なんj 巨人。 巨人・菅野智之(30)さんが復活した理由 ウホウホあんてな

巨人の小笠原

なんj 巨人

概要 であるスレ()とは異なり、その対比から笠原スレ(カッサレ)やでは平凡な日常が描かれている。 カッスレとの対比から生まれたため、巨人笠原本人のキャラも巨人小笠原の対極の性格として描かれることが多く、スレの内容も日常のささやかなことで悩んだり喜びを見いだしたりする、小市民的で微笑ましいものとなっている。 なお、 かつて読売ジャイアンツに所属し、2015年に野球賭博事件の中心人物としてを受け、現在となった。 現実の選手がなんJにを及ぼした稀有なパターンである。 ちなみに、この凡庸なキャラ付けはのコーナー「ジャイアンツ日記」において、が登場する際は毎回小学生並みの行動・ド平凡な内容が取り上げられていたことにも端を発しており、カッサレのように実際の「ジャイアンツ日記」が紹介されるスレでは「 事実はカッサレより凡なり」と言われることも多々あった。 92 ID:LrlxqrRC オープン戦、WBCと段々と活気づいてきたプロ野球界。 そんな中、昨季プロ初勝利を挙げ階段をひとつ上がった笠原が、最近ハマっているものがあるらしい。 そこで記者は早速笠原の元へ。 すると、机に向かっている笠原の姿があった。 「え、何やってるんですかって?…あはは、勉強ですよ。 ちょっときっかけがあって、やってみるかーって」 詳しく聞いてみると、どうやら中日のドラ1・に影響を受けたようだ。 191㎝、90㎏の長身が背中を伸ばした綺麗な姿勢で勉強している姿は、まだ初々しさが残る顔と相まって、大学生のよう。 「あーもう、難しいな…本当に英語、難しいですね。 でも、分かった瞬間が楽しいので、やめられません」 英語の長文とにらめっこをしている様子は、とてもプロ野球選手とは思えないほど、微笑ましいものだった。 これに関して、選手は「最近はグローバル化の傾向にありますし、英語を学んでおくのはいいことだと思います。 それに、勉強で鍛えた集中力はきっと野球にも生かされると思いますよ」とコメントを残した。

次の

巨人・菅野智之(30)さんが復活した理由 ウホウホあんてな

なんj 巨人

かつて読売ジャイアンツに所属していた小笠原道大氏()のこと。 愛称は「」「北の侍」など。 高校時代は通算本塁打0本という無名選手だったが、NTT関東(現NTT東日本)時代に頭角を現し1996年ドラフトで日本ハムから3位指名を受け入団。 元は捕手だったがプロ入り後に内野手にコンバートされると、フルスイングからなる豪快なホームランと安定した高打率を両立して残す球界を代表する強打者へ変貌を遂げる。 「ビッグバン打線」の主軸としてチームを支え、2006年にMVPを獲得。 2006年オフにFAで読売ジャイアンツに移籍すると、そちらでも初年度からMVPを獲得し両リーグでMVPを獲得した2人目の選手となった。 その後もハイレベルに安定した活躍で巨人へのFA移籍選手の中では最高峰とも言える成績を残し、移籍初年度から4年連続で3割30本塁打を記録した。 その後手術と導入が重なり大きく成績を落とすが、2014年に2度目のFAで中日へ移籍。 代打として歴代2位の9打席連続出塁を記録するなど活躍し、2015年限りで引退。 通算打率歴代9位、氏に次ぐ3割30本9回達成、王氏や氏に次ぐ11年連続OPS. 900超え、RCwin、RC27で歴代10傑入りなどの華々しい活躍を残した、 平成を代表する強打者の1人であった。 引退後は2019年に退団するまで中日の二軍監督を務め、2019年のみNTT関東の先輩でもある一軍監督を支える立場だった。 そして、2019年10月9日、日本ハムヘッド兼打撃コーチとして14年ぶりに復帰することになった。 なんJではという架空のキャラクターが有名であるが、である。 「巨人小笠原」というのは5文字で1つのキャラクターの名前であり、「巨人」と「小笠原」に分解することはできない。 したがって、「巨人 の小笠原」と表記した場合には、巨人小笠原のことではなく、「巨人という球団の小笠原という選手」すなわち元読売ジャイアンツ所属の小笠原道大内野手の意味になる。 たった一文字で大きく意味が変わってしまうので注意が必要である。

次の

巨人の小笠原

なんj 巨人

「巨人5-0中日」(27日、東京ドーム) 巨人・山口俊投手が、プロ野球史上79人目(80度目)のノーヒットノーランを達成。 快挙をアシストしたのが6月28日以来、約1カ月ぶりにスタメンマスクをかぶった小林誠司捕手だった。 直球を主体にした配球で、ベース盤をいっぱいに使って中日打線を寄せつけず。 緊張感あふれる九回は代打・亀沢、代打・野本をいずれも内野ゴロに仕留めて2死。 最後は大島を一ゴロに仕留めると、小林も満面の笑みで山口俊と抱き合った。 小林はベンチ裏で「僕は何もしていません。 今日は山口さんが全て」と控えめ。 だが、山口俊は「今日は本当に誠司が引っ張ってくれた。 サイン通りに投げることができた」と振り返った。 両リーグを通じて14年の西武・岸(現楽天)以来、4年ぶり。 セ・リーグでは13年の中日・山井以来5年ぶり38人目。 巨人では2012年の5月30日、杉内以来6年ぶり12人目の快挙となった。 デイリースポーツ 「お世辞抜きに? 正直に言えば」と他球団スコアラーはこう言った。 「自慢のスプリットを内外角の高低に投げ分けられるのは、さすがだなとは思った。 ただ、いかんせんスピードがなさすぎる。 直球のMAXは133キロ。 いくらスプリットに自信を持っているといっても、真っすぐがあの程度だと打席で怖さを感じないと思う」 アラフォーになってから、球速を武器にはしていない。 ここ数年の直球は、せいぜい140キロ前後。 スピード不足をキレと制球力、そしてテークバックの小さい独特の投球フォームから生み出す球の角度で補ってきた。 「そのフォームにも本来の持ち味が感じられなかった。 米球界に比べて軟らかいマウンドに対応するため踏み出す左足の歩幅を広げているのが原因かもしれない。 武器である球の角度がなくなっていた。 投げる際に右ヒジが下がったまま上がってこないことも原因のひとつだと思う。 これは、首や下半身の故障による影響かもしれない。 日ハムの選手に聞いたら やっぱり『 もっとキレと角度があると思っていたけど 』と言っていましたよ」 これが実戦初登板。 調整不足を割り引く必要はあるが、10年ぶりの日本球界で簡単に結果を残せる保証はない。

次の