北斗の拳転生 昇天 終了画面。 【北斗の拳天昇】 AT終了画面でカイオウ・ラオウ背景!出現率の設定差は?

北斗の拳 新伝説創造 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

北斗の拳転生 昇天 終了画面

北斗の拳-天昇-が人気になってくれて、6号機にもやや期待ができるようになりました。 個人的には、低設定(1~3)を打つなら、リゼロよりは楽しいかなと思います。 6号機の目標の一つが、2400枚上限達成(or 有利区間完走)ですよね。 AT真・天昇ラッシュの純増は6. そのため、有利区間完走で終了はなく、2400枚以上ゲットできます。 やっと、自分でも昇天を達成してきました。 途中、昇天は何枚から発生するのか、不安になりました。 今回は、 北斗の拳-天昇-の昇天発生条件とその実践をお届けします。 昇天発生条件と恩恵 バトルボーナス中に発生する場合と、AT中に発生する場合があります。 ここでは、後者について解説します。 発生条件:2100~2200枚獲得した状態で、転生orバトルゾーン突入時にブラックアウト• 恩恵:2400枚以上の払出確定 発生条件は、解析が出ていません。 2000枚以上獲得した状態で、転生orバトルゾーン(後半パート)に突入しても発生しなかったことから、2100枚以上ではないかと思いっています。 ブラックアウトから突入して、画面いっぱいに「昇天」の文字が表示されます。 ラオウとケンシロウの最期のバトルが堪能できます。 恩恵は、2400枚以上の払出です。 うまく枚数調整すれば、2409枚ほど獲得することができます。 手順としては、表示を2400枚を超えないように近づけて、最後にベルをゲットします。 2385枚付近になるように、ベルナビを無視します。 2385枚時にベルをゲットすれば、2400枚表示になり、次ゲームでもしベルを引ければ、2409枚で終了できます。 リゼロよりはベルが出にくくコントロールしにくいので、近いところで取れれば良いと思います。 実践スタート! 空台が3台ありました。 なんと、前回629G当たり有利区間引継台が空いていました。 が、クレジットにコインが入っており、誰かが席を取っていそうでした。 そのため、0当たり152G台に着席します。 この台も美味しいですよね。 回し始めると、雪が降っています。 調査したことはないですが、設定変更時って必ずこれですか? 天昇は、最大天井が700Gなので、モードBでもほぼ天井です。 200Gのゾーンで断末魔ゾーンに突入して、はずれます。 その時… 先ほどの629G当たりの有利区間引継台が空きました!どうやら、クレジット取り忘れだったようです。 247Gで止めて、こちらの台に移動しました。 有利区間1回目、247G、天候変化の場合、最悪次回大当たりまであと400Gはあるので、有利区間引継台を選んだ方が勝ちやすいですよね。 何となく、有利区間2回目の方がAT当選率高そうですし。 初戦バトルレベル2、小役レベル2で闘います。 レバーオン打法を駆使します。 今回も、指ナビ5回目にレバーオンで検証しています。 本当に何も引けなかったので、仕方ありません。 さてどうするか?このまま追えないので、先ほど247Gで止めた台に戻ります。 心の中で、「バトルに負けたら、早くこちらの台に戻りたい」という気持ちがあったので、負けたのかもしれません。 0当たり247Gスタート! 328G世紀末ゾーンでハズレ。 400G代、500G代で断末魔ゾーンに入るも、ハズレ。 600G代でリンステージ前兆に入りません。 同色ザコも登場し、お前はもう当たっている? 前兆非経由の断末魔ゾーンで、650GにGB当選! 今日は修羅バトルはやれないと思い、世紀末バトルに変更しました。 初戦バトルレベル3、小役レベル4で闘います。 初回はラウンドストックがあるので、修羅モードで楽しみます! 緑保留1個という、心もとない展開です。 Vは1個しか取れませんでした…。 初戦から敗退を見たことないんですが、必ず最低1回は当たるのかな? 2セット目以降は、好きな世紀末モードで楽しみます。 一方で何かしら起きれば、レア役か、ステージアップです。 起きにくいだけに、デフォルトモードでは見られない演出もよく見られます。 後告知モードにすると、期待度が目に見えるので面白いです。 ただ内部的には、Vストック抽選もしているので、レバーオンが大事になってきます。 1000枚を超えると、途端に負けそうな雰囲気になってきます。 しかし、途中にバトル中に中段チェリーを引きます。 そして、初めての昇天。 初めてだったので、どこで起こるか認識していませんでしたが、次回はきっちとカメラを構えて、ブラックアウトも撮りたいなと。 次の一撃が、われらの最後の別れとなるだろう… わが生涯に一片の悔いなし… 上限2400枚を達成しました! ちなみに、上限時の終了画面ではボタンを押しても設定示唆は見れませんでした。 1Gやめです。 初当たりをまとめておきます。 有利区間引継台、前回629G当たり、3G~• 言うは易く行うは難し。 ですが、激闘ボーナスのレバーオンは大事にして打っています。

次の

北斗の拳 新伝説創造 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

北斗の拳転生 昇天 終了画面

以降は、中リールの停止形により打ち分ける。 ==中リール中段にベルが停止した場合== ハズレ or ベル or チャンス目。 左・右リールともに適当打ちでOK。 「中段ベルテンパイ+右リール下段にベル停止」となればチャンス目。 ==中リール中段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 左・右リールともに北斗図柄を狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 ==中リール中段に北斗図柄が停止した場合== リプレイ or 弱チェリー or 強チェリー。 まずは右リールを適当打ちし、リプレイが上段テンパイしたらリプレイ確定。 北斗図柄がテンパイしたらいずれかのチェリー確定。 左リールにも北斗図柄を狙い、中段にチェリーが停止すれば強チェリー、角にチェリーが停止すれば弱チェリー。 通常時の打ち方 (順押し) まず、左リール枠上 or 上段に北斗図柄を狙う。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 中・右リールともに北斗図柄を狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段に北斗図柄が停止した場合== ハズレ or リプレイ or ベル or チャンス目。 中・右リールともに適当打ちでOK。 疑似ボーナス中・AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 演出発生時は通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 荒野ステージ AT終了後は、0~100G滞在の「荒野ステージ」へ移行。 「昇舞魂獲得」や「七星チャージ突入」の高確率状態となる。 なお、荒野ステージ中に疑似ボーナス「激闘ボーナス」に当選すると、強敵一人以上撃破が保証される。 七星チャージ 7G継続の世紀末ポイント獲得特化ゾーン。 主にレア小役で突入抽選が行われる。 突入期待度は「弱チェリー < スイカ < チャンス目 < 強チェリー」の順。 なお七星チャージ終了時は、必ずサブ液晶をタッチしよう。 その際の断末魔の種類によってモード示唆が行われる。 「あべし!!」なら通常B以上濃厚、「ひでぶ!!」なら通常C以上濃厚、「ヘブン!!」ならチャンスモード濃厚となる。 昇舞魂 昇舞魂とは、激闘ボーナスを有利に進めるために必要なアイテム。 昇舞魂を獲得すればするほど、激闘ボーナス時の「バトルレベル」・「小役レベル」が優遇され、バトル勝率が高くなる。 昇舞魂獲得契機は以下の通り。 バトルレベル&小役レベルは、通常時に貯めた昇舞魂に応じて決定される。 最終的に強敵を3人撃破すればAT確定。 なお激闘ボーナスは、「世紀末モード」・「修羅モード」から選択可能。 昇舞の刻 激闘ボーナスは、昇舞魂を消費してバトル勝率をアップさせていく「昇舞の刻」からスタートする。 昇舞魂の数だけPUSHが発生し、その都度「バトルレベル」・「小役レベル」がアップしていく。 どちらがアップするかは半々。 バトルレベルによるバトル開始時の勝利抽選 バトル開始時には、バトルレベルを参照して勝利抽選が行われる。 バトルレベルによる勝利当選率は以下の通り。 概要 AT「真・天昇ラッシュ」は、純増枚数約6. 減少区間は存在しない。 一度のAT突入での平均期待獲得枚数は約800~1000枚。 この2つのパートをループさせていくことで出玉を増やしていく。 AT中の2種類のモード 「修羅モード」と「世紀末モード」の2種類が存在。 モードによってゲーム性が変化するが、継続率やストック性能はどちらも変わらない。 修羅モード 完走型STタイプ。 ラウンドパートでは、7個ある保留アイコンを昇格させていく。 引き戻しゾーンである「転生ゾーン」では、保留アイコンを使って1G完結のバトルが7回行われる。 保留アイコンによって勝利期待度が異なる。 サミートロフィーによる設定示唆 従来のサミー機種の流れ通り、以下のサミートロフィーによる設定示唆は健在。

次の

『パチスロ北斗の拳 天昇』速攻解析! 〜天井後の即ヤメ厳禁!?〜

北斗の拳転生 昇天 終了画面

以降は、中リールの停止形により打ち分ける。 ==中リール中段にベルが停止した場合== ハズレ or ベル or チャンス目。 左・右リールともに適当打ちでOK。 「中段ベルテンパイ+右リール下段にベル停止」となればチャンス目。 ==中リール中段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 左・右リールともに北斗図柄を狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 ==中リール中段に北斗図柄が停止した場合== リプレイ or 弱チェリー or 強チェリー。 まずは右リールを適当打ちし、リプレイが上段テンパイしたらリプレイ確定。 北斗図柄がテンパイしたらいずれかのチェリー確定。 左リールにも北斗図柄を狙い、中段にチェリーが停止すれば強チェリー、角にチェリーが停止すれば弱チェリー。 通常時の打ち方 (順押し) まず、左リール枠上 or 上段に北斗図柄を狙う。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 中・右リールともに北斗図柄を狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 ==左リール下段に北斗図柄が停止した場合== ハズレ or リプレイ or ベル or チャンス目。 中・右リールともに適当打ちでOK。 疑似ボーナス中・AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 演出発生時は通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 荒野ステージ AT終了後は、0~100G滞在の「荒野ステージ」へ移行。 「昇舞魂獲得」や「七星チャージ突入」の高確率状態となる。 なお、荒野ステージ中に疑似ボーナス「激闘ボーナス」に当選すると、強敵一人以上撃破が保証される。 七星チャージ 7G継続の世紀末ポイント獲得特化ゾーン。 主にレア小役で突入抽選が行われる。 突入期待度は「弱チェリー < スイカ < チャンス目 < 強チェリー」の順。 なお七星チャージ終了時は、必ずサブ液晶をタッチしよう。 その際の断末魔の種類によってモード示唆が行われる。 「あべし!!」なら通常B以上濃厚、「ひでぶ!!」なら通常C以上濃厚、「ヘブン!!」ならチャンスモード濃厚となる。 昇舞魂 昇舞魂とは、激闘ボーナスを有利に進めるために必要なアイテム。 昇舞魂を獲得すればするほど、激闘ボーナス時の「バトルレベル」・「小役レベル」が優遇され、バトル勝率が高くなる。 昇舞魂獲得契機は以下の通り。 バトルレベル&小役レベルは、通常時に貯めた昇舞魂に応じて決定される。 最終的に強敵を3人撃破すればAT確定。 なお激闘ボーナスは、「世紀末モード」・「修羅モード」から選択可能。 昇舞の刻 激闘ボーナスは、昇舞魂を消費してバトル勝率をアップさせていく「昇舞の刻」からスタートする。 昇舞魂の数だけPUSHが発生し、その都度「バトルレベル」・「小役レベル」がアップしていく。 どちらがアップするかは半々。 バトルレベルによるバトル開始時の勝利抽選 バトル開始時には、バトルレベルを参照して勝利抽選が行われる。 バトルレベルによる勝利当選率は以下の通り。 概要 AT「真・天昇ラッシュ」は、純増枚数約6. 減少区間は存在しない。 一度のAT突入での平均期待獲得枚数は約800~1000枚。 この2つのパートをループさせていくことで出玉を増やしていく。 AT中の2種類のモード 「修羅モード」と「世紀末モード」の2種類が存在。 モードによってゲーム性が変化するが、継続率やストック性能はどちらも変わらない。 修羅モード 完走型STタイプ。 ラウンドパートでは、7個ある保留アイコンを昇格させていく。 引き戻しゾーンである「転生ゾーン」では、保留アイコンを使って1G完結のバトルが7回行われる。 保留アイコンによって勝利期待度が異なる。 サミートロフィーによる設定示唆 従来のサミー機種の流れ通り、以下のサミートロフィーによる設定示唆は健在。

次の