ストレス 湿疹 かゆみ。 皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)・かゆみ : 悩み別漢方

身体中がかゆいのはストレスが原因かも?病院は何科に行けばいいの?

ストレス 湿疹 かゆみ

[目次]• ストレスによる前ぶれのない湿疹、前ぶれのない赤み&かゆみ 赤くブツブツとした湿疹が起こる原因には、摩擦や貴金属によるアレルギー、化学成分、植物によるかぶれなどがあります。 また、似たような症状の蕁麻疹(じんましん)は、虫刺され、発汗、食物アレルギーなどが原因となり、紅斑(こうはん)という赤い斑点や皮膚がもり上がる膨疹(ぼうしん)が生じます。 どちらもかゆみを発生させるため、かいてしまうことで悪化することがあります。 湿疹とストレス、蕁麻疹とストレスとの関係は? 湿疹 アレルギーが原因となる湿疹(内因性湿疹)の原因は複雑で、遺伝による体質やアレルギーも関係しています。 子供に多いのは食べ物によるアレルギーで、大人ではカビやダニ、ホコリなどのハウスダストによる発症が多いといわれていますが、ストレスによる影響も大きいと考えられています。 また、内因性湿疹にアトピー性皮膚炎が含まれるように、ストレスによる免疫力の低下や皮膚の水分量低下によって、発症と再発を繰り返してしまうことがあります。 蕁麻疹 蕁麻疹の原因は、食物、薬物、温度変化、日光、疲労などのさまざまなものがあり、一つに特定することはできないとされています。 そのメカニズムとして、なんらかの刺激と皮膚に存在する肥満細胞、血管から分泌されるヒスタミンなどの化学伝達物質が関わっていることがわかっています。 ヒスタミンが放出されると、血管が開いて赤く見え、血液の中の血漿(けっしょう)成分が血管の外にむくみを作ります。 同時に、ヒスタミンが痛みやかゆみを知覚する知覚神経に作用し、その刺激がかゆみとして感じられるのです。 ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れは、ヒスタミンを過剰に分泌させるため、ストレスも蕁麻疹の原因のひとつだと考えられています。 湿疹、蕁麻疹が起こったときの対処 特に明確な原因がない場合や頻発する場合は、ストレスによる影響が大きいと考えられます。 新しい環境や緊張を感じるだけでも皮膚に異変として現れることもよくあります。 もし、湿疹や蕁麻疹と思われる症状が起こった場合、まずは皮膚への刺激となっている原因を避ける必要があります。 皮膚にかゆみを感じても掻かないように注意しましょう。 患部を冷やす事もかゆみをやわらげる手段のひとつです。 詳しくは、の記事も参考にしてください。 病院では症状によって抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、ステロイド薬などが処方されますが、根本的な原因がストレスにある場合は、なるべくストレスを溜めこまないように過ごすことが必要です。

次の

突然の湿疹は「ストレス」が引き起こしている!

ストレス 湿疹 かゆみ

ストレス性皮膚炎の対処の仕方! 皮膚炎、と聞くとジュクジュクした膿みや腫れを想像してしまいがちですが、実は プツプツと現れる湿疹も皮膚炎に含まれます。 ゆえに、皮膚に起こる症状の殆どは皮膚炎と考えてよいでしょう。 また、皮膚炎を引き起こす原因は様々にあり、ハウスダストや花粉などのアレルギー、細菌やカビなどによる感染症、蚊やダニなどの虫刺され、洗剤や灯油などの接触によるものが挙げられます。 しかし中には、これら上記のケースに該当しない状態で皮膚炎を発症する方もいらっしゃいます。 その場合、「 ストレス性皮膚炎」と診断されるケースもあるようですが、ではそのストレス性皮膚炎とは一体どういったものなのでしょうか。 そこで今回は、ストレス性皮膚炎について調べてみました。 ストレス性皮膚炎とは? ストレス性皮膚炎とは、その名の通り ストレスが原因で起こる皮膚炎です。 アレルギー物質や感染症が原因ではないため、これらを遠ざけても皮膚炎が治らないのが特徴で、また、塗り薬などの処方薬を使用しても症状が改善されない場合や悪化した時などに、このストレス性皮膚炎を疑われます。 過剰なストレスが掛かると自律神経に乱れが生じますが、この時、免疫力も低下してしまいます。 免疫力が落ちてしまうと、それまでは何てことがなかった刺激にも弱くなってしまい、特に外気に晒される肌はその影響を受けやすくなってしまいます。 皮膚炎を始めとした皮膚疾患と自律神経は、実は密接な繋がりがあると言われています。 ストレス性皮膚炎の症状は? ストレス性皮膚炎は、その他の皮膚炎と同じように湿疹ができたり、痒みを感じたりする皮膚の炎症です。 見た目だけでは他との違いを区別することが難しい面がありますが、皮膚科に行って処方された痒み止めの薬を飲んでも痒みが治まらない、もしくは悪化する場合はストレス性皮膚炎を疑ってもよいかも知れません。 ストレス性皮膚炎の場合、皮膚炎の原因が過剰なストレスによる免疫力の低下にあるため、いくら皮膚の炎症を抑えても根本的な解決ができない状態となってしまうのです。 皮膚科の医者の中には、処方した薬が効かない場合にストレス性皮膚炎を疑い「何か最近ストレスに感じることはありますか?」と聞いてくれることもありますが、「この薬が効かないから次はこの薬」というように、対処療法だけを提案しストレス性皮膚炎を疑わない場合もあります。 実際にストレス性皮膚炎を患った方の中には、医者に「ストレスを感じていないか?」と聞かれたことが切っ掛けで自分が多大なストレスを抱えていたことを認識し、そのストレスを除去することで皮膚炎が劇的に回復したという方もいらっしゃいます。 このように、 ストレス性皮膚炎の場合は、痒み止めや湿疹に塗る薬を飲んでも症状が改善しないというのが症状として現れます。 ストレス性皮膚炎の時の対処法は? 皮膚科ではストレス性皮膚炎の診断はしてもらえても、ストレスの解消法を教えてくれることはまずありません。 Sponsored Link 痒みがひどい場合や湿疹が多く出ている時には、その症状に対する治療は行ってもらえますが、ストレス性皮膚炎の根本原因であるストレスを取り除かないことには、何度も同じ状態を繰り返すことになってしまいます。 ストレスを解消する方法というのは人それぞれにあると思いますが、スポーツもその一つです。 動くことで汗をかき、皮膚炎がひどくなると考えるかも知れませんが、 汗をかくことでストレスが解消されれば結果的には皮膚炎の完治にも繋がります。 その際、肌を刺激する汗はしっかりと拭くことが大切ですが、タオルなどで肌を擦り過ぎたりしないように注意をして下さい。 ストレス性皮膚炎のおススメの市販薬 ドラッグストアで購入できるオイラックスは、ステロイドの中で最も作用が緩いヒドロコルチゾン酢酸エステルが配合されているので、「ステロイドが入っている物はなるべく使いたくない、だけど痒みはしっかり抑えたい」という方にはお勧めです。 販売会社URL: ストレス性皮膚炎の時には、病院は何科に行けばいいの? ストレス性皮膚炎は、皮膚に炎症ないし湿疹ができている状態を指しますので、 皮膚科を受診して問題ないと思われます。 ただし、皮膚炎がなかなか治らない、何度も繰り返す場合はそのまま皮膚科に通い続けても治らないかも知れません。 自身で皮膚炎の原因がストレスだと認識し、その改善を図るやめにストレス解消法を行ってみても治らないのであれば、 心療内科を受診するのがよいかも知れません。 カウンセリングを受けることで心の負担が軽くなり、ストレスを軽減することができるからです。 また、 漢方内科がある病院ならそちらを受診してみるのもよいでしょう。 漢方薬の中にはストレスに効くものもたくさんあります。 ストレス性皮膚炎の予防の仕方 ストレス性皮膚炎を予防するには、ストレスを溜めないことが一番です。 スポーツをしたり趣味を持つこともストレス発散に役立ちますが、それよりも自分の思考のクセを知り、ネガティブなことばかりを考えそうになってきたら、強制的に断ち切ってしまうことも必要です。 要するに、「考えない」のです。 そして、全く違うことをするのがよいでしょう。 特に、笑っている時間が多い方がストレスには有効なので、お笑い番組を見るとか、落語の寄席を見に行くとか、友達と談笑するなどの時間を作ってみましょう。 同様に泣くこともストレス発散に効果があると言われているので、ストレスが溜まってきたなと感じたら思いっ切り泣ける映画を見るなどして泣いてみて下さいね。 ストレス性皮膚炎のまとめ ストレス性皮膚炎を患った経験のある方の多くが、ストレスを極限まで溜めてしまい、しかもそれに気付かなかったことである日突然、何の前触れもなく皮膚炎という形で現れたと言っています。 湿疹や痒みが治まらない時はそれがまたストレスとなった方も多いようですが、皮膚炎の原因がストレスとわかったことでストレスを発散させたり、時にはストレスの原因から逃げることで対処し、皮膚炎を完治させたそうです。 もし、薬を塗ってもなかなか治らない皮膚炎になってしまったら、それはストレス性皮膚炎かも?と思って、心当たりがないか考えてみましょう。 そして、ストレスに心当たりがある場合は、早めにそのストレスを減らすようにしてみて下さい。

次の

手がかゆい原因はなに?ストレスによるもの?薬は何をつかう?

ストレス 湿疹 かゆみ

冬の乾いた外気と、皮脂の欠乏、発汗の低下などが合わさって生じる皮膚の病気で、病名の通りかゆみが強いのが特徴です。 皮脂の分泌が少なくなる高齢者や妊娠中の女性に多い病気とされています。 皮膚は乾燥して粉が吹いて、白っぽくなっていることが多く、掻いたあとが赤くなり、掻き壊すことで血がにじんだり、色素沈着が起こったりすることもあります。 皮膚掻痒症をはじめ、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)など、皮膚の病気にはかゆみを主訴とするものが数多くあります。 皮膚は、表皮と真皮、皮下組織という3つの層からできています。 表皮の一番外側にあるのが角層で、水分を豊富に含んでいます。 真皮には、表皮に栄養や酸素を運ぶ毛細血管が張り巡らされています。 表皮と真皮には痛みやかゆみなどを感じる知覚神経が伸びています。 毛糸のセーターを着るとチクチクしてかゆくなるのは、この知覚神経の末端が刺激されるためです。 皮膚掻痒症では、皮脂の欠乏や発汗の低下などによる角層の乾燥によって、外部の刺激から皮膚を守るバリア機能が失われるため、知覚神経が刺激を受けやすくなり、かゆみが生じやすいのです。 皮膚掻痒症の薬物治療 治療は皮膚の乾燥を防ぐため、保湿剤(ヘパリン類似物質やセラミド、ヒアルロン酸など)のクリームやローションを塗る治療が主体となります。 かゆみがひどい場合は、一次的にステロイド薬を使うこともあります。 抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬など、かゆみを止める内服薬を使うこともありますが、効果が十分でないこともあります。 また、室内でエアコンなどの暖房器具を使う際は加湿も欠かさないなど、部屋の湿度を一定に保つ(一般に、室内で快適な湿度は40〜60%とされている)といった環境改善も、症状改善には大切です。 かゆみは痛みと違い、掻くという行為によって解消できる症状です。 しかし、一度、掻きはじめると、掻くこと自体が刺激となってさらにかゆみを増すという悪循環が生じてしまいます。 強いかゆみは大きなストレスとなり、睡眠障害が起こったり、イライラから人間関係が壊れてしまったりする例もあります。 また、皮膚掻痒症の多くは加齢や体質の変化によって起こる良性の病気ですが、なかには腎臓や肝臓の病気、糖尿病、甲状腺の病気、がん、薬の副作用などが原因となることもあります。 一度、専門の医師に診てもらうことをお勧めします。 漢方では、漢方の独特な考え「気・血・水(き・けつ・すい)」から不調を探っていきます。 皮膚掻痒症は、皮脂の欠乏や皮膚の乾燥が原因となっていることから、「気・血・水(き・けつ・すい)」の水の不足により起こっていると思いがちですが、実際は「血虚(けっきょ)」が原因であると考えられています。 血は全身に酸素や栄養を行き渡らせる役割があるので、血の循環が滞ると皮膚に栄養が行き渡らなくなり、皮脂や汗の分泌低下が起こってきます。 それが皮膚の乾燥をもたらすわけです。 漢方では、こうした皮膚の症状に加え、睡眠障害、精神不安など合わせ持つ症状や、体格、表情などをもとに、その人に適した漢方薬が処方されます。 具体的には、とくに血虚が顕著で乾燥が強い患者さんには当帰飲子(とうきいんし)などを、不眠症や精神不安などメンタル的な要素も加わっている患者さんには加味帰脾湯(かみきひとう)などを、高齢者で体質的に虚弱な患者さんには、人参養栄湯(にんじんようえいとう)などを用いることもあります。 もちろん、漢方薬の服用だけでなく、乾燥を防ぐ保湿剤の使用、環境の改善などは必要です。 黄連解毒湯 おうれんげどくとう) 体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色が赤く、いらいらして落ち着かない傾向のある方の湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみなど 消風散 しょうふうさん) 体力中等度以上で、かゆみが強くて分泌物が多く、 ときに局所の熱感がある方の湿疹・皮膚炎、蕁麻疹など 当帰飲子 とうきいんし) 体力中等度以下で、冷え症で、皮膚が乾燥する方の湿疹・皮膚炎、かゆみなど 六味地黄丸 ろくみじおうがん) 体力中等度以下で、疲れやすい方のかゆみ、むくみなど 牛車腎気丸 ごしゃじんきがん) 体力中等度以下で、疲れやすく、四肢が冷えやすくむくみがある方のかゆみ、しびれなど 真武湯 しんぶとう) 体力虚弱で、冷えがあって、疲労倦怠のある方の湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみなど など 漢方薬の良さは、皮膚のかゆみで生じる皮膚以外の問題を改善できること、また一定期間飲み続けることで、皮膚が乾燥しにくいよう体質改善が望めること、などが挙げられます。 漢方の診察では、独自の「四診」と呼ばれる方法がとられます。 一見、ご自身の症状とはあまり関係ないように思われることを問診で尋ねたり、お腹や舌、脈を診たりすることがありますが、これも病気の原因を探るために必要な診察です。 *すべての医師がこの診療方法を行うとは限りません。 一般的な診療だけで終える場合もあります。 【監修医師】 九州大学大学院医学研究院皮膚科学分野 教授 古江増隆先生 1980年 3月東京大学医学部 卒業、1986年 2月〜 1988年7月米国National Insititutes of Healthに留学、1988年12月東京大学皮膚科学講師、1992年 2月山梨医科大学皮膚科助教授、1995年 5月東京大学皮膚科助教授1997年10月九州大学皮膚科教授、2002年 4月〜 2004年3月九州大学病院 副院長兼任2008年 4月〜九州大学病院油症ダイオキシン研究診療センター長 兼任、2011年 1月〜2014年12月九州大学医学研究院 副研究院長 兼任 現在に至る。 所属学会・認定・資格 日本皮膚科学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本アレルギー学会指導医.

次の