剣盾 炎上。 【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【シーズン5後期】

【ポケモン剣盾】リストラ・互換切り問題とコメントまとめ【ソードシールド】

剣盾 炎上

9日夜に突然発表されツイッターなどですぐにトレンド入りした、人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの初となる有料追加ダウンロードコンテンツ(DLC)「エキスパンションパス」。 シリーズ最新作のNintendo Switchソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』(公式略称:ポケモン剣盾)に出現しないポケモンや新たなエリアなどが登場するものだが、この施策にファンから賛否両論の声があがっている。 その理由はなぜなのか?一連の流れをまとめてみた。 「エキスパンションパス」(2980円 税込)は『剣盾』から繋がる2つの追加コンテンツにて構成され、第一弾「鎧の孤島」は6月末までに、第二弾「冠の雪原」は秋までに配信。 剣・盾用の2種類あり、出現する野生のポケモンや一部の登場人物に違いがある中、主人公は『剣盾』の舞台であるガラル地方に存在する新たなエリア「ヨロイじま」「カンムリせつげん」を訪れ、新たな人や新たなポケモンと出会いながら、冒険を続けていく。 『剣盾』のセーブデータをそのまま引き継いでの冒険が可能で、「ヨロイじま」「カンムリせつげん」には『剣盾』に登場しなかったポケモンたちが多数生息しており、新たに発見された伝説のポケモンや過去作に登場したポケモンたち含めて合計約200種類以上が出現し、仲間にできる。 昨年11月に発売された『剣盾』では新種を含めて400種類のポケモンをゲットすることができるが、これは、前作3DSソフト『ポケットモンスターサン・ムーン』シリーズでゲットできた800種類以上に比べて半分。 発売前から一部のポケモンは登場しないことが一部報道などで明かされていたが、従来の半数が登場しないことになりファンの間で「ポケモンのリストラ」と言われていた。 1996年に発売された1作目『ポケットモンスター 赤・緑』以降、現在までにリメイク版などを含めて19作、完全新作として8作発売してきた『ポケモン』シリーズ。 思い入れがあるがゆえに『剣盾』で「自分の好きなポケモンが出現しない」事実を知り、批判が起こるのは仕方がないことだ。 話を戻すと、今回のDLCは現在『剣盾』に登場していないポケモンを新たに登場させるというもの。 伝説を含めて過去作のポケモンを登場させるという意味では、「自分の好きなポケモン」が出現する機会であるため救済される形となり、公開された映像や情報をみて「ガブリアスだ!」「ラッキー、デデンネ…かわいい子がたくさん!」「リストラ組の復帰で朗報」「いいと思う。 個人的にはガチャゲーよりこういう支払いの方がいい」と喜ぶ声が出ていた。 一方で「発売から2か月もしないうちにDLCの紹介って、結局剣盾は未完成品だったってことですよね?」「感動や感謝してる奴多いけど『いや最初からこれくらいやっとけ』なんやぞ。 それくらい剣盾スカスカやったぞ」「リストラされたポケモンを有料で売るよってイメージしかない。 要は60%のゲームを販売して有料追加コンテンツ買うことでやっと100%になるよって事」など、シリーズ初となる有料追加コンテンツに疑問視する声が。 バトル環境においては少なからず影響は出ると予想されるが、有料部分については、この「エキスパンションパス」を購入しなくても『剣盾』に対しての無料アップデートが予定されており、通信交換などを通じて新たに加わるポケモンたちが入手可能。 また、2月にサービス開始予定のクラウドサービス『Pokemon HOME』(有料・無料かは不明)を経由して、過去シリーズなどから「エキスパンションパス」に登場するポケモンたちを連れてくることができるため、有料コンテンツに抵抗がある人に向けての配慮と対応はしていく。 9日夜の発表にもかかわらず大きな話題となったポケモン初の有料追加ダウンロードコンテンツ「エキスパンションパス」。 初の試みに賛否両論の声が出るのは仕方がないが、一連の流れに「全ポケモンいないと未完成言われちゃうのか。 しんどいなぁポケモン剣盾」「20年以上支持されてきたものだからな〜。 何をやっても、いろんな意見は出るよ」と『ポケモン』コンテンツへの期待の表れと捉える意見も出ている。 (C)2020 Pokemon. (C)1993 2020 Spike Chunsoft.

次の

ポケモン初の有料化DLCに賛否両論 新作『剣盾』に種類追加「リストラの救済」

剣盾 炎上

9日夜に突然発表されツイッターなどですぐにトレンド入りした、人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの初となる有料追加ダウンロードコンテンツ(DLC)「エキスパンションパス」。 シリーズ最新作のNintendo Switchソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』(公式略称:ポケモン剣盾)に出現しないポケモンや新たなエリアなどが登場するものだが、この施策にファンから賛否両論の声があがっている。 その理由はなぜなのか?一連の流れをまとめてみた。 「エキスパンションパス」(2980円 税込)は『剣盾』から繋がる2つの追加コンテンツにて構成され、第一弾「鎧の孤島」は6月末までに、第二弾「冠の雪原」は秋までに配信。 剣・盾用の2種類あり、出現する野生のポケモンや一部の登場人物に違いがある中、主人公は『剣盾』の舞台であるガラル地方に存在する新たなエリア「ヨロイじま」「カンムリせつげん」を訪れ、新たな人や新たなポケモンと出会いながら、冒険を続けていく。 『剣盾』のセーブデータをそのまま引き継いでの冒険が可能で、「ヨロイじま」「カンムリせつげん」には『剣盾』に登場しなかったポケモンたちが多数生息しており、新たに発見された伝説のポケモンや過去作に登場したポケモンたち含めて合計約200種類以上が出現し、仲間にできる。 昨年11月に発売された『剣盾』では新種を含めて400種類のポケモンをゲットすることができるが、これは、前作3DSソフト『ポケットモンスターサン・ムーン』シリーズでゲットできた800種類以上に比べて半分。 発売前から一部のポケモンは登場しないことが一部報道などで明かされていたが、従来の半数が登場しないことになりファンの間で「ポケモンのリストラ」と言われていた。 1996年に発売された1作目『ポケットモンスター 赤・緑』以降、現在までにリメイク版などを含めて19作、完全新作として8作発売してきた『ポケモン』シリーズ。 思い入れがあるがゆえに『剣盾』で「自分の好きなポケモンが出現しない」事実を知り、批判が起こるのは仕方がないことだ。 話を戻すと、今回のDLCは現在『剣盾』に登場していないポケモンを新たに登場させるというもの。 伝説を含めて過去作のポケモンを登場させるという意味では、「自分の好きなポケモン」が出現する機会であるため救済される形となり、公開された映像や情報をみて「ガブリアスだ!」「ラッキー、デデンネ…かわいい子がたくさん!」「リストラ組の復帰で朗報」「いいと思う。 個人的にはガチャゲーよりこういう支払いの方がいい」と喜ぶ声が出ていた。 一方で「発売から2か月もしないうちにDLCの紹介って、結局剣盾は未完成品だったってことですよね?」「感動や感謝してる奴多いけど『いや最初からこれくらいやっとけ』なんやぞ。 それくらい剣盾スカスカやったぞ」「リストラされたポケモンを有料で売るよってイメージしかない。 要は60%のゲームを販売して有料追加コンテンツ買うことでやっと100%になるよって事」など、シリーズ初となる有料追加コンテンツに疑問視する声が。 バトル環境においては少なからず影響は出ると予想されるが、有料部分については、この「エキスパンションパス」を購入しなくても『剣盾』に対しての無料アップデートが予定されており、通信交換などを通じて新たに加わるポケモンたちが入手可能。 また、2月にサービス開始予定のクラウドサービス『Pokemon HOME』(有料・無料かは不明)を経由して、過去シリーズなどから「エキスパンションパス」に登場するポケモンたちを連れてくることができるため、有料コンテンツに抵抗がある人に向けての配慮と対応はしていく。 9日夜の発表にもかかわらず大きな話題となったポケモン初の有料追加ダウンロードコンテンツ「エキスパンションパス」。 初の試みに賛否両論の声が出るのは仕方がないが、一連の流れに「全ポケモンいないと未完成言われちゃうのか。 しんどいなぁポケモン剣盾」「20年以上支持されてきたものだからな〜。 何をやっても、いろんな意見は出るよ」と『ポケモン』コンテンツへの期待の表れと捉える意見も出ている。 (C)2020 Pokemon. (C)1993 2020 Spike Chunsoft.

次の

【ポケモン剣盾】リストラとはいったい何なのか?|炎上した理由とは

剣盾 炎上

ファンのみなさん、いつもポケモンを大切に思ってくれて、本当にありがとうございます。 先日、「ポケットモンスター ソード・シールド」に一部のポケモンを連れて行けないことを発表しました。 みなさんの様々なメッセージや意見を読み、みなさんのポケモンに対する愛を、改めて深く感じました。 みなさんと同じように、私たちもポケモンに対する愛を持っています。 みなさんと同じようにポケモン1匹1匹はとても大切だと考えています。 私自身はずっと「ポケットモンスターシリーズ」の開発を行ってきましたので、本当に難しい決断でした。 改めて伝えたいと思いますが、ソード・シールドに登場しなかったポケモンがいるとしても、その先のソフトに今後も登場しないわけではありません。 ポケモンの世界は今後も広がっていきます。 ガラル地方には、初めて出会うポケモン、見知らぬトレーナーとのバトル、そして新しい冒険が待っています。 みなさんに喜んでいただけるよう、心を込めて制作に取り組んでいますので、楽しみにお待ちいただければと思います。 2019. ただ、ポケモンソードシールドで登場しなかったポケモンはこの先のソフトで登場するとのことなので、完全なリストラ・互換切りにはならないそうです。 ガラル地方で見つかった新たなポケモンや新たなシステムなども実装されるので楽しみにしていて欲しいといった感じでしょう。 現時点で実装される過去作ポケモンが続々判明していますが、最終的な登場ポケモン数のボリュームがどの程度になるのか気になる所です。 ポケモンユーザーの反応やコメント ポケモンリストラ・互換切り問題に関するポケモンユーザーの反応や意見をまとめています。 否定的な意見 マイナーポケモン削除して何が悪いんだ? どうせ使わないだろ? 今のままだと数増えすぎて破綻するのわかるから英断だよ ガラル地方のポケモンまで合わせるとポケモンの総数が1000体を越えるようですからね・・・。 今後登場するポケモンをどのように登場させるのかがゲームフリークに課題になってくるのではないでしょうか。 今後登場するポケモンについて ポケモンソードシールドで登場する新ポケモン、過去作ポケモンはポケモンダイレクトや任天堂ダイレクトの最新情報によって明らかになってきていますが、ポケモンソードシールド全体で何体のポケモンが実装されるかは判明していません。 ポケモンソードシールドの公式サイトや動画に一瞬でも映れば過去作ポケモンは登場確定なので、細かくチェックしていきましょう。

次の