村岡 かね ぞう。 村岡兼造の卒業・出身高校

神戸新聞NEXT|日々小論|官房長官の秋田弁 論説委員・藤井洋一

村岡 かね ぞう

「わだし」と濁って聞こえたのは、秋田出身議員という先入観があったためだろうか。 1997年9月11日に発足した第2次橋本改造内閣。 政権の要の官房長官に就いたのは、自民党旧竹下派の実力者・村岡兼造(かねぞう)さんだった。 阪神・淡路大震災の復興も担務の一つ。 就任会見で財政改革などに慎重に答えていたが、震災に質問が切り替わると口調に力がこもった。 「実はわたし、与党復興プロジェクトチームの座長を今日まで務めました。 被災地も何度も行きました」。 仮設住宅から恒久住宅への移転や生活支援が最大の課題と、事務方が用意したメモも見ずに即答した。 被災地の実情を理解しておられる-と、兵庫県や神戸市の幹部からは歓迎の声が上がった。 しかし野党や市民が掲げる被災者支援法案には、財源面から厳しい姿勢を示していた。 当時の山崎拓・自民党政調会長の「村岡先生は宗旨替えされたらしい」という発言が印象に残る。 支援法は翌年、与野党の共同提案で成立した。 しかし阪神・淡路には適用されず、行政措置を求める付帯決議にとどまった。 「党から声が上がれば、いろいろ工夫できるんじゃないか」との官房長官発言は、やはり被災地を案じていたことをうかがわせる。 その後、村岡氏は2003年の衆院選に落選し、政界を引退する。 翌年に政治資金規正法違反事件に絡んで在宅起訴され、無実を主張したが最高裁で有罪が確定した。 昨年末に88歳で亡くなった。 復旧・復興施策のキーパーソンの一人だったのに、なぜかじっくり話す機会がなかったのが悔やまれる。 震災25年を迎える被災地の姿を、どんな思いで見つめていたのだろう。

次の

東京都立小石川高等学校出身の有名人

村岡 かね ぞう

15年の衆院選で落選した後の16年に日本歯科医師連盟の「ヤミ献金」事件で政治資金規正法違反罪に問われ、無罪を訴えたが、20年に有罪が確定した。 官房長官や自民党総務会長を務めた元衆院議員の村岡兼造(むらおか・かねぞう)氏が25日、胃がんのため東京都内の自宅で死去した。 88歳だった。 秋田県出身。 秋田県議などを経て、1972年の衆院選で初当選し、通算9回の当選を重ねた。 2003年の衆院選で落選し、政界から引退した。 出典: 共同通信などでは死去した詳細な日時も記載されており、それによると12月25日午後4時57分に自宅で息を引き取ったとのことです。 日歯連闇献金事件での有罪確定以降、メディアに彼の名前が報じられることもなく、近況についてはほとんど情報がありませんでした。 闘病生活に関する情報も公表はされていませんが、胃癌で亡くなったということで、ある程度進行した状態で見つかったものと思われます。 というのも、最近では胃癌が直接的な死因となって命を落とす人は少なくなっている一方、進行した状態で発見された胃癌の致死率は依然として高い状態にあるためです。 近年胃癌で亡くなる方の数は減少してきていますが、胃癌にかかる人の数が減少してきているわけではありません。 これは胃癌自体はそれほど減っていないけれど、診断技術の進歩で早期胃癌の状態で見つかる人が増えたことと、標準手術の確立により、胃癌で死なない人が増えてきたことによると思われます。 しかし、現在でも進行した胃癌ではなかなか直すのが難しいということには変わりありません。 出典: 現在息子たちは何をしている? 橋本内閣で官房長官を務めた村岡兼造(むらおか・かねぞう)元自民党衆院議員が25日、がんのため東京都内の自宅で亡くなりました。 88歳でした。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 村岡氏の長男である兼幸(かねゆき)氏は1914年に村岡一族によって経営されている村岡建設工業の社長を務めています。 2001年に秋田県知事選挙に立候補をするも落選。 このとき当選を果たした寺田典城氏には倍以上の差をつけられ、得票率2位での落選となりました。 一方、次男は政治家の道を歩み、村岡兼造氏の跡を継ぎました。 次男=村岡敏英氏は、2012年の衆議院議員選挙で初当選。 衆議院議員2期を務めるも、2017年の衆議院議員選挙では希望の党の公認候補として立候補した結果、落選。 2019年12月現在の活動は不明ですが、政界復帰を目指していることはほぼ間違いないでしょう。

次の

村岡兼造

村岡 かね ぞう

来歴・人物 [編集 ] を経て、のに立候補し初当選。 ので落選したが3年後のので政界復帰を果たす。 時代はと共にの側近として知られていたが、ので竹下派が分裂すると、中堅議員の・・らとともに反小沢の急先鋒となってを後継会長に擁立した。 その後は、小渕派幹部としてからまで総裁・の下で、同年9月発足したではの後任としてに就任した。 7月のでは惨敗し、官房長官を退任した。 、総裁・の下でに就任。 2001年、4月退任。 のにて橋本派はを擁立したが、村岡は橋本派の会長代理であり藤井の兄貴分でありながら藤井ではなく森派の現職かつ1972年衆院初当選同期の の支持に回ったために、に「(この年の流行語大賞を受賞)を食らった」と揶揄された。 小選挙区移行後の総選挙ではとを取っており、2003年のでは比例区に回る予定であった。 しかし、選挙前に御法川が死去したことによりコスタリカ方式が解消されたと判断し、村岡は小選挙区で立候補する。 ところが、村岡は2003年の総選挙で落選し、政界からの引退に追い込まれた。 2019年12月25日16時57分、のため東京都内の自宅で死去した。 88歳没。 死没日をもってに叙される。 不祥事 [編集 ] 引退後の2004年9月には、で、(橋本派)の元会計責任者の証言により収支報告書不記載の首謀者として、違反(不記載)で在宅起訴される。 村岡は「幹部会でヤミ献金の話が出たことはなく、1億円については報道で初めて知った」と全面を主張。 2006年3月30日、第一審の(裁判長)は無罪判決を言い渡した。 しかし、の第二審の(須田贒裁判長)は判決を取り消し、10ヶ月・3年の逆転判決が言い渡された。 2008年7月14日、最高裁(裁判長)は棄却の決定をし、有罪判決が確定した。 政策 [編集 ] 選択的制度の導入に反対していた。 家族 [編集 ]• 長男は元会頭で第15回(2001年)の秋田県知事選挙に立候補した。 2016年10月よりの社長を務める。 村岡の後継社長として長年村岡建設工業の社長を勤め、2016年10月に会長となった村岡淑郎は実弟。 政治家としての兼造の後継者となった次男のは、父兼造の在任中に運輸大臣、内閣官房長官秘書官をそれぞれ務めた後 、2005年ので秋田3区から無所属で立候補したが落選、2009年のでも自民党の公認を得られず無所属()で立候補して落選、2010年のではから比例区に立候補したが落選した。 その後、2012年のではから立候補し、では敗れるものので当選している。 2014年のでも比例復活となり、現在2期目。 2016年に入りしている。 略歴 [編集 ]• 1959年:の社長に就任。 1964年:村岡建設工業の社長を退任。 政歴 [編集 ]• 1967年• 秋田県議会議員選挙で当選(2期)。 1972年12月10日• 第33回衆議院議員総選挙に立候補、初当選。 1989年6月• 郵政大臣に就任(宇野内閣、〜1989年8月)• 1990年12月• 運輸大臣に就任(海部内閣、〜1991年11月)• 1995年9月• 自民党国対委員長に就任。 1997年9月11日• 内閣官房長官に就任(橋本改造内閣、〜1998年7月)• 1998年7月• 自民党幹事長代理に就任• 2000年12月• 自民党総務会長に就任• 2001年11月3日• を受章• 2003年11月9日• 第43回衆議院議員総選挙に立候補したが、落選。 2003年11月11日• 公職選挙法違反で選挙運動員が逮捕される。 2004年8月6日• 本荘市名誉市民の称号授与。 2004年9月26日• 政治資金規正法違反で在宅起訴された。 2006年1月17日• 政治資金規正法違反の上記刑事被告事件につき禁錮1年の求刑を受けた。 2006年3月30日• 同刑事被告事件につき、第一審・東京地裁で無罪の判決を受けた。 2007年5月10日• 同事件被告事件につき、控訴審・東京高裁は、第一審の無罪判決を破棄し、禁錮10か月・執行猶予3年の逆転有罪判決が言い渡した。 2008年7月14日• 同事件被告事件につき、上告審・最高裁は、控訴審の有罪判決を支持し、上告棄却の決定をした。 脚注 [編集 ] []• の『闘争! 角栄学校』によると、村岡が親小沢から反小沢に転向した理由として、小沢の別の側近から「村岡さんたち(の中堅議員)が竹下さん(派閥のオーナーであるのこと)たちに小沢さんの情報を流している」と讒言されたことが原因としている• 現環境大臣・の父で、の義父にあたる• 時事通信• 共同通信• 日本経済新聞 2019年12月25日. 2019年12月25日閲覧。 『官報』第179号11頁 令和2年1月29日号• - 時事ドットコム 2020年1月21日• 村岡敏英『STAFF 秘書が見た日本政治の十六年』獅子の会、2004年、306頁。 978-4594048358。 「2001年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2001年11月3日朝刊 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - 村岡兼造の公式。 - 兼造の二男である村岡敏英の公式ブログ。 議会 先代: 衆議院建設委員長 1986年 - 1987年 次代: 公職 先代: 第62代:1997年 - 1998年 次代: 先代: 第64代:1990年 - 1991年 次代: 先代: 第50代:1989年 次代: 党職 先代: 第42代:2000年 - 2001年 次代: 先代: 第42代:1995年 - 1997年 第34代:1990年 次代:.

次の