トヨタ カローラ ツーリング。 トヨタ 新型 カローラツーリング ハイブリッド か ガソリン どちらを選ぶ? 徹底比較!

トヨタ カローラツーリング

トヨタ カローラ ツーリング

販売期間 2019年9月17日 - 設計統括 上田泰史 5名 5ドア 8NR-FTS型 1. 2L 直4 DOHC (ガソリン前輪駆動の6iMT車専用) 2ZR-FAE型 1. 8L 直4 DOHC 2ZR-FXE型 1. 8L 直4 DOHC (四輪駆動を含むハイブリッド車専用) M20A-FKS型 2. 0L 直4 DOHC 駆動方式 : ガソリン車・ハイブリッド車 : ハイブリッド車(e-Four)のみ設定 1NM型 交流同期電動機 (ハイブリッド車) Super CVT-i ( 1. 8Lのガソリン車専用) Direct Shift-CVT ( 2. 0Lのガソリン車専用) 6速iMT ( ガソリン車の1. 2Lの前輪駆動専用) 電気式 ( 四輪駆動を含むハイブリッド車専用) 前:コイルスプリング 後:コイルスプリング 全長 4,495mm 全幅 1,745mm 全高 1,460mm 2,640mm ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク 先代 2019年 日本市場向けカローラシリーズのモデル、およびモデルを同年にフルモデルチェンジすることが明らかとされた。 2019年 予定通りフルモデルチェンジが発表された。 ワゴンモデルは従来の「」から一新し、「 カローラ ツーリング」と命名された。 キャッチフレーズは「あなたの真ん中へ。 この世界の真ん中へ。 プラットフォームは後述する欧州向けモデルと同じが採用されて3ナンバーとなったものの、ボディは日本国内専用設計となり、全高は国外向けモデルと同じだが、全長で155 mm・全幅で45 mmそれぞれ小さく、も60 mm短くなっているほか、同時発売されたセダン同様、前後も当然、短縮されている。 また、ドアミラーの取り付け位置を変更することでミラー格納時の全幅は3代目フィールダーと同等としている。 外観はフロントフェイスにおいて大型台形のロアグリルフレームとメッシュグリルに統一され、は光源を化してラウンドを強めた一文字形状とした。 また、立体的な造形を実現するため、バックドアは製となった。 内装はが薄型・ワイド化され、Aは細形化された。 荷室にはリバーシブルデッキボードが設定されており、上段にセットして後席を倒すとフラットなスペースが、下段にセットすると背が高い荷物の積載が可能な2段式 とし、裏面はタフユースに対応した樹脂とした。 パワートレインは全面刷新され、ガソリン・車とハイブリッド車は排気量を3代目フィールダーの1. 5 Lから1. 8 Lにアップし、ガソリン・CVT車はエンジンの型に、ハイブリッド車は型にそれぞれ変更。 ガソリン・車は反対にされ、と同じ1. 2 Lエンジンの型に変更された。 また、ハイブリッド車は3代目フィールダーでは設定されなかったが新設され、電気式4WDシステム「E-Four」を搭載。 ガソリン・MT車はカローラスポーツと同じ「i-MT」となり、6速に多段化された。 さらに、日本国内のトヨタ車で初となるディスプレイオーディオが全車標準装備されており、SmartDeviceLink・・に対応してとの連携が可能なほか、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットを選択することで車載用ナビ機能を利用することが可能である。 カローラスポーツ同様にDCM(車載通信機)も標準装備されており、コネクティッドサービスの利用も可能である。 なお、先代モデルであるカローラフィールダーは2019年9月現在、ビジネスユーザー等に特化したグレード体系に刷新の上、併売されている。 2020年5月1日(補足) を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、、、ネッツトヨタ東都・を除くネッツ店での販売が開始された。 2020年5月13日 特別仕様車「G-X"PLUS"」・「HYBRID G-X"PLUS"」・"2000 Limited "が発表された(「G-X"PLUS"」・「HYBRID G-X"PLUS"」は同日より発売、"2000 Limited"は6月1日発売)。 「G-X"PLUS"」・「HYBRID G-X"PLUS"」は「G-X」・「HYBRID G-X」をベースに、ベースグレードではメーカーオプションとなっているインテリジェントクリアランス[パーキングサポートブレーキ 静止物 ]とバックガイドモニターが特別装備され、リアドア・リアクォーター・バックドアガラスはUVカット機能付プライバシーにグレードアップ、メーター周りやステアリングホイールなどにシルバー塗装が施され、エアコン吹出口のレジスターノブはサテンメッキ加飾とした。 "2000 Limited"はエンジンに日本国内向けのカローラシリーズでは初採用となる2. 0 Lダイナミックフォースエンジンのを搭載し、トランスミッションは付10速スポーツを備えたギア機構付自動無段変速機「Direct Shift-CVT」を採用。 内装は既存の上級グレードの内装を採用するとともに、フロントシートはホールド性を向上し、表皮に撥水加工が施された上級ファブリックスポーツシートを採用。 インストルメントパネルオーナメントやセンタークラスターなどにレッド加飾、センターコンソールやドアアームレストにグレーのステッチが施された。 0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、カラーヘッドアップディスプレイなども装備された。 ボディカラーは特別設定色の「レッドマイカメタリック」・「ブルーメタリック」を含む4色が設定される。 500台の限定販売となる。 販売期間 2019年9月17日 - 5名 5ドア 2. 0L 直4 DOHC ハイブリッド 8NR-FTS型 1. 2L 直4 DOHC VVT-iW インタークーラーターボ 2ZR-FXE型 1. 8L 直4 DOHC ハイブリッド 駆動方式 : ガソリン車・ハイブリッド車 : ハイブリッド車(e-Four)のみ設定 1NM型 交流同期電動機 (ハイブリッド車) Direct-Shift CVT CVT-iS 6速iMT 電気式 前:コイルスプリング 後:コイルスプリング 全長 4,650mm 全幅 1,790mm 全高 1,460mm 2,700mm ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク 後:ディスク 別名 (欧州)• 2018年10月4日、パリモーターショーにて発表。 従来地域向けに販売されていたの直系の後継車種であり、で設計・生産される。 販売は英国とヨーロッパ周辺地域のみとなる。 国内向けワゴンである「カローラツーリング」とはバックドア等一部のコンポーネントを共有するものの、全長、ホイールベースが国内仕様と比較して大柄となっている 他、フロントフェイス等外観の違いもあり、実質的には別車種となっている。 またほぼ同時に、本車を風に仕立てた「カローラ トレック」も欧州で発売されている。 脚注 注釈• その結果、欧州仕様のツーリングスポーツに対し後部座席のレッグスペースやラゲッジ容量も縮小された。 ただし、車や・アクセサリーコンセント装着車は1段式。 "2000 Limited"はグレード名称ではないとの但し書きがされている。 仕様はE21 RW型、欧州仕様はE21 LW(左ハンドル、英国仕様除く)、またはE21 RW型(右ハンドル、英国仕様のみ)。 国内仕様のカローラツーリング、およびカローラセダンはいずれも既存のカローラスポーツを基本にフェンダー部分をそのままナローフェンダー化し、である。 2019年9月13日. 2019年9月14日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2019年9月17日 ,• 2019年9月17日. 2019年10月4日閲覧。 プレスリリース , トヨタ自動車株式会社, 2020年5月13日 , 2020年5月13日閲覧。 - 2018年10月2日(2019年9月16日閲覧) 関連項目• - 先代車種• - 欧州専売車種で既存のカローラツーリングスポーツの版にあたる。 - オーリスのステーションワゴンモデル。 フルモデルチェンジに伴い、カローラツーリングスポーツへと改名。 外部リンク• この項目は、に関連した です。

次の

【カローラツーリング 新型】フィールダーとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた

トヨタ カローラ ツーリング

スペック 新型カローラツーリング 全長 4,495mm 全幅 1,745mm 全高 1,460mm ホイールベース 2,640mm エンジン 1. 2L 直列4気筒 DOHC 直噴 ターボエンジン 1. 6kgm — — リアモーター 最大出力 5. 3kW 7. 2ps — — リアモーター 最大トルク 55Nm 5. 8L 直列4気筒DOHCエンジンは燃費14. 両方のグレード「S」(2WD)は2,216,500円、ハイブリッドモデル(2WD)は2,651,000円と43万4,500円の差額となる。 更にハイブリッド車は約11万4,500円 エコカー減税 約約22,500円+ 環境性能割約65,000円+グリーン化特例約27,000円 の減税が受けられるので32万円の差額となる。 ここでガソリンの計算となるが、 約32万円のガソリン代を埋める場合にどれほど乗ればお得となるのか検証する。 ガソリン価格 1L 140円の場合 ハイブリッド車 10000km=4万8,275円 ガソリン車 10000km=9万5,890円 1万キロ走って4,7615円しか差がでないので5万キロ走って23万8,075円なので 10万キロ走って47万6,150円の差が出る。 通常5年ほどで新車を手放す可能性が高いかもしくは 10万キロと考えてもハイブリッド車を選ぶと+15万6,150円となる。 ハイブリッド車だからと言って安易に選ぶことができない。 5万キロだと-8万1925円なので5万キロで手放して下取り価格が+9万円以上であればハイブリッドの方がお得となる。 結論 カローラツーリングはハイブリッド車とガソリン車の差額は少ない設定となっており5万キロ前後まで走れば下取り価格+10万円ぐらいは可能だと思われる。 ハイブリッドグレードを筆者はおすすめする。 カローラツーリング トヨタ.

次の

価格.com

トヨタ カローラ ツーリング

この記事は、 5 分で読めます。 2018年6月に新世代カローラシリーズの先鋒として5ドアハッチバックのカローラスポーツが登場、そして2019年9月に「本命」の4ドアセダンのカローラとステーションワゴンのカローラツーリングの販売が開始されました。 今回は国産車の貴重なコンパクトステーションワゴンである新型カローラツーリングに自動車評論家の萩原文博さんが試乗し、その走行性能や使い勝手をチェックしました。 名前を変えるほどの大きな進化 カローラのステーションワゴンは先代まではフィールダーと呼ばれていました。 しかし、新型はカローラツーリングへとネーミングが変更されました。 トヨタのクルマ構造改革であるTNGAを採用したことで、低重心でスポーティなスタイリングを手に入れ、走る楽しさと取り回しの良さを両立した新型は、確かに見た目も中身も大きく変わっています。 世代交代を印象づけるのがネーミング変更の狙いの一つでしょう。 カローラツーリングはトヨタの先進安全装備である「トヨタセーフティセンス」の最新版を全車に標準装備しており、安全性能も飛躍的に進化しています。 さらに国内トヨタ初となるディスプレイオーディオの標準装備やスマートフォンとの連携などコネクティッドサービスも充実。 先代モデルとは世代が違うだけでなく、クルマの実力が大きく変わったこともネーミング変更の理由かもしれません。 3ナンバーサイズとなったものの国内向けは幅を抑えた カローラツーリングには3種類のパワートレインが用意されています。 ハイブリッドと1. 今回試乗したのは、車両本体価格236万5000円の1. ただ幅についてはカローラスポーツの1790mmに比べ45mm少なく、日本向けの配慮がうかがえます。 商用バンから脱却した以上に個性的なスタイリング トヨタのフロントマスクのデザインアイコンである「キーンルック」によって、カローラツーリングは低重心なシルエットがより強調されています。 サイドビューはリア方向へ抜けの良いサイドウインドウグラフィックとドアショルダー部で伸びやかさが表現されています。 カローラフィールダーの実用性重視、もっと率直にいえば商用バン譲りだったスタイリングに比べて、格段にスポーティな外観デザインになりました。 樹脂製バックドアを採用し、高い走行性能を実現させるための軽量化を施しているあたりにも、カローラツーリングの目指している方向がわかります。 ステーションワゴンらしいラゲッジルームの工夫 そんなスタイリッシュなデザインにもかかわらず、ステーションワゴンとしての機能はスポイルされていません。 カローラツーリングのラゲッジスペースの容量は5人乗車時で392Lを確保。 さらにリアシートをすべて倒すと最大802Lまで拡大します。 ラゲッジルームの奥行きは通常時で930mm、リアシートを倒すと1953mmまで拡大するので長尺物も楽々積むことが可能です。 またリバーシブルデッキボードが設定され、荷室の床面の高さは2段階に調整可能。 上段にセットすると後席を倒した際にフラットな床面となり、下段にセットすれば背の高い荷物の積載が可能です。 デッキボードの裏面はタフユースに対応した樹脂製でステーションワゴンとしての利便性を高めています。 1ランクではなく2ランクアップした走りの質感 カローラツーリングに試乗してみると、全幅1745mmの3ナンバーサイズとは思えないほど取り回しの良さが印象的です。 3mに抑えられているため、ボディの大きさが気になることはほとんどありません。 なにより低重心、そしてワイド化されたボディによって走行性能は従来モデルとは比べものにならないほど向上しています。 カーブでハンドルを操作してからのクルマの反応の速さやクルマの傾きの小ささなどは、質感が1ランクどころか2ランクほど向上しています。 さらに向上を実感するのが静粛性。 お世辞にも新しいとは言えない1. 8Lガソリンエンジンですが、車内への騒音の侵入を最小限に抑えています。 これがハイブリッド車だったらさらに静粛性は高いでしょう。 気になる点もあるが、走りのステーションワゴンの存在価値は高い 大きく進化したカローラツーリングですが、ちょっと気になることもありました。 乗り味が少々硬いこと、そしてリアラゲッジの大開口部分の影響か、セダンに比べてコーナリング時に若干リアの動きが大きく感じました。 この2点が修正されるとさらにクルマの動的質感は向上するでしょう。 選択肢の少なくなったコンパクトステーションワゴンにはカローラツーリング以外にもホンダシャトルがあります。 ラゲッジルームの容量にプライオリティを置いたシャトルと、走りのバランスが絶妙な新型カローラツーリングとでは大きくキャラクターが異なっています。 ユーザーにとっては自分の用途に合わせて選べるようになったのではないでしょうか。

次の