菌は歯の表面に住みつくので、乳歯の生え始めから生えそろうまでの、およそ1歳半から3歳ほどの時期は特に注意が必要です。 はじめからミュータンス菌に感染しないで済むなら、殺菌・消毒の必要もなく最善の方法といえます。 とはいえ、私たち大人の大半はすでにこの菌が口内にある状態ですので、虫歯の予防のためには、数々の方法で殺菌や消毒に努めるしかありません。 虫歯を防ぐには? 口の中にある虫歯菌を完全に殺菌・消毒しきることは難しいですが、適切なお口のケア習慣を実践することで、かなり減らすことが可能です。 個人で普段の生活の中でできるケアと、歯医者さんでしてもらう専門的なケアの両方を行うことで、虫歯菌の殺菌・消毒に努めましょう。 虫歯を防ぐのために歯医者さんが推奨することとして、以下があげられます。 虫歯の予防には、よいオーラルケア習慣を保つことが一番大切です。 エナメル質の小さな傷は、通常の歯磨きとフッ素で修復することも可能です。 エナメル質は、唾液中のミネラルや歯磨き粉等に含まれたフッ素で修復されます。 虫歯予防効果のあるフッ素配合歯磨き粉を使用することは、大変効果があります。 フッ素はお口の健康を促進することが明らかになっています。 フッ素配合の洗口液、歯磨き粉、ジェルを使って1日2回、2分間以上ブラッシングしましょう。 口内を4分割した1区間につき、最低でも30秒ブラッシングしましょう。 フッ素配合のクレストプロヘルス製品を使って、虫歯菌の活動や歯にダメージを与える酸の生成を抑制することができます。 歯医者さんで定期的にフッ素を塗布してもらうのもよい方法です。 特に甘い食べ物や飲み物をよく摂る場合は、ブラッシングの後にフロスをしましょう。 糖分の多い食べ物により、歯の硬組織にダメージを与える酸が生成されます。 クレストプロヘルス製品で毎日1~2回フロスすると、ブラシが届きにくい歯のすき間の食べかすを除去できます。 歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらうのも効果的です。 歯垢が蓄積すると、そこに虫歯菌が住みつきやすくなり、バイオフィルムと呼ばれる膜のようなものができてしまいます。 一度形成されてしまうと粘着力が強すぎて、通常の歯磨きでは落としきれません。 定期的に歯医者さんに行ってクリーニング(PMTC)してもらい、虫歯菌の温床を取り除くことをおすすめします。 歯磨き以外にできること 歯磨き以外に虫歯を予防するために出来ることがあります。 あなたに合った歯ブラシを見つける ブラウンオーラルB 電動歯ブラシは、ティーンからシニア層まで幅広くお使いいただける歯ブラシです。 また定期的に歯ブラシを交換することを忘れないでください。 ライフスタイルを変える ライフスタイルを少しだけ変えることで、お口の健康に大変役立つことがあります。 バランスの取れた食生活をすることは虫歯予防に役立ちます。 糖分が多く含まれたものや極端なダイエット等は控えましょう。 野菜を多めにとる 濃い色のフルーツや葉物野菜は、唾液中のカルシウムを増加させ、酸を減少させます。 こまめな水分補給をする ドライマウスになると、歯垢がいつまでも口内に残ってしまいます。 十分な量の水分を取りましょう。 コーヒー、ソーダ、アルコールの摂取に注意する。 飲み物や食べ物に含まれる成分によっては、歯の表面を脱色してしまうこともあります。 またリンはカルシウムを減少させます。 サプリメントの摂取 ビタミンCやビタミンDは健康な歯をサポートします。 事前に、医師にご相談ください。 1年に2度、歯医者さんにチェックに行きましょう。 プロのクリーニングで、しつこい歯垢や歯石を取り除いてもらいましょう。 お口全体をよくチェックしてもらうことで、問題が深刻になる前に早期発見してもらうことができます。 また、レントゲンで、目では確認できない問題を明らかにすることができます。 歯医者さんに定期的に通って、あなたのお口の問題に対してのアドバイスをもらうようにしましょう。

次の

歯科衛生士が教えるうがい薬|市販のうがい薬に殺菌効果は見込めない!│知りたいことはココにある【歯の知りたい!】

イソジン 虫歯菌

コンクールFとは? は、殺菌効果に優れたグルコン酸クロルヘキシジンを配合した歯科推奨の洗口液(マウスウォッシュ)です。 水にコンクールFを数滴垂らしてうがいをするだけで、口内の歯周病菌・虫歯菌や口臭の元となる雑菌を殺菌してくれます。 継続的に使用することで、 『歯周病が良くなった』『虫歯になりくくなった』『口臭がなくなった』という口コミが多い製品です。 一般の薬局・ドラッグストアでは販売しておらず、 歯医者やAmazon・楽天などの通販サイトのみで販売している商品です。 虫歯になりやすい方や歯周病が気になる方、口臭や口の粘つきが気になる方など、口内の健康に気をつかう方にはおすすめできる商品です。 コンクールFの5つの特徴 高い殺菌効果 コンクールFには、高い殺菌効果を発揮するグルコン酸クロルヘキシジンが主成分として含まれています。 口内には、健康な人であっても1,000~2,000億個の細菌がいると言われており、それらが虫歯や歯周病といった病気を引き起こす原因となります。 菌は歯や歯ぐきだけでなく舌の表面にも住みついています。 コンクールFはマウスウォッシュですので、歯ブラシやデンタルフロスで取り除くことが難しい、舌や頬といった部分にも殺菌効果を届かせることが可能なのです。 歯ぐきの炎症を抑える 歯ぐきの炎症は歯周病を悪化させる要因です。 コンクールFには、植物由来のグリチルリチン酸アンモニウムという炎症を抑える成分が含まれています。 グリチルリチン酸はアレルギーを抑える成分としても有名で、アトピーや花粉などの医薬品、化粧品などにも広く使われています。 効果が約12時間続 コンクールFの殺菌効果は約12時間と長い時間継続します。 つまり、出勤前や通学前に使用すれば、殺菌効果が帰宅時まで期待できるということです。 グルコン酸クロルヘキシジンには歯や舌、頬などの粘膜に吸着する性質があるため、長い時間作用するのです。 殺菌効果が持続するというメリットから、一部の歯医者では、インプラント治療など長い時間がかかる手術の前に、うがい薬として使用されているほどです。 刺激が少ない 洗口液を使用した経験がある人で、「使った後にピリピリするのが苦手」という人は多いのではないでしょうか。 コンクールFはリステリンと異なり、刺激がほとんどない製品です。 刺激のもとになりやすいエタノール(アルコール)が主成分ではないので、刺激が軽減されています。 コストパフォーマンスに優れている 販売価格は1,000円前後です。 濃縮タイプで、1本あたり360~700回程度使用できます。 朝と就寝前の2回を一人で毎日使い続けたとすると、半年~1年分が1本で賄える計算になります。 半年~1年間にかかる費用が1,000円程度で、多くの歯医者から推奨される高い信頼性を持った品質であるという点から、 コストパフォーマンスに優れた製品だと言えます。 コンクールFの正しい使い方 コンクールFの使用方法• よくかき混ぜたら口に含み、全体に行き渡るまで数回ゆすいでから吐き出します。 コンクールFの使用頻度 1日に2~3回程度、歯磨きの後に使用してください。 タイミングとしては、食事の後や寝る前の他に、日中口臭が気になるときに使うのが良いでしょう。 コンクールFの使用時の注意点 歯磨きと洗口液を併用することで殺菌の効果とその持続性を高めることにもつながります。 まれに歯磨きをしないまま、洗口液だけで口内ケアを済ませる人がいますがこれは良くありません。 歯や歯ぐきに汚れが残ったままだと、それが邪魔をして洗口液が歯や歯ぐきに十分に吸着しないので、効果が大幅にダウンしてしまいます。 コンクールFのデメリット・注意点 アナフィラキシーショック コンクールFに含まれる殺菌成分『グルコン酸クロルヘキシジン』が原因で過去に「顔面蒼白」「冷や汗・発汗」「脈が弱まる」といった ショック症状を起こした事例がいくつか報告されています。 コンクールFは薄めて使用するものであり、濃度が低いので実際にショック症状が現れる可能性はほとんどありませんが、 違和感を感じた方はすぐに使用を中止してください。 特にアレルギー体質の方は注意した方が良いでしょう。 歯の着色 コンクールFに含まれる殺菌成分『グルコン酸クロルヘキシジン』は歯の着色を起こす作用があります。 長期間の使用により、歯が黄ばむことがありますので、注意が必要です。 虫歯・歯周病・口臭などお口のトラブルには高い効果を持つものの、歯が黄ばむのは嫌ですよね。 そこでおすすめなのが、歯を白くする効果があるホワイトニング歯磨きジェル との併用です。 毎日使う歯磨き粉の代わりに 『はははのは』を使うだけで歯をきれいな白さにすることができるのです。 『はははのは』は製薬会社が開発した、オーガーニックにこだわったホワイトニング製品で、1,980円とリーズナブルな価格でありながら、歯を白くする効果が高いのが特徴です。 コンクールFとの併用で、虫歯・歯周病・口臭予防に加えて口の中が清潔な白さになれば、 口元の印象が変わることは間違えありません。 ぜひ を試してみてくださいね。 2017-01-19 00:08 注文してみました!『コンクールF』体験談 AmazonでコンクールFを注文してみました。 マウスウォッシュ部門でベストセラー1位で、Amazonでのカスタマーレビュー評価は 『4. 『下手なマウスウォッシュより全然いい!』『コストパフォーマンスに優れる』『口臭皆無!接客業なら必携アイテム。 』『リステリンからの卒業。 半年は持つCPの良さ。 清涼感。 持ち運びに困らない。 』など高い評価が多いのが特徴的でした。 一方で、 『歯に着色してきます』『発疹が出ました…』など、着色や体に合わないことから低い評価も見受けられました。 Amazonで注文後、翌日にクロネコヤマトで到着しました。 まず、パッケージ表面と裏面。 『むし歯・歯肉炎・歯槽膿漏の予防、口臭の防止に』というキャッチコピーが記載されています。

次の