京都アニメーション 退職。 京都アニメーション放火殺人事件から1年 遺族の思い・事件の行方は…

京都アニメーション

京都アニメーション 退職

事件があった「京都アニメーション」スタジオ前で手を合わせる人たち(撮影日:2019年8月8日) Photo:JIJI 京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件は18日、発生から1ヵ月が経過した。 犠牲者のご家庭が仏教であれば、悲しみの初盆を過ごしたことだろう。 この間、容疑者は医師の呼び掛けに反応するまでに回復したが、依然として容体は重篤なまま。 京都府警による事情聴取や逮捕が可能になるのは、早くとも数ヵ月後とされる。 刑事事件として動き出すのがいつになるのか、先行きは不透明だ。 毎日新聞の8日付朝刊に衝撃的な見出しが掲載された。 事件当時、第1スタジオにいた70人に対する殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区大和田町1丁目=は、過去に起こしたコンビニエンスストア強盗事件で、今回と同様にガソリンを使った放火殺人を考えていたというのだ。 毎日の報道などによると、青葉容疑者は2012年6月、茨城県坂東市でコンビニ強盗を起こし、同9月に水戸地裁下妻支部で懲役3年6ヵ月の実刑判決を受けた。 青葉容疑者は捜査段階で「小説を書いている」と供述し、その小説を巡り家族関係が悪くなったことが事件の引き金だったと主張。 実際に小説を書いていたかどうかは不明だが、漫画は多く読んでいたと話していたとされる。 09年にアルバイト先をクビになり、当時の心境について「ガソリンをまいて他人を燃やそうと思った」とも供述。 その際に08年6月に発生した秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大死刑囚(事件当時25、現在は36)について触れ、「同じ心境だ」「刑務所に入りたかった」と述べていたとされる。 一方で「無差別殺人を考えることはあるが、思いとどまることもできる」とも供述していたという。

次の

【図解・社会】京都アニメーションへの主な寄付金額(2019年7月):時事ドットコム

京都アニメーション 退職

会見する京都アニメーションの八田社長(10月18日) 京都アニメーション放火殺人事件では、多くのクリエーターが被害に遭った。 18日の会見で京都アニメーション(京都府宇治市)は、被害に遭った社員33人のうち、27人が職場復帰していることを明らかにした。 八田英明社長は「7月18日まで会社にAさんBさんCさんがいた。 その人たちが突然いなくなってしまった。 精神的に相当きついです」と語った。 京都アニメーションは「多くのスタッフはいまだに強いストレスを感じている。 スタッフ同士で声を掛け合い、支え合いながら業務に取り組み始めている状況です。 医療機関と連携とりながら、メンタルケアに力を入れている」と述べた。 退職者はごく少数にとどまっているという。 来年公開予定だったが事件を受けて延期が決まった映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」や、来夏公開予定の「Free!」について、八田社長は「作品は作ります。 来年公開のヴァイオレット本編、少しずれるが、必ず映画化する。 アニメは映像にして発信。 それがアニメーションです。 これからもそれを全うしていきたい」と話した。 さらに「制作状況は一人一人の話で、なかなか見えない。 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の来年4月以降の公開をまずやる。 それをしつつ、それ以降は(状況を)見ながらやっていく。 今の時点では考える力がない。 これから考えます」と述べた。 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオは7月18日に放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った。 新作映画「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、戦争で深い傷を負った少女が手紙の代筆を通じて回復していく物語。 京都アニメーションは事件前に来年1月10日に公開を予告していたが、事件後に公開を延期すると公式ホームページで発表していた。

次の

京都アニメーションに就職するにはどうしたらいいでしょうか?私は...

京都アニメーション 退職

逮捕までの経過 によると、青葉容疑者は大阪や京都の病院で治療を受けてきた。 全身の大部分に火傷を負っており、一時は予断を許さない状況に。 皮膚の移植手術などを繰り返したという。 5月27日、京都府警が殺人や現住建造物等放火などの疑いで青葉容疑者を逮捕。 によると、春ごろから容体が安定。 歩くことはできないが、会話ができる状態だという。 医師の話などから取り調べに耐えられると判断し、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が京都府で解除されたことなども考慮したという。 青葉容疑者は調べに「間違いありません」と供述しているという。 一方重軽傷を負った33人のうち、10カ月以上が経った2020年5月27日現在も1人が入院中だという。 動機は? 青葉容疑者は動機について「小説を盗用された」などと主張。 などによると、青葉容疑者は京都アニメーションの公募に少なくとも小説2点を応募していることが分かったものの、会社側は「内容に自社の作品との類似性はない」としている。 京都アニメーションとは によると、1981年創業。 国内外にファンが多く、事件後は多くの人が献花台に訪れた。

次の