仕事 辞め たい 死に たい。 仕事を辞めたい時の理由と対処法!うつの初期症状もチェック

「仕事すぐ辞めたい!今すぐ辞めたい!もう無理!」ってなった時に読む指南書。

仕事 辞め たい 死に たい

仕事を辞めたいのは甘えじゃない!1か月で辞める人も!? 働いていると、「 仕事を辞めたい」という気持ちになったことがある方は沢山いらっしゃると思います。 後にもお話しますがその理由は様々で、ただただ毎日働くのが疲れてしまった方や人間関係がうまくいかなかった方。 軽く「仕事がめんどくさいな~」と思っている方や「本当に辛く仕事に行きたくない」と思ったいる方など、気持ちの持ちようも人それぞれで、実際にYahoo! の知恵袋やSNSなどを見てみてもかなりの人が「仕事を辞めたい」とつぶやいて、結構みんなが思っていることなんです。 実際私もその中の一人でした。 そんな中には、会社に入って1か月ほどで辞めたくなる人も少なくはなく現状実際に辞めている方もかなりいらっしゃるよう。 やはり、ほとんどの方が「仕事を辞めたい」と感じることがあるようですね。 それでは、皆さんが仕事を辞めたいと感じる理由を7つの項目に分けて紹介していきたいと思います。 もうしんどい…、みんなが「仕事を辞めたい」と思う7つの理由。 ここでは、実際にみんなが仕事を辞めたいと思った理由をご紹介。 あなたはどれに該当するのか確認してみましょう。 人間関係 人間関係が嫌すぎて仕事辞めたい。 — 意外!それはシービージム! crazyboyjim 仕事を辞めたい理由として断トツに多かったのが「人間関係」。 働いている人はみんなが直面する問題でもあり、職場の人間とうまくいかないととにかく居心地が悪くなってしまいます。 しかし、そんな人間関係の問題は様々。 上司からのパワハラ• 後輩の勤務態度• 先輩からの嫌がらせ• 同期からの仲間外れ などなど…。 特に女性は男性よりも人芸関係に悩むことが多いようです。 これは、先ほどと同じ人間関係と同じですが仕事を教えてもらう立場の上司に不信感を抱くとかなりストレスを抱えてしまいます。 仕事に関して厳しい指導をされたり、間違ったことに対してことごとく説教をしてくるものもいたり、とにかく怒鳴るだけの上司だっています。 そうなると、上司にはもちろん言い返すことはできずとにかくストレスが溜まってしまうばかり。 毎日のように上司の顔色をうかがいながら仕事をしているとやんたい気持ちが募っていく一方です。 お金の問題 あ〜〜〜〜仕事量多い〜〜〜〜その割に給料低い〜〜〜〜仕事辞めたい〜〜〜〜 — みそ kabocchama1009 仕事を辞めたい理由3つ目は「お金の問題」です。 お金の問題と言っても「給料が安い」というのが皆さん抱えている一番の問題。 特に、働いている料や質に対して給料と合っていないというのが疑問になってしまう人が多いよう。 そうなると毎月給料日になるたびに自分のモチベーションも下がり、どんどん仕事を辞めたくなってしまいます。 また、アルバイトと一緒に働いている場合アルバイトのほうが多く稼いでいることもあるのでそれにがっかりしてしまう人も。 お金は生きていくうえでもかなり大事な問題になってきますので、悩みが多い人がかなりいるようです。 体力的にしんどい 3時間しか寝ないで早番で残業は辛いの何者でもない。 — K 仕事辞めたい KO02007327 仕事を辞めたい理由4つ目は「体力的にしんどくなってくる」ということ。 残業が多かったり、休日出勤が多くなってくると睡眠時間もろくにとることが出来ず体力的にしんどくなってきてしまいます。 さらに、サービス残業ならなおさらメンタル的にも体力的にもダウンしてしまいますよね…。 自分だけ残業している中で上司や同僚、後輩が続々と帰っていくとストレスも募るばかり。 こういった悩みが溜まっていき、辞めたいという気持ちよりも体力的に厳しくなってくる方も多いようです。 仕事内容 多分みんなが思うこと。 求人に載ってる仕事内容と入社後の仕事内容が全然違かったこと。 — 仕事辞めたい垢 GA3KRf1DFxGkoiU 仕事を辞めたい理由5つ目は「仕事内容」について。 そもそも、自分が行っている仕事内容が好きではない場合仕事を行っていても全く楽しいという気持ちにはなれません。 そうなると時間が過ぎるのも遅いし、時間を無駄にしているような感じもしますよね…。 特に入りたかった会社に入れたものの、思っていた仕事内容と違うかった場合ショックはかなり大きいです。 他にも、毎日毎日同じ作業ばかりの仕事無いようにも飽き飽きしてしまいます。 そのような仕事内容の問題から辞めたいという思いが出てくる方が多いようです。 会社方針とのすれ違い 仕事辞めたいやりたい仕事でもないしやりがいもないし数字管理できなさすぎるし私では無理なんだなあと思う。 会社に合わないのでなく会社に合わせていかないといけないって言うのがうちの会社方針だけどそれって宗教論じみててきらいだ。 会社の方針や目指している場所などは入社してからわかることが多いのが事実。 ですので、入社してから会社の方針についていけず辞めたいと思う方が増えてくるようです。 また、自分自身で会社の方針を変えることはできませんので不満が募っていくばかり。 会社の方針だけではなく社風や職場の雰囲気が良くないことも原因になっているようです。 人間関係や仕事内容、社風など仕事に関して不満はありませんがただただ働くのが嫌になったということ。 とにかくゆったり過ごしたい• お昼までぐっすり寝たい• 私情でもめ事があってやる気が出ない などなど、本当にみんな様々な悩みで働きたくないと思っているようです。 これはほとんどの方が思っていることかもしれませんね…。 「仕事を辞めたい」けど辞めれないときの5つの対処法。 仕事を辞めたい理由を紹介してきましたが、現実辞められないのが事実。 そこで、ここではそんな「仕事を辞めたいけどやめられない」という時の対処法を紹介していきたいと思います。 皆さんもぜひ参考にしてくださいね。 自己啓発本を読んでみる 対処法の1つ目は「自己啓発本」を読んでみること。 これは実際に行っている方も多い対処法で、仕事を辞めたいと思った時に自己啓発法を読み漁るという方は少なくありません。 自分の判断だけで辞めるか辞めないか決めるよりも、本を書いた著者の経験や物語など参考にもう一度考え直すことが出来、改めて考え直せるきっかけになります。 自己啓発本の中には実際に「転職したい人が読むべき本」や「仕事を辞めたい」方に向けて書かれた本がありますので、気になる本を探してみてください! 人間関係で仕事を辞めたいと考えている方に、私がお勧めしたいのはこちらの本です! 思い切って有給休暇を使う 2つ目の対処法は「思い切って有給休暇を使う」こと。 様々な仕事の悩みで会社を辞めたいと思った時は、1度長期休暇を取ってみるのもおすすめです。 休暇の中で会社と1度距離を置いて冷静になってもう一度考え直すことが出来、解決する手口が見つかる事もあります。 体力的にもゆっくりと休養してみるとまた何か変わるかもしれません。 また、実際に休暇を取らせてくれない場合は逆に「辞める原因」になりますしね。 ですので、思い切って休暇を取ってみてみるのもいいでしょう。 他に気になる職種を調べてみる 3つ目の対処法は「ほかに気になる職種を調べてみる」こと。 働いている中で違う職種の仕事を調べてみたり探してみることもいいでしょう。 現状自分が働いている中での不満、残業の多さや給料の低さ、仕事の内容などは自分で変えることはできませんので、それとはまったく違った希望の会社を探してみるしかありません。 ですので、勢いで「辞める!」という前に実際にほかの仕事や会社を調べておくようにしておきましょう。 その中で自分の気になる職場や仕事を見つけられればなおさらいいですね。 部署の移動願いを出してみる 4つ目の対処法は「部署の移動願いを出してみる」こと。 人間関係や上司などへの不満、仕事内容などの部署を変更すると解決できるような悩みなら思い切って部署移動を出してみましょう。 部署移動の願いを出したと同時に上司に相談してもしかしたら解決法が見つかるかもしれませんし、実際に部署移動すると全く環境が変わり一からスタートできるのでかなり切り替えができます。 かなり勇気のいる行動ですが、仕事を辞めるというよりは動きやすく意味のある行動です。 もし、異動届を出すのが無理だという方は席の配置換えでも気持ちの切り替えができるのでおすすめです。 身体を動かしてみる 4つ目の対処法は「身体を動かしてみる」こと。 思い切り体を動かしてリフレッシュするのも1つの方法です。 じっとしていても仕事の悩みやストレスが募っていき考え続けてしまうだけで、なんの解決にもなりません。 ですので、スポーツをしたりジムに行ったりヨガをしたりして、思いっきりすっきりと汗をかいてストレスを発散してみましょう! また、仕事量が多かったり残業が多くて悩んでいる方は、マッサージやエステなどリラックスしてヒーリング効果のあることをしてみるのもおすすめです。 1度自分の「仕事辞めたい度」診断をしてみるのもおすすめ! これまで、仕事を辞めたい理由やその対処法などを紹介してきましたが、実際に仕事を辞めるとなるとかなり勇気がいること。 思い切って辞めてしまうのもいいですが、それが失敗となってしまう可能性ももちろんあります。 そこで、おすすめしたいのが「仕事辞めたい度診断」。 今の自分は、• 会社を辞めないほうがいいのか• 直ぐに会社を辞めるべきなの• もう一度考え直すべきなのか などの現状を答えてくれるので、今後の行動をどう出るのかの参考になります。 いくつかの質問が出てくる中で、現在の気持ちを答えていくだけでとても簡単にほんの1分ほどで診断が完了! また、仕事没頭し悩みこんでいるうちにうつ病になってしまっている場合もあるので、うつ病の初期症状や診断も行ってみることをおすすめします。 仕事を辞めたいと考えている方は1度診断を受けてみてくださいね。 仕事を辞めたいときはまず相談!信頼できる人だけに。 先ほども様々な対処方法を紹介しましたが、 仕事を辞めたいと思った時は信頼できる人に相談するのも大事。 そもそも、仕事を辞めるということはかなり重要なことなのでほかの人の意見も聞いてみましょう。 家族や信頼できる友人、上司や同僚など何でも話せる本当に信頼している人数人に相談してみるだけでもかなり気持ちが変わってきます。 自分の悩みを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるかもしれません。 しかし、家族を養っている方やなかなか相談することが出来ない方もいらっしゃると思います。 そんな方は、 相談センターに話を聞いてもらうのも一つ。 秘密厳守で丁寧に話を聞いてくれ相談にもしっかり乗ってくれるので、今後の対策方法が見つかるかもしれません。 おすすめの相談窓口を紹介しておきますので、ぜひ参考に利用してみてください。 全国職業相談センター 会社名 全国職業相談センター URL 対応時間 24時間 問い合わせ先 問い合わせフォームから記入 こころの耳 会社名 こころの耳 URL 対応時間 電話:月火 17時~22時/土日 10時~16時 メール:24時間 問い合わせ先 0120-565-455 仕事を辞める場合の1番のリスクとやるべきこと。 最後に、実際に仕事を辞めるとなると1番かかってくるのが「収入面」のリスク。 当たり前ですが仕事を辞めてしまうと、今までもらっていたお給料がもらえなくなり収入が0になってしまいます。 実家での生活をしている場合まだ助けはありますが、一人暮らしの方や家庭を持っているとなるとかなり大きな問題です。 ですので、仕事を辞めるとなるとまず辞める前に転職先を探すところから始めることが大事。 転職先でも同じ悩みを抱えてしまうと転職した意味もなくなってきますので、「 今の会社よりいい転職先を見つける」事に重視して探すようにしましょう。 自分自身で探すのが難しいという方は、エージェントなどの転職サイトに登録して相談してみるのもおすすめです。

次の

仕事が辛い。疲れた。どうでもいいというあなたに伝えたい3つのこと

仕事 辞め たい 死に たい

毎日、残業ばかりで家に帰っても寝るだけ• 休日出勤も当たり前で自分の時間がない• やってもやっても終わらない大量の仕事• うまくいかない上司や先輩との人間関係• 仕事でミスをしてしまい恐怖を感じている• 人生につかれて生きている意味がわからない そんな毎日を続けていると、頭がぼーっとしてきて、満員電車に揺られながら、 「なんのために生きているんだろう」 「すべてのことから解放されたい」 「とにかく楽になりたい」 「ゼロからやり直したい」 「しんどい状況から逃げ出したい」 「いっそ死んでしまった方がましかもしれない」 そんなことが、ふと頭に浮かぶことがあるかもしれません。 そして、不安や焦り、絶望感を感じてしまうかもしれません。 そんな時、無理に頑張るのはやめましょう。 少し立ち止まって心と身体を休ませてあげる必要があるのかもしれません。 死にたいくらい仕事が辛い人へ 仕事をする上で、ストレスや嫌なことがあるのは仕方がないことです。 しかし、死にたいくらいつらいのは普通ではありません。 そんな状態で無理をするのは危険です。 「一度休んだら、会社に復帰できないかもしれない」 「休んだら周りに迷惑をかけてしまう」 「他の人は頑張っているのに、私だけ休むなんてできない」 そんなことを思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか? あなたがやらなければ誰かがその仕事をやります。 仕事なんてそんなものです。 今の会社にこだわるのはやめましょう。 仕事なんていくらでもあります。 ただ一つ代わりがきかないもの。 それはあなた自身です。 あなたの代わりはどこにもありません。 あなたの身体のSOSに周りの人は気付いてくれません。 気付いあげられるのはあなたしかいないんです。 まずは、 自分で自分を守ってあげるようにしてください。 まずは休養する 死にたいくらい悩んでしまう方は、とても責任感が強くまじめな人なのではないでしょうか? どのような理由であれ、 「死にたいくらいつらい」「消えてしまいたい」という気持ちを感じているのは、身体がSOSを出しているサインです。 心も体もエネルギーが枯渇している状態です。 今、何より必要なのはゆっくり休むことです。 真面目な人ほど、「こんなことで休めない」「周りに迷惑をかけてしまう」と休むことに抵抗感や罪悪感を感じてしまうかもしれません。 「今は休むことが自分の仕事」と考えて、しっかりとした休養をとるようにしましょう。 小さな楽しみを見つける どん底の時は、1日1日を生きているのがとても苦しく感じることもあるでしょう。 1週間先のことなんて考えられないこともあります。 そんな時は、大きな夢ではなく、 小さな楽しみ、ちょこっとの目標が支えになることがあります。 「明日、テレビでプロ野球を見よう」「あとでお菓子を食べよう」 そんな目標を見つけ、達成したいと思っている過程で、少しの希望の光が見えてくることもあります。 誰かに話を聞いてもらう 精神的なストレスを感じている場合は、心療内科など専門家に相談するのが最良の方法です。 心療内科などの病院に行くことに抵抗がある人もいるかもしれません。 そんな時は、家族や友達など身近な人に話してみませんか?親身になって一緒に考えていくれる人はきっと近くにいます。 もし今、仕事や職場での悩みを抱えているなら、転職エージェントのカウンセラーさんに話を聞いてもらうのも一つです。 あなたと同じように悩んでいる人の話などを聞いてみると 「自分だけじゃないんだ」「同じように悩んでいる人がいるんだ」ということを感じられるはずです。 そのことは、とてつもない安心感を与えてくれ、きっと心が楽になるはずです。 辛さはSOSのメッセージと考えてみる 「死にたいくらいつらい」という気持ちになったのは、 「このままのペースでいくと大変なことになるよ」「ちょっと無理しすぎなんじゃない?」「一度立ち止まって考えてみて」「もっと周りに頼っても大丈夫だよ」という身体からのメッセージかもしれません。 このような苦しさを経験すると、人の苦しみがわかるようになります。 強く心の苦しみを感じたことのない人は、苦しんでいる人の痛みがわかりません。 辛く思い悩むことで、「心が豊かになる経験」を得たと感じると、このような経験も決して無駄ではないと感じられるのではないでしょうか? 苦しみ悩むことが多い人は、繊細で感受性が強くやさしい人が多いです。 そして、苦しみを乗り越えることで、さらに心が強くてあたたかい人になる人がたくさんいます。 人にやさしくなれるようになる• 自分の弱さを人にさらけ出せるようになる• 家族や友達に話すことで、彼らに愛されていることがわかった• 普通が幸せだと感じられるようになる• 仕事を離れて家族と過ごす時間をもてた• 生きていることがありがたいと思えるようになった 少し立ち止まって、つらさやしんどいことからのメッセージを探してみませんか? 転職活動をして動いてみる 少し立ち止まりたくても生活があるので、休職したり退職することができないという人もいるでしょう。 そんな時は、転職活動をしてみてください。 今の状況を続けていても何も変わりません。 まずは、一歩踏み出すことです。 その一つとして 転職エージェントに相談することをおすすめします。 転職エージェントを利用するメリット 転職エージェントでは求職者に対して、担当者のキャリアアドバイザーが下記のようなサポートをしてくれます。 サポートはすべて無料です。 今までの経験からキャリアプランを一緒に考えてくれる• 希望にあった求人情報を紹介してくれる• 求人先の詳しい情報や求めている人材の情報を教えてもらえる• 提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてもらえる• 年収などの条件交渉や入社日の調整などを企業側とおこなってくれる 転職する際、仕事内容や業界、給料、職場環境など不安に感じることも多いのではないでしょうか。 不安に思うことがあれば、どんな些細なことでもキャリアコンサルタントに相談してみてください。 あなたと同じように つらい環境から抜け出し、転職に成功した人たちのノウハウを聞くだけでも非常に参考になるはずです。 また、つらい気持ちを誰かに話すことで、少しは心が楽にもなるはずです。 基本的にはどこも無料で使えますので、ひとまず登録して情報を集めるというだけでも損はありません。 今の環境が苦しくつらいなら、 「仕事を辞める前に」まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

次の

仕事を辞めたいと思っている人へ

仕事 辞め たい 死に たい

私は仕事で死にたい自殺したいと思った事は何度となくありますが、それを実行に移そうとは思った事はありません。 そこまでの酷い事にあってはいないという事もあるし、すぐに逃げてしまうという情けない性格もあるのでしょう。 自殺等のニュース等を見て人は何故自殺をしてしまうのだろうか?と思っている人も多いだろうと思うし、自分が何故自殺願望を持っているのか?わからない人もいるかも知れません。 今回は仕事で自殺願望を何度も思った経験から、仕事で死にたい自殺したいと思う理由を体験談を含めて書いていきたいと思います。 仕事で死にたい自殺したいと思う理由(体験談) 辛い体験をしているから自殺したいと思うのではない 私の一番の仕事での辛い体験は正社員時代の技能大会に出た時の事で、毎日のように怒鳴られて自分の能力の無さに落ち込んだ日々が続きましたが、自殺したいと思う事はありませんでした。 何故なら、立派な技術者になりたいという気持ちが自分の心の中にあって、辛くても頑張ろうという強い気持ちがあったからです。 妊婦さん出産の時も死ぬ程つらいと言いますが出産の痛みで自殺しようという人は多分ですがいないと思います。 それは自分の我が子を手にする素晴らしい未来が待っているからなのです。 それに対して私はニートで何もしていない辛くもない時に「早く消えたいな」と思う事が多かったと思います。 なので必ずしも辛いという経験が直接自殺したいという事に繋がる訳ではないのです。 私が仕事で実際に死にたい自殺したいと思った体験談 私が正社員になって最初の頃は、どんなに辛い事があっても頑張った分だけ成長して立派な技術者になれると信じてやっていけた。 でも会社で三年、四年と働いていくとパワハラをやってくる上司や優秀な後輩が入社して来て、自分の能力が無い事を実感し、様々なストレスにより自分の体調も段々と悪くなってきたので、先々の事を考えればもうここでやっていくのは限界かなと思っていたのだが、 この頃の私は今と違い真面目な男だったのでこんな簡単に会社を辞めてはいけない!仕事を教えて頂いた先輩方に申し訳ない!という自分の頑固たる意志が会社を辞めるという選択を考える事を自分の心の中で制止していたのです。 この会社で最後までやる!この決心がある事によって会社で働き続ける私の未来に希望が見いだせなくなり、会社を辞めないこのままの状態で逃げ出したい、消えてなくなりたい、そして自殺したいと思う原因となったのである。 関連記事 自殺をしたい死にたいと思う理由 仕事で死にたい自殺をしたいと思う理由はもちろん辛い経験がもとになることは多いが、それだけでは自殺をしたいとは思わないはずである。 自分の未来に希望が全く持てなくなった時、すなわち人生の全てにおいて絶望を感じた時に死にたい自殺したいと思うようになるのだと私は認識しています。 愛する家族がいて会社も簡単に辞められない状況にあり職場いじめやパワハラを毎日のように受けて自殺願望が高まっている人が、もしそのパワハラをする先輩があと2年で退職する情報を知ることが出来たらどうだろうか? 職場いじめやパワハラの対策がわかり初めたらどうだろうか? 離婚を覚悟で会社を辞めるという選択肢も考えるようになってきたらどうだろうか?。 どんな辛い体験をしていてもその中で、少しでも希望を見つける事が大事だと私は思います。 自分の今まで持っていた考え方を変える事は難しい事ではありますが、その事により一つの希望を見いだすだけで人間は自殺したいという考えから離脱する事ができるのです。 スポンサーリンク 本当に自殺してしまわない為に(会社を辞めることも考える) 人は辛い事、苦しい事が何度も自分の人生で起こると自殺願望を持つ可能性が多くなります。 それに加えて日本人はとても真面目で責任感が強い人が多いので、そんな人ほど本当に自殺してしまう人だと私は考えています。 真面目で責任感がある人は会社を辞める等の選択肢は1パーセントも頭の中にない人が多いでしょう。 私はそういう人の中で働いていたので、その人達の反応が怖くて会社を辞めるという選択肢を考えるようになるまで時間が掛かってしまいましたが結局、私は逃げるという選択をしました。 私は真面目で責任感が強い上司の下で働いた事があります。 その人はとても優秀で尊敬する人ではあるが、私のようなニートや会社を辞めるという選択をする人を絶対に許さない人でもあります。 この記事を読んでいる人も、私のように会社を辞める男が根性無しで許す事の出来ないダメ人間と考える人も多いでしょう。 そういう人こそ、どんなに苦しくても会社を辞めずにやっていくか、自殺をするかの二択で生きている人だと私は思うのです。 会社で優秀な人が会社を辞めたいと思う事は少ないとは思いますが、会社を辞めずに働いていれば40年間以上働いていく中で何か辛い事が起こらない可能性の方が少ないのです。 自分の仕事の状況が悪化してしまい本当に耐えられないのであれば、自殺して家族を悲しませるような選択を考えずに、カッコ悪いかも知れませんが会社を辞めるという選択も頭の中に置いておくことは自殺を回避するためには大事だと思います。 関連記事 「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない等の私の経験を正直に書いています。 そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。 あとゲームやコンテンツの正直な評価を書いてます。 トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります.

次の