スポーツ ジム コロナ 感染。 【ジム会員必読】各スポーツジムのコロナウイルス感染予防対策について

名古屋のジムで新型コロナウイルスに感染!場所は?誰がかかった?│ひつまぶしブログ

スポーツ ジム コロナ 感染

家でゴロゴロ飽きたな。。 ジム行きたいけどコロナが、、いつからジム再開していいのかな? コロナウイルスの感染が確認された場所として「ジム」があがりましたね。 ジムはトレーニングを通じ、感染者が使用したトレーニングマシンを使ったり、シャワー室、お風呂などと濃厚接触する可能性が非常に高い場所でもありますね。 そんなジムですがスポーツクラブNASやセントラルスポーツ、ジェクサーなど臨時休業するジムもあれば、複数人で行うプログラムなどを規制するジムもありますね。 コロナウイルスの終息は思った以上に先になりそうで、もうしばらくこの状態は続くと予想されます。 そんななか、ジムに行きたいけど本当に行って大丈夫か不安になる方も多いと思います。 最近ストレスたまってんなぁと思う。 普段ならジムでも行って運動するけど今行くのはやっぱりちょっと警戒しちゃう。 先日のsugarさんのlive で爆音で音楽聞くのもいいなぁと感じましたね。 楽しい時間でした。 もっと音質よく聞けるように色々揃えてみようかなぁ。 — 毒茶 toxintea スポンサーリンク ジムはいつから行っていい?再開のタイミングは? 一時的に臨時休業していたジムで再開するところも出てきていますが、、「本当にジムに行っていいの?」って思いますよね。 結論から言いますと当たり前ですが「ワクチン」ができるか、WHOが「終息宣言」をするまでは行くべきではないです。 最近では多くのジムではコロナの感染を防ぐために「スタッフの体調管理の徹底(微熱でも出勤停止)」、「トレーニングマシンを頻繁に除菌する」、「施設内の換気を徹底し、空気を清浄にする」など対策を取っていると聞きます。 ただ、ジムがどれだけ感染を予防するにしても利用者同士の感染は完全には防げないでしょう。 それに考えて欲しいのがこの状況でもジムを利用する人がどんな人であるかです。 コロナの感染を恐れておらず、日頃から予防意識が低い• 活発的で外部でコロナウイルスに感染している可能性が高い コロナウイルスはかかりたくなくても発症してしまうのは、自分の予防意識が低いこともありますが予防意識の低い人が周囲に多ければ確率も高まりますね。 こういった面からもジムにいくことは控えた方がいいですね。 まだ一人暮らしの人がいいですが、家族と一緒に住んでいる人は特に行くべきではないです。 どうしてもジムに行きたい!ダイエットしたい人は! 新型コロナウイルスですが国の対応策などをみて気づく方も多いと思いますが、状況はしばらく変わらないでしょう。 それでもジムで運動して痩せたい、筋肉を維持したい方は 自宅でマンツーマンのトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。 20分の無料体験を行なっているところがあったので試してみて自分に合うか判断しても損はないですよね! 他社より安く、実績もしっかりとしているのでジムに行きたくて悩んでいる方には良いと思います。 コロナの新薬はいつできる?既存の薬で代用も検討? 3月現在、世界的にも感染者が増えていく一方でワクチンの開発が急がれていますね。 2019年末に発見された新型コロナウイルスですが、2020年2月末にはアメリカがワクチンの臨床実験を始めたことを発表し、動物実験の段階まで来ている研究所も多いそうです。 4月ごろには治験を始めると思われ、うまく行けば予想よりも早く新薬が出る可能性もありますね。 スポンサーリンク なんでジムを通じてコロナが感染するの? コロナウイルスの感染が広がる原因としては「飛沫感染」と「接触感染」があります。 「飛沫感染」は咳や会話を通じ感染者から排出されるウイルスを吸い込むことで感染することで、ジムですとトレーナーと密に話す場合やプログラムなどで狭い場所で複数人が集まる場合などが感染する可能性が高いです。 「接触感染」は感染者から発せられるコロナウイルスが手につき、その手を口や鼻にもってくることで感染するケースを表します。 ジムの場合、共通のスポーツマシン、マットレスなどを使用しますし、1日に色んなトレーニングをする人が多いので感染が拡大する可能性が高いです。 普段はマスクをしている人もジムの時にはマスクは外しますし、ジムはかなり感染しやすい場所の1つです。 スポンサーリンク 家でできる食事ダイエット法は? ジムで運動することでダイエットしていた方にとってこの状況はキツイですよね。 一旦、自宅で筋トレを行う方も多いかと思いますが、食事を見直すことで太りにくくすることは十分に可能です。 ダイエットの中でも「糖質制限」が痩せるスピードが早く、「糖質」をたくさん取る生活は太りやすいだけでなく、筋肉や肌、髪などの体の元になる「タンパク質」を糖化させ、体の老化を加速させます。 ボディビルダーの方やスポーツ選手なども引き締まった筋肉を維持するために「糖質」の摂取量にはかなり気を配っていますね。 日本人の約40%は糖質を取りすぎており、メタボ人口が増えている原因の大きな1つです。 難しく考えず普段の生活で摂取している「糖質」、つまりご飯やパンなどの主食系の量を減らし、肉や魚、卵、大豆などの摂取量を増やしてみて下さい。 コロナの影響でジムを休会、退会する人は多い コロナウイルスの影響でジムに行くのを自粛し、落ち着くまで休会する人、もしくは退会する人も徐々に現れ始めています。 一般的にジムを休会すると休会費として数千円かかりますね。 感じ方は人それぞれですがタイミングをみてジムを退会する人も増えるのではないでしょうか? より引用 臨時休業中だった通ってるスポーツジムが金曜日から営業再開するみたい。 しかし、自分の家族に肺の病気持ちがいて、家族からはしばらくジムへ行くのを我慢してほしいと頼まれたので、手続きをして今月は休会にしました。 企業努力に脱帽。

次の

スポーツクラブで新型コロナ感染率が高い理由とは?健康意識が仇に?

スポーツ ジム コロナ 感染

スポーツジムやヨガ、感染の危険性が高い環境とは スポーツジムの利用者から複数の感染者が出ていることから、危険性は高いといえます。 実際にスポーツジムやヨガを利用する際の、具体的な感染リスクを考えてみましょう。 スポーツジムやヨガで感染リスクのあるシーン 行き帰りの移動中 徒歩や自転車、車での移動であれば比較的感染リスクは低いといえます。 もし電車やバスなど公共交通機関を利用する場合には飛沫感染、接触感染ともに注意が必要です。 スポーツジム施設内の物に触る機会が多い 着替え時に利用する ロッカーや運動器具、マシンなど、多くの人が共用する物がたくさんあります。 使用の都度消毒されていない、前に使用した人が手洗い、消毒していない可能性があるため、接触感染に注意が必要です。 周囲の人との距離が近く、長時間の接触がある 集団で行うレッスンやマシンの利用など、よほどすいている時間帯でなければ、 運動時に他人との距離が2メートル以上あくことがありません。 トレーナーとは 話をしたり、直接触れて指導を受けるといった接触が多くあります。 少なくとも30分~1時間はプログラムが続き、その前後にも同じレッスンの参加者同士で話をするなど長時間の接触可能性もあります。 マスクやメガネをしづらい 運動中にマスクをしていると息苦しさを感じるため、マスクをつけ続けるには不向きといえます。 症状のない人もマスクをし続けられない、とっさの咳エチケットが間に合わなかったといったケースが考えられます。 目の粘膜を無意識に触らないようにするためメガネも有効ですが、やはり運動中につけるには不向きです。 3つの「密」を避けることもポイントとされていますね。 スポーツジムでは、個人・グループレッスン問わず、他の利用者やトレーナーとの距離が近く、時間も長くなりがちです。 また運動するということは安静時よりも換気が必要な状況ですが、スポーツジムやフィットネスクラブは人と接する事が多く、3密を避けづらいといえます。 残念ながら スポーツジムやヨガは、感染を拡大させやすい環境といえるでしょう。 スポーツジムやヨガは予防策があれば安全?行くなら感染リスクを下げる行動を スポーツジム各社がアルコール消毒などの対策を取っているようですが、それで安全といえるでしょうか。 会員とはいえ不特定多数の人が出入りしており、皆が手洗いやアルコール消毒を必ずしているとは限りません。 利用する個人それぞれが予防のための対策をとることが、危険性を少なくするために重要です。 スポーツジム・ヨガに行く際の注意ポイント 改めてスポーツジムやヨガに行く際のリスクをまとめると、以下の4点でした。 スポーツジムへの行き帰りの移動中• スポーツジム施設内の物に触る機会が多い• 周囲の人との距離が近く、長時間の接触がある• マスクやメガネをしづらい こうしたリスクをふまえて、スポーツジム・ヨガにもし行く場合の注意すべきポイントは以下の7点です。 なるべくすいている時間帯に行く• 移動は徒歩、自転車、マイカーで• 入館時のアルコール消毒を必ず行う• 不特定多数の人が触るものに直接触らない、触った後は必ず手洗いまたはアルコール消毒する• 自分が使用するマシンやロッカー、運動器具はスタッフに確認の上、 使用前に消毒させてもらうか、直接触れないようにする• グループレッスンを避ける、受講する場合は なるべく他の人と距離をとる• できればマスクをする スポーツジムやヨガはどちらかというと感染の危険性は高いといえますが、各社も予防対策を取っています。 さらに個人が感染予防対策をしっかり取ることで、安全性を高めることができます。 スポーツジムに行くのは不安、でも運動したい時には? でもスポーツジムはやっぱり不安な時もありますよね。 コロナウイルスの感染対策も考えると、正直行くのが面倒になってきますね。 そもそもどうしてジムやヨガに通い始めようと思ったんでしょうか。 定期的に運動することが大事と思ったから、ダイエットしたいと思ったからなど理由があると思います。 実際、 運動不足だと太りやすくなるのはもちろん、生活習慣病のリスクがあがり、メンタルにも悪影響が出てきます。 普段は通勤や買い物など日常生活で意外と歩いているのですが、テレワークや外出自粛することが多くなり、ちょっとした運動量が減っています。 ということは、日常の数千歩の移動すらなくなり、 運動不足がますます進んでいる=太ったり生活習慣病になるリスクが高まっているのです。 外出自粛やテレワークなどの期間が長いほど、どんどん高リスクに!新型コロナウイルスの影響は数ヶ月、1年といった長期間になると予想されています。 もし数ヶ月、外出自粛したとしたら?毎日の運動不足がどんどん積み重なると考えると恐ろしくなりますね。 外出できない時だからこそ、運動を意識的に取り入れ、ずっと続けられることが重要です。 でもひとりで動画やDVDを見ながらストレッチやヨガに取り組んでも、正しいエクササイズなのかわからない、ひとりでは続かないから効果が出ないなんてことに。 そこでおすすめなのが、。 インストラクターとスマホなどでつながって、直接レッスンを受けられます。 自宅でヨガマットを敷くだけ、 早朝5時台から24時までレッスンが可能なので、起き抜けでも部屋着でもすっぴんでも寝る前もOK。 ジムだと移動するために荷物の準備や化粧に着替えも必要だし、時間を自由に決められない上に個別レッスンはなかなか受けられませんよね。 SOELUなら、インストラクターと直接つながるから、ポーズのチェックなどひとりひとりに合わせた指導を受けられます! エクササイズをきちんとできているかをビデオ通話でチェックしてもらえるので、 運動の習慣が続き、効果もばっちり上がります。 オンラインだから外出を控えたい最近でも、家にいながらリアルタイムに直接レッスンしてもらえるなんてうれしいですね。 80%以上の会員さんが1年以上継続しているそう。 いつでもできるという便利さは、気軽にスキマ時間を有効活用できます。 体験レッスンは無料で、月々1,980円(税抜)~とお手頃価格も魅力的。 運動は続けることが重要ですが、 SOELUなら時間や移動・準備の労力といった手間を最小限にすることで、無理なく無駄なく続けられますね。 インストラクターは全国から選りすぐられた200人以上、プログラムもヨガ、ピラティス、バレエエクササイズと100種以上、豊富に取り揃えられています。 自分にあったインストラクターやレッスンが見つかりそうですね。 興味はあるけど、近所のジムにはなかったプログラムが見つかるかも!こちらは男性OKレッスンもあるので、近くに男性OKのスタジオがなかったにもうれしいポイントですね。 ジムではパーソナルトレーナーに、個別レッスンやトレーニングを受けていたという方は「 」がおすすめ。 国家資格を取得したトレーナーが監修しており、月4回のマンツーマントレーニングと食事のカウンセリングをSkypeやLINEビデオ通話などのビデオチャットで受けられます。 パーソナルトレーニングをジムで受けるなら、平均20~30万円といわれています。 でもこの「LiveFit」なら、月々29,800円(税抜)でOK。 破格のお値段といってもいいですよね。 場所代やマシンなどの設備費がかからないために、格安での提供ができるのだそう。 腰痛や膝の痛みなどの悩みがある人でも大丈夫なのが、この「LiveFit」。 その理由は、整骨院が運営しているサービスで、医療系国家資格を持ち、栄養学や体や筋肉の構造を熟知しているトレーナーがサポートしてくれるからなんです。 普通のジムのトレーナーだと、実際にどういう知識や資格を持っているのかって確認しづらいので、安心感がありますね。 ビデオチャットなので、こちらもポーズやフォームがきちんとできているか、しっかり確認してもらえます。 今なら期間限定で20分間無料で、ビデオチャットを利用しての体験ができます!パーソナルトレーニングが無料体験できるって、なかなかありませんよね。 こちらのキャンペーンは、受けられる人数限定とのこと。 気軽に受けてみるのもアリですね! スポーツジムも利用者も感染予防対策が必要 新型コロナウイルスが流行する中、スポーツジムやヨガは大丈夫なのかということについて、感染ルートと考えられるリスクから注意ポイントをまとめました。 すでに スポーツジムでの感染者が出ているとの報道があり、やはり危険性はあるといえます。 しかしスポーツジム各社が、感染予防対策に力を入れているのも事実です。 かといって消毒されているから安全、というわけではありません。 スポーツジムの利用者全員が手洗いやアルコール消毒、マスクをしているとは限らず、 ひとりひとりの感染予防対策が重要となります。 予防策をとっていれば絶対に感染の危険性がなく安全だ、大丈夫だというわけではありません。 スポーツジムやヨガに行くかどうかについては、こうした リスクを正しく知った上で、それぞれの事情にあわせて判断することが必要です。 その上で 重要なのは感染予防に効果的な対策として、手洗いの方法やマスクのつけ方、咳エチケットなどを身につけることといえるでしょう。 運動をして体力をつけることは免疫力をあげ、健康的な生活を送ることにつながります。 感染予防対策もあわせて行い、 安心してスポーツジムやヨガを利用できるようにしたいですね。 スポンサーリンク.

次の

【特定】大田原市新型コロナ感染のスポーツジムの名前?場所どこ?パインズ?

スポーツ ジム コロナ 感染

日本フィットネス産業協会が発表した新型コロナウイルス対策のガイドライン 4月8日、日本フィットネス産業協会 FIA がスポーツジムの利用者並びに運動指導者、従業員の生命と健康を守るために、 業界共通の施設提供継続のための対応指針 ガイドライン を発表しました。 各スポーツジムは日本フィットネス産業協会 FIA が発表したガイドラインに準じて、コロナウイルス予防対策を実施しています。 あなたが通っているジムの運営は 日本フィットネス産業協会 FIA のガイドラインがベースになるため、まずはじめにを知ることがたいせつです。 日本フィットネス産業協会 FIA が発表しているガイドラインVer. 6は、かなりボリュームがあります。 ですので 今回は重要なポイントに絞ってお伝えしていきます。 特に重要なポイントについては「太字」で記載しました。 利用者の注意喚起 ホームページ・店頭掲示・書面配布等) 各スポーツジムが利用者に対して明確な注意喚起するよう、下記のガイドラインが作成されました。 マスク着用の徹底のお願い• 次の症状がある人はジムの利用を控えてもらう:「風邪の症状(くしゃみや咳が出る)や37. 5度以上の熱がある」「強いだるさや息苦しさがある」「咳、痰、胸部不快感のある」「同居家族や身近な知人に感染が疑われる人がいる」「その他新型コロナウイルス感染可能性の症状がある」• 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域渡への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある人はジムの利用を控えてもらう• 地域の学校にて休業の措置が取られている場合、幼児・学童・学生(18歳未満)の利用は控えてもらう• 感染による重症化を引き起こしうる疾病 糖尿病や心不全など)がある人の利用は控えてもらう ジムの利用者に対して「 マスクの着用」の呼びかけの指示が出されています。 ちなみにFIAのガイドラインでは、 国の注意喚起が解除されるまでスタッフのマスク着用が義務付けられています。 「くしゃみや咳が出たり、37. 5度以上の熱があるなど風邪の症状がある利用者に対してジムに来場しないこと」をホームページや店頭掲示で注意喚起するよう、FIAは各スポーツジムに対して指示を出しています。 ジムやスポーツクラブ利用時のマスク着用について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 施設内の消毒殺菌 入場口への手指消毒剤配置、施設内の殺菌消毒• 更衣室・手洗い場は清掃・除菌の通常以上の徹底。 トイレや出入り口のドアノブなど、不特定多数が触れる箇所の こまめな清拭と除菌( 最低推奨回数:2時間に1回• トレーニングエリアの密閉空間を避けるため、 1時間以内に3回以上を目安に空気の入れ替えを行う• マシン・トレッドミル使用後の汗を拭き取る場合、 共有で使う雑巾(タオル)は避け、消毒剤とペーパー類、ごみ箱を用意し使い捨て方式の措置を取る• マシン、トレッドミルの 隣同士のマシンを一台使用不可にしてスペースを確保(最低2メートル前提が望ましい)• フリーウエイトが密集している場合、優先順位の高いマシン以外は使用を禁止する• 集団型スタジオレッスンはしばらくの間、中止が望ましい• 集団型スタジオレッスンを開催する場合、「1時間あたりの空気の入れ替え回数を3回以上目安とする」「人数制限を設ける」「隣人との間隔は最低2メートル前提」「年齢制限を成人(18歳以上)」を厳守する• プールレッスンはしばらくの間、中止が望ましい 営業を再開するジムは入場口に手指消毒剤を設置することや、施設内の消毒徹底が求められています。 密閉空間の空気の入れ替えは、 1時間以内に3回以上が目安になっています。 マシン使用後の汗拭きタオルの使用はできる限り避け、消毒剤とペーパー類、ごみ箱を用意し使い捨て方式が推奨されています。 ウエイトマシンやランニングマシンは最低2メートルの間隔を確保できるよう、隣同士のマシンを使用不要にするなどの対策が必要になります。 どうしてもスペースが確保できない場合、 透明のビニールカーテンの使用が推奨されています。 フリーウエイトが密集していて、撤去が難しい場合、トレーニング部位の優先順位を検証し、優先順位の高い部位のマシン以外で間引けるマシンは使用禁止とする対応が求められています。 集団型スタジオレッスンやプールレッスンは、しばらくの間、中止が望ましいとしています。 以上が日本フィットネス産業協会 FIA が発表したガイドラインのポイントになるところです。 各スポーツジムはこのガイドラインをもとに、独自の対応を行っています。 次の章では各スポーツジムの感染予防対策についてご紹介していきます。 マスク着用必須• 入館時の手洗い・手指の消毒・マシン利用時の消毒の徹底• 利用時間制限 1時間程度• 入館制限 利用状況により制限実施する場合あり• 社会的距離を保ったマシンの稼働台数制限 半分程度など• 所属店舗以外の利用禁止 相互利用禁止• オリエンテーション・パーソナルトレーニングなど休止 グループトレーニング含む• マスク着用が必須になります。 入館制限を行っているかどうかは、店舗のホームページで確認できます。 店舗名の上に「入館制限中」の案内が出ていたら現在、入場制限を行っていることになります。 入場制限をしている場合、店舗の中で待つことはできません。 また外で並んで待つことは禁止となっています。 エニタイムフィットネスの現在の営業状況について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 入館時、すべての利用者に対し「検温」を実施• 有酸素マシンは一台ずつ間隔を空け、ランニングマシン・バイクマシンは約2メートルの距離を保つ• マシン1台1台に除菌用のアルコールを設置• マシンの除菌清掃は次亜塩素酸を使用• 館内の入り口、ドアノブ、マシングリップ、椅子、テーブル、接触頻度の高い箇所は、次亜塩素酸で使用の都度、除菌清掃強化を実施• 館内は常に窓を開けた常時換気と、給排気を使用した24時間換気、スタジオプログラムが終了するたびに1日10回以上30分間の換気を実施• スタジオプログラム間隔は45分以上空け、除菌清掃の徹底• スタジオプログラムは一定の距離を保つため4坪に1人の数で定員制とし、ドアを開放した状態で実施• 感染拡大防止のため、冷水器、ハンドドライヤー、血圧計は使用停止• 館内のトイレ、更衣室は、15分毎に次亜塩素酸による除菌清掃を実施• ロッカーは、一窓ずつ感覚を開け、隣の方と距離をとって利用 上記はすでに営業を再開している店舗が発表している感染予防対策になります。 内容は店舗によって若干異なります。 ジョイフィット JOY FIT は、 利用者に対して「検温」実施や マシン1台1台にアルコールを設置するなど、厳重な感染予防対策を行っています。 またマスクを持っていない人や忘れてしまった人のために、 一部の店舗では手作りマスクを配布しています。 利用制限については有酸素マシンの台数制限はあるものの、入場制限や相互利用の禁止などは行っておりません。 ワールドプラスジム• 施設利用時はマスク着用• 0度以上の発熱等、体調不良時の利用は不可• 登録店以外の利用は禁止• 利用状況により、入場制限を行う場合あり• マシンジム、ロッカールームのみ利用可能• ジムマシンの使用台数制限や間引き運転の実施• マシンジム、ロッカールームについても、「3密」を回避するため、間引きでの運営• 時間短縮営業• 2時間毎にクリーンタイムを設け、 清掃&館内換気を実施• 各エリアに 消毒液を設置・増設• ドアノブや手すりなど 人が触れる箇所を 巡回除菌清掃 コナミスポーツは マスク着用が必須であり、また利用状況に応じて入場制限を行うことをホームページで発表しています。 利用できるのはマシンジムとロッカールームのみで、「3密」を避けるために間引きでの運営をしています。 2時間毎にクリーンタイムを設けたり、ドアノブなどの人が触れやすい箇所の巡回除菌清掃の徹底をしています。 コナミスポーツでは、 利用者の入館時の 体温チェックは行っておりません。 ルネサンス• レッスン時のフェイスシールド着用• 全スタッフ マウスカバー 水着素材 着用• 来館者の入館時体温チェックシステムの導入• フロント等でのパーティション設置• 館内除菌の徹底• ソーシャルディスタンス 社会的距離 の徹底 5月31日まで全施設の休業を発表しているルネサンスは、ホームページ上で再開に向けた取り組みの一部を発表しています。 レッスン時の フェイスシールド着用や、全スタッフが ミズノ製のルネサンス専用マウスカバー 水着素材 を着用する点は、ルネサンス独自の取り組みになります。 マウスカバーのことを初めて聞く人が多いかもなので、イメージしやすいように下記に写真を載せておきます。 ミズノの水着素材のマウスカバー。 15日から予約受け付け、2万枚が即完売しました。 マスク着用の協力• 館内の除菌作業の強化のため営業時間を短縮• 清掃・除菌の徹底• 入館時の手洗いの徹底・体温チェックの協力• ビニールカーテンでの仕切りを設置• グループレッスンの人数制限• 換気扉は24時間運転。 レッスン時は扉を開けて実施• トレーニングマシンの利用時間制限• 県をまたぐ他クラブ利用の自粛 ルネサンスはマスク着用や体温チェックが 必須でなく、協力のお願いをしています。 換気については24時間運転をしています。 コナミスポーツのような2時間おきのクリーンタイムなどは実施されていない模様です。 セントラルスポーツクラブのホームページでは、 スタッフが 臨時休館中に除菌及び清掃を実施したことが写真付きで紹介されています。 スポーツクラブNAS• 可能な限り、マスク等の着用• 施設入館の際に「健康チェックシート」の記入• 館内の換気を強化• 手指消毒液を各所へ設置• トレーニングジムエリアの各マシンに設置された 清掃タオルの撤去• カーディオマシンの利用台数制限• スタジオプログラム、レッスンの上限時間設定およびご利用時の換気強化• プールご利用開始時、終了時のシャワーは充分に浴びること• ロッカー・お風呂(浴槽内・体洗い場)・サウナ等を利用する際は、ソーシャルディスタンスを保つ スポーツクラブNASは、 入館時に「健康チェックシート」記入の徹底をしています。 記入する項目は、日本フィットネス産業協会 FIA が定めた『熱やだるさがないかのチェック、 過去 14 日以内に海外への渡航履歴のチェックなど』になります。 またマシンに設置された清掃タオルの撤去や、手指消毒液の設置台数を増やすなどの取り組みをしています。 ホットヨガ「LAVA ラバ 」• 来店時に「ヘルスチェックシート」の記入• 受付時に手指の消毒• 会員証・鍵・金銭等の手渡しを控える• フロントにて 弱酸性電解水(次亜塩素酸水)のヨギッシュプラスを、お一人様1本無料で貸し出し• 従来よりもレッスン間隔を長く取り、レッスン間に消毒を徹底• マスク着用の協力(施設内・レッスン時)• 手拭き用の各種タオルは撤去• スタジオ内の感染予防のため、 定員数を半減• インストラクターと会員が触れるアジャスト ポーズ調整 は中止• レッスン後に、弱酸性電解水(次亜塩素酸水)を空中散布して消毒• ヨガマットを持参を推奨 ホットヨガ「LAVA ラバ 」は 入館時に「ヘルスチェックシート」記入の徹底をしています。 チェック項目は日本フィットネス産業協会 FIA のガイドラインの内容がベースになっていて、過去14日以内に発熱や風邪の症状、海外の渡航歴の確認になります。 LAVA ラバ では、コロナウイルス感染予防に効果的な次亜塩素酸水を 1本無料で提供しています。 またレッスン後は、次亜塩素酸水を使ってスタジオの消毒を徹底しています。 スタジオに完備されているヨガマットを利用することもできますが、LAVA ラバ は ヨガマット持参の推奨をしています。 LAVA ラバ の5月以降の運営情報について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にして下さい。 まとめ これまで各スポーツジムのコロナウイルス感染予防策についてご紹介してきました。 感染予防策を比較すると分かると思いますが、各スポーツジムによって対応が異なります。 入館時に検温を実施しているジムもあれば、ヘルスチェックシートを実施しているジム、特にチェックを行っていないジムなど対応は様々です。 今回ご紹介したスポーツジムの中で 感染予防対策の内容が最も充実していたジムは「 ジョイフィット JOY FIT 」になります。 利用者全員に検温の実施、除菌や清掃の頻度について具体的な時間をホームページで公表しています。 スタッフが入念にコロナウイルスの感染予防対策していることが確認できるので、ジョイフィット会員の方は安心してジムが利用できることでしょう。 独自の感染予防対策を計画しているルネサンスにも注目です。 レッスン時のフェイスシールド着用や、 全スタッフがミズノ製の水着素材マウスカバーを着用することがホームページで告知されています。 ルンサンスは5月末まで、すべての施設が臨時休業となりますが、再開後は大きな注目を集めそうです。 最後に興味深い記事を1つご紹介します。 世界の循環器疾患領域に強い影響力をもつ米国心臓協会(American heart association;AHA)がコロナウイルス状況においても安全性を確保しながら運動を継続することの重要性を訴える記事をしました。 オハイオ州インディペンデンスにあるケント州立大学のMark Dalman氏は、 スポーツジムで最も汚染が少ないのは、バスルームのレバーとドアハンドルであり、一方「 木材、革、多くの手袋、そのような多孔質のものはウイルス粒子が付着している可能性がかなり高い」と言っています。 各スポーツジムではコロナウイルス感染予防対策を発表しています。 ぼくたちジム利用者は ジム側の予防策にすべて頼るのではなく、一人ひとりが下記のような感染予防を心がける必要があります。 アルコール除菌シートを持参する• ヨガを受ける場合はヨガマットを持参する• 利用者が少ない時間帯をスタッフに確認する• 着替え用のかばんを別で持っていく(細菌の繁殖防止) 各スポーツジムで新型コロナに対する万全の感染予防策を実施してくれていますが、ぼくたち一人ひとりができる予防策もあります。 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナウイルス感染予防に対して細心の注意を払わなければいけません。 楽しく、そして気分良く快適にジムが利用できるよう、本記事の内容を参考にしていただければと思います。 ぼくはコロナウイルスが完全に収束するまで、 4年間通っていたジムを退会を決心しました。 それについての記事が下記になります。

次の