白玉粉 デザート。 【くらし薬膳】癒し系デザートでお腹にやさしい♪にんじん白玉のフルーツポンチ-夏の薬膳

白玉粉レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

白玉粉 デザート

ロピアオリジナル白玉粉 今回紹介するのはロピアオリジナル商品の白玉粉です。 こちらの商品は、国産の水稲もち米を100%使用しています。 お値段は299円です。 内容量は220gです。 ちなみに、同じ種類の商品が2つあったので、紹介します。 ・だんご粉 239円 220g ・上新粉 199円 220g 原材料名、栄養成分 原材料名 ・もち米 栄養成分(100g当たり) ・エネルギー 369kcal ・たんぱく質 6. 3g ・脂質 1g ・炭水化物 80g ・食塩相当量 0g 作り方 作り方は袋に書いてありました。 水稲とは? 水稲(すいとう)とは、水田で栽培する稲のことです。 水稲は東北・北陸など寒い地域を中心に作っています。 陸稲は茨城県や栃木県で多く栽培されています。 水稲は陸稲に比べ生長するのが早く、茎は太いです。 すごく簡単にでき、市販のものと変わらないクォリティーで大変驚きました。 親子で一緒に作ってみるのも、良いかもしれません。

次の

白玉粉レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

白玉粉 デザート

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。 白玉粉って何からできてるの? 白玉団子作りにかかせない白玉粉をはじめ、上新粉、もち粉はすべてうるち米やもち米を原料にした米粉。 それぞれ原料と製法が異なり、白玉粉は水洗いしたもち米を一晩水に浸してから水切りし、水を加えながら石臼で挽いて沈殿したものを天日乾燥させて作ります。 昔は寒中に水にさらして、手間ひまかけて乾燥させたことから、「寒ざらし粉」とも呼ばれることも。 もち米の中のでんぷん質を取り出しているので、つるっとなめらかな食感になり、白玉だんご、桜餅、大福などに使われています。 うるち米が原料の上新粉は、色が白く歯ごたえのあるものが上質とされ、柏餅、ういろう、ちまきなど多くの和菓子に使用されています。 製法は上新粉と同じで、もち米が原料のもち粉は白玉粉よりもきめ細かいことから、求肥やどら焼きの生地作りに適しています。 九州では誰もが知っている、福岡・大宰府名物の梅ヶ枝餅(うめがえもち)。 福岡を訪れた際にはぜひ味わっていただきたい餅菓子です。 長崎出身の私も小さい頃からよく食べていましたが、見た目は素朴でも本当においしくて、みんなに愛されている懐かしい味です。 ruoka777ruokaさんの梅ヶ枝餅風焼き餅は、白玉粉ともち米、うるち米をブレンドして作った餅に手作りの粒あんを包み、ストウブ鍋でこんがりと焼いてできあがり。 本場の梅ヶ枝餅と同じ作り方で丁寧に作られています。 あまりにおいしそうで、おなかが減ってきます! 意外かもしれませんが、梅ヶ枝餅はじっくり手間暇をかけて作られるものなので、おうちで本場の味を再現するのは正直大変なんです……。 ですが、白玉粉だけで再現されている方を発見。 白玉粉で手軽に梅ヶ枝餅風を味わってみたい方は以下のリンクをチェックしてみてくださいね。 たこ焼き器でゴマ団子.

次の

白玉粉のおすすめ人気ランキング10選【あんみつやお団子作りに!】

白玉粉 デザート

白玉粉・上新粉・もち粉の違い、ご存じですか? 和菓子で使う粉の種類はたくさんあります。 その中でもよく使われるのが、白玉粉・上新粉・もち粉。 この三つの粉の違いをご存じでしょうか? 和菓子に挑戦しようと思っても、どのお菓子にどの粉を使ったらいいのかわからなくなってしまいますよね。 そこで、今回はそれぞれの粉の特徴などを詳しく解説。 白玉粉を使ったもちもちワッフルの作り方もご紹介します。 白玉粉・上新粉・もち粉の特徴 白玉粉・上新粉・もち粉の原料は米。 米の種類や製法が異なるため、3種類の粉に分類されます。 白玉粉 白玉粉はもち米を精白・水洗いし、石臼で水びきして沈殿物を乾燥させたもの。 *水びき…米を水ごとひいてすりつぶすこと。 昔は厳寒期に作られたため、別名「寒ざらし粉」と呼ばれます。 白玉粉・上新粉・もち粉の3種類の中では、ご家庭で一番使われていてなじみのある粉ではないでしょうか。 白玉粉の食感はもちもちとしていて、やわらかくなめらか。 主に「白玉団子」や「大福」に使われます。 おすすめのアイテム 白玉粉ともち粉を比較 白玉粉ともち粉は製法が異なりますが、もとの原料はどちらももち米。 それぞれ代用はできるのでしょうか。 白玉粉ともち粉の食感や作業性などの違いについて、検証してみました。 白玉団子を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに水を加えて丸め、沸騰したお湯でゆでて水に取る。 結果 白玉粉• 伸びがあってなめらか• 表面がつるんとしている もち粉• 弾力があってもちもち• もち米の味を感じる 大福の求肥を作ってみた 作り方 白玉粉ともち粉、それぞれに砂糖と水を加えて混ぜ、レンジで加熱して生地を作る。 結果 白玉粉• やわらかくて伸びる• 薄く伸びるのであんを包みやすい• 翌日もやわらかい もち粉• もちもちしているが、あまり伸びない大福らしい生地• あまり伸びないので、若干あんが包みにくい• かたくなりやすいので、当日中に食べるのが良い まとめ もち粉のほうが市販の大福に近く、白玉粉のほうがやわらかく伸びのよい大福に。 白玉粉ともち粉、どちらでもおいしい大福を作ることができますが、食感が多少異なります。 白玉粉を使う大福のレシピが多いのは、• 家庭で作る場合は白玉粉のほうが手に入れやすい• 伸びが良いため素人でもあんを包みやすい• かたくなりにくい という理由が挙げられるのではないかと思いました。 生地に混ぜるともちもちとした食感になるので、洋菓子に使うのもおすすめ。 今回はもちもちワッフルのレシピをご紹介します。 材料 4個分• 白玉粉…30g• 牛乳…100ml• 卵…1個 50g• 砂糖…25g• 薄力粉…70g• ベーキングパウダー…3g• 太白ごま油…25g おすすめのアイテム 下準備• 薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。 作り方• ボウルに白玉粉を入れて手でつぶし、溶けやすいようにサラサラにする。 牛乳を少しずつ入れて白玉粉を溶かしていく。 溶きほぐした卵を加えてよく混ぜる。 砂糖も加えてよく混ぜる。 ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜる。 太白ごま油を加えて混ぜ、とろりとしたなめらかな生地になったらOK。 予熱しておいたワッフルメーカーにオイルスプレーをして、生地を流す。 ふたをして3〜4分間焼く。 お好みで白玉・黒蜜・きなこをトッピングして、出来上がり! 「白玉粉使用もちもちワッフル」の詳しいレシピページは。 チャイミー様 コメントありがとうございます。 韓国ソルギの作り方は詳しくないのですが、米粉ともち粉を使うレシピで美味しく作れたことがあります。 多少詰まりやすいですが、ふるいでこすこともできました。 米粉は製菓用の米粉(ミズホチカラ)を使用しました。 上新粉のみ、製菓用米粉のみでも作れると思いますが、それぞれ食感が異なってくると思います。 本場のものを食べたことがないので、どの粉で作るのが一番近いのかはわからないのですが、いろいろ試してお好みの食感を探してみてください。 翌日もかたくならないレシピではなく申し訳ないのですが、参考にしていただければと思います。

次の