白井 家 週刊 文春。 白井家(志村動物園)が文春砲でやばい?放送中止・打ち切りの可能性も

白井家に動物虐待の過去!?志村どうぶつ園出演終了へカウントダウン!

白井 家 週刊 文春

バラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)の人気コーナー「白井家」で、動物飼育の不適切な実態が「週刊文春デジタル」の取材でわかった。 「天才!志村どうぶつ園」は番組放送開始から15周年を迎えた人気番組だ。 志村けん(69)が園長役、嵐の相葉雅紀(36)が飼育係を務め、毎回動物にまつわる企画を放送している。 2012年には「保護者が子どもに見せたい番組」(日本PTA全国協議会)で2位に選ばれた。 そんな同番組で現在人気なのが「白井家」コーナーである。 静岡県浜松市で暮らす白井家は母親の白井由紀子氏、由紀子氏の実母、長女、長男、次男、次女の6人家族。 そして由紀子氏が中心になって、身寄りのない動物を引き取り育てており、現在37匹もの犬やヤギ、ウサギや馬などを飼育している。 朝6時に起床して動物たちの餌やりをし、その後経営する英会話教室に出勤。 一日に何度も掃除して、動物の散歩をしてと、息つく暇もない。 家族に指示を出しながら、女手一つで白井家を切り盛りしているんです。 そして白井家で特に人気なのが、イケメン大学生兄弟の鴻明くんと迅くん。 鴻明くんのインスタには13万人近いフォロワーがいるほどです。 彼らはヤンキーっぽい見た目ですが、素直に動物の面倒をみている。 その姿に好感を持っている視聴者は多い。 視聴率も上々で、準レギュラーコーナー化し、現在は頻繁に放送されています。 白井家には30台もの固定カメラが設置され、撮影スタッフは近くのホテルに泊まり込んで通っている」(同前).

次の

白井家に動物虐待の過去!?志村どうぶつ園出演終了へカウントダウン!

白井 家 週刊 文春

白井家で元競走馬フルハートを違法解体?不適切飼育に続き文春砲 今回の件について、週刊文春は以下のように報じています。 フルハートは馬房で亡くなり、その後、扉を締め切った状態でしばらく放置されていた。 そして、死後4日が経った頃、白井家を手助けするボランティアに由紀子氏から声がかかったのだという。 「1月21日、由紀子さんは『フルハートを運びたいので力のある人に手伝ってほしい』とボランティア数人を呼び出しました。 ボランティアらも生前のフルハートの優しさを知っているし、フルのためならと駆けつけたそうです。 そこで彼らは 衝撃の現場を目の当たりにしました」 ボランティアらが白井家に到着すると、見知らぬ2トントラックが駐車されていた。 傍らでは素手でナタを持った年配の男性が1人で何やら作業をしていたという。 「白井家に入ると、あたりには異臭が漂っていました。 そしてフルハートらがのんびりと歩いていた砂利の庭に、 頭や四肢、尻尾が切断された状態の馬の胴体だけが横たわっていたのです」 出典: 非常にショッキングな報道に、TwitterなどのSNSでも大きな反響が出ています。 今回の フルハートの解体疑惑について、週刊文春は白井家に直撃取材をするなど積極的に報じていますが、一家の大黒柱でもある由紀子氏はこの疑惑を 否定しています。 四肢が切り落とされた状態であるとされる写真が 計3枚掲載されています。 確かに、写真を見ると馬体のようなものが横たわっているようで、一部には血のような赤色も見ることができます。 ただ、全体的にモザイクが掛かっており、本当に馬体なのかどうかは不明です。 このモザイク無し写真は、週刊文春が運営している有料サービスのなかで公開されています。 しかし、肝心の解体面などにはモザイクが掛かっており、完全なモザイク無し写真というのは現在ネット上には存在していません。 ちなみに、今回馬の解体で問題になっている白井家は、冒頭にも掲載したとおり、 過去にも不適切な飼育問題が取り沙汰されていました。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 志村どうぶつ園の番組自体、動物に対する扱いが愛情を感じないことが多いので あんまり好きではない 何故あんなに続いているのか不思議なのは自分だけか ボランティアで手を貸した人たちって 何かこの家族にボランティア以上の強要的な事をされてるのか? そうでなかったら、1月に馬がそんな風に処理されてた時に通報できてたんじゃないだろうか? やっぱりさ! 保護してる家族とかをテレビで放送するべきじゃないと思う! 放送することによって保護の数が増えて世話が無理になってくるのは当たり前! これは志村動物園にも責任がある!.

次の

白井家(志村動物園)が文春砲でやばい?放送中止・打ち切りの可能性も

白井 家 週刊 文春

今回の件について、週刊文春は以下のように報じています。 バラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)の人気コーナー「白井家」で、動物飼育の不適切な実態が「週刊文春デジタル」の取材でわかった。 現地で記者が取材を進めると、テレビには映らない白井家の本当の姿が浮かび上がってきたのだ。 白井家の近隣住民Aさんが語る。 「テレビ出演前から、白井家のトラブルはありましたが、出演後に急増したんです。 以前はなんとかできる範囲で動物を飼育していたようですが、当初18匹だった動物がこの1年で37匹に倍増し、明らかにキャパシティを超えてしまっている。 有名なイケメン兄弟の動物への扱いも悪すぎます」 出典: 報道によれば、『動物の糞尿』や『馬の脱走』、『飼い犬の咬傷事故』などが続出しており、近隣からも苦情が出ているといいます。 直撃取材と文書での質問状に対して、白井家サイドも事実関係を認めているようです。 今回の件が大々的に報道されると、ネットでは『飼い主も当然悪いけど、都合の良いところだけを報道して美談にする制作サイドにも責任がある』などと、批判が続出しました。 出典: ネットでも多くの関心を集めたのが、咬傷事故です。 白井家で飼育されているラブラドールレトリバーのトーマスが近隣住民に噛みつき、大怪我をさせる事件が発生したといいます。 突如玄関ドアが開き、飛び出してきた茶色い大型犬がDさんの右腕に噛みついたのだ。 「何度振り払っても噛みついたままで、犬の牙は長袖の服を突き破り、腕にめり込みました。 大量の出血で服は血まみれだった。 なんとか引きはがしたのですが、激痛で、病院へ行って数針縫いました。 警察にも通報しましたが、『注意することくらいしかできない』と言われてしまいました」(同前) Dさんに噛みついたのは、ラブラドールレトリーバーのトーマスだ。 体重が40キロほどあり、立ち上がると人間の大人くらいの大きさになる。 白井家からは事件後、治療費2万円とお詫びの手紙が同封された封筒が届けられたという。 実は白井家の犬が咬みつき事件を起こしたのはこの一度だけではない。 「以前は白井家と親しかった」というEさんが証言する。 「トーマスに咬まれた人は複数いるんです。 由紀子さんが『浜松市とトーマスの殺処分も含めた話になってしまいそう』と話していました。 なんとか殺処分は回避したみたいで、今でもトーマスは白井家で飼育されています。 出典: トーマスは大きく、太り気味の姿が番組のなかでも可愛らしく放送されていました。 それだけに、今回の報道内容は視聴者にとってかなりの衝撃だったようです。 現時点では殺処分は回避されているとのことですが、今後も状況が改善されない場合には再度処分の話が持ち上がってもおかしくありません。 白井家の場所はどこで収入源は? 白井家がある場所は、静岡県浜松市内と公表されています。 具体的な場所については、母親である白井由紀子さんのTwitter投稿などからファンが『浜松市西区大山町』と特定したようです 特定のきっかけになったつぶやきがこちら。 また、気になる収入源について明確なことは分かっていませんが、ベースは母親である由紀子さんの収入と思われます。 由紀子さんは英語が堪能であり、英会話の講師をしているとのこと。 それ以外にも、今回の文春報道でお子さんたちが馬の蹄鉄などに装飾を施し、それを販売してエサ代に当てているということも判明しました。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 本当に動物が好きなんだなー って思っていたのにこれが真実なら 残念な気持ち やっぱりな…というのが率直な感想です。 あれだけの動物がいてご近所問題が無いわけではないだろうとは常々思っていました。 動物に罪があるわけではなく、飼い主の問題。 まさにそれですよね。 やっぱりね。 息子たちが真面目に世話してるように思えない。 番組スタッフにも手伝いさせるのが当たり前になってるし、動物にスポットを当てる番組なのに自分にスポットを当てられると勘違いしてる。 番組側もここの家の評判を掴んでいるんじゃないか?番組を成立させるため家族側と制作側が臭いものには蓋しようとしてる。

次の