好き な 人 へ の line。 好きな人とのlineが自分で終わるのってどう?男側の気持ちを教えるよ|恋女のために僕は書く

平常心を保てない!好きな人との「LINEあるある」10選

好き な 人 へ の line

好きなところから読めます• 好きな人に嫌がられないLINEの頻度とは? 適度なLINEの頻度、実は「人それぞれ」です。 好きな人に嫌がられないLINEの頻度とは……期待させておいてすみません…。 その答えは「人それぞれ」なんです。 頻繁にLINEのやり取りをしたい人もいれば、あんまりほしくないと言う人もいます。 なので 「相手に合わせた頻度」が本当の答えです。 「相手に合わせたLINEの頻度」を知るには、見極めが大切です。 そこで、3人の男性に「LINEの適切な頻度」について聞いてみたので参考にしてみてください。 1日一通以上LINEがほしい人 たくさんきてるのが嬉しい人、返信が無いと不安になる人が存在 「僕は、LINEの数=愛情の深さ、だと思ってるんです。 好きな人とは、LINEでずっと繋がっていたいですね。 逆に、LINEをあまりしてくれない女性は、ちょっと寂しい。 『あぁ、俺は恋愛対象外なんだな』って思っちゃうかも。 だから、どんな些細なことでもいいからLINEしてほしいです。 文章は長くなくてもいいんです。 一文か二文くらいでいいから、たくさんLINEしてほしいな!(28歳男性/メーカー勤務) LINEがいっぱい来る人には、同じくらい返してあげたほうが、喜ばれるみたいですね。 男性では少し珍しいですが、このタイプはインタビューからもわかるように 「寂しがり屋」の男性に多い傾向があるようです。 1日一通程度のLINEで平気な人 「僕自身があんまりLINEのやり取りが好きじゃない。 むしろ苦手なので、ほんとに必要な時だけLINEしてくれればいいかな。 しょっちゅうLINEが来ると、返事をしなきゃいけない、っていうプレッシャーになる。 あと、LINEの文章や回数で、その人のことを好きになったり嫌いになったりはしない。 やっぱり会って直接顔をみて会話するのが、その人のことが一番わかるからね。 LINEは連絡ツールに過ぎないと僕は思います。 」(31歳/公務員) 文字のやり取りが苦手な人に多いタイプです。 人を中身で見てくれる堅実な人に多いです。 好きな人とのLINEの内容 好きな人とLINEで盛り上がりたいけど、話題がわからない……。 なんてことありますよね。 それに、興味のない話題を振ってしまい「つまらない女」認定されてしまったら、元も子もないですよね。 例えば「今日ランチしたお店、ボリューミーで美味しいから男の人にもおすすめだよ!」「今日、コンビニで買ったタブレットが美味しかったよ、今度買ってみて」などなど。 ここで、 注意するのが「あまり知識がないのに知ったかしなこと」です。 わからなかったら、聞いてみるのも会話が盛り上がりますよ。 彼が映画通ならオススメの映画を聞いてみるのもあり。 話題作の映画を一緒にいこう!と誘ってもいいでしょう。 好きだった給食のネタとか、部活の話しとか、学生時代の恋バナでちょっとキュンキュンしちゃうのもよし。 「こうだったらいいのにな」っていう話題は、誰を傷つけることもない、幸福になれる話題のひとつです。 実は、怪談話が好きな男性って密かに多いんですよ。 注意としては、有名な怪談はやめましょう。 「それ知ってる」となると冷めてしまいますからね。 恋愛ドラマは人気な作品でも、男性は見ていないことが多いので、避けたほうがいいでしょう。 また、芸能人に興味のない男性のほうが多いので、俳優や女優、モデルなどをミーハーに話すのもNG。 相手の好みも聞けて、話しも盛り上がるので一石二鳥です!「じゃあ今度その服に似たもの買おうかな」なんてアピールするのもいいでしょう。 仕事の話をする際に注意することは、今の職場の不平不満になってしまわないこと。 彼は「そんなこと俺に言われても……」って気持ちになっちゃいます。 好きな人とは前向きな話題を心がけましょう。 「前の飲み会で行った居酒屋のマスターが、小さな女の子連れて歩いていたよ」なんて、お互いがよく行くお店の店員さんの話題を出してもいいかも。 仕事に行く前に送ってしまうと「落ち着いてから返信しよう」と思ってそのまま忘れられた……という事態になりかねません。 また、勤務時間中に送ってしまったりすると「こんな忙しい時間に送ってきて……」と迷惑がられ、向こうからさっさと会話を終わりにされてしまう可能性も。 仕事が終わって、家でまったりしている時間なら「今、ちょうどゆっくりしてるし、LINEのやり取り楽しもうかな」という気持ちになってもらえる可能性が大です。 ただし、休日の前の夜はNG。 友達と飲みに言っていたりすると、既読すらつけてもらえないかも。 例えば「今日は雨だったね」で終わらせると、彼は「そうだね」としか返しようがありません。 「今日は雨だったね。 すると、彼は「今日はさすがに車で外回りしたよ」とか「徒歩だったから大変だったよ~」など。 「そうだよね。 雨強いと徒歩移動はつらいもんね。 道路、混んでなかった?」と返す。 こうやって次々と質問していくと、LINEのやり取りも長続きしますよ。 長々と一回のLINEにあれもこれも話題を詰め込み過ぎると、読むほうも疲れてしまい「どこから返事を返せばいいのやら……」と返信する気が失せてしまいます。 伝えたい話題が複数あるときは、ひとつの話題を伝え終わったら次の話題……としていけば、自然とやり取りも続くようになるのです。 彼の得意分野や、彼の趣味の話、共通の知人の話題など、彼が興味を持つ話題をLINEすると、やり取りがスムーズになります。 「あなたが興味ある話題」ではなく「彼が興味ある話題」が大切です。 飽きがこないように、文面はシンプルに 話したいことがいっぱいあるからと長文のメッセージを送ったり、スタンプのみで返信したりするのはNG。 「何て返そうか……」と相手を困らせないように気をつけましょう。 LINEを通じた好きな人からの好感度を上げるための、基本的な要素として意識したいポイントです。 イメチェンしたと報告する 髪型を変えたり、新しい服装に挑戦したりと、イメチェンしたことを好きな人にLINEで伝えてみましょう。 相手は自然とイメチェンしたあなたの姿をイメージするので、きっと会いたい気持ちになるでしょう。 面白い話があるから話したいと言う この場合、「今度会ったときに直接話すね!」という方向に持って行くことがポイント!あLINEではあくまでにおわせる程度。 面白い話がある、話の雰囲気を軽く伝えておく、その程度でじゅうぶんです。 好きな人に次会うときを楽しみにしてもらうことが狙いですよ。 そのときは楽しかったという感想に加えて、次回をにおわせるメッセージを添えてみて。 ポイントは、こちらから誘う意思があると好きな人に伝えること。 「いつ誘ってくれるんだろう?」と相手に期待させましょう! 片思いでも好きな人に会いたいと思わせるLINEテクニック 片思いの相手に「会いたい」と思ってもらうには、LINEを活用するのがおすすめ。 ここでは片思いの相手を映画に誘うことを例に挙げて、LINEテクニックをご紹介します。 相手と同じ趣味があることを伝える まずは片思いの相手に趣味が共通していることを伝えましょう。 好きな人に一緒に行こうと伝える 次に、相手が食いつきそうな趣味に合った映画の話題を出します。 「私も気になってる映画なんだ!」と注目していることを伝えれば、相手もきっとその気になってくれるはず。 楽しみであることを伝える 映画の約束ができたら、楽しみであること伝えましょう!可愛いスタンプや絵文字も添えれば、LINEでのやり取りがもっと盛り上がるでしょう。 当日までの待ち遠しい時間も、映画の話題をベースにすれば気兼ねなくLINEを送れますよ。 好きな人がLINEを既読スルーする理由 男性は女性ほどLINEを返してはこない傾向が多い。 なぜなら…… 既読がついているのに、待てど暮らせど返信がない…こんな場合は以下の理由が考えられます。 男性の意見もあわせてご紹介します。 既読スルーの理由1:会話は終わったと思ったから 「内容のない、長い文章を送られてくると、途中で読むのが疲れて返信したくなくなっちゃいます」(27歳男性/証券会社勤務) 男性は、合理性を求める人が多く、内容がない話しをだらだらと聞くのをおっくうと感じる人が多いです。 そのため「内容がない」「結論がない」文章をみると既読スルーしてしまうよう。 好きな人とのLINEでは絶対NGなこと 好きな人とのLINEでスタンプはNG スタンプだけをいきなり送られても、何を伝えたいのかわからず、相手はリアクションに困ってしまいます。 また、人によっては「スタンプだけなんて、送ってこない方がまし」とスタンプだけのLINEを嫌う人も。 好きな人にこそ「自分の言葉」を送るようにしましょうね。 好きな人とのLINEで絵文字の乱用はNG あまりに絵文字を多用してしまうと「なんだかバカっぽい」という男性も多いです。 また、絵文字を使い過ぎることによって「どうせたいしたことないLINEなんだろうな」と思われる可能性も。 絵文字はあまり使い過ぎないように気をつけましょうね。 好きな人とのLINEで言葉使いが乱暴なのはNG 「うまい」「ヤバイ」「ダリー」など、乱暴な言葉使いをすると、相手にガサツなイメージを与えてしまいます。 LINEは顔が見えない分、チョイスする言葉が相手の印象を大きく左右します。 美しく正しい日本語でLINEを送ることを意識しましょう。 好きな人とのLINEで内容がネガティブなのはNG 愚痴や不平不満ばかりのLINEや、他人の悪口ばかり言っているLINEは絶対にNG。 相手に良い印象を与えることはまずありません。 最悪の場合には「あの子のLINE、読んでて嫌な気持ちになるからブロックしよう…」と思われることも。 できるだけ、相手が読んでいてハッピーになれる話題を送るようにしましょう。 好きな人とのLINEで大事なことは? あまり意識しすぎてしまうと、LINEの文面が堅苦しくなってしまったり、何を書いていいのかわからなくなってしまったりする可能性もあります。 「LINEで自分も相手も楽しくなりたい」という気持ちがあればOK。 あまり思いつめないで、気楽にLINEを送ってみましょう。 (愛カツ編集部) 好きな人とのLINEに関連する記事.

次の

されてたら脈あり!男性が好きな人とのLINEで意識すること

好き な 人 へ の line

翌日にでもメッセージが返ってくれば? あなたの存在を忘れていない証拠! カレが忙しくて連絡できなかった場合を考えると、たとえ1日くらい既読になっていたとしても、彼の気持ちを確かめようとして 追い打ちをかけるようにメッセージを送るのは控えるのが無難。 ゆったり構えて落ち着いた気持ちで待ってみましょう。 緊急の用件じゃない限りは 「返事があればいいや 」くらいの余裕を持つことも大切。 「ごめんね」と返信が遅れたことへの謝罪メッセージもあるようなら、更に脈ありの可能性大 3. 既読後すぐに返信がくる 即レスは自分のことを最優先で考えてくれているようで嬉しいですが、彼の本音もまた然り。 あなたからのメッセージが嬉しくて即レスしてくれているのです カレの本音! 彼女のコトをもっと知りたい! 普通、何とも思っていない女性の好みなんて気になりません。 それをあえてLINEで聞いてくるということは、まぎれもなくカレがアナタに興味を持っている何よりの証拠 また、そこまで核心をついて質問する勇気がない男性は、 遠回しに恋バナを振ってきます。 「デートに行くならどこに行ってみたい?」 「ご飯デートで女子が喜ぶお店ってどこ?」 気になる女性が「オシャレなお店があるよ」と話に乗ってきたら「雰囲気が気になるから付き合って!」なんて あわよくばデートのお誘いのチャンスを狙っているケースも! 5. 日常の何気ないメッセージに付き合ってくれる 例えば「今、知らない猫がこっち見てるよ~」といった世間話を送っても「どんな猫?」と すかさず反応してやり取りに付き合ってくれる男性は、あなたに好意があると判断していいでしょう。 彼がアピールしたいこと! ・自分が親切で頼り甲斐があること ・常識のある大人の男であること また言葉づかいも丁寧なときは相手に敬意を払っている場合が多く、好きな人に 「礼儀正しい男」「常識をわきまえている男」と思ってもらいたい心理の表れともいえます。 事細かに質問の答えが書かれた返信があったら、 『なるほど~!物知りなんだねっ 』と、男心をくすぐるメッセージを送れば彼のテンションもアップします 8. スタンプだけでメッセージがない 何かを伝えたいけど 言葉が見つからずに困った挙句、面白いスタンプやつい返信したくなる女性ウケする可愛いスタンプなどを送信するパターン。 「とにかく彼女からの返信が欲しい!」 「彼女とLINEで繋がっていることを実感したい!」 こんな健気な想いが、彼のスタンプのみの送信スタイルとなって表れているのです。 彼の本音! 好きだけどどうすればいいのかわからない!でも返信してほしい! そのスタンプを見て女性が微笑んでくれることを期待しているカレ。 また、意味不明のスタンプを送って 『あれ、コレ何?』と好きな人から返信がくるのを待ち焦がれている男性も! 最近は面白いスタンプがたくさんあるので、 こちらからもウケそうな奇抜なスタンプで返してあげるとスタンプ談義で盛り上がれるかもしれませんね 9. 「元気?」などの挨拶的なメッセージが来る 男性は用事がなければ自分から連絡することは少ないので、気のある女性以外に何てことない内容のメッセージを送ることはごく稀なこと。 彼は大好きな女性と連絡を取り合うキッカケを掴むために、とりあえず『元気?』『今、何してるの?』 と短くても「?」のついた質問を送ってくるのです。 話を途切れさせたくない理由 ずっとLINEしていても、飽きないくらい好きだから! ベストなのは、お互いに話題を出し合って、話のネタに困らないような仲ですよね。 彼が持ってきた話題に負けないくらい盛り上がる話を、相手に振れるように話せるようになると関係がさらに発展します!自然とそれができちゃうのが、彼との相性を見るポイントなのです まだまだ話題作りに苦戦してしう人は、もっと彼との絆を深めて、相手がどんな話題を共有したがっているのかをより知ることが大切です。 グループでの会話でも積極的に話かけてくる グループトークをしているときに自分へ話掛けてくることが多かったり、自分の発信した話題に積極的に乗ってきてくれる、なんてことがあれば、それは好きな気持ちの表れです。 彼がアナタに強く興味を持っている以上に、そのことを 周囲にアピールしたがっている可能性があります。 彼の本音 他の人には手出しさせたくない! グループトークにまで積極的に話かけてくるのは 「自分自身や自分たちの恋心を周りにも認めてほしい」という気持ちも含まれています。 周囲の環境が認めてこその恋愛、と思うタイプは周りの人に自分たちの関係を知らせていくのです。 また、男性の中にはシャイなタイプ、わざと好きな女性を人前では避けるタイプ人もいるので、全ての男性が好きな女性にグループトークで話かけるワケではありません。 彼がシャイなら、逆に二人っきりでメッセージ交換をしたほうが、積極的になってくれるでしょう。 長文の返信をくれる 女性側が忙しくて、短い言葉やスタンプだけで済ませているのに、 向こうからは丁寧で長いメッセージが送られて来る。 これはもちろん、メッセージの長さに「想い」が込められている証なのです。 しかし、男性が長文を送信してきたとしても、今すぐに同じ文量のメッセージを返して欲しいワケではないので、女性側が短い返信で済ますことを気まずく思う必要はありません。 それだけ、想い焦がれる女性からの返信を待ち望んでいるということ。 自分のプライベートな画像を送ってくる• 『ずっと欲しかった服、今日やっと買ったんだ~』• 『京都に来たから、湯葉を食べたよ!』 『わざわざ私に送ってくるのはナゼ?』と、不思議に思うことの報告や画像を送ってくるのは、 ただの報告メールではありません。 些細なことをイチイチ報告してくるのは、自分の日常の様子を好きな人に知ってもらいたいから! 文章で言い表しきれない部分も含めて『自分の情報を受け取って欲しい』と思っているのです。 彼の気持ちを理解するためにも、送られてくる内容は覚えておきましょう。 彼の本音 自分の存在をアピールしたい また、送られてくる画像は「次は一緒に!」という意図が隠されているものもあります。 例えば、食べ物系の画像が送られてきたなら『美味しそうだね』というメッセージに加えて『今度一緒に食べに行こうよ!』と誘われることを健気に待っているのです。 具体的なスケジュールを聞いてくる• 『次の土曜日は予定空いてる?』• 『今日の帰りは暇?』 彼が具体的に日にちや時間を指定して、予定をわざわざLINEで聞いてくるならかなり本命の予感! こちらから特に会いたいと言っていない状況でも、いつが暇なのかを確認しているようだったら、あなたのスケジュールを把握しようと彼は頑張ってくれている最中なんです。 彼の気持ちは?• 空いている時間があるなら一緒にいたい• 女性側の都合が良い日に合わせてあげたい 暇な日を質問してくる場合は、 急に押し掛けて迷惑にならないように気を配っている、彼の気持ちが込められている証拠。 本当に相手のことが好きなら、男性は自分のワガママに付き合わせるなんてことはしません。 なるべく、 好きな女性の予定に合わせてデートの計画をして、改めて誘おうとしているのです。 「彼に好かれている」と確信を得てからも、相手の都合や予定に配慮することがカレに好かれるラインのコツ! また、口で言ったことは忘れられますが、LINEやメールに残した言葉は相手が消去しない限り消えません。 なぜならそれは記憶ではなく「記録」に残ってしまうからです。 恋したばかりで気持ちが高まっているときは、後に振りかえってみると「あんな恥ずかしいメッセージ送らなきゃよかった…」と後悔することも少なくありません。 自分が送るメッセージ内容や画像を送信するときにはくれぐれもご注意を!.

次の

好きな人のLineが遅い時に【脈無しと判断できるポイント 】7カ条

好き な 人 へ の line

面白かったことばかりをシェア クスッと笑えるような話題は、人にシェアしやすいもの。 トークの面白さは、人との距離を縮める上で重要な要素の1つでもあります。 ですが、女性の場合は面白さを出すことがプラスに働かない場合が……。 1回2回程度ならいいのですが、回数が多くなってくると「ミカちゃんは面白くて楽しい友達」と位置付けられてしまう可能性があるのです! 男性に一度、友達認定を受けてしまうと、恋人に昇格するにはかなりの時間と労力が必要になってしまいます。 距離を縮めるための1つの手として使うのはいいですが、連投はしないように! 1回面白いことをシェアしたら、次は彼からおもしろシェアがあるまでは、別の話題でコミュニケーションを取ることを意識してくださいね。 決めつけた言い方をする まだ交流が浅いときは、どれだけあなたが好きと思っていても、本来の相手の姿を知らないことが多いです。 にも関わらず「あなたって、こういう人だよね」と決めつけるような言い方をしてしまっていませんか? 似ているポイントを見つけて嬉しいのは分かります。 ですが、お互いのことをそこまで知らないのに、知ったような顔をして「こうだ」と断定するのは、自信過剰からくる上から目線の発言であり、彼に「俺の何を知ってるの? 分かったようなこと、言わないで欲しい」と反発心を抱かせてしまいます。 決めつけた言い方をするのではなくて、「イジられキャラに見えたよ」とその日に抱いたイメージであることが分かるように伝えて、彼が否定した際は「そかそか、ごめんね。 イジられキャラは私か!」と自虐的にでもカバーするような発言をするのがオススメです。

次の