エヌ ボックス マイナーチェンジ。 秋頃にエヌボックスがマイナーチェンジ

改良新型ホンダN

エヌ ボックス マイナーチェンジ

honda. 発売から約5年で4度目の首位獲得です。 そんな NBOX エヌボックス に初めてのフルモデルチェンジが予定されています。 新型NBOX エヌボックス も爆売れが期待されていますが、先代と比べて何がどう変わったのかリサーチしてみました。 新型NBOX エヌボックス のスペックや価格、モデルチェンジ情報をライバル車との比較を交えて紹介していきます。 スポンサーリンク 目次• 新型NBOX エヌボックス の発売日は2017年8月31日で決定!! 販売開始から5年を経過したNBOX エヌボックス が、2016年9月に新型プリウスを抑え見事販売台数トップに返り咲いたのは記憶に新しいかと思います。 軽ハイトワゴンであるNBOX エヌボックス がフルモデルチェンジされると言う事で、NBOX エヌボックス ユーザやこれから新規で購入を考えている方はとても気になる情報かと思います。 そんな新型NBOX エヌボックス の発売日はいつかというと、7月7日にホンダから正式に発表されました。 2017年8月31日発売開始だそうです。 因みに7月7日から予約開始したようです。 当初予定の約2か月遅れでの発売となりますが、予約受付を開始したので発売日である8月31日はほぼ確実と考えられます。 新型NBOX エヌボックス は先代と比べて何がどう良くなったの? 発売から5年を経過してもなお大人気のNBOX エヌボックス ですが、フルモデルチェンジによって何がどう良くなるのか気になりますよね。 まずNBOX エヌボックス のライバル車は「タント、スペーシア、デイズルークス」が挙げられます。 これらの ライバル車と比べてNBOX エヌボックス が劣っていると言われてきたのは「燃費」と「安全性能」です。 それでも 「エンジンパワー」や「内装」が優れているため、発売から約5年で4度目の首位獲得を達成したそうです。 そんな新型NBOX エヌボックス が、「燃費」と「安全性能」の2つを改善ポイントまで見直し、ライバル車を一網打尽にするようです。 この2点が新型と先代との大きな違いと言えそうです。 新型と先代の違いとして、燃費や安全性能の違いだけでなく、細かいデザイン面の違いも含めてこの後詳しく紹介していきます。 新型NBOX エヌボックス の燃費は先代と比べてどれだけ向上したのか? 新型NBOX エヌボックス の燃費性能を見る前に、まずは先代の燃費を確認します。 <NBOX エヌボックス の燃費性能> 燃費は25. 実際にパワーユニットはフリクション低減し、100Kgの軽量化を行っているようなので、この噂も大いに期待できると思われます。 新型NBOX エヌボックス の安全性能はどこが向上されたのか? まず新型NBOX エヌボックス の安全性能は、安全運転支援システム『Honda SENSING』が搭載されて実現されます。 先代の安全性能はどこに問題があって、『Honda SENSING』はどんな安全機能なのかを紹介します。 まず、先代の安全性能で大きく劣っていたのが、前方の車との衝突回避支援システムの中身の違いです。 特にスペーシアではデュアルカメラブレーキサポートという機能で、左右のカメラが前方の車や人を識別し、自動ブレーキで衝突回避をサポートするものです。 この機能は軽自動車ではスペーシアが初でした。 タントもレーザーレーダーを用いて前方の車や障害物を検知・警告する機能や危険時の自動ブレーキが備わっています。 一方、現行の NBOX エヌボックス はざっくり言うと「自動ブレーキをするだけの機能」しか持っていません。 カメラやレーザーによる障害物の検知・警告やそれに連動した自動ブレーキによる衝突回避サポートとは行っていませんでした。 そこで軽自動車で初の搭載となる『Honda SENSING』によって安全性能の向上を実現し、この課題を克服しています。 軽自動車では初の搭載!新型NBOX エヌボックス の安全性能、Honda SENSINGってどんな機能なのか。 Honda SENSINGはどのような機能かというと、大事な家族の命を守ってくれる優れた安全技術の集大成です。 トヨタでいうところの、 Toyota Safety Sense P相当の安全機能です。 Toyota Safety Sense Cの上位で、新型プリウスに搭載されている機能です。 因みに新型シエンタはToyota Safety Sense Cを搭載しています。 軽自動車で新型プリウス並みの安全性能ということなので、今までの安全性能の欠点を補って余りある改善と言えるでしょう。 では安全機能の一つ一つの内容を紹介します。 【機能一覧】 ・衝突軽減ブレーキ CMBS ・歩行者事故低減ステアリング ・ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール ・LKAS 車線維持支援システム ・路外逸脱抑制機能 ・誤発信抑制機能 ・先行車発信お知らせ機能 ・標識認識機能 安全運転支援システム『Honda SENSING』の機能を動画でも詳しく紹介していますのでご覧ください。 新型NBOX エヌボックス のデザインは先代と比べて違いはあるのか? ネットや雑誌で噂されているのは、以下の3点が挙げられます。 外観や内装などのデザイン情報が集まり次第、こちらを更新して紹介していきます。 <巷の新型NBOX エヌボックス に関するデザイン情報> 1. リアドアは両側スライドドア 2. フロントマスクが変更になる。 丹精で迫力のあるデザインに進化すると囁かれているが、 人気車種なのでベースは大きく変わらないと推測される。 ヘッドライトはジュエルアイLEDを採用。 新型NBOX エヌボックス の機能から価格を予想 新型NBOX エヌボックス の価格ですが、 現行機のNBOX エヌボックス の価格をベースに、ホンダセンシングが搭載される分だけ高くなると予想されます。 プラス10万を見て129万~157万円あたりが濃厚だと思われます。 ライバル車であるタントやスペーシアも先代の価格は5万~10万円の範囲で拮抗しており、若干NBOX エヌボックス が高かったわけです。 これに更にプラス10万円を予想したわけですが、 新型プリウス同等の安全技術+ライバル軽自動車内でNo. 1の燃費となればすぐにペイできてしまう価格差です。 これで高いとは感じないと思います。 因みに参考ではありますが、先代のモデルと各価格の情報を紹介しておきます。 現行機のモデルは以下となっています。 5万円 新型NBOX エヌボックス の外観や内装などデザインを調査! まず軽ハイトワゴンとも言われる新型NBOX エヌボックス の大きさが気になりますよね。 先代も軽自動車ぎりぎりのサイズでしたので、これ以上の外観のサイズアップは難しいと考えます。 内装はちょっと広くなるという噂もありますが、まずは先代のサイズと変わらないということでサイズを紹介します。 大柄な人も足を組んでゆったりできるくらいです。 広さを実現する方法は、徹底したエンジンのスリム化とホンダの特許技術でもあるセンタータンクレイアウトです。 特にセンタータンクレイアウトは、活用されてこなかった助手席の下の空間に燃料タンクを配置することで後部席の後ろの段差をなくし広さを実現しています。 新型NBOX エヌボックス の外観、内装の画像を紹介! 新型NBOX エヌボックス のデザイン画像を紹介していきますが、先行サイトで少しずつ情報が出てきました。 基本はキープコンセプトのため、先代と内装や外観で大きな違いはありませんが、紹介していきます。 参考までに先代のNBOX エヌボックス の外観や内装 インテリア の画像も合わせてご覧ください。 新型NBOX エヌボックス の内装はこのようになっています。 ここからが先代の内装です。 新型NBOX エヌボックス のカラーバリエーションはどうなるのか? 新型NBOX エヌボックス とCUSTOMのカラーバリエーションはこのようになっています。 まずは新型NBOX エヌボックス のカラーバリエーションは全部で14色です。 豊富なラインナップとなっています。 次に新型NBOX エヌボックス CUSTOMのカラーバリエーションはこちらになります。 全12色でこちらも十分なラインナップとなっています。 これだけ色に種類があるとどれを選べばよいか悩みますよね。 失敗しない色選びの観点の記事は準備でき次第こちらにリンクを掲載してご紹介します。 新型NBOX エヌボックス の内装は?現行との違いを解明! 先代は室内長が218cmもあり、軽自動車では最大級でした。 このサイズは大人4人が乗っても窮屈さを感じない大きさです。 新型NBOX エヌボックス は内装が若干広くなると噂されています。 エンジンのスリム化が更に進むとそのような可能性は十分にあり得ると思います。 期待して待ちましょう。 新型の内装に関する情報がそろってきたら、現行との違いを調査してこちらに紹介しますのでご期待ください。 因みに燃費性能も予想してみましたが、新型タントが32. <エンジン> ・0. 66L直列3気筒DOHCエンジン ・最高出力は、58ps/7,300回転 ・最大トルクは、6. 6kgf. m/4,700回転 ・JC08モード燃費:32. 66L直列3気筒DOHCターボエンジン ・最高出力は、64ps/6,000回転 ・最大トルクは、10. 6kgf. m/2,600回転 ・JC08モード燃費:26. 新型NBOX エヌボックス 購入時に絶対にしてはいけないこと!損をしないNBOX エヌボックス の購入方法とは。 商談で確実に最大限の値引きを引き出すために 一つだけ絶対にしてはいけないことがあります。 これをやってしまうだけで知らないうちに 営業マンに確実に騙されて20~30万円は損してしまいます。 知らないまま商談を進めると確実に損してしまいます。 そして 高い買い物なのでやれる事は全てやっておくべきです。 損をしないためにも知識としてやり方を身につけていただければと思います。 - スポンサーリンク.

次の

新旧ホンダ N

エヌ ボックス マイナーチェンジ

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! 前の車との車間や速度を保ちながら自動で走ってくれるのがACC アダプティブクルーズコントロール です。 現行N-BOXでは渋滞に対応していませんが、マイナーチェンジで渋滞に対応するようになる可能性は大きいでしょう。 ホンダの商品企画室の方によると、「技術で常に一歩先を行かなければならない」ということで、ホンダの軽自動車では初めてN-WGNに採用されたのが「渋滞にも対応する」ACC アダプティブクルーズコントロール です。 ここで重要なのは「N-BOXとの差別化のために」ということではない、ということですね。 そうであれば、マイナーチェンジで改良新型N-BOXのACCも渋滞に対応するようになるでしょう。 N-BOXよりも小さいフィットに乗り換えても、この「渋滞に対応する」ACCが付いているだけでものすごく楽になったという方もいます。 ACCが渋滞に対応していないのかあ、とN-BOXを悩んでしまうのであればものすごくもったいないですよね。 ホンダさんはこういった声も拾って、N-BOXに渋滞対応のACCを採用するのではと思います。 やっと!待ちに待った新型フィット納車されました!!!!!!NBOXからの乗り換えなので車内が狭く感じますがそのうち慣れるでしょう。 何よりも全車速追従ACCが便利すぎてこれだけでも買ってよかったと思える点です。 — M Co. , Ltd. xyoshikix オートブレーキホールドとは信号待ちの時などずっとブレーキを踏まなくても良いという便利な機能。 解除はアクセルペダルを踏めば自動的に解除されます。 引用: ホンダのN-WGNについている オートブレーキホールド機能。 N-WGN同様に渋滞に対応するACCが付くなら、オートブレーキホールド機能も付くと思います。 — えみさん。 引用: 今回のマイナーチェンジで、新色が設定される可能性はあるものの、外装・内装共に大きくは変化しないでしょう。 ただ、軽自動車ならではの少し足元が狭い感じを快適にするためにも、「テレスコピック」という機能が標準装備になる可能性は高いです。 テレスコピックというのはハンドルを前後に移動させられる機能です。 足が長い方はシートを後ろめにすることが多いと思いますが、それだとハンドルまでが遠くなってしまうんですよね。 それを解消してくれるのが、このテレスコピックというわけです。 ちなみに、「チルト」と言ってハンドルを上下に動かせる機能は現行N-BOXに既に付いていますから、合わせ技ですね。 N-BOXのような軽自動車は、前は女性がメインで乗る車だったもしれませんが、最近では家族で乗るものとして男性が運転する機会も増えているでしょう。 そういう家庭にはよりピッタリになります。 軽自動車サイズ規格• 全長3. 4m以下• 48m以下• 高さ2m以下• 排気量660cc以下 家族で乗る時に、お子様がいらっしゃるならば立ってお着換えしたいなんていう時もあるでしょう。 そういった時は全高がより高い方が便利です。 それに、背が高いパパが運転するとしても、より全高が高く室内の高さも高い方が窮屈でなく良いですよね。 N-BOXのサイズに関して詳しくは「」でも書いています。 参考にご覧ください。 ちなみに排気量はN-BOX・N-WGN共に 658Lです。 パワートレイン性能・燃費比較 今回のマイナーチェンジではエンジンに変更は無いでしょう。 ただ、細かい改良あ行われ、燃費は良くなる可能性があります。 それによって燃費の消費を抑えられますし、必要以上の排ガスも出ないので環境にも優しいのです。 N-BOXもマイナーチェンジでこのオートブレーキホールド機能が採用となったら燃費も上がると思われます。 燃費は車の維持費を抑えるのにとても大事ですよね。 燃費の他にも維持費を抑えることができるのが「」です。 あなたに適正な保険にするだけで節約ができてしまうかもしれないんですよ。 詳しくはこちらをご覧ください。 ホンダ改良新型N-BOX マイナーチェンジでハイブリッド車の設定は? ホンダでは新しいハイブリッドシステム「e:HEV」を開発し、新型フィットなどに採用しています。 効率がものすごく良くなったこのシステムでは、日常の走行のほとんどが電気での走行になります。 それによって燃費がかなり良くなり、静かさもバツグンです。 N-BOXの評価で少し音が…というイマイチな口コミがありますから、このハイブリッドシステムが搭載される日もそう遠くはないでしょう。 まとめ• N-BOXのマイナーチェンジは2020年の冬が濃厚。 N-WGN同様、渋滞にも対応するACCへ進化。 マイナーチェンジ後外装・内装の大きな変化はなし。 テレスコピックなど機能面の変更は可能性あり• 期待しちゃいますしね。 いや、ここは大いに期待しましょう! 当サイトでは引き続き最新情報と予想を追記していきます。 ぜひ、お楽しみください! お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ! カテゴリー•

次の

新型スペーシアカスタムと新型エヌボックスはどちらが買いでしょうか。顔は...

エヌ ボックス マイナーチェンジ

NBOX エヌボックス の値引き情報 大幅な値引きは難しい 激戦の軽自動車のマーケットでも大人気のNボックス。 初回値引きはディーラーの渋りが目立ち5万円程度が限度だろう。 さらに、2013年12月に行われたマイナーチェンジによって、より一層ディーラーでの値引きが難しくなった。 ライバル車種と比較交渉して20万円程の値引も 軽自動車のマーケットは、スズキのやダイハツのなどライバル他社にも人気モデルが勢ぞろいしている。 これらライバル車種をうまく活用して比較交渉を行う手段がある。 この場合、最高で20万円が限度だろう。 しかし、実際にはここまで引き出せずに終わってしまうケースが多いので注意してほしい。 大幅値引きをしてもらうには 人気車種で賑わう軽自動車。 そのなかでも独創的な形で充実の機能を兼ね備えたNボックスはディーラーが値引きを渋る傾向が高い。 比較交渉に持ち込んだ場合でもその値引き額は安定せず、大きい額を引き出すことは容易ではない。 そこで、 ディーラー以外で値引きを狙うという手段を考えてほしい。 値引き交渉マニュアルを利用すれば、30万円の値引きも期待できるのだ。 この場合、煩わしい手間もないため、購入者には参考にすることを強くお勧めする。 NBOX エヌボックス の総評 HONDAの人気車種となったNボックス。 オリジナリティ溢れるクルマの形状が話題を呼んでいる。 独創的なエクステリアとしてはもちろん、インテリアとしても非常に優れた設計となっており評価が高い。 広々とした車内空間は驚きの一言に尽きる。 軽自動車とは思えない余裕のあるシート間のゆとりは ワンランク上の安らぎを感じることができるだろう。 また、ドライバーとしても車体が他の軽自動車より高くなっているため、比較的運転しやすいというメリットがある。 高さがある割り幅のないボディなので内輪差が少ない。 これまでにない快適なドライブを楽しむことができるはずだ。 ラゲッジルームも充実している。 ただ広いだけではなく、低床48cmという作りが荷物の出し入れを用意にしてくれる。 その他にも細やかな収納スペースや手堅い安全性能など、手堅い性能の高さが購入者には嬉しい。 実用性に富んでいるため、今後も人気は続くだろう。 女性受けもよく、ファミリー層のファーストカーとしては逸材である。 見た目にもスマートに映るインテリアも素晴らしい、まさに唯一無二の存在である。 一方、コストカットと環境性能に注力したがゆえに動力性には少々物足りなさを感じる。 同社のそれまでのエンジンと比較すると改良されているが、やっと他社に追いついた程度で坂道発進の時など スムーズな加速を感じることはできない。 ノイズ音も気になる場面が多々あり、この点は残念である。 また、グレードは細かくラインナップがあり、オプションもたくさんのものが用意されている。 123万円からという車体価格に釣られて買ってみると、乗り出し価格は200万円に近づいていたなど 決して安い買い物にはならいない。 この点にも注意したい。 ただ2013年12月に行われたマイナーチェンジによって、燃費性能の向上が図られた。 カタログ燃費はおよそ1キロアップの25. さらにうれしいのが、この燃費向上によってエコカー減税が100%対象になったことだ。 消費税増税前の今が買い時とも言える。

次の