道後 天使 と 悪魔。 道後

【伊予市人妻セフレ】道後 天使と悪魔

道後 天使 と 悪魔

天使 天使とは 天使とはキリスト教をはじめとする世界中の様々な宗教で語られる伝説上の存在です。 天使は神の使いとして人間と接触するとされており、宗教によって語られる姿や特徴には多少の差異があります。 画像:Guardian Angel また、基本的には霊的あるいは超常現象的な存在であるとされており、世間一般的には幸福をもたらすポジティブなイメージを持たれています。 天使の名前の由来 日本語での「天使」という名前は、そのまま「天から神に遣わされた者」という意味があります。 また、英語の「Angel」の語源はギリシャ語であり、「伝える人」を表すアンゲロス(angelos)という言葉が元になっています。 画像:William-Adolphe Bouguereau 他にも「秘密の使い」を意味するペルシャ語のアンガロスや、古代インドで「神の霊」を意味したアンギラスもAngelの語源ではないかといわれることがあります。 いずれにせよ同じような意味の言葉が各地で似た発音をされていたことも非常に興味深いといえます。 語り継がれる天使の特徴 伝承される天使についてはそれぞれの宗教によって様々な解釈が存在しています。 ここでは宗教ごとの天使の伝承をご紹介します。 また、天使たちは人類を守り導く神聖な役目であると考えられています。 このようにキリスト教の天使は基本的に伝令を主な仕事としています。 しかし、「ヨハネの黙示録」の中では天使が悪魔と戦ったり、ラッパを吹くことで災いを呼び寄せたとする記述も残っています。 画像:Chiesa Ortodossa Russa また、現在では背中に翼を持った姿で描かれることの多い天使ですが、初期のキリスト教においては天使に翼は存在しませんでした。 その姿も肉体を持たない霊的な存在であったり、肉体があっても男女の差がない中性的な存在であると考えられていたようです。 さらにキリスト教には「守護天使」という考え方があり、教徒一人ひとりに天使が寄り添っているとされています。 この守護天使は教徒の信仰を守り、悪を退ける力を持つと考えられているのです。 イスラム教の天使は神と人間の中間にあたる霊的な存在だと伝えられています。 また、この天使は人類だけでなく神を助ける様々な役割があると考えられており、死を司り生物から魂を引き離す天使も存在するとされています。 画像:Edinburgh University Library 生前の善行悪行による死者の裁きの記録も天使の仕事だとされており、普段は天上にいて神の側に付き添っていると考えられています。 キリスト教と同じく終末の審判では天使がラッパを吹くと伝承されており、それによって災いが訪れるといわれています。 この終末の天使は空にまで届くほどの巨体であるといわれています。 例えばユダヤ教の双子の天使「サンダルフォン」と「メタトロン」に至っては世界の半分に匹敵する大ききであると伝承されています。 画像:Mosaici del battistero, gerarchie angeliche ユダヤ教の天使も神の使いであることには変わりありませんが、悪を代表する存在であるサタンと戦うなどの伝承が残っています。 また、罪を犯した天使を裁いたり、自分に背く者を処刑するという過激な一面も語り継がれています。 他宗教に比べて異質な伝説の多いユダヤ教の天使ですが、キリスト教の天使との共通点も多く存在しています。 仏教における天使は「天部」や「童子」と呼ばれており、菩薩や明王に使える従者であると伝えられています。 また、仏教における天使は西洋の霊的なものとは異なり、神とされる菩薩や明王よりも人間に近い存在であると考えられています。 画像:pixabay 仏教の天使は人間に近い存在であるとされながらも、伝承自体は西洋の天使に似通っています。 そのためキリスト教の天使や精霊という考え方が仏教に取り入れたものだと考えられています。 こんなにある天使の階級 各宗教で語られる天使はすべてが同じ階級にあるわけではなく、それぞれが位で分けられています。 ここでは天使の階級についてご紹介します。 熾天使には「燃える天使」という意味があり、これに該当する天使は文字通り体を炎に覆われているといわれています。 画像:Giotto di Bondone メソポタミアに栄えた古代カルデアの神話には体が炎で覆われた蛇が登場しており、これをユダヤ教が天使として取り入れたのが熾天使の起源であると考えられています。 キリスト教に伝わる悪魔の王ルシファー(サタン)も堕天使になる前はこの熾天使であったとされています。 熾天使は6枚の美しい翼を有していますが、ルシファーは特に美しい12枚の翼を持っていたと伝承されています。 旧約聖書の創世記では禁断の果実を食べたアダムとイヴを追放した後、神がエデンの園の番人として配置したのがこの智天使だとされています。 画像:cherubim 智天使は4つの顔を持つとされており、それぞれが人間、ライオン、牛、鷲の顔をしているとされています。 また、智天使は4枚の翼で空を高速で飛ぶといわれており、神を運ぶ乗り物としての伝承も存在しています。 メソポタミア文明や古代エジプト文明の元となったアッシリアに伝わる人面獣の守護者が、智天使のモデルになったと考えられています。 画像:The mosaic ceiling of the Baptistery 上級天使である座天使は神の王座を運ぶ役割があり、炎に包まれた車輪の姿をしているともいわれています。 有名な天使であるラファエルは、この座天使の指揮官であったとされています。 主天使は中級天使に該当し、その名前には「支配する」という意味がありました。 画像:Guariento di Arpo 主天使は神の威厳を人類に知らしめる役割があると考えられており、美術作品などでは手に笏(しゃく)を持った姿で描かれています。 「慈善の天使」として有名な「ザドキエル」はこの主天使であるとされています。 力天使は「奇跡」を司る天使であり、その力によって英雄に勇気を授けると考えられています。 画像:Council of Seven Holy Archangels キリスト教の伝承によれば、イエス・キリストが天に召される際に付き添ったのも、この力天使であるといわれています。 能天使は英語圏では「パワー」とも呼ばれており、神の掟を実行する天使であるとされています。 画像:Herrad of Landsberg 能天使は天地創造にも関わった天使であり、人類を導く存在であるといわれています。 また、人類よりも4段階高次の意識を持っているとされています。 また、この権天使から下の天使は「下位天使」に該当します。 画像:Guariento di Arpo 権天使は国の指導者や権力者の守護天使であると考えられており、悪魔から国の滅亡を防ぐ存在だとされています。 この大天使より下の天使は、階級を持たない一般的な天使として扱われています。 大天使という名前は、神が人類に遣わせた中でも特に偉大な天使であることから付けられました。 上位の天使階級との違いとしては、大天使は神と人類のあいだに立つ「連絡係」を主な役割としているところです。 画像:Guido Reni これに該当するのは有名な「ガブリエル」と「ミカエル」であり、詳しくは次項で触れますが聖書の中でも特に重要な役割を果たしています。 ガブリエルとミカエルにラファエルを加えた「三大天使」は非常に有名な天使であるため、キリスト教に詳しくない方でもその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか? 有名な天使の種類 世界各地には数多くの天使信仰が存在しています。 これらの天使とは一体どのような存在なのでしょうか? ここでは伝承される有名な天使についてご紹介します。 その名前は「神の人」を意味し、聖書においては神のお告げを人類に伝える役割を果たしています。 美術作品などで描かれるガブリエルは美しく柔和な表情の青年であることが多く、人類にとってまさに神から遣わされた希望の光として表現されています。 画像:Jan van Eyck ガブリエルはイエス・キリストに洗礼を授ける「洗礼者ヨハネ」の誕生を告げたり、キリストの誕生を聖母マリアに告げるなど「生」に関わる伝令をこなしています。 その反面で最後の審判ではラッパを吹き鳴らして死者を甦らせるなど「死」に関わる働きもしているのです。 イスラム教においてガブリエルは最高位の天使として扱われており、1600枚の翼と両目のあいだに太陽が埋め込まれた姿であると伝承されています。 熾天使と位置付けられることもあり、各宗教において最も偉大な天使のひとりとされています。 ミカエルという名前には「神に似たなもの」という意味があり、日本の教会では「ミハイル」と呼ばれることもあります。 画像:Simon Ushakov ミカエルは「死」を司る天使であるといわれており、左手には人間の魂をのせる天秤を持っているとされています。 また、美術作品では右手に剣を持って描かれることが多く、その切っ先は炎に包まれています。 ちなみにミカエルやガブリエルは最高位の天使とされていますが、天使階級では第八位に当たる大天使に属しています。 これは大天使が天使階級の最高位と考えられていた時代の名残りです。 残りの二天使と同じく熾天使として扱われる他、智天使としての一面もあるとされています。 ウリエルという名前には「神の光」という意味があり、「気象」や「自然現象」を司るといわれています。 画像:James Powell and Sons of the Whitefriars Foundry 神の啓示によりノアが方舟を造った「ノアの方舟」の伝承では、このウリエルがノアに洪水を知らせたとされています。 また、エデンの園の門を守護する天使としてウリエルの名前が記されています。 三大天使にラファエルを加えて「四大天使」とされることもあり、天使の中でも特別な存在であるとされています。 ラファエルという名前には「神の医者」という意味があり、ユダヤ教では「癒し」を司る天使であると考えられています。 また、イスラム教の伝承では病人や旅人の守護者としてラファエルが登場しています。 堕天使と悪魔の関係 キリスト教によると堕天使とは堕落した天使であり、悪魔とは堕天使のことであるとされています。 つまり悪魔とは堕落した天使の姿だったのです。 天使が堕落する理由は複数あるといわれています。 例えばエデンの園を守護する智天使は自身が神にも勝る力を持っていると過信したため、堕天使へと堕ちてしまいました。 このように天使が高慢な驕りや嫉妬心を持った場合に堕天使になるといわれています。 この他にもルシファーのように自分の自由意思によって堕天使となり、神に謀反起こすケースもあるとされています。 有名な堕天使の種類 天使と同じく世界には様々な堕天使の伝承が存在しています。 ここでは特に有名な堕天使についてご紹介します。 「光をもたらすもの」という意味の名前を持つこの堕天使は、「魔王サタン」と呼ばれることもあります。 堕落したルシファーは同じく堕ちた天使たちのリーダーとなり、堕天使(悪魔)の王として魔界に君臨することになりました。 画像: 旧約聖書によると、ルシファーは天使たちの中で最も美しく、知恵に満ちた模範的な存在であったとされています。 しかし、創造主である神に対して謀反を起こし、自ら堕天使になったと伝承されています。 その名前には「神の悪意」という意味があり、もともとは火星やローマを守る守護天使でした。 ユダヤ教の伝承によるとサマエルは旧約聖書に登場する古代イスラエルの指導者「モーセ」の魂を天国に導く役を務めました。 しかし、この任に失敗したことでモーセの怒りを買い、目を潰されて盲目になったといわれています。 画像:Evelyn De Morgan また、創世記ではアダムとイヴが禁断の果実を食べるきっかけを作った蛇が登場しており、その正体がサマエルだといわれています。 サマエルは神に背き人を欺く存在であるため、サタンと同一視する解釈も存在します。 死海文書に記述されている「光の子達と闇の子達の戦い」において、ベリアルは闇の子達の統率者として登場しています。 ベリアルは神によって「破壊」のために創造され、「闇」を司る存在であるとされています。 その目的には常に邪悪が付きまとい、地上に罪を振りまくといわれています。 画像: また、ベリアルは悪魔学においてもその名が知られています。 それによるとベリアルは非常に強大な魔王であり、80の軍団を指揮しているとされています。 ルシファーの次に創造された高位の天使であり、堕落する前はミカエルよりも階級が上だったともいわれています。 レビ記の第16章では贖罪の儀式について記述されていますが、その儀式の中にアザゼルの名前が記されているのです。 レビ記によると贖罪の日を祝う際には山羊二頭の生贄を用意しなければなりません。 そして、一匹を神に捧げ、もう一匹はアザゼルに捧げるとされています。 身代わりや生贄に捧げることを意味する「スケープゴート」という言葉が存在しますが、その由来はこの儀式だといわれています。 画像: アザゼルはもともと神から人間を見守るように使命を受けた「見張りの天使」でした。 しかし、人間の女性の美しさに心を奪われ、人間と交わるという禁を犯してしまうのです。 しかもアザゼルは自分だけでなく総勢200人の天使を集め、人間の女性と関係を持ったされています。 こうしてアザゼルは神の怒りに触れ、堕天使になったといわれています。 出典参考: 画像:pixabay いかがでしたか?有名な天使やその階級についてご紹介しました。 天使伝説はユダヤ教の伝承が元になっているようですが、その起源とは一体何だったのでしょうか?世界にはまだまだ不思議が溢れています。

次の

「ダスト8」が『悪魔と天使』のタイトルにて初舞台化!|虫ん坊|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL

道後 天使 と 悪魔

日本語の悪魔 [ ] 漢語の「悪魔」は本来、漢訳仏典に由来する語であるが、現代日本語では西洋のサタン、デビル、デーモンの訳語としても用いられている。 の『破提宇子』には「じゃぼ」(の Diabo の音訳)、「悪魔」、「天狗」、「鬼物」といった、によるキリスト教の悪魔の翻訳例が示されている。 仏教語としての悪魔はサンスクリット語の音訳「魔羅」「魔」と同義である。 「」という漢字は、死者を指し超自然的なものを含意する意符「」と、マーラの音を表す音符「麻」とを組み合わせたものである。 唐のによれば、古くは「磨」と書かれていたのを梁の武帝以来「魔」と書くようになったという(『止観輔行伝弘決』: 「古訳経論 魔字従石 自梁武帝 謂魔能悩人 字宜従鬼」)。 これはにも記されている通説であるが、梁の武帝よりも前の時代に書写されたと推定される「魔」の字を含む考古学史料が存在する。 日本のでは、災いをなす原因と想定されるモノを漠然と擬人的に「悪魔」と呼ぶようになった (も参照)。 ダイモーンのラテン語綴り daemon はキリスト教的文脈においてほぼ悪霊・悪魔の意味で用いられている。 英語での悪魔の俗称「オールド・ニック Old Nick」は北欧神話の「 Woden」に他ならないという説がある。 キリスト教の悪魔 [ ] 『』 たちは、かつては神に仕えた天使の罪について論じた。 中世のでは善良な天使と邪悪な天使との人間の交流についての的な論究が交わされた。 に入ると悪魔の存在が現実の危機として考えられるようになり、より具体的、現実的な考察が行われるようになった。 特に悪魔と人間のについては関心を寄せ、教義の一つへと発展していった。 なかでも、当時絶大な権威を持っていた神学者は、悪魔(、)は人間の姿をとって人間と交わることが可能であり、神の許しのもとに人間にあらゆる害を与える力があると主張し議論を決定づけた。 キリスト教神学では、神に対して謀反を起こした堕天使()の手先である。 神学では、人間を誘惑して堕落させ、を滅ぼそうとするものとされた。 また、角、翼・蹄・尻尾などを持つ姿で表現されるほか、黒い影でも表現された。 一方で、のため教会が利用した。 キリスト教と異教 [ ] ギリシア語の旧約および新約聖書では悪霊的存在がダイモーン(またはダイモニオン)と記されており、使徒、教父は、異教の神と悪魔を同一のものとして記述している。 は『』第10巻において、人を欺くダイモーンの危険性を指摘したの哲学者の不徹底を批判し、ダイモーンはすべて悪霊であって、異教の神々は悪霊が偽装したものであるとした。 11世紀のの知識人で宮廷の有力者でもあったはの著作を遺している Greenfield, Traditions of Belief in Late Byzantine Demonology を参照。 新プラトン主義的な発想や民俗的デーモン観を取り入れたプセルロスの鬼神論は、の中心地であったで重んじられたほか、ラテン語訳されてルネサンス期に西方教会の領域にも広まった。 悪魔の罠 [ ] 悪魔はを用いるとされる。 悪魔に立ち向かうようにと勧められてはいるが 、全世界は悪しき者の配下にあるとされているため 、悪魔の罠を見破るのは一般人には容易ではない。 イスラムの悪魔 [ ] の文化においては悪魔はアラビア語で「」という。 これはイスラム教以前からあったアラブ人の言葉であるアラビア語に由来するが、がユダヤ教やキリスト教の影響下でヘブライ語のサタンに関連付けた。 その頭目は堕天使イブリース(キリスト教のルキフェルに相当)であるが、キリスト教とは違い、それ以外の悪魔はたんなる人に悪さをする()にすぎない(を参照)。 グノーシス派の悪魔 [ ] では、の創造神がこの世の悪しき支配者とみなされ、悪魔化された。 それ以下の偽りの神や悪霊的存在とみなされたものはと呼ばれた(、、を参照)。 この語が魔羅、悪魔などと漢訳される。 仏典にみられる悪魔の名称には、(パーピーヤス)、魔羅()、パーピマンなどがある。 この他、や仏教の万神殿には、()、ヤクシャ()、ラークシャサ()といった悪神や悪鬼的存在がいる(詳細は各項目を参照)。 神話や民間信仰における悪魔 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月) 各地のや等においては、人を傷つけ、あるいは悪い感情を誘発するなど、人を不幸にするような神秘的力を持つものが語られる例は珍しくない。 それが人格を持って語られる場合、それは悪魔的なものとなる。 翻訳する際には悪魔とされることもあり得る。 のヒーシなどはこれに当たる。 それらは悪意を持って人を傷つけるだけでなく、場合によってはいたずらが予想外な事態を引き起こし、巡り巡って新たなものの誕生などにつながる。 そのようなものをという。 宗教史学による悪魔と近代の悪魔観 [ ] の文化に根ざした西洋の悪魔は、大文字の〈悪魔〉(英語の the Devil)と小文字の複数の悪魔(英語の devils)とに区別される。 後者のような悪霊ないし悪鬼的存在(英語の demons)は多くの宗教伝統の中に見出されるが、前者のような単独の〈悪魔〉の観念をもつ宗教は限られている。 悪魔の概念史の研究で知られるは、〈悪〉の人格化としての単独の〈悪魔〉の概念は、古代、キリスト教、イスラム教の4宗教に特有のものであると論じている。 ただし、の立場から的二元論を回避しようとするキリスト教では、〈悪魔〉もまた神の被造物であって、完全に神から独立した存在ではないとする捉え方が一般的である。 厳格な一神教であるイスラム教では、悪魔は神の特別な許可に拠って活動するのであって、神の計画の一部であるとされる。 〈悪魔〉は一般にや異教徒などの不信心者に関連づけられる。 その他の多くの宗教にもキリスト教の〈悪魔〉に類似したトリックスターないし誘惑者がある。 〈悪魔〉についての近代的な観念には、〈悪魔〉は人間の下等な本性や罪深さを象徴しているとする考え方もある。 信仰の危機、、、智慧、啓蒙などを象徴するとみなされることもある。 アブラハムの宗教の悪魔 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月) の宗教分類で並置されるユダヤ教、キリスト教、イスラム教(いわゆる)は、さまざまな名で呼ばれる〈悪魔〉を、人間をそそのかして罪を犯させたり悪行をはたらいたりするひとりの反逆的なないし()とみなしてきた。 アブラハムの宗教における悪魔は元来、神とその使いを除く超越的な存在全てであった。 であるは、他宗教の神々を悪魔と称して否定した。 その派生であるとも同様であった。 西方キリスト教世界における悪魔は、地中海世界で信仰されていた古代文明の神々が否定され悪魔とされたものが多く、神や神などは代表的なものである(これらの神格はの時点で「魔神」シェディムであるとされていた)。 ただし、唯一神以外の神々が全て悪魔とされたわけではなく、キリスト教に取り込まれた例もある。 その代表例は、かっては地域の神々、あるいは神の諸側面を表象する存在であったやである。 ユダヤ民族のバビロン捕囚時代以降にペルシアの宗教(とくにのアムシャ・スプンタ)に影響を受けて、ユダヤ教に天使として取り入れられた。 ミカエルやガブリエルは旧約聖書にも登場し、キリスト教ではとして継承された。 ヨーロッパ土着の神々が矮小化され伝承となったこともあるらしい。 人間に試練を与えるための神の道具であった(試みる・誘惑する者)はにおいて悪魔ではなく、人間の敵ではあっても神の僕であった。 サタンは「大敵」と呼ばれ、異教の神とは区別された。 近代オカルティズムの悪魔論 [ ] は、古代世界の際立った宗教の慈悲深い神と悪神のうち、悪神は悪魔とは呼ばれなかったと述べており、その悪神の例としての、、エジプトの宗教の、、、の、をあげている。 また、神が悪魔を許容するのは、悪魔が宇宙の推圧遮断機であって、神々の清掃人だからであり、破壊的な力が魔神ではなく神として分類されている理由は、それが宇宙の法則による反作用であり、無秩序で乱れた力ではないからだ、と説明している。 悪魔の姿形 [ ] 「」も参照 悪魔の姿を見た、というは古来から様々な形で残るものの、信頼に足る映像記録などは現在のところ存在しない。 悪魔の観念が固定しつつあったごろのに登場する悪魔は黒い服を着たグロテスクな異形であり 、今日でもやの建造物のにそういったデーモンを見ることができる。 よくある類型的な悪魔像は、ある程度「人間に似た形」をし、肌が紺色、あるいは黒や赤色で、目は赤く、とがった耳を持ち、とがった歯を有する裂けた口を持ち、頭部にはのような角を生やし、とがった爪の付いたのようなに、矢印のように鋭く尖ったを持つ、といったもの。 また、がないことも重要な特徴とされる。 絵に描かれた悪魔は、これらの特徴のほぼすべてを備えているものもあれば、一部のみを有するものもある((山羊頭の悪魔)の項目を参照)。 高等な悪魔は外見が男性的であったり、女性的であっても実際は両性具有であるという説もある。 中世には、女性に近づく悪魔は上品な身なりの伊達男や兵士、騎士の姿をしていると言われていた。 や初期ゾロアスター教の悪魔はトカゲ・ヘビ・人間の若者と姿形を変化させることができるとされたが、後期の文献では、実体を持った物質世界は神の創造した善の領域であり、悪魔は実体を持たず人間や動物の中に住むと説明している。 比喩・強調としての「悪魔」 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月) 悪魔という言葉は、残忍・非道でずる賢いの喩えとしても用いられる。 議論の方法として、あえて個々人の賛否について反対の立場から議題を眺め、批判や矛盾点を明らかにするという方法がある。 このときの役割を担う人をと呼ぶ。 「 小悪魔」という表現は、見せかけの可愛らしさと性的魅力とで男性を誘惑する女性を指すことがある。 「悪魔のささやき」は常に甘美である。 神に従うのは潔癖さや信仰への忠誠が求められるなど厳しい道であるが、悪魔に従うのは堕落であり、むしろこちらの方が魅力的な場合が多い。 音楽 [ ] の速弾きによるは往々にして悪魔に結びつけられる。 でもあるのだが、音楽においては神のそれはゆったりしたものとの定見がある。 遅いで美しい旋律が流れる音楽は「天国的」といわれる。 また、の音楽は悪魔が書かせたもの、との言葉がある。 音楽美において、的美と的美を対立させる考えがあり、モーツァルトのそれは後者の代表とされるが、はで悪魔の性質も神々が抱えており、中でも酒の神であるディオニューソスは集団的狂乱を呼び起こしたりと悪魔的な側面が強い。 哲学者のはこのディオニーソス的な狂乱を美徳とし、ディオニーソス賛美の著書を記した。 科学の世界の悪魔 [ ] が「」を導くために悪魔を仮定したことで知られる。 の『』で描かれるところのは「は持っているがは持たない」ことになっている。 そのものも悪魔とは親和性がある。 科学は積み重ねによって当たり前には人間の手の届かないところまで手を届かせてしまい、ありえそうにない現象をも扱ってしまう。 しかもそこに絶対的な善悪を論じない、あるいはその判断が科学そのものからは生まれない。 [ ] 科学の分野でも悪魔の存在を仮定する例がある。 「」や「」が有名で、いずれもに関わっている。 近年でも、やなどに関わる学者は「悪魔の科学者」といわれることがある。 創作の中でのはその例である。 出典 [ ] []• 大貫隆、名取四郎、宮本久雄、百瀬文晃 編 『』 岩波書店、2002年、pp. 16-17• 『悪魔学入門』 、2010年、pp. 20-21• - 青空文庫• 船山徹 『仏典はどう漢訳されたのか - スートラが経典になるとき』 岩波書店、2013年、185-187頁。 福田アジオ、新谷尚紀、湯川洋司、神田より子、中込睦子、渡邊欣雄 編 『精選 日本民俗辞典』 吉川弘文館、2006年、p. 9 「悪魔」(池上良正 筆)• 『リーダーズ英和辞典』、『ジーニアス英和大辞典』など。 フレッド・ゲティングズ 『悪魔の事典』• 著、今泉忠義・訳『民俗学の話』角川文庫、1955年、62p。 『天使論序説』• 54-61. [監修]岡田温司『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』ナツメ社 p166• 田中雅志 『魔女の誕生と衰退』 三交社、2008年、pp. 34-41• 『ルシファー 中世の悪魔』 野村美紀子訳、教文館、1989年、p. J・B・ラッセル 『ルシファー 中世の悪魔』 野村美紀子訳、教文館、1989年、p. 大貫隆、名取四郎、宮本久雄、百瀬文晃 編 『岩波キリスト教辞典』 岩波書店、2002年、p. 17 「悪魔」(筆)• 『新佛教辞典』• 『悪魔』 高山宏訳、研究社出版、1995年、p18• J・B・ラッセル 『悪魔の系譜』(新装版)、大瀧啓裕訳、青土社、2002年、p16• A・リチャードソン、J・ボーデン編 『キリスト教神学事典』 古屋安雄監修、佐柳文男訳、教文館、2005年、p25• J・B・ラッセル 『ルシファー 中世の悪魔』 野村美紀子訳、教文館、1989年、pp. 51-52• 『心霊的自己防衛』 pp. 90-91• ジョン・R・ヒネルズ『ペルシア神話』井本英一、奥西峻介訳 青土社 1993年 pp. 107-119. 参考文献 [ ].

次の

【伊予市人妻セフレ】道後 天使と悪魔

道後 天使 と 悪魔

神魂・真心・道心 二宮金次郎の「二宮翁夜話集」から「神魂・真心・道心」をご紹介します。 神魂・真心・道心 翁のことばに、人の神魂について生ずる心を真心という。 すなわち道心である。 身体について生ずるものを私心という。 すなわち人心である。 人心は、たとえば田畑に生ずるはぐさのようなものだ。 つとめて除き去らねばならない。 そうしなければ、はぐさが作物を害するように、道心を荒らすものだ。 つとめて私心の草をとり、米麦を培養するように、工夫を用いて、仁義礼智の徳性を養い育てねばならない。 これが、身体を修め斉(ととの)えるための勤めである。 引用 二宮翁夜話(上) 発行:一円融合会刊 原著:福住正兄 心の中にいる天使と悪魔の正体 田んぼに、稲を植えると、必ず雑草のひえも一緒に育ちます。 田植えを終えた頃のひえは小さいのですが、そのまま放置すると、秋にはひえが大きく育ち、米の収量は減ります。 田に稲を植えればひえが育つように、心のなかで夢・希望・理想・目的などのプラスを望むと、必ず反対のマイナスのことが起きます。 そして、マイナスのことを放置すると、最後はマイナスの結果になって終わります。 身近な例をあげると、夏までに10kgダイエットしようとします。 すると、必ず「面倒くさい」というマイナスの気持ちがうまれます。 また、何かに成功して自信をもつと過信もうまれ、過信を放置すると失敗に終わります。 何かプラスのことを望むと、必ずマイナスのことも同時に育ちます。 この仕組みが、天使と悪魔の声の正体で、二宮金次郎は天使の声を「道心」と悪魔の声を「私心」と説きました。 道心とは道徳心で、私心とは利己心のことです。 私たちの心の中には良心・道徳心と悪心・利己心が常に共存しています。 相反する心が共存しているから、心の中には道心と私心の選択肢があり、葛藤がうまれます。 心の中で、天使と悪魔の声が聞こえたとき、悪心・利己心を選ぶと、そのときは楽になれます。 しかし、悪心を優先すると、本来の夢や希望をかたちにすることはできません。 それは、稲を植えてもひえをとらなければ、米が収穫できないのと同じ道理だからです。 悪心を優先するのであれば、最初から夢や理想を望まなければいいのですが、プラスを望んでマイナスを面倒に感じてしまうのが人間の心の弱さです。 では、私たちが「良心」・「道徳心」を選択できるようになるためには、どうすればいいのでしょうか。 二宮金次郎はこう説明しています。 つとめて私心の草をとり、米麦を培養するように、工夫を用いて、仁義礼智の徳性を養い育てねばならない。 仁義礼智の徳性を養い、私心の草をとるように努めること。 具体的には、心の中で天使と悪魔の声が聞こえたときに、「天使の声(道徳心)」を意識的に選択することです。 ただ、悪魔(私心)よりも天使(道徳心)の方が、私たちには厳しい試練をあたえます。 それは、試練があることで、はじめて人は考え、学び、努めることができるようになり、その結果として、心が高まり、夢や理想にふさわしい自分になれるからです。 悪魔(私心)の声は現状維持の提案で、天使(道徳心)の声は変化・成長の提案です。 どちらの声を選ぶのかは個人の自由ですが、心で夢や理想などを望みながら、悪魔の声(現状維持)を優先させることはやめましょう。 心にとって、それが1番の苦しみになるものだから。 まとめ 私たちの心には天使と悪魔が共存しています。 だから、何かあるたびに、私たちは迷い悩み、葛藤を感じます。 ただ、迷いや悩みや葛藤があるということは、自分には選択肢があるということでもあります。 悪魔(私心)の声は現状維持の提案で、天使(道徳心)の声は変化・成長の提案です。 みなさんは、これから天使の声と悪魔の声どちらの声を選んでいきたいと思いますか? ここまで、お読みいただきありがとうございました。 心がやわらかくなる、心理カウンセリング 二宮金次郎の「心田開発」とは、荒れた田は耕すことで再び米が育つように、荒れた心を耕すことで人間が育つという考え方です。 日々の生活のなかで、疲れかたくなになってしまった心を、カウンセリングをとおしてやわらくし、再び前向きな気持ちになるようサポートします。 「心のリフレッシュしたい」方は、詳細をご確認ください。

次の