ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ 育成 論。 シルヴァディの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】シルヴァディの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ 育成 論

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 物理特殊の両方を受けられる チョッキを持たせて、特殊耐久力を手にした型。 いかく込みの物理耐久も合わさり、物理特殊の両方に対して高耐久となっている。 4倍弱点を持たないので、一撃で倒されることはそうそうない。 苦手なタイプの相手ができる ウインディはみず、いわタイプに弱いが、これらのタイプに有効な技を覚えられる。 そのため耐久力を上げて耐えることで、 不利なタイプにも勝てる可能性がある。 しんそくでの追撃でトドメを刺せる場合も。 対面で1体持っていくのが仕事 チョッキウインディはダイマックスを考慮しない場合、受けポケモン以外のほとんどの相手に有利が取れる。 主に先発で出し、1体倒すかダイマックスを切らせれば仕事は終了だ。 弱点を突かない限り物理受けへの有効打が無いため、引かざるを得ない。 ステルスロックや砂嵐などであらかじめダメージを与えておけば、弱点技で倒しきれることが多い。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【単体考察】タイプ電気シルヴァディの攻撃範囲

ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ 育成 論

はじめに 初めての育成論投稿です。 不十分な部分もあるかと思いますが、宜しくお願いします。 剣盾の現環境ではあまりシルヴァディを見かける事はありませんが、試しに特殊型のシルヴァディを育成した所、現環境にかなり刺さっている実感を得たため育成論投稿に踏み切りました。 この育成論ではHP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さをH A B C D Sで記載します。 指定が無い場合、相手ポケモンの個体値は6Vとします。 若干の誤差が出ます その他、プレイヤー間で使用されている略称や俗称等を使用します。 ダメージ計算ツールとして「SoldierCalc」を利用します。 ダメージ計算時性格が未記入の場合は無補正とします。 また、ダメージ計算の仮想敵は役割足りえる相手のもののみ記載します。 役割 ・ダイマックス前提の先発アタッカー ・相手の2体目の削り ・ 捨て台詞での起点作り 差別化 エアスラッシュを採用しているダイマックス前提のアタッカーの為、現環境に多い飛行技を持つ他の候補としてギャラドス、リザードン、トゲキッス等が挙がってくるかと思いますので上記3匹との差別化を記載します。 共通的な差 技範囲が広く器用なポケモンの為、選出時に対策されにくい 上記に加え、出されるまでタイプが不明 メモリ持ちならばはたきおとすやトリックといった技で奪われる事がない 出し負けした際の捨て台詞による起点作りが可能• ギャラドス 環境に多いギャラドスが物理アタッカーなのに対しシルヴァディは特殊アタッカー やけどで止まらない 4倍弱点を持っていない Sが95ある ギャラドスのSは81• トゲキッス Sが95ある トゲキッスのSは80 また、電気単タイプのポケモンは地面タイプの技を誘うので、パーティに飛行タイプを採用していれば飛行タイプのポケモンを無償降臨する事も可能です。 育成時の調整• 性格 S95を生かす為臆病で確定• 努力値 H4 C252 S252• 持ち物• エレクトロメモリ 2倍弱点相手への電気技の火力の底上げを狙っています。 また、はたき落とすやトリックの対策としてメモリ採用を優先しています。 飛行タイプ技を持つ相手とダイマックス対面になった場合、ダイジェットのダメージを半減出来る上、リザードンやアーマーガア、トゲキッス対面を意識出来ます 後述ダメージ計算参照。 電気タイプはナットレイやドリュウズへの交代を誘うので火炎放射でサイクル破壊を狙えます。 以降のダメージ計算はエレクトロメモリを持ったシルヴァディとして行います。 その他候補• ファイヤーメモリ チーム構成によってはファイヤーメモリも候補に挙がりますが、炎タイプならばサンパワーリザードンの方が活躍できる場面が多いと思います。 命の珠 ノーマルタイプにする事で後発ゴースト透かしでの無償降臨も可能です。 全ウェポンの威力を平均的に上げる事が出来ます。 この場合メイン技の威力が下がる為少し不安な場面が出てきます。 高火力技として退場前の大爆発が候補に挙がります。 ただ、シルヴァディが珠を持つくらいならミミッキュやドリュウズに譲った方が良いため、候補程度に抑えました。 達人の帯 弱点を突く事が前提なので一応候補に挙げますが、C95からの不一致弱点の場合達人の帯ではメインウェポンが火力不足になりがちだと感じたので優先度は低いです。 主な役割 4倍弱点で倒せるアタッカーの相手が主な役割です。 弱点を突けるならばその他のアタッカーも処理出来る場合があります。 ギャラナット:どちらにも4倍弱点を打てるのでほぼ確実に処理できます。 ASヒヒダルマ:ダイバーンで確定ですが、同速の為ダイジェットを撃つ暇はありません。 相手がスカーフの場合S1段階上昇で同速です。 詳細は以下の技構成に記載します。 技構成• 確定技• エアスラッシュ ダイジェットでSを上げる事が目的の為確定です。 1回で最速ドラパルトを抜く事が出来ます。 エアスラッシュしか打点がない相手はシルヴァディの役割ではないので、エアスラッシュ自体のダメージ計算は記述を省略します。 ダイジェットダメージ計算 H4トゲキッス 33. 10万ボルト 持ち物がエレクトロメモリなので確定です。 ダイサンダーダメージ計算 H4トゲキッス 101. 10万ボルトダメージ計算 括弧内はフィールド込み H4トゲキッス 47. 火炎放射 ギャラナットとアイアントの処理がメインの役割なので確定です。 熱風も覚えますがナットレイとアイアントは放射でも落ちるので命中安定の火炎放射とします。 ダイバーンダメージ計算 H4アイアント 316. 火炎放射ダメージ計算 括弧内は天候込み H4アイアント 219. 候補技 シルヴァディの魅力はその技範囲の広さと読まれにくさだと思っています。 シルヴァディに対応するように出てきたポケモンへの対策技も豊富に持ち得ています。 候補技が多い為、チームに合わせて好みで採用してください。 候補技のダメージ計算は随時追加します。 捨て台詞 先発出し負けの際の保険と、ダイマックス終了後の起点作り用の技です。 ダイマックス時のダイウォール枠としても活用出来ます。 ダイマックス終了後は削りを入れて退場したほうがいい場合もあるのでチームに合わせて。 ダイマックス終了後に起点作りを考える場合に採用はありかと。 徹底光線 ミミッキュピンポイントです。 また、ダイマックス終了後に打点が無い場合の自主退場技としても使えます。 身代わりを持たないオーロンゲにも役割を持てるようになります。 ダイマックス技でBが上昇するので候補の中では優先度が高いです。 マホイップ、サーナイト、ブリムオンの対策が出来ていない場合は無理やり突破する事も考慮に入れる事が出来ます。 ラスターカノン 徹底光線の命中不安と反動が気になる方向け。 ダイマックス技として使うならこちらでも問題ありません。 冷凍ビーム 対ドラゴン用ウェポンです。 ダイマックス技で打てばあられによって襷の処理も行えます。 ダイジェットから入る事が前提なのであられはおまけ効果。 流星群 対ドラゴン用ウェポンです。 冷凍ビームと違い通常技で威力が130あるので冷凍ビームで届かないドラゴンを意識する場合。 波乗り ドサイドンピンポイントです。 飛行、電気、炎どれも通らないのでチームにドサイドンの対策が無い場合に採用出来ます。 ダイマックス技で天候を変えるので火炎放射との両立が少し難しいです。 ダイマックス技で使うならリザードンと対面した時に連打する事でサンパワーを封印できます。 シャドーボール 環境トップのミミッキュ、ドラパルト共通の弱点です。 草の誓い 草4倍のヌオー、トリトドン、ドサイドン意識です。 ダイマックス技でフィールドを変えるので10万ボルトとの両立が少し難しいです。 ダイマックス技でH252ミトムに打っても思ったより入らなかったのでヌオー、トリトドンが増えない限り採用優先度は低いです。 ハイパーボイス 身代わり対策に。 メモリでタイプを変える場合は火力不足です。 珠運用する場合にはおすすめなので、大爆発と選択になるかと。 A252ドラパルト ドラゴンアロー 24. 剣舞済A252ミミッキュ シャドークロー 57. A252ドリュウズ 地震 108. A252鉢巻ドリュウズ 地震 161. C252トゲキッス エアスラッシュ 37. C252サザンドラ 流星群 66. C252ヒトム オーバーヒート 59. C252ミトム ハイドロポンプ 49. C252眼鏡カットム リーフストーム 87. A252はりきり珠アイアント アイアンヘッド 71. 2体程度の場合、完全に止まる相手がいないか確認が必要です。 シルヴァディのタイプを読むのは難しいうえ、現環境では電気や炎が弱点のポケモンが多い為出し勝ちする確率も高いです。 相手のポケモンを1体倒した後、打点のない相手が出てきた場合はダイマックス中でも素直に交代します ダイウォールを挟んで捨て台詞で交代もアリです。 また、このシルヴァディは弱点を突く事が前提なので、先発で出し負けした場合は他のポケモンにダイマックス権を譲る事を勧めます。 その場合捨て台詞があると便利です。 苦手な相手• リザードン リザードン対面の場合、ダイジェット1回で抜く事が出来ないので強く出れない場合があります。 大人しく引くか、大きく削りを入れられる場合は削って退場する事を勧めます。 波乗りを持っているか、リザードンが後発の場合はこの限りではありません。 晴れ下の後発シルヴァディでは一切勝てないので晴れ下のサンパワーの火力は被ダメに記載しておりません。 ヒヒダルマ ガラル 五里霧中を前提とします。 ヒヒダルマとは同速なので、勝てるかは相手の道具次第です。 ダイマックス中ならば鉢巻地震を耐えますが、同速のため上から連打されると負けます。 拘りスカーフの場合ダイジェット1回で抜けないので、ダイマックス中一発確定で耐えて返しのダイバーンで落とすのが限界です。 ヒヒダルマ相手の時はダイジェットをする余裕がありません。 意地ヒヒダルマであれば上からダイバーンで無傷です。 エルフーン 身代わり持ちのエルフーンには身代わり連打で完封されます。 ダイマックスせず、ハイパーボイスで削りを入れる等の対策が必要です。 捨て台詞を持っている場合は宿り木対策として後手交代が可能です。 すり抜けを持つシャンデラやドラパルトが対策候補です。 オーロンゲ エルフーン同様身代わり持ちであれば何もできません。 対策、対応はエルフーンとほぼ同じです。 また、壁貼り要員の場合まんまと壁を貼られるので、壁持ち候補の相手にはダイマックスせず様子見の削りも選択肢の一つになります。 バンギラス 特殊シルヴァディは格闘技を持てないので勝てません。 大人しく受け出し出来るポケモンに引くべきです。 ヒトム 打ち合いで勝つのは難しいので捨て台詞か交代で引く事をお勧めします。 波乗りを持っている場合は打ち合えますが、HD振りの場合あまり入りません。 ヒトム相手にダイマックスを切るのは厳しいです。 ミトム ヒトムと同様です。 草の誓いで削る事は可能ですが、ヒトムへの波乗りよりもダメージが入りません。 ヒトム、ミトムが出てきた場合は様子見で削りを入れるか引く事で対応する事を勧めます。 輝石サニーゴ ガラル シャドーボールを持っていない場合は大人しく引くべきです。 また、相手のチームによってはサニーゴがいる場合選出しないか、先発で出さない方がよい場合もあります。 他のポケモンで対策することを勧めます。 ドサイドン 波乗りと草の誓いを採用しない場合打点は一切ありません。 大人しく交代するか捨て台詞を使用すべきです。 また、地面技が読めるのでバルジーナやミトム、カットム、サザンドラ等への交代が可能です。 ドラパルト エアスラッシュ ダイジェット しか打点がないので冷凍ビームや流星群、シャドーボールを持つ等の対策が必要です。 また、耐久振りかつ弱点保険持ちのドラパルトに対面でダイマックスされるとシルヴァディでは勝てません。 シルヴァディ 特に捨て台詞を持ったシルヴァディには起点にされてしまうので、相手チームにシルヴァディが採用されている場合は下からボルチェンや蜻蛉を打てるポケモンを採用すべきと思います。 ロトム、バルジーナ等が候補です。 ランクマッチで2回程シルヴァディと当たりましたが、どちらも捨て台詞持ちの鋼タイプでした。 その他弱点を突けない特殊受け 輝石ヌルやチョッキサニゴーン、H252マホイップ等。 サニゴーンやマホイップは候補技によっては対応できますが、ノーマルタイプであるヌルには手も足も出ません。 大人しく毒を仕込めたり格闘持ちのポケモンを採用するべきです。 その他トリルパ 選出の際にトリルはある程度読めるのでこれに関しては困らないと思います。 シルヴァディでは対策出来ないのでトリル対策の出来るポケモンをチームに組み込むことを勧めます。 最後に この型は得意な相手が多い分、候補技の採用選択によっては打ち勝つ事が難しい相手も多いです。 チームの構成と相談しつつ運用して欲しいです。 また、改善点があれば是非提案頂きたいです。 評価に関してはその理由も付属して頂けますと幸いです。 の方が仰っている通り、マルチアタックは物理技なので特殊型のシルヴァディでは候補にも挙がりません。 また、相手を一体撃破しつつダイマックスで自身に有利な天候やフィールドにする事が主な目的の為、ダイマックス技が威力95のダイアタックにしかならないマルチアタックは今回の型に採用する必要性はないと判断しました。 また、エレキフィールド込みの10万ボルトの威力は117ですので、努力値がC252にという事が前提ならばダイマックス終了後の火力は10万ボルトの方が高いです。 ACの種族値が95のシルヴァディを両刀にすると何をしても火力不足になります 無邪気両刀を採用しCに252振った攻撃がVのシルヴァディのA実数値は115です。 この前提でH4リザードンに打つ場合、 A31 努力値0 マルチアタック 電気 102. 無邪気だと確定で落ちます 以上の事から10万ボルトを採用しています。 ただ納得いかない部分がありました。 なぜ物理アタッカーではなく今回、特殊アタッカーなのかというところ。 ダメージ計算等で示してはいますが、上記の理由としては物足りないと思います。 特殊アタッカーでしか出来ないことを述べて欲しかったです。 他ポケモンとの差別化を意識するあまり、物理シルヴァディとの差別化の記載を失念しておりました。 また、 でマルチアタックに関しての返信をしておりましたが、メモリを所有している場合マルチアタックのダイマックス技は自動的にメモリと同じタイプになる事を確認致しましたので訂正致します。 威力は95のままのようですので、ダイマックス前提としてはメイン技の火力不足が懸念されます 今回ギャラナットを強く意識して育成論を作成致しましたが、電気技は2倍弱点を主な仮想敵とし、炎技は4倍弱点を主な仮想敵としております。 また、ダイマックス技が枯れていた場合は接触技のほのおのキバでは鉄のトゲによってダメージが返ってくるうえ、確定3発という部分に関しては懸念材料になると感じています。 レアケースだとは存じておりますが、Aが下降した状態のシルヴァディでは後続の相手の起点になりかねないので捨て台詞の採用が重要になりますが、物理型の場合この技の採用を読まれる可能性が高いと感じています。 また、シルヴァディは物理炎技を炎のキバしか持っておらず、ダイマックスが枯れた後の不一致火力では2倍抜群の相手程度では役割を持つ事ができません。 私はこの構成のシルヴァディと相性の良いポケモンとして葉緑素リーフィアや物理型の飛行ポケモン、道具としてエレキシードを採用する事がありますので、パーティの構築が前提で特殊アタッカー枠を埋める一つの選択肢としてこのシルヴァディを使用しておりました。 サザンドラやトゲキッス等と組む場合は、物理型も十分活躍出来るとは考えています。 マルチアタックや大爆発等の高火力物理型が多い中の意表を突く、もしくはパーティバランスを保つ一つの選択肢として御一考下さい。

次の

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論と対策

ポケモン 剣 盾 シルヴァ ディ 育成 論

高い崩し性能 剣舞+雷牙 ダイサンダー or大爆発 ダイアタック により等の受けポケに対して非常に高い崩し性能を持つ。 自主退場による起点回避 準速でもギャラドスを抜けるSからの大爆発により、のキョダイセンリツやのダイジェットを受けることなく後続の圏内に入れることができる。 よってダイマックス技による補助・能力上昇をさせずに削りを入れられるため、後続と併せてダイマックスとの1:1交換が取りやすい。 また、の欠伸ループを回避する1つの選択肢になる。 行動保証 球 のダイフェアリーを耐える耐久とある程度のSによりほぼ確実に1回以上の行動保証がある。 また、ダイマックスでの耐久は+1の雨ダイストリームを耐える程の耐久があり、例を挙げると以下のような立ち回りが可能である。 球 にダイジェットで味方が落とされた場合は耐えてダイサンダーで突破。 球以外のにダイジェット+ダイストリームで味方が落とされた場合にも耐えてダイサンダーで突破。 対面から 球 をダイアタックのS下降と併せて突破 死に出しから 球 を後続圏内に入れる。 タイマン性能 ダイマックスを切った際にはメインウェポンが威力150のダイアタックとなり、高火力S下降の追加効果ありと非常に強力。 Sの勝っている相手にはダイジェットでも抜かれず、Sの負けている相手に対してもダイジェットされなければ上から2発の攻撃ができる。 性格・努力値考察 等の多くのポケモンに対して確定数が変わるため特化。 を抜くために準速。 持ち物考察 剣の舞を採用しつつ崩し性能を確保する為命の球で確定。 ダメージ計算参照。 特化:29. にも削りを入れられる他、打点の足りないや壁展開でのダイホロウが強力。 終盤の抜きラス1爆発のムーブもよくある為必須。 これを採用するなら 最速 を抜ける陽気も一考。 蜻蛉返りはやにタイマンで勝てるポケモンが構築にいるなら一考。 基本的後続のSが足りない場面でしか打つ機会はない。 その他燕返しや捨て台詞、草の誓い等は未検証なので使用感が掴め次第追記する。 内容に問題はないと思うんですけど、書き方が駆け足になりすぎているのが気になります。 挨拶とかシルヴァディがどんなポケモンかとか、相手側に有効打がないポケモン 具体的にはドリュウズやハガネール、ドサイドン がいたら選出をどうするかとか何かしら書くことがあるではありませんか。 これじゃ対戦考察wikiと変わりません。 内容的には強いんでしょうから、もっと魅力的に見せる工夫をお願いします。 どうしても挨拶して欲しい人が多いようならば検討します。 また、シルヴァディについても対戦でどんなことができるポケモンかは書いてあります。 育成論なので「育成」に関しての記述は膨らませますが、その他の雑記は図鑑などを見ていただければと思います。 有効打のないポケモンがいたら引いてください。 初心者とは言ってもある程度対戦を行っている方向けに書いているので、このポケモンに限らない基本的な動きは他で学んで欲しいと思っています。 私は要点を抑えた見やすい論を書きたいと思っているのでポケモンの型に関する記述以外の事は正直書きたくないです。 育成論は人に見せるものだから可能な限り読者様を楽しませたりユーザーフレンドリーに作成すべきと思ってたものですが、価値観が違ったようですね。 お目汚し申し訳ありません。 とはいえシルヴァディの強さはわかりました。 ただ評価は本当に良い育成論 使ってみたい、強そう だと思って頂けたらで結構ですよ。 お気持ちは嬉しく思います。 これは論に直接関係の無いことになってしまいますが、私の論とは別にまだ評価の付いていない 古いものだと1ヶ月以上 論もあるので、そちらに評価を入れて頂けると投稿者のモチベーションにも繋がるのでより良いサイトになると思っています。 気が向いたらで結構ですので評価の付いていない論に目を向けていただけると幸いです。 ダイマックスにより確実に相手を消耗させつつ、時期を見てだいばくはつで自主退場することでダイジェットの起点やおにびによる起点作成の回避をし、そして最後っぺの大ダメージを与えるという、隙なくダメージレースに優位に立てる強力なポケモンだと思いました。 単ノーマルによる弱点の少なさとall95という固さや速さを誇るシルヴァディだからこそですね。 環境に多く処理しづらいや、それをメタったを初めとした球高火力ダイマックスエースに対して仕事が出来る優秀なポケモンだと思っています。 ぼくのシルヴァディが光を浴びることができそうです ヌルアントが流行った時に進化させたことを死ぬほど後悔したのでこの育成論で暴れまわりたいと思います。 で相手の自慢のエースや受けポケモンを処理できるとかなり気持ちの良い試合展開になるのでぜひ育成してみて下さい。 どちらが正しいorどちらでもよいのでしょうか。 私も、は火力が微妙に足りないので鉢巻で使いたいと思っていましたがですがダイマを切った時の火力や剣舞が魅力というジレンマがありました。 HP奇数ですし総合耐久を求めた方がいいのでH4が正しいですね。 前に書いたの育成論をコピペして書いていたのでB4はその名残ですね。 ご指摘ありがとうございます。 威力が120になった事を完全に失念しておりました。 細かいネタまで拾って頂きありがとうございます。

次の