ピーカン ナッツ と は。 ピーカンナッツとピーナッツの違いは?特徴や味・用途など詳しく比較!

ピーカンナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方

ピーカン ナッツ と は

この記事の目次• ピーカンナッツ ペカンナッツ とは? ピーカンナッツは、クルミ科の落葉高木 ペカン(学名:Carya illinoinensis)の種実です。 原産は北アメリカです。 英名では 「Pecan」と呼ばれることから、日本では ピーカン、 ピカンという名前で通っています。 10月から12月に収穫される種実には脂肪分が多く、そのためペカンは バターの木と称されることもあります。 ピーカンナッツは長さが1〜3インチ、幅が0. 5〜1インチで、茶褐色をしています。 味はクルミに似ていて、苦みが少ないのが特徴です。 おつまみやピーカンパイなどの製菓に使われています。 ピーカンナッツのカロリーとは? ピーカンナッツのカロリーは、 100gで 691Kcal。 ピーカンナッツは1粒(約1. 3g)のカロリーが約9calほどです。 糖質も1粒あたり約0. 08gと非常に少ないので、ダイエット中の方でも安心して食べることができます。 脂質が一番多く含まれているのですが、その脂質とは飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸の3つです。 この脂質の量はクルミやピーナッツよりもだんぜん多く、マカダミアナッツと同じくらいです。 ピーカンナッツの栄養価表 ピーカンナッツ 栄養価 (100g当たり) RDA エネルギー 691 Kcal 34. 2g 18. 8g 多価不飽和脂肪酸 21. 【1】アンチエイジング効果 ピーカンナッツには抗酸化成分が多く含まれているので、アンチエイジングや心臓病予防に効果が見込めます。 この抗酸化物質とはエラグ酸、ビタミンA、ビタミンEなどです。 皮膚の老化を引き起こしてしまうフリーラジカルと戦ってくれるので美肌作りにも有効ですし、色素沈着やほうれい線のケアにも効果があります。 また、ミネラル類も豊富に含まれているので栄養バランスが良いことも女性にとって嬉しい特徴です。 【2】美肌効果 体内に毒素がたまると、肌がくすんでしまいます。 ですから毒素の排出は美肌を維持するためには大変重要なのですが、ピーカンナッツには豊富な繊維質が含まれているのでこれに効果を発揮してくれます。 さらにピーカンナッツに含まれるビタミンAと亜鉛は、肌の透明感を高め皮膚感染症から肌を守ってくれます。 【3】育毛効果 ピーカンナッツは優れた L-アルギニンの供給源と言われています。 L-アルギニンは動脈壁の柔軟性を高め、血流を改善してくれるのでそれが体全体の健康につながります。 もちろん、頭皮にも血がめぐることになりますので、毛根を活性化し育毛にも効果が期待できるのです。 【4】脱毛予防 脱毛の主な原因のひとつに鉄分不足があげられます。 ピーカンナッツには非常に多くの鉄分が含まれているので、脱毛の予防にも効果的です。 【5】生活習慣病予防 ピーカンナッツに含まれる脂質のうち、n-3不飽和脂肪酸は中性脂肪の低下や不整脈の改善、動脈硬化の予防などの作用を持ちます。 このため生活習慣病の予防にも役立ちます。 【6】免疫力向上 亜鉛は、免疫機能の正常化をサポートしてくれると言われています。 ピーカンナッツにはその亜鉛がたっぷり含まれています。 風邪などの予防にも効果的ですし、さまざまな病気や感染症などから身体を保護してくれるといった効果が期待できます。 【7】消化改善、便秘にも効果 食物繊維が多く含まれているピーカンナッツを摂取すれば、腸内環境の改善に効果があり、定期的な排便のサポートもしてくれます。 便秘予防に、腸内改善は、痔や大腸炎のリスクも軽減してくれますね。 【8】ダイエット さらにナッツに含まれる食物繊維とビタミンB群は、満腹感を高め代謝を増加させるのでダイエットにもぴったりの食材です。 ピーカンナッツ摂取取上の注意点 (1) 摂りすぎには注意 そもそもピーカンナッツは カロリーの高い食材なので、食べ過ぎると太ってしまいます。 食べ過ぎると腹痛を起こすこともあるので、注意するようにしてください。 100g食べると成人女性の1食分の摂取目安カロリーを超えてしまいます。 また、味付けしてあるなっつですと、塩分の取りすぎになってしまう可能性もあります。 1日18粒くらい 約200kcal を目安に摂取してください。 (2) オメガ3脂肪酸は意外と低い! 必須脂肪酸のバランス欠如問題となっている必須のオメガ3、ピーカンナッツにはクルミに比べても意外に含有量が多くありません。 むしろ、多価不飽和脂肪酸の中の オメガ6比率が非常に高いものとなっています。 ピーカンナッツばかり偏って食べていると、オメガ3不足がより深刻になりますので、オメガ3を積極的に摂るように心がけてください。 (3) 加熱調理は? オメガ3脂肪酸は、熱に弱いという性質があるとよくネットの情報でも見受けられますが、ナッツに入っている状態では問題ありません。 熱に弱いということならば、 ピーカンナッツを使ったお菓子をはじめ、加工食品すべてが食べるのに悪いということになります。 そもそもオメガ3脂肪酸が生食でなければダメだということはありません。 現に、チアシードオイル、カメリナオイルなどオメガ3比率が高い油でも加熱調理が可能なものもあります。 もちろん、ピーカンナッツは、そのままを食べても美味しいですし、砕いたものをシリアルと一緒に食べたり、サラダに加えたりしてもとても美味しくいただけます! ピーカンナッツを使ったチョコレートも大人気です サロンドロワイアル 希少な天然ピーカンナッツをまるごと使った贅沢なチョコレート! 歯ごたえのあるピーカンナッツとなめらかチョコのハーモニーが人気の秘密です。 海外で人気の理由もわかりますよね。 ただし、くれぐれも食べ過ぎには注意です。

次の

【みんなが作ってる】 ピーカンナッツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ピーカン ナッツ と は

くるみとピーカンナッツは、それぞれくるみ科に分けられる植物です。 そのため、似ているのは当然なのかもしれません。 それぞれの発祥を見てみましょう。 ピーカンナッツは北米が原産国となっています。 脂肪分の多い実をつけることから、バターの木と呼ばれることもありますよ。 一方くるみはヨーロッパ南西部が原産地とされています。 くるみとピーカンナッツは脂質の量に明確な違いがあるのですよ。 どちらよ身体には良いとされている不飽和脂肪酸ですが、くるみに比べ、ピーカンナッツの方がたくさんの不飽和脂肪酸を含んでいることが知られています。 ピーカンナッツの木がバターの木といわれるように、ピーカンナッツには脂質がとても豊富なことがわかりますね。 さらに、くるみとピーカンナッツは殻にも違いがあります。 くるみの殻は素手で割ることが難しいですね。 とても硬くて道具を使わなければなりません。 一方でピーカンナッツは一見すると硬く見えますが、素手で持って割ることができるのです。 少し力を入れて指で押せば、パリッと殻がむけるので、ここでもくるみとの違いがあるのですよ。

次の

ピーカンナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方

ピーカン ナッツ と は

分布と特徴 [ ] 水はけの良い土壌、湿潤で夏冬がはっきり分かれている気候など、最適の環境であれば樹高30メートル程度まで成長する。 強風など外部からのダメージに弱く、乱暴に収穫すると若い枝は傷んでしまう。 同じ木に雌雄の花が沢山付くが自家受粉は滅多にしない。 植えて6-10年程度で実をつけるようになり、200年は収益を得られると言われる。 アメリカ南東部には樹齢1000年を超えるペカンの木が何本も残っている。 は長さ約4cmの長楕円形。 9〜10月に果実が成熟すると果肉が裂け、に包まれたが落下する。 この外種皮(殻)は薄く、手で容易に割ることができ、この中のを食用とする。 ペカンの品種として、カーチス(カーティス)、サクセス、シュレー、スチュアート、マネーメーカーなどが知られる。 流域から東部原産。 が主要な産地であるが、自然分布から外れた南部やテキサス州西部の乾燥地帯でも栽培されている。 日本には大正時代の初期に輸入された。 時点で、、、、、、などで栽培されていた。 ただし、いずれも生産量は多くない。 なお、()にはペカンの木がある。 味はクルミに似ているが苦みが少ない。 アメリカ建国以前の先住民との交易では毛皮と交換されるほどの価値があった。 アメリカではピーナッツに次いで人気のあるナッツで、世界消費の8割はアメリカで生産される。 ペカンの殻は本来光沢はないが、商品流通しているペカンは出荷前に研磨機で殻を磨いて光沢を出している。 生、または軽く煎って酒のとしたり、に加えたり、に加えたりもする。 さらに、製菓材料としても使用され、やなどに加えられたりすることがある他、や、ペカンナッツをやで包んだ菓子も作られる。 搾油した油は植物油(、ピーカンナッツオイル)としても用いられる。 画像 [ ]• Barstow, M. 2018. Carya illinoinensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e. T62019622A62019624. : Downloaded on 27 January 2019. 2011年8月15日閲覧• 240. 141 千趣会 1979年発行 参考文献 [ ]• 印南 敏 監修 『Cook 料理全集別巻 材料の事典』 千趣会 1979年発行• バーバラ・サンティッチ; ジェフ・ブライアント、山本紀夫訳 『世界の食用植物文化図鑑』 柊風社、2010年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の