足 親指付け根 しこり。 足の指の付け根のしこりが気になります。

指の付け根にしこり?痛みがあるしこりと痛みのないしこり

足 親指付け根 しこり

ガングリオンだと思います。 すごいですね!透かして見えるんですね~(笑)。 私は皮膚科へ行き、注射器で中身を吸い出すという処置でした。 (結構痛かったです。 )ガングリオンは放っておいて悪性に変化するとかいうものはなく、気になるとか見た目的なもの、とのことでした。 場所的に邪魔だったり、痛みがあるようでしたら病院に行ったほうがいいと思います。 4月に病院へ行き、直後は一回り小さくなった程度でしたが、今はほとんどぺったんこです。 でも完治ではなく押すと根っこが残っているせいでちょっと痛いです。 注射器での処置では少したってから再発する可能性ありとのことでした。 完全に治すには整形外科で根っこから取り去る手術になるそうです。 (ちょっと大変と言ってました。 ) Q 歩いていて、特に階段を上る時に曲がる足の裏が痛いです。 中指と薬指の付け根から3~4cm程下で、見た目は何ともありません。 春から時々痛い時があり、表面は何ともなくても魚の目が出来始める兆候かと思い、何度か皮膚科へ行きました。 ですが、いつも異常なしと言われてしまい、よく分からないまま今日まできました。 一昨日から歩行中や階段で、足の裏を曲げて体重を乗せる瞬間に強い痛みが気になります。 よく触ってみたら、表面の皮膚ではなく内部に5mm以上1cm未満位の球体みたいな、固いしこり?があります。 これは何でしょうか…? もし同じような体験をされた方や症状をご存知の方がいらっしゃいましたら、何科に掛かれば良いか教えて下さい。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは 此の症状は、何時(いつ)頃から出来始めてましたか? >表面の皮膚赤黒い感じでマッサージ?指でグリグリやったりする..... 其の中(うち)治る..... 此の一文丈けで大体見当が付きましたが..... 此処で権威在る公益社団法人「日本整形外科学会」のホームページ(HP を御紹介してみましょう。 joa. charasiさんの症状は、此の中のどれかと推察出来ますが、当然、自己判断のみでは危険ですから、今直ぐ如何(どう)の斯(こ)うのと言う物では在りませんが、折り(機会)を見て「整形外科(出来ればMRI、CT等が完備した病院)」へ行かれると宜敷いでしょう。 此のHP は実に好く出来た、判り易い編集が為されて居りますので、御時間が取れましたらば隈なく御読み下さい、「専門医、認定医」名簿も在りますので、御自身又は御身内、御友人等いざと成ったら御役に立つかもしれませんよ、御身体大切に..... こんにちは 此の症状は、何時(いつ)頃から出来始めてましたか? >表面の皮膚赤黒い感じでマッサージ?指でグリグリやったりする..... 其の中(うち)治る..... 此の一文丈けで大体見当が付きましたが..... 此処で権威在る公益社団法人「日本整形外科学会」のホームページ(HP を御紹介してみましょう。 joa. html 此のページ「ガングリオン」(全身、手指、手関節の3っつに分類) 初めに此のページを好(よ)-く読み込んで下さい、次に(全身の症状)... A ベストアンサー 歩き方に癖があったりして靴に触る箇所があると、人間の皮膚は、その部分を守ろうとして、硬くなり角質化するそうです。 それが、たことか魚の目になるのですが、真ん中に芯があるようでしたら魚の目で痛みを伴います。 市販されているスピール膏(違う名前もあるかも)という、魚の目やイボ専用のばんそうこうのような物があります。 それを魚の目の所に貼っておくと、魚の目の所が白っぽく柔らかくなってきます。 皮膚を柔らかく溶かしてそこの部分を目ごと取り去る方法ですね。 私は指にあったイボをいじっているうちに魚の目になってしまったのですが、きれいにとれましたよ。 病院に行くのでしたら、皮膚の病気ですので皮膚科が宜しいと思います。 A ベストアンサー 2年程前、右足第五指(小指)中足骨に骨腫瘍が出来た 為、病的骨折を起こし、約50日入院生活を送ったものです。 病名は、内軟骨腫でした。 この腫瘍は、痛みなどの自覚症状が無い為、骨がもろくなって骨折をして初めて病気が発見される事が多いそうです。 単発で、出来た腫瘍の大半が、良性の腫瘍である為 命に別状は無いそうですが放置すると一部が悪性化する事もあるそうです。 最終診断は、やはり病理検査の結果次第ですが、約2週間程かかります。 私が受けた手術の内容ですが、腫瘍の掻爬(掻き出し)腫瘍を掻き出した所に自家腸骨を移植してもらいました。 移植には、人工骨を使う事もあるそうですが、私の場合自分の骨を使用しました。 私も病名を、告げられた時は、目の前が、真っ暗になりました。 お気持ちお察し致します。 これは、告知された人にしか分からない辛さですよ。 これは、あくまで私の体験ですので何とも言えませんが悪性の腫瘍でないことをお祈り申し上げます。 Q 右足の裏に違和感があり、いつも何かを踏んでいるようで不快です。 親指から薬指の下の膨らんでいるところ(前足部)が幅約5センチ、500円玉を2、3枚重ねて貼ってある感じです。 もちろん、外傷や皮膚炎、魚の目などはなく、外見や触っただけでは変わったところはありません。 歩くと、特に痛いわけではなく、まさに「いつも何かを踏んでいる」感覚がありすごく不快です。 重心がかけづらく、その部分をかばうため、変な歩き方になり足の他の部分に負担がかかってしまいます。 「足の裏の違和感」で検索すると何人かの方がほぼ同じ症状を訴えておられ、神経内科、整形外科等で、「腰椎ヘルニア」、「首の骨のずれ」等と診断されたそうです。 私は腰の痛みはないですが、数年前に左手のしびれを感じたことがあり(現在は自然治癒)、頚部MRIを受けたところ、「首の神経がやや圧迫されている部分があるが、病的な程度ではない」との診断でした。 私の症状は何なのでしょう。 何科を受診すべきでしょうか。 改善策のご教示をお願いいたします。 Q 先日足にしこりのようなものを見つけました。 ネットで調べるとがんや感染症などと書いてあってびっくりしたのですが、どうも自分のものと当てはまらないので、何か情報ありましたらよろしくおねがいします! 参考にさせていただいて近いうちにでも病院に行ってきます。 症状や情報をまとめると次のようになります。 ・年齢は20代前半、女性です。 ・前に3ヶ月くらい前に婦人科全般の検査(性病、子宮ガン、卵巣の状態、など)をして問題なしでした。 ・足のつけねにしこりがあります。 他の場所にはありません。 ・やわらかいです(そこまでやわらかいほどでもないけど硬くはない)。 ・大きさは小豆2個分くらいです。 ・ぽこっと出ているわけではありません。 中に入っているかんじです。 ・体調の変化(発熱、腹痛、など)はありません。 ・痛みはありません。 ・しこりと書きましたがリンパ腺が腫れているのかもしれないしよくわかりません。 しかし触ると丸いかんじがしたので、しこりとここで書かせていただきました。 A ベストアンサー 1 リンパ節 2 アテローム 3 脂肪腫 この部位でしこりのようなものが触れるとすると、上記のものが大部分ではないでしょうか。 1 リンパ節は足の炎症やリンパの病気で腫れることもありますが、普通の状態でも 問題がなくても リンパ節を触れることもあります。 動脈 触れると拍動する)の周囲にあります。 あずき2個ぐらいというと正常からやや大きいかな?という程度なのでなんとも言えません。 2 アテロームは悪いものではありませんが、放っておくと化膿することがあります。 多くの場合は皮膚から多少盛り上がるような形になって気づくことが多いですね。 3 脂肪腫は良性の腫瘍です。... が、触るとかなり柔らかいのでちょっと違うような気がします。 場所と大きさなどからすると深刻なものの可能性は低いかと思います。 まれに何か悪いものの可能性もないことはありませんが。 ご心配であれば病院で診てもらってください。 まれですが大腿ヘルニアというのもありますね。 Q 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっていません、見えています。 お風呂でのぼせる現象に近いですが、時間があまりにも短いし、下に落ちていく感覚がありますので、あきらかに「のぼせ」とは違います。 金縛りの経験は数年前に2回ありますが、あきらかに違います。 身体は倒れこんだり、座り込んだりしません。 体勢はしっかりとしています。 3ヶ月に一度くらい間隔で起きます。 現在まで、20回程度です。 おそらく自分では脳に関係している病状だと思います。 自分が一番気になるのは「エレベーターを一階分0. 3秒の一瞬で落ちるような感覚」です。 いずれ医者に行こうかと思っていますが、その前にこの症状に似ている病名、考えられる病名を知りたいと思っています。 また、同じような経験者様の声や、家族の方で同じ症状が居るというかたの話が聞きたいです。 とても一瞬なので周囲の人にはわかりません。 (気づかれません) 【症状説明】 *エレベーターを一階分落ちるような感覚 *会話をしていたり、テレビを観ていたりしていて一瞬体が落ちる感覚。 *頭がグラッと落ちる感覚。 *周囲の音が一瞬絞られるような感覚。 *症状が一瞬(0. 3秒くらい) *意識はある。 *症状の最中も会話はできている *音も聞こえる *吐き気・頭痛はまったく無し。 *倒れない。 *3ヶ月に一度くらい(20回程度) *脈は正常 *どうき・息切れの経験無し。 (どうき・息切れの症状がイマイチわからない) 【プロフィール】 *男 *30代後半 *身体や性格はかなり丈夫なので貧血や腰をぬかすといった経験はまったく無し。 *意識を失う経験は無し。 *人生いままでずっと血圧正常。 *大きな病気無し。 *服用している薬無し。 *酒やらない *タバコ1日、1箱未満。 *過去に薬物使用経験10年程度あり(症状が出る前にとうにやめている) ちょっと、ここ数日何度か連続して起き、最近は起きた後に数秒「よいん」が残るので質問してみました。 過去に薬物経験とありますが、ちょっとこれは説明が難しいのですが自分は薬物との「直接的な関係」はないと思っています。 たとえば「過去に薬物をしていたなら脳が正常ではない」のではないかとかですが、正常か異常かだと「異常」だと思います。 脳に関する異常だととくに目立って自覚はないのですが、経験のない人と比べると少なからず「記憶障害」くらいは後遺症としてあるのではないのかと思います。 もし目立って後遺症がでるならば、臓器にでていると思います。 もしあるとしたなら、「薬物と脳」の関係ではなく、血管注入していたので「血液と脳」に関する問題や、心臓には関係しているとは思います。 宜しくお願いいたします。 一瞬落ちたり、一瞬グラっとする感覚です。。。 初めてなったのが3年前くらいです。 ベンチに座ってタバコをすいながら友達と会話をしていたとき、自分が話しているときに起きました。 その時、会話は継続してできていました。 友達の声も聞こえています。 なので意識と書きましたが、はっきりしていますので、意識は落ちていません。 時間は0. 3秒くらいです。 頭をグンッと絞めるような感覚で、周囲の音も声も絞られるような感じでした。 エレベーターを一階分落ちるような感覚が身体に感じました。 周囲は暗くなっ... A ベストアンサー 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液凝固 を生じます。 血栓が脳の微細血管内で詰まると,脳血栓症 脳卒中の一症状 を起こします。 極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって,ごく短時間に外れて回復するという事例は,四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。 加齢と共に血管老化により危険度は増します。 血栓が大きくなると,極めて危険です。 血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては,命取りになる事も後遺症を残すこともありますが,ほんの一瞬で血管が開通すれば,貴方のような状態にもなり得ます。 大事に至らないためには,心房細動を防ぐこと,血流を良くするために血液の凝固防止剤 いわゆる『血液サラサラ薬』 の服用など,医師の診断による処方投薬等が必用です。 血栓は心臓弁膜の不正常でも起こります。 循環器内科,ハートクリニック等で受診されることをお勧めします。 一瞬グラッとする・・・瞬発性脳血栓症が疑われます。 人の心臓は,一日24時間でほぼ10万回,或いはそれ以上の回数鼓動します。 健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は,ごく普通に見られると言われています。 心臓の構造は左右の心室と心房から成り,心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり,極めて危険です。 心房の場合は心房細動となり,数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。 心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ,直接命の危険はありませんが,細動に伴って微細な血栓 血液...

次の

手の指の付け根が痛い・しこりがあるのはばね指(弾発指)!

足 親指付け根 しこり

指の付け根のしこりは骨軟骨腫 左手人差し指の付け根の小さなしこりについて、ついでに質問してみました。 ネットであらかじめ調べたら「ガングリオン」というものが近い感じだったのでそれかなーと軽い気持で。 しかし、先生に「これは…ガングリオンではないかもしれないですね。 整形に行ってください」と言われてしまい、ガーン!とショックを受けてしまった。 で、すぐに整形外科に行ってレントゲンなどの検査をしてもらい、「たぶん骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)でしょう」と診断が下りました。 骨軟骨種は、良性の骨腫瘍の一つです。 成長期に間違った場所で骨が成長してしまう…ような感じの病気。 引用元- 日常生活に支障がなければそのままでもいい…みたいな事が書いてありますがもねちんの場合、場所がちょっと悪かったんです。 指の付け根だったので、このままにしておくと指の成長に影響が出て来てしまい、指が曲がってしまうかもと言われました。 でも、すぐにどうするかというところまで判断せず「とりあえず、半年様子を見てみましょうね、それでどうするか決めましょう」と言われました。 半年後の、今年の春休み…だから3月か。 予定通り整形を再訪。 レントゲンなどで再検査。 「大きくなってますね。 お母さん、気づきませんでしたか?」と言われてしまった。 もしかしてそうかなとはうすうす感じていたんだけれど、私はそれを認めたくなかった…。 そして、ショックなことを言われてしまったんです。 「手の成長に影響でそうだから、手術したほうが良さそうですね」 引用元- 指の付け根のしこりの骨軟骨腫とは 骨軟骨腫は良性の骨腫瘍のひとつです。 骨の表面から外側へ「こぶ」状に骨が飛び出したもので、その表面は軟骨組織でおおわれています。 全体的な形から外骨腫 がいこつしゅ ともいいます。 表面をおおっている軟骨は、骨性の「こぶ」が帽子をかぶったようにみえるので軟骨帽 なんこつぼう と呼ばれ、骨軟骨腫はこの軟骨帽と骨とが接している部分で骨が作られたり、軟骨帽の部分が厚くなることによって徐々に大きくなります。 骨軟骨腫は骨腫瘍全体の約4分の1を占め、原発性骨腫瘍のなかで最も多く、良性の骨腫瘍の代表的なものです。 軟骨帽の軟骨から悪性腫瘍である軟骨肉腫が発生することが知られていますが、その頻度は非常にまれです。 骨軟骨腫は1個の場合がほとんどですが、約4〜5分の1の患者さんでは多発性で、多発性外骨腫と呼ばれます。 多発性外骨腫では、軟骨肉腫が生じる頻度が約1割と高いことが知られています。 引用元- 指の付け根の骨軟骨腫の症状とは 腫瘤の形成がおもな症状です。 皮膚の上から、かたい骨と同じくらいのかたさをもった腫瘤を触れます。 ほとんど痛みをともなうことはありませんが、腫瘤が大きくなり、周囲の軟部組織や骨を圧迫して、痛みがおこることもあります。 また、腫瘤が大きくなると、関節の動きが制限され、動作がうまくできなくなることもあります。 ごくまれに、骨折をおこして、激痛を生じることもあります。 腫瘤の発育はゆっくりで、骨の成長がとまる時期になると、腫瘍の発育もとまります。 いろいろなところに発生する多発性の場合には、骨が変形してしまうこともあります。 以前からあった腫瘤が、40歳代、50歳代になって急速に大きくなったり、痛みをともなうようになった場合は、悪性変化(おもに軟骨肉腫(なんこつにくしゅ)(「軟骨肉腫」)への変化)が考えられますので、ただちに整形外科などの専門医を受診する必要があります。 引用元- 指の付け根の骨軟骨腫の診断方法 骨や軟部組織の腫瘍の診断には、エックス線撮影、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像)、骨シンチグラフィーなどの画像診断のほか、血液検査などを行います。 エックス線撮影は、特に骨腫瘍の診断に有効で、腫瘍の成長の速さをみるためにも行われます。 CTでは、腫瘍による骨の破壊の程度や軟部組織への浸潤の程度などがわかりますし、MRIは、腫瘍の範囲を、CTより正確にとらえることができます。 骨シンチグラフィーでは、骨の異常部位がわかります。 このほか、超音波検査などを行う場合もあります。 一方、血液検査は、「悪性リンパ腫」や「骨髄腫」といった骨腫瘍の診断に有効です。 ただし、画像検査では、腫瘍が良性か悪性かを診断することはできません。 最終的には、切開して腫瘍の一部を採取して調べる生検を行って確定診断をします。 引用元- 指の付け根の骨軟骨腫の治療法 骨軟骨腫は良性腫瘍ですから、日常生活に支障のない範囲であれば、特に治療は必要ありません。 しかし痛みが生じたり関節の動きが妨げられたりするようになった場合には治療が望ましいです。 神経が圧迫されているケースでは麻痺や血流の悪化も考えられますから、早急に手術が求められます。 いずれにせよ、まれではありますが悪性化を起こす可能性もゼロではないですので、定期的な経過観察は欠かせません。 引用元- twitterの反応 回収できたのは左右ともに中手骨?鯨類の指の骨は指節骨の数が多く、中手骨と指節骨の区別をつけないで全て指骨と僕は呼んでいるけれど、すべて付け根側の骨は回収できた。 新鮮なうちに回収して剥皮してホルマリンにでもつけておけばもしかしたら指の骨も軟骨として付けることができたかも・・・。 10~20歳に多い。 指の骨幹端部に多い。 骨軟骨腫と診断されているので定期的に見て貰っていて、成長期だから余計に要観察なのだけれども、前回の検査では1箇所だけだったんだよなぁ。 今度の痛む場所かそれとは違う。 けど同じ足。 長女両足に あり。 筋肉を刺しかばうように歩く為か軽度の側弯も確認される。 1日3回服薬の痛み止め処方。 しかし治療はなく検査ばかり。 この数年で疲労骨折が2回。 痛みを堪え続けるだけで治療もなく国保と検査費の支払いに追われるだけなら通院を止めると言い出し返す言葉ないです — 野村俊一 mansaqu -.

次の

足の付け根の「しこり」は【悪性リンパ腫】の可能性あり!

足 親指付け根 しこり

足指が痛い!その原因は? 足の痛みの多くは足のアーチの崩れからくるものが多いのですが、それ以外にも足指の痛みの原因はさまざまです。 靴と足との相性によるものや、スポーツによるもの、また、痛風と強剛母趾のように見極めが紛らわしいものもあります。 そこで、原因と痛む場所について解説していきます。 あなたの足のトラブルにあてはまるものはありますか? 足指の痛みの原因はさまざま 1足指の痛みの分類:症状やどうして起こるのかというしくみから大まかに分類 足のアーチの崩れによるもの 外反母趾・バニオン・内反小趾・中足骨骨頭痛 「長時間歩行や履いている靴によって痛みが起こりやすく、ジンジン・ピリピリする痛み」 スポーツや過度の負担によるもの 強剛母趾・種子骨障害・フライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 「骨壊死や骨変形によるジンジンという圧痛・ズキズキとうずくような疼痛・腫れなど」 疾患によるもの 痛風 「痛風発作による激痛。 24時間以内に痛みのピーク~数日で痛みが消失していく」 リウマチ等の自己免疫疾患 「慢性的な炎症による関節痛」 その他 巻き爪[圧痛や陥入爪によるズキズキとした疼痛] 痛むのはどこですか? 2 足指の痛みの分類:痛む場所別に分類 A:外反母趾(バニオン含む) 外反母趾の痛みは主に2通りあります。 1つ目は、親指の側面が腫れあがるように痛くなる場合。 コブのような滑液包「バニオン」を伴う痛み。 2つ目は、親指の関節を曲げるだけで痛むもの。 前者は靴にバニオンがあたることによる圧痛で、後者は、母趾の関節がずれてしまっているため、関節の曲げ伸ばしをするだけで痛みを生じてしまいます。 E:フライバーグ亀裂骨折ケーラー病 ケーラー病には舟状骨に発生する第1ケーラー病と、中足骨骨頭部指の付け根に発生する第2ケーラー病がありますが、足指の痛みに起因するものは第2ケーラー病です。 蹴り出すときに、疼痛・圧痛・腫れを生じるため、無意識のうちに患部への荷重を避けた歩き方になります。 原因として考えられるのは、不適合な靴を履いて足底部を絶えず圧迫し、慢性的な刺激が繰り返されることです。 靴底の薄い靴で、硬いアスファルトの上を長時間歩くことで誘発されます。 H:リウマチ(関節リウマチ) 痛風が男性に多いのに対して、関節リウマチは30~50代の女性に多い病気です。 痛み方も突然ではなく鈍い痛みから進行していきます。 発症部位も、1個所ではなく、数か所の関節に広がっていきます。 関節が炎症を起こしているため、朝起きた時に手足にこわばりがあったり、関節が動かしにくくなることで全身の倦怠感を覚えたりします。 関節リウマチは自己免疫疾患のひとつで、自身の免疫システムが関節の炎症を引き起こし、骨や軟骨を破壊していくので、早期に発見・治療し、関節破壊の進行を抑えることが重要です。 とにかく、疑われる症状がある場合は、リウマチ専門のお医者様に早めに相談することをお勧めします。 似ていても違う、痛みの原因 3 紛らわしい痛みの見分け方 A:外反母趾 バニオン と 強剛母趾 外反母趾の痛みは、母趾の関節をどの方向に曲げても痛みはありますが、強剛母趾の場合は、背屈 地面から浮かせる 方向へ曲げた場合に痛みが起きます。 また、外反母趾でバニオン(滑液包のコブ)がある場合は、靴にあたることで圧痛や腫れが起こることがあります。 B:フライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 と中足骨骨頭痛 痛みを感じる部位は似ていますが、中足骨骨頭痛は、人差し指の付け根あたりにタコやマメがある場合が多く、タコやマメを押すとジンジン・ピリピリを神経性の痛みがあります。 対して、フライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 は発赤、腫れ等の炎症症状を伴ない、突然に痛みが発生します。 稀に、中足骨骨頭痛が慢性化してしまうような靴底の薄い靴やヒール靴を履き続けることで、中足骨骨頭痛からフライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 へ重篤化するケースもあるようです。 また、これらA、Bと混同しがちな、痛風発作や関節リウマチですが、尿酸値が高い男性が、夜中に、指の付け根が痛くなる場合は、痛風発作。 特に、関節リウマチは、関節破壊による足趾変形がおこる前に、治療を受けることである程度の改善も期待できますので、すぐに専門医を受診しましょう。

次の