ムーミン バレー パーク 再 入場。 夕方が狙い目!記者が体験して分かったムーミンバレーパークの歩き方(2/2)|ウォーカープラス

ムーミンバレーパーク営業再開!

ムーミン バレー パーク 再 入場

混雑を避けたいなら夕方以降の時間帯が狙い目 ムーミンバレーパークの営業時間は午前10時から午後20時まで。 開園直後やお昼ごろは、人気アトラクションのチケットが目当ての人や野外アトラクションを楽しむ人で混雑する傾向にある。 日中人気のパンケーキレストランなども快適に利用することができるという。 ムーミンバレーパークもペット入場可 テーマパークでは犬をはじめとするペット同伴が断られたり、外部からの飲食物持ち込みが制限されることがしばしばある。 だが、メッツァはその基準がそれほど厳しくなく、ピクニック気分で楽しめるのが特徴の1つだ。 ペットについては、ムーミンバレーパークとメッツァビレッジともに同伴可。 敷地の中をペットと一緒に散歩することができる。 なお、ムーミンバレーパークの建物内、アトラクション内、エンマの劇場ショーエリア内はペット入場禁止エリアとなっている 盲導犬・聴導犬・介助犬は可。 ムーミンバレーパーク内には各所にリードフックが用意されているので、少しの間ペットに待ってもらって施設内に入ることは可能だ。 もちろん、入場時はリード必須。 また、排泄物は飼い主が責任を持って持ち帰ろう。 ムーミンバレーパークは再入場可 持ち込みはメッツァビレッジで 入場無料エリアのメッツァビレッジと行き来するのもあり 一方、飲食物の持ち込みはムーミンバレーパークでは許可されていない。 おにぎりやサンドイッチといった軽食類をメッツァの雰囲気の中で味わいたい人は、メッツァビレッジ側で食べよう。 ムーミンバレーパークは再入場可なので、一度入場券を購入すれば混雑の状況や参加したいイベント・アトラクションに応じて自由に行き来することができる。 メッツァビレッジ側には北欧をイメージしたレストランだけでなく、埼玉の素材を生かしたメニューや地元の名店も出店しているので、食事はメッツァビレッジ側で、アトラクションはムーミンバレーパーク側で、という使い分けもありだろう。 ここでしか買えない限定グッズは要チェック メインショップ「Muumilaakso kauppa ムーミラークソ カウッパ 」 世界最大級といわれているお店の広さとグッズの数をそろえるだけあり、ムーミンバレーパークでしか購入することのできない限定商品の数は1000個以上。 ネット販売はないため、現地に行かないと買えないグッズばかりだ。 ムーミンバレーパーク内はグッズを取り扱う7つのショップがあり、それぞれ取り扱われているアイテムが異なるのでじっくりショッピングを楽しめる。 ちなみに、限定グッズの中でも指折りの人気を誇るのがムーミンバレーパーク限定のARABIAマグ。 その人気は開園から1ヶ月経たずに数度品切れになるほど。 現在、アラビアマグの入荷・品切れ情報はメッツァ公式サイトで更新されているので来園前に確認しよう。 ムーミンバレーパーク限定マグ by アラビア 意外なところに隠れたムーミン要素を探してみよう コケムスの入り口前にあるムーミン像 アトラクションや展示以外にも、ムーミンの世界観は園内のいたるところにちりばめられている。 ベンチの片隅には原作小説のそれぞれ異なる文章が記されているほか、小説の挿絵から飛び出したようなオブジェもあちこちに設置されている。 コケムス前のムーミン像は日ごとに持っている花が変わるので、コケムスに入る前に気にしてみてほしい。 また、時折、園内で気ままに過ごすスナフキンなどのキャラクターに出くわすことも。 コケムス2階のテラス席やおさびし山から眺めるムーミン谷も、また違った景色が楽しめる。 園内のベンチには原作小説の文章が記されている 国分洋平.

次の

【2019年3月オープン】ムーミンバレーパーク最新情報!場所・入場料・アクセスまとめ!

ムーミン バレー パーク 再 入場

ムーミンバレーパークは体験型テーマパーク 北欧文化の体験施設「メッツァビレッジ」に併設された広大な敷地で、トーベ・ヤンソンが描いた ムーミンの世界観を存分に味わえるようになっています。 「ムーミンバレーパーク」の中には、原作から忠実に再現したおなじみのムーミン屋敷や水浴び小屋などがあったり、ムーミン谷の巨大ジオラマもあるのでムーミン好きにはたまらないですね! レストランやムーミングッズが買えるお土産やさんもあるので、1日中ムーミンの世界に浸れるようになっています。 ムーミン谷エリアではライブショーも見れます。 体験型テーマパークなので、小さい子供も楽しめますね。 この「ムーミンバレーパーク」が お得になる割引クーポンやチケットがあるのかを調べてみました。 遊びに行く際に参考にしてみてください! ムーミンバレーパークの入場料はいくら? 「ムーミンバレーパーク」の開園時間は、平日・土日祝日ともに 10:00〜20:00です。 入場料とは別に料金がかかる有料アトラクションがあります。 飛行おにのジップラインアドベンチャー:1,500円(税込)• 海のオーケストラ号:1,000円(税込)• ムーミン屋敷 ガイドツアー:1,000円(税込)• リトルミイのプレイスポット:700円(税込) 大人も子供も同一料金で、3最以下はこちらも無料です。 ちょっと高いですね・・。 駐車場の料金は? 駐車場の料金が別途かかります。 2種類の支払い精算方法があり、利用は《予約》を推奨しています。 ・【WEB予約】事前精算 料金 平日 1,500円 土日祝日 2,500円 ・【当日予約なし】現地精算 時間料金 上限 平日 10分 100円 1,800円 土日祝日 30分 500円 3,000円 1日遊ぶなら予約をして行ったほうが良いですね。 ちなみに自転車は無料ですが、バイクは駐車料金が必要です。 公式サイトでチケットを予約する 公式サイトから入場チケットと駐車場の予約ができます。 クレジットカードかコンビニ決済で購入することになります。 チケットはスマホやパソコンに届く電子チケットです。 スマホ表示もしくは印刷して提示することになります。 割引クーポンやチケットの入手先をさがす 「ムーミンバレーパーク」の入場料が割引になるクーポンやチケットの入手先を調べてみました。 3月16日オープン時点の情報です。 状況が変わっていたらまた更新しますね! 取り扱いなしサービス 割引クーポンや割引チケットを扱っている主なサイトを調べたところ、下記では取り扱いがありませんでした。 HISクーポン• グルーポン• JAF• asoview! 取り扱いありサービス 割引クーポンを扱っているサイトはありませんでしたが、ポイント還元しているサービスがありました。 デイリーPlus 1ポイント1円で 「10%」ポイント還元があります。 入場料 還元額 大人(中学生以上) 1,500円 150円 子供(4歳以上小学生以下) 1,000円 100円 家族4人で行くとすれば 800円ほどのポイント還元になる計算ですね。 「デイリーPlus」とは、Yahoo! JAPANが運営する「会員制割引優待サービス」です。 月額540円の有料サービスで、最安値保証の割引クーポンがあります。 会員制有料サービスなんですが 「お試し無料期間」があります。 こちらの 限定ページから申し込むと最大 「2ヶ月無料」お試しとなって、その間でも 使い放題で割引クーポンを発行できます。 Yahoo! のIDがあれば簡単に登録できて、すぐに利用できます。 1回の申し込みで10枚まで購入することができます。 チケットはスマホに届くデジタルチケットを購入するかたちになります。 申込み期間は 2019年3月16日~9月30日 までとなっています。 還元されたポイントは、このサービスの中で利用できます。 ベネフィット・ステーションのポイントで「ベネポ」となります。 「デイリーPlus」は2ヶ月無料で利用できますが、ほぼ同じ割引内容で月額料金を安くするには 「駅探バリューDays」を選ぶという手もあります。 同様の割引特典が制限なく使えて 月額324円で利用できます。 解約はいつでもできますし、キャリア決済も可能です。 docomoユーザーなら 《30日間無料》でお試しできますよ。 ポイントを有効に利用するつもりなら、駅探バリューDaysがおすすめです。 ふるさと納税のサービス 飯能市の「ふるさと納税」で入園チケットを入手することができます。 寄付金1万円で 入園チケットが2枚もらえます。 大人・子供両方で使えるチケットなので3割還元ということですね! もちろん何度申し込んでもOKです。 すぐに入手できるわけではなく入金後3週間ほどかかります。 ふるさと納税を利用している方はこの方法も良いかもしれません。 ムーミンバレーパーク周辺でホテルをさがす 「ムーミンバレーパーク」は埼玉県飯能市にあり、都心から電車でも1時間程度はかかります。 飯能市といえば渓流下りやキャンプ場があるような場所なので、宿泊して観光をするのも良いですね。

次の

2019年5月 「ムーミンバレーパーク」へ行ってきました!

ムーミン バレー パーク 再 入場

前知識 チケットや駐車場などいくつか分かりにくい点があったので、これから行く方のために書き残しておきます。 チケットの購入について 2019年5月時点では、 当日入場前に購入可能なチケットは「入場チケット」と「15時以降のアトラクションチケット」です。 15時より前の時間帯のアトラクションチケットは事前購入ができません。 なので アトラクションチケットの購入方法はエントランスから入場後、「オンラインチケット購入ページ」か「アトラクション前にある券売機」のどちらかになります。 オンラインでの購入手順は公式サイトのトピックスにも書かれています。 また私が独自で問い合わせた際にいただいた回答によると、支払方法は「現地券売機の場合は現金またはICカード、オンライン購入の場合はクレジットカード決済」とのことです。 駐車場について チケット購入ページから入場チケットを購入する際、駐車場の予約も行えます。 私がパークを出た14時頃には「満車につき予約者のみ駐車可」という状態だったので、確実に停めたい場合は予約しておきましょう。 予約組と当日組で駐車位置は特に別れていないようなので、係員の指示に従いましょう。 駐車場のチケット発券機付近にいるスタッフにQRコードをスキャンしてもらいます。 あらかじめチケット購入ページにログインし、QRコードを表示しておくと安心です。 メッツァ駐車場~ムーミンバレーパーク入場まで 9時頃にメッツァの駐車場に到着しましたが、既に長蛇の列がエントランスから駐車場までできていました。 公式サイトには開園は10時とありましたが、今日は9時半から順次入場していました。 前述の通りアトラクションチケットは入場後に購入可能なので、この時点で絶望的なムードに。 私が入れたのは9時45分で、すぐにオンラインチケットのページを確認しましたが、「ムーミン屋敷ガイドツアー」のチケットはすべて売り切れで、当日券の券売機にも行列ができている状態でした。 下の画像の奥に見える人集りがそれですね。 逆にそれ以外のチケットは多少余裕があり、私の場合は「海のオーケストラ号」「リトルミイのプレイスポット」のチケットが購入できました。 アトラクションの内容についてはネタバレするとつまらなくなると思うので、この記事では載せません ムーミンバレーパーク内 ムーミン屋敷 ガイドツアーのチケットは取れなかったので、外から見たムーミン屋敷を撮っておきました。 パッと見は大きく感じますが、近づいてみると意外と小さかったりします。 そもそも原作のムーミンの設定が「電話帳くらいのサイズ」らしいので、人間から見たら小さく感じるのも当然かもしれません。 ムーミン谷の食堂 テラス席ならすぐに案内できるとのことで、アトラクションに乗るまでの繋ぎも兼ねて、少し早めのお昼休憩です。 いくつかメニューがありましたが「おさびし山のハヤシライス」「ヤーコブさんの空飛ぶシチュー」をいただきました。 値段は所謂「観光地価格」でちょっとお高めですが、味はなかなか美味しいです。 ちなみにムーミン通の方ほど「ヤーコブさんって誰?」と疑問を持ってしまいがちですが、これはスウェーデンの家庭料理から来ていて、ムーミンの登場キャラクターではないようです。 展示のキャラクター一覧にも載っていませんでした 気になる方はメニュー名「ヤーコブさんの空飛ぶシチュー」で検索してみてください。 展示 3階から2階までをフルに使った長めの展示です。 「トーベ・ヤンソンの生い立ち」から「ムーミン谷のジオラマ」「ムーミンのクイズ」など、興味を注がれるコンテンツもいくつかあり、なかなか見ごたえがあります。 入場も無料なのでおすすめです。 特に私が気に入ったのはこちら! あの「モラン」が3Dになりました! 子供の頃はアニメで登場する度に怖くなりましたが、大人になってから見直してみると、キャラクター紹介で「絶望的な孤独」と言われていることも相まって、それはそれで魅力的なキャラに見えてきました。 勿論これ以外にも展示は多数ありますが、人が多くて撮りにくかったこと、途中でデジカメのバッテリーが切れてしまったことから、すべて撮りきれませんでした。 あとがき そんなわけで、令和最初の遠出としてムーミンバレーパークへ行ってきました! さすがに某夢の国などと比べると小規模ですが、いくつか見ごたえのあるものもあったので、ムーミンが好きなら行ってみて損はないかと思います。 ただアトラクションチケットは相応に競争率が高いので、そのあたりを考慮して予定を立てることをおすすめします。

次の