テレ じ ょ の や べ ー やつ。 テレビーナ|薄型テレビ/液晶テレビ アクオス:シャープ

C++マニアック,STL の使い方,how to use STL,標準テンプレートライブラリ,standard template library,コンテナ、container,イテレータ,iterator,アルゴリズム,algorithm,C++入門,C++言語講座

テレ じ ょ の や べ ー やつ

イテレータ イテレータとは コンテナ型の要素へのアクセスには イテレータ 反復子 というものがたびたび登場します。 イテレータを一言で言い表すならば「ポインタのようなもの」です。 内部的にはポインタを利用して実装されています 配列やarrayクラス、vectorクラスでは、メモリ上に配置されるデータは「先頭の要素から順番に、最後まで隙間なく並べられる」ことが保障されています。 このようなデータへのアクセスはポインタだけで十分足ります。 シンタックスシュガー、糖衣構文 配列名をそのまま書くと配列の先頭要素へのポインタを返します。 しかし、他のコンテナ型ではメモリのあちこちにデータが散らばって配置されていることがあります。 「pointer[1]」はあくまでも「'pointer'が示すメモリ位置の次の位置の値」でしかなく、データの連続性が保障されていない場合はそこにどんなデータがあるかはわかりません。 そのため、ポインタを用いて前後の要素にアクセスする方法は使えません。 それを、ポインタのように比較的簡単に扱えるようにしたものがイテレータです。 イテレータは次のように使用を宣言します。 end ; 先頭要素を指すイテレータを取得するには begin関数を使用します。 最後の要素は end関数で取得できます。 現在の要素、次の要素、前の要素を示すには以下のようにします。 ポインタとほとんど同じ感覚で扱えることが分かると思います。 イテレータの注意点 イテレータはポインタとは異なる点もあります。 移動方法の制限 コンテナ型によっては、後ろにしか移動できないイテレータ、前にしか移動できないイテレータが存在します。 後ろにしか移動できないタイプでは「itr--」といった方法で前に戻ることはできません。 また、ランダムアクセスできないイテレータも存在します。 これらの違いは、それぞれのコンテナ型の特徴に起因します。 不便に思えるような実装も、特定の用途では配列やvectorなどよりも便利に扱える場合があります。 いままで紹介したarrayクラス、vectorクラス、そしてstringクラスは全ての方法での移動が可能です。 今後新しいコンテナクラスを紹介する際、使えない移動方法があればその都度説明します。 stringクラスを「文字データの集合を扱うクラス」と考えれば、コンテナ型の一種という事ができます。 そのためコンテナ型に共通の関数や、イテレータによる操作も提供されています。 しかし、文字列を扱うという性質上、他のコンテナ型とは分けて考えることが多いです。 イテレータ同士の互換性はない 例え扱うデータ型が同じでも、コンテナクラスが異なる場合はそのイテレータ同士には互換性はありません。 int型arrayクラスのイテレータとint型vectorクラスのイテレータは、それぞれ別々のデータ型です。 データが連続していないクラスの検証コード 以下はメモリ上にデータが連続して配置されないコンテナクラスの検証コードです。 listクラスはまだ説明していませんが、メモリ上のデータに連続性がないクラスです。 begin ; itr!

次の

ノート:イテレータ

テレ じ ょ の や べ ー やつ

イテレータではないもの について [ ] perl の for each はイテレータではないと書いていますが、英語版では「暗黙のイテレータ」という扱いのようです。 実際のところどっちなのでしょうか? -- 2006年1月24日 火 22:07 UTC perl の for each に与える配列をリファレンスにすれば、イテレータとしても利用可能ですし、イテレータではないという文面を削除します。 -- 2006年2月7日 火 13:04 UTC pythonの項目について [ ] 僕は詳細をわかってないのですが、記事があります。 -- 2007年1月23日 火 09:03 UTC 内部イテレータと外部イテレータ [ ] この項目で説明されている内部 internal と外部 external の区別は、広く知られたものとは異なっています。 書き直しを提案します。 Wiki の発明者として、あるいはデザイン・パターンの一人者として知られる Cunningham 氏のページに解説があります。 内部イテレータは、反復を行う主体がイテレータのオブジェクト自体であり、イテレータの利用者は、ビジターオブジェクトをイテレータに対して与えるようになっています。 イテレータは、特定のプロトコルに基づいて利用者の与えたビジターに対してメッセージを送ります メソッドを呼び出します。 XML のイベント駆動型パーザ SAX などはその形態上、内部イテレータとみなされることがあります。 利用者が内部イテレータの状態遷移をどのくらいコントロールできるかは実装や言語の機能によって異なりますが、多くの場合限定的です。 一方、外部イテレータは、反復を行う主体がイテレータの利用者であり、イテレータは、利用者から特定の操作が行われるたびに内部状態を更新します。 イテレータの利用者は、利用するイテレータの設計上許される範囲で、任意のタイミングで反復を中断したり、再開したりすることができます。 foreach のような制御構造にコレクションを直接指定するやりかたはにもありますが、implicit iterator 暗黙イテレータ と呼ぶのが一般的だと思います。 このとき、反復状態を保持するのが元のコレクションクラスなのか、文法上暗黙的に生成されるイテレータオブジェクトなのかは言語の仕様、および実装によって異なります。 追記: 署名をつけ忘れていました。 ごめんなさい。 -- 2007年7月18日 水 23:52 UTC いきなり強く出てしまったようで恐縮ですが、読みかえしてみると、問題なのは foreach という制御構造を内部イテレータとして紹介しているくだりだけのように思われましたので、当該部分のみの書き直しで、とりあえずは対応したいと思います。 いかがでしょう? -- 2007年7月19日 木 00:18 UTC 抄訳or妙訳 [ ] によれば、抄訳という語はありますが妙訳という語はないようです。 そのためはリバートさせていただきました。 --() 2014年10月22日 水 13:20 UTC 辞書を情報源に「そんな語はない」と決め付けることは不可能です。 また、抄訳のほうが却って意味が通らず、これは「軽妙な訳、すなわち妙訳」だと思いますよ。 --() 2014年10月23日 木 20:57 UTC どちらかというと囲碁や将棋などのの妙の意ですね。 --() 2015年1月24日 土 23:45 UTC それも全部同じですね。 --() 2015年1月25日 日 00:11 UTC.

次の

[Python入門]イテレータとは (1/2):Python入門

テレ じ ょ の や べ ー やつ

ゲシュタポ刑務所があった「小要塞」(Kleine Festung)とゲットーがあった「大要塞」(Garnisonsstadt) テレージエンシュタットでは中にが 北部テレージエンシュタット(チェコ名テレジーン)に置いていたと刑務所について記述する。 テレージエンシュタットはを挟んで「大要塞」と「小要塞」と呼ばれる二つの地区から成っており、ゲットーは大要塞、ゲシュタポ刑務所は小要塞の方に置かれていた。 1941年11月24日から1945年4月20日までの間、総計14万人以上のユダヤ人がテレージエンシュタットのゲットー(大要塞)に連れてこられた。 そのうち3万3000人以上がここで死亡した。 8万8000人はここからさらに別の場所へ移送されている。 ゲットーというよりの側面が強かった。 「大要塞」のゲットー [ ] 歴史 [ ] 設立 [ ] 1941年10月、副総督にして長官であるは、保護領副総督就任記者会見において、年末までに保護領を「ユーデンライン」(ユダヤ人が存在しない地)にすると宣言した。 ハイドリヒは、1941年11月26日から12月3日にかけてとで暮らしていたユダヤ人5,000人をへ追放させた。 しかしの行政当局からはこれ以上のユダヤ人の受け入れを拒否されたため、保護領ユダヤ人を一時的に収容する中継収容所が必要となり、プラハ北方56キロのところにある小さな要塞都市テレージエンシュタット(テレジーン)をにすることとした。 テレージエンシュタットで暮らしていたチェコ人はすべて疎開させ、その跡地にユダヤ人が次々と送られてきた。 1942年2月に公式にテレージエンシュタット・ゲットーの設置が発表された。 ゲットーはテレージエンシュタットの「大要塞」(ドイツ語:Garnisonsstadt(直訳すると駐屯地都市))と呼ばれる地区に設置されていた。 エーガー川を挟んで隣接した「小要塞」(チェコ語:Mala pevnost 、ドイツ語:Kleine Festung)と呼ばれる地区にはゲシュタポ本部管轄のが置かれていた。 これはゲットーとは無関係に存在していた。 小要塞の刑務所についてはする。 テレージエンシュタット・ゲットーに送られてくるユダヤ人には主に二種類あった。 ドイツから送られて「特権的ドイツ系ユダヤ人」と保護領在住のユダヤ人である。 ドイツからの特権ユダヤ人 [ ] ハイドリヒはテレージエンシュタットに「特権的ドイツ系ユダヤ人」を移住させていった。 「特権的ドイツ系ユダヤ人」とは、ドイツ系ユダヤ人のうち、ゲットーで安住することを許された者たちである。 たとえばユダヤ人組織の役員、名士、でドイツ軍やオーストリア軍に従軍して勲章を受けたか負傷をした者、非ユダヤ人と結婚している者、65歳以上の者などである。 特に老人が多く、このためにテレージエンシュタットは「老人ゲットー Altersghetto 」の異名があった。 ドイツからテレージエンシュタットに送られてくるユダヤ人たちの間にも、自分たちはテレージエンシュタットで特別扱いを受けられるという幻想があった。 しかし実際のテレージエンシュタットは古い兵舎、栄養不良、劣悪な衛生状態にあり、到着した者のうち、特に老人はここの環境に耐え抜けず、次々と死亡した。 ドイツから移送されてきたユダヤ人の死亡率は特に1942年にひどく、移送された者のうち半数が死んでいる。 しかしその後死亡率は低下していった。 彼らは保護領ユダヤ人と違って原則として移送を受けなかったが、戦争後期には区別されなくなり、彼らも容赦なくへと移送されていった。 ドイツからテレージエンシュタットに送り込まれたユダヤ人の総計は4万2800人、オーストリアから送り込まれたユダヤ人は1万5000人である。 保護領ユダヤ人 [ ] テレージエンシュタットの収容者で最も多いのは保護領のユダヤ人であった(最終的に総計7万3600人ほど)。 ハイドリヒは副総督就任の記者会見の際に保護領のユダヤ人を一掃することを宣言しており 、その発言通り、保護領のユダヤ人たちはテレージエンシュタットを経由しての処刑場やへと移送されていった。 テレージエンシュタットは保護領ユダヤ人の移送のための中継収容所の役割も果たしていたのである。 保護領ユダヤ人の他にオランダ・ユダヤ人5000人弱、スロヴァキア・ユダヤ人1500人弱、ハンガリー・ユダヤ人1100人以上、デンマーク・ユダヤ人500人弱などもテレージエンシュタットに送り込まれている。 移送先は1942年9月までは、、、、、、などが多かったが、1942年10月以降はへの移送に一本化された。 テレージエンシュタットの公開 [ ] テレージエンシュタット・ゲットーの紙幣 1944年6月23日にテレージエンシュタットがデンマーク赤十字社と国際赤十字社に公開された。 ドイツはこれに合わせてテレージエンシュタットの美化を開始した。 ゲットーの名前を廃して「ユダヤ人入植地」と変更した。 バラックが新築され、家が塗りなおされ、庭園も造られた。 銀行や喫茶店、コンサートホール、遊び場も作られた。 やユダヤ人長老エーデルシュタインの肖像画が入った紙幣が製造された。 過密を減少させるために1944年5月16日と18日に7503人がアウシュヴィッツ強制収容所へ移送された。 赤十字社査察官の到着日当日には広場でサッカーの試合が行われ、公民館で子供たちのオペラも開催され、赤十字社を騙した。 更に1944年8月から9月にかけてドイツはテレージエンシュタットで記録映画の撮影を行っている。 しかしこれは結局、未完のままで終わった。 末路 [ ] 1944年9月から10月にかけてテレージエンシュタットに残るユダヤ人たちが大量にアウシュヴィッツ強制収容所へ移送させられた。 特に1944年10月の移送は1万8000人に及んだ。 この移送の波が去った後、テレージエンシュタットには1万1000人のユダヤ人が残るのみとなった。 1945年4月の各地の収容所の撤収移送で再びテレージエンシュタットに向けて大量のユダヤ人が送りこまれてきた。 1945年5月1日にドイツはテレージエンシュタットを赤十字社にゆだねた。 5月8日にソ連軍が同地に到着してテレージエンシュタットを解放した。 この時テレージエンシュタットにいたユダヤ人は1万7000人ほどだった。 その後、テレージエンシュタットはや収容者が復讐で捕えたドイツ人の収容所として使用された。 ゲットーの運営 [ ] テレージエンシュタットの運営は「プラハ・ユダヤ人国外移住本部」を管轄下に収める国家保安本部局ユダヤ人課課長にほぼ一任されていた。 テレージエンシュタットの司令官はみなオーストリア出身でアイヒマンの部下たちだった。 しかしその親衛隊司令部はかなり小規模であり、テレージエンシュタットの警備はチェコ人地方警察によって行われていた。 テレージエンシュタットは他のナチスのゲットーと同様にが置かれ、ユダヤ人の「自治」を装っていた。 親衛隊の司令官がユダヤ人の中からユダヤ人長老を任じて直接の運営にあたらせていた。 ユダヤ人長老たちは定期的に親衛隊の司令部に赴き、報告したり、命令を受けたりしていた。 はじめチェコ・ユダヤ人が長老をしていたが、1943年1月にアイヒマンの希望によりベルリンから送られてきたドイツ・ユダヤ人に変更された。 しかし用が済んだ後、エプシュタイン達ユダヤ人代表団は銃殺されている。 司令官• ()博士(1941年12月-1943年6月)• 親衛隊大尉 ()(1943年7月-1944年2月)• 親衛隊大尉 ()(1944年2月-1945年5月) ユダヤ人長老• (1941年12月-1943年1月)• 博士(1943年1月-1944年9月) 「小要塞」のゲシュタポ刑務所 [ ] 「小要塞」の内部 「小要塞」 チェコ語: Mala pevnost、ドイツ語: Kleine Festung は の左側にある要塞の一部である。 1940年初めからはここを刑務所として使用していた(最大の刑務所の一つだった)。 川の右側の「大要塞」(ドイツ語: Garnisonsstadt)の方にあったユダヤ人・ゲットーとは分離されており、まったく無関係に存在した。 32,000人の人々がここに投獄され、大抵の場合、そのあとへ移送された。 2,600人ほどの人はここで処刑・餓死・病死などにより死去した。 15,000人の子供がここに送られてきていたが、そのうち1,100人ほどが戦後まで生存した可能性がある。 ()は「小要塞」の悪名高い看守だった。 彼は55年間逃亡した後、に最低100人の囚人をリンチ殺害したとされて終身刑判決を受けた。 「小要塞」は捕虜収容所から脱走をはかった戦争捕虜に対する刑務所としても使用された。 戦後、長年にわたって政府と政府は彼らの軍人がテレージエンシュタットに送られていたことを認めていなかった。 しかしオーストラリアの首相は1987年になって調査委員会を設置し、ここに収容されたと思われる古参兵に対して補償を行うことを命じた。 オーストラリアのジャーナリストのパウル・リア Paul Rea は、1985年に作成したフィルム「 Where Death Wears a Smile」でテレージエンシュタットでたくさんの連合軍兵士が殺されていたというセンセーショナルな申し立てを行った。 これに対しては古参兵アレクサンダー・マクレルランド(Alexander McClelland)が著書「 The Answer - Justice」の中で反論していた 脚注 [ ] 注釈 [ ]• ハンナ・アーレント著『イェルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告』(新装版みすず書房)64ページ• 『ホロコーストを学びたい人のために』132ページ• の公式サイト「テレージエンシュタットの赤十字社訪問について」• 『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 上巻』333ページ• 『ホロコースト歴史地図 1918-1948』210ページ• 『ホロコーストを学びたい人のために』124ページ• Australian International Justice Fund 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 『イェルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告』訳、、1994年。 『ホロコースト歴史地図 1918-1948』訳、、1995年。 『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 上巻』・・訳、、1997年。 『ホロコーストを学びたい人のために』・訳、、2004年。 『ホロコースト大事典』・・・・・・訳、、2003年。 『黒いチェコ』、2015年。

次の