コロナ 女性 帰省。 山梨帰省女性の実名・顔画像特定!BBQ友人は保育士/産婦人科勤務か「情報回ってきた」

山梨帰省女性の実名・顔画像特定!BBQ友人は保育士/産婦人科勤務か「情報回ってきた」

コロナ 女性 帰省

山梨県コロナ感染者帰省20代女性の名前誰の特定で批判中傷? 山梨帰省の女性、詳細が県のサイトに記載された。 コロナに感染したら芸能人は名前が公表されていますが、一般人はプライバシー保護の為公表はされないとのことです。 ただこれだけ話題になっています。 どうやらTwitterや爆サイトなどのSNSから既に名前や顔写真も特定されているかのような情報が出回っているようですが、大手ニュースサイトが確証をとって流しているものでないのでくれぐれも信じ切ってしまったり、情報に流されるのは気を付けてくださいね。 批判中傷に対する人権保護として5月8日山梨県が対策に応じると発表されました。 感染したのは全く悪くないと思います。 ただ今回このように取り沙汰されているのは、行動経緯が問題のようですね。 今は自粛宣言が出ています。 家にいる。 これにつきますね。 山梨県富士吉田市はどこ? 20代女性の勤務先はどこ? 調べましたが、公表されていませんでした。 4月30日に勤務先の同僚のコロナ感染が判明しています。 勤務先がクラスターになっている可能性があるのかもしれません。 また詳細がわかり次第追記していきます。 患者は東京都在住の20代女性で、県内に帰省していました。 県内での滞在先は、富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町です。 問題と言われているのは、検査結果が出るまで自宅待機を要請されていたにも関わらず、都内自宅にもどってしまったことです。 高速バスだと長時間滞在するので、濃厚接触者が心配ですね。 5月2日9時にコロナ陽性が確認されてから、同日午前10時20分ごろに富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスで出発。 先月29日に高速バスで山梨県の実家に帰省した20代の女性は今月1日にPCR検査を受け、2日午前に陽性が判明しました。 陽性の連絡を受けた約1時間後に女性は新宿行きの高速バスに乗り、都内の自宅に戻っていました。 山梨県は4日の会見で女性がPCR検査を受けた日に友人とゴルフ練習場や整骨院に行っていたことを明らかにしました。 検査をした病院は結果が出るまで実家で待機するよう求めていたということです。 これまでに家族や友人ら11人が検査を受けていて、そのうち友人の男性1人の感染が分かっています。 男性の症状は軽症で県内の医療機関に入院しているということです。 テレ朝ニュース引用: 5月1日PCR検査前に整骨院を訪れ、検査後には友人2人とゴルフ場に出かけて、さらにその後既に陽性確認されている20代男性と過ごしたそうです。 ゴルフ場と整骨院は調べましたが、公表されていませんでした。 ただ20代女性の住んでいる地域は小さい範囲とのことなので、地元の方々から判明してしまうのではないかなと思われますが。。 富士吉田市• 鳴沢村• 富士河口湖町 が、滞在先としてあがっています。 陽性確認される前とはいえ、PCR検査後は外出を控えて欲しかったなと思いますね。 都内に戻った理由は犬? 山梨帰省の20代女性の。 もちろん色々思うとこはあるのだけど1つ聞きたい 「東京に戻ったのは犬が心配だったから」って いや、山梨に3泊くらいしてたよね? その間はお留守番なの?誰かに預けてるの?どういうことなの? 自分が犬飼ってなかったら気にならなかったかもだけど、気になって仕方ない。 — キノノコ kinonokononik 都内に戻った理由は置いてきた犬が心配だったからと言っているようです。 でもでも、これが本当なら、3日間都内自宅空けてることになりますよ? だれかに預けることはできなかったのでしょうか。 そういうビジネスサービスもありますよね。 色々疑問点が湧いてきました。。 濃厚接触者は何人? 帰省先の家族とバーベキュー友人4人ら含めて 全員で11人となっています。 あとは高速バスの利用者でしょうか。 いま県が急いで濃厚接触者を調べているようです。 上記以外に山梨県にて5月1日20代男性と濃厚接触をしていることが判明しました。 そして既にこの男性のコロナ陽性が確認されています。 この男性とは3日間連続会っていたようです。 彼氏かなと推測されますがどうなんでしょうか。 今のところ、陽性がでたのはこの1名だけです。 山梨県コロナ感染者帰省20代女性の行動経緯がヤバすぎて炎上? ツイッターではすぐに炎上していました。 テレビとかネット見てない人達だったのかしら。。。 — Manjiro YAHAGI yahagistar 帰省の女性がトレンドに上がってるんだけど。 これ本当に特定されて晒されたらもうどうしようもないじゃん。 仕事はやめなきゃだろうし実家にも帰れないし家にもいられるか……。 コロナも怖いけど人間本当怖い。 でもこの女性の行動は一切擁護できない。 — まあさ p7UKgiBMulQAHZ7 山梨帰省の女性 これ推測に過ぎないけど・・ 「コロナの症状が出てるし検査もした。 でも友達と約束しちゃったし、コロナ感染したかも?って帰省やめたら、田舎で噂になって実家に迷惑かけるし。 何もなかったかのようにしれっと帰ろう」 的な気持ちだったんですかねぇ? その方が迷惑かけるのに。。 コロナ陽性で都道府県を跨いだ移動して山梨県の20代女性のことが叩かれてるけど、そもそもメディアが公開処刑かのように吊し上げて叩く材料にする時点でモラルがないし、Twitter特定して顔と名前拡散するとか人権侵害でしょ。 コロナ感染してない人間の方が恐ろしい世の中ですね。 マジで山梨県の女性の個人情報を特定して公表したやつ、拡散したやつ全員捕まえろ。 コロナより害悪。 — そりそり ss2bss コロナ感染者への非難が激化している。 山梨県の女性、京都産業大学の学生などネット上では特定される試みまで攻撃は加速している。 このままでは批判されるのを恐れた感染者が、症状を明らかにすることを控え感染を広げる恐れもある。 誰もが感染者になるリスクがある。 互いに寛容さを忘れずにいたい。 山梨県の感染してしまった20代女性は、未だに中傷が絶えないようだが、何事も起きませんように。 結果が出るまで自宅待機を求められたがその日の夜にまた高速バスで帰宅。 — はやちゃんねるSP game50796638 山梨県コロナ感染者帰省20代女性の名前誰の特定で批判中傷?行動経緯のまとめ、をみてきました。 コロナに感染することは悪いことではありません。 かからないように気を付けること。 うつしてしまわないように気を付けること。 今は我慢の時期かと思います。 家にいながらも最近は巣ごもりセットでお得にちょっぴり豪華食品が通販で販売されています。 活用してみるのもいいかもしれませんね。 早くコロナが終息しますように。。 山梨県コロナ感染者帰省20代女性の名前誰の特定で批判中傷?行動経緯のまとめ、読んでいただきありがとうございました。

次の

山梨帰省のコロナに感染した20代女性の利用したバス停の区間(経路)は?

コロナ 女性 帰省

自宅待機無視の概要 各メディアがニュースを報じて話題となっています。 山梨県は2日、東京都内に住む20代の会社員女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 女性は県内の実家に帰省中、PCR検査を受け、結果が出るまで実家での待機を求められた。 しかし、その日の夜に高速バスで帰宅。 その後、感染が判明した。 県内の感染者は計55人となった。 県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚(きゅうかく)に異常が出た。 28日まで都内の会社に出勤。 29日に新宿発の高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停で下車、親族の車で帰省した。 30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをした。 帰省中に買い物にも出たという。 30日に勤務先の同僚の新型コロナ感染が判明した。 女性は味覚と嗅覚の異常も続いていたため、今月1日に県内の帰国者・接触者相談センターに相談。 PCR検査を受け、2日に陽性が判明した。 現在、症状はなく、都内の自宅に待機しているという。 先月26日に味覚と臭覚異常の症状が出ておきながら、28日まで東京の勤務先に出勤するというテロリストぶり。 追記 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 山梨県の特別チームは、感染者がコンビニエンスストアでのアルバイトを伏せていた事例があったことから、県警からの出向者も参加して組織された。 20代女性感染者の感染経路や詳細な行動暦は? 国民が自粛要請でホームステイの中、全てを台無しにするような迷惑行為をする20代女性• 4月26日 味覚と臭覚異常の症状• 4月28日 東京の勤務に出勤• 4月29日 高速バス・(京王バス)新宿バスターミナル発 15:15~山中湖• 4月29日 富士急ハイランドバス停で下車、親族の車で帰省• 4月30日 富士北麓地域にある友人宅で5人程でバーベキュー(看護師や保育士) BBQ友達産婦人科 BBQのイメージになります• 5月1日 20代女性の同僚が新型コロナの陽性反応が出て感染が確認される• 5月1日 20代女性の同僚が感染した為PCR検査を受ける• 5月1日 山梨県は検査結果が出るまで自宅待機を要請• 5月1日 結果が出る前に(虚偽の説明2日の朝のバス) 高速バス (京王バス)山中湖旭丘発 19:40~• 5月2日 検査結果が出て新型コロナウイルス感染で陽性反応• 5月2日 高速バス( 9:25山中湖旭日丘発バスタ新宿行き京王バス)新宿から徒歩で帰宅 富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、バス車内でウイルス巻き散らす• 5月2日 軽症者隔離施設 ホテル への移動は拒否 出かける気満々www ツイッターの声「親も肩身が狭い、二度と帰れない」 コロナ感染帰省の女性 感染自覚あり、検査の結果待ちなのに 山梨県内で買物や友人とバーベキューとか… 完全に頭おかしいだろ これ二度と地元にも帰れないし 親も肩身狭いだろ — ゼロワン zerozero09 山梨県55人目の感染者。 東京から帰省した20代女性。 なんで山梨帰ってくるのかなぁ? あれだけ動くなって言われてんのにどういう神経してんだ? 実家で大人しくしてるわけでもなく、富士吉田、鳴沢、富士河口湖を動き回ったそうだ。 マジ迷惑。 — katsuhiro katsumatsusho 山梨の帰省女性、本人より 家族が可哀想… — erikuri erikurilove207 山梨県には来ないで! 苦渋の決断 今はまだ、山梨に来ないで宣言 緊急事態宣言の全国への拡大を受けて、山梨県においても、県と市町村が連携して緊急事態措置に全力を尽くしているところです。 しかしながら、依然として首都圏をはじめとする山梨県外からの観光客は多数にのぼり、今後の大型連休にはさらなる増加が危惧されており、県民の皆様は大きな不安を抱いております。 そこで、通常時であれば、本県への来県は大歓迎するところでありますが、山梨県内における感染拡大防止をより一層強力に徹底するため、また、国を挙げての取り組みである大型連休中における「人と人の接触8割削減」、「都道府県境を越えた人の移動の最小化」をはかるため、 私たちは、大型連休中に、本県への来訪を予定されている皆さんに対し、以下のとおり、強く要請します。 1 苦渋の決断ながら、県及び市町村は、公共施設や道の駅をはじめとして観光施設を閉鎖し、全力で感染症予防対策に取り組んでおり、観光・レジャー目的での本県への来訪は、お断りします。 2 どうしても、やむを得ない事情で来訪される場合であっても、山梨県民と同様、原則として外出しないよう強く要請します。 令和2年4月24日 山梨県知事 長崎 幸太郎 山梨県市長会会長 堀内 富久 山梨県町村会会長 佐野 和広 20代帰省の女性の地元でもある山梨県が、来ないでと強く要請しているなか、感染症状があるにも関わらずゴールデンウイークの帰省を行い、周辺住民を恐怖に陥れる行為、危険です.

次の

新型コロナ移動自粛解除 帰省「今もためらい」 茨城出身の都内在住者 はせる思い、消えぬ不安(茨城新聞クロスアイ)

コロナ 女性 帰省

新型コロナウイルス感染拡大で政府が自粛要請してきた都道府県境をまたぐ移動が19日、全面的に解除された。 東京都内在住の茨城県出身者は「感染源」になることを恐れ、帰省を控えてきた人が多かった。 待ちわびた自粛緩和がようやく訪れ、「やっと茨城に帰れる」と喜びをあらわにした。 ただ、都内は新規感染者の発生が収まらない状態が続き、古里入りに不安も残している。 「万が一、自分が感染者になって家族にウイルスを移したら」-。 都内在住の茨城県出身者にとって、感染源となる心配が帰省を見合わせる大きな壁だった。 ともに早稲田大4年で、水戸市出身の黒沢一貴さん 21 と龍ケ崎市出身の柏木広大さん 21 は、同じ思いで過ごしていた。 最後の帰省は、黒沢さんが2月終わり、柏木さんは3月初め。 周囲には地元に帰る友人もいた。 黒沢さんは学生が感染したニュースを目にし、茨城に足が向かなかった。 今月中に帰省したいという黒沢さんは「今もためらう気持ちはある。 制限がなくなり、前よりは気にしなくていい」。 2人は茨城県出身や茨城に縁のある学生でつくる学内サークルに入り、古里愛は強いと自負する。 柏木さんは「この時季に実家で耳にするカエルの鳴き声を聞きたい。 季節の変化を感じられた地元の田んぼが見られず、さみしかった」と思いをはせる。 都内の飲食店でアルバイトをする茨城町出身の牛山由香さん 20 は、2月以降、帰省していない。 都心から地方に戻った人が感染を広げているのを聞き、「ウイルスを持ち込まないか心配だった」と振り返る。 「まず家族とペットに会いたい」と話し、バイト先の従業員と県内旅行に行くつもりだ。 東京都千代田区にある県の出先機関、東京渉外局は、都内在住の職員が少なくない。 PR・誘致チームグループリーダーの掛札巧さん 53 は単身赴任3年目。 3月下旬以降、水戸市内の自宅に戻っていない。 同僚も多くが自主的な判断で帰省を見合わせる。 掛札さんは「やっと茨城に帰れる。 茨城の景色を見たい」と喜ぶ。 都内では今も新規感染者数が50人に迫る日があり、完全に収束していない状況だ。 掛札さんは「都内勤務の県内在住者でも感染が出ていた。 状況を見ながら月末に帰省できればいい」と、自粛解除を慎重な姿勢で受け止めた。 茨城新聞社.

次の