時候の挨拶 8月。 8月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

8月時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書/8月末

時候の挨拶 8月

炎暑の候/酷暑の候/残暑の候/晩夏の候/立秋の候/秋暑の候/新涼の候/早涼の候/向秋の候/季夏の候/処暑の候/仲秋の候/ 8月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 炎暑の候は「えんしょのこう」。 以下、酷暑(こくしょ)残暑(ざんしょ)晩夏(ばんか)立秋(りっしゅう)秋暑(しゅうしょ)新涼(しんりょう)早涼(そうりょう)向秋(こうしゅう)季夏(きか)処暑(しょしょ)仲秋(ちゅうしゅう) 季語を使った8月の時候の挨拶は、私的文書では「炎暑の候、いかがお過ごしですか」「秋暑の候、ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「残暑の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申しあげます」などと書き出します。 ・ 晩夏の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 秋立つとはいえ名ばかりのこの暑さ、お元気でお過ごしですか。 ・ 朝夕はいくぶん涼しくなりましたが、日中の暑さはまだまだです。 ・ 残暑お見舞い申し上げます。 ・ 暦の上では秋ですが、厳しい残暑が続いています。 ・ 立秋とは名ばかり。 うだるような連日の残暑。 お変わりありませんか。 ・ 熱帯夜が続いています。 いかがお過ごしですか。 ・ 新涼の候、ご家族の皆様はお元気でいらっしゃいますか。 ・ 今年は冷夏になりましたが、お変わりなく、お過ごしでしょうか。 八月の手紙の書き出しは、季節を伝える時候の挨拶文を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしですか」「朝夕はいくぶん涼しくなりましたが、ごきげんいかがですか」など。 ビジネス文書の場合は、冒頭部分には季節の挨拶は不要です。 前文に時候の挨拶(の候)を入れ、すぐに本文(用件)に入ります。 「晩夏の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申しあげます。 さて、このたびは~」など。 時候の挨拶も省いて「時下ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」と書き出してもかまいません。 結びの挨拶文例(8月) ・ 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 ・ 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 ・ 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 ・ 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 ・ 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 八月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「くれぐれもお体をお大事に」「元気でお過ごしください」などの挨拶文を添えます。 「炎暑しのぎがたい日が続いております。 ご自愛専一に。 」「海山の恋しい季節、お元気でお過ごしください。 」といった感じでまとめます。 ビジネス文書の場合は文末には季節の挨拶は入れません。 用件を述べたたあと「まずはご連絡まで」「とり急ぎご照会申しあげます」「以上よろしくお願いいたします」などの言葉で結びます。 8月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半・月の後半とか、初旬・中旬・下旬など、無理に使い分ける必要はありません。 8月なら「残暑の候ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、8月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 初旬・中旬・下旬と使い分けたい場合は、8月の行事や雑節など時候の挨拶に織り込むと、季節感が伝わる文章になります。 8月の別名や昔の呼び名(和風月名) 8月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った季節感のある挨拶文になります。 8月の代表的な和風月名は「葉月」。 読み方は「はづき」。 意味は、葉が落ちる月=葉落月(はおちづき)、北の国から雁が初めて飛んでくる月=初来月(はつき)、稲の穂か張る月=穂張り月(ほはりづき)を略したものと言われています。 8月の別名には次のような呼び名があります。 秋風月(あきかぜつき)小田刈月(おだかりつき)寒旦(かんたん)観月(かんげつ)橘春(きっしゅん)草津月(くさつつき)迎寒(げいかん)桂月(けいげつ)濃染月(こぞめづき)木染月(こぞめづき)素月(そげつ)其色月(そのいろつき)大章(たいしょう)竹春(ちくしゅん)仲秋(ちゅうしゅう)仲商(ちゅうしょう)長王(ちょうおう)月見月(つきみつき)燕去月(つばめさりつき)白露(はくろ)紅染月(べにそめつき)天岡(てんこう))南呂(なんりょ)壮月(はづき)唐月(もろこしつき) 8月:外国語の呼び方 8月は英語では「August」(オーガスト)と言いますが、語源は、ローマ帝国の初代皇帝オクタウィアヌスの称号・アウグストゥス(アウグスツス)にちなんでつけられたものと言われています。 今日はホームパイの日。 いまだにお店でホームパイを見つけると、つい買ってしまう今日この頃。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 今日は焼肉の日。 生ビールと焼肉で暑気払いといきたいほど厳しい暑さが続いています。 お疲れを出されてはいらっしゃいませんか。 三浦さんの実家では準備の最終段階で大忙しのことと存じます。 今年も帰省先の実家から観賞ですか。 お礼はがき文例<8月>旅行のお土産をいただいたお礼状 8月に、知人から旅行のお土産をいただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 構成は、最初に時候の挨拶を入れて、次に、お礼の言葉を述べたあと、いただいた品物の感想を書いて、季節の挨拶(8月の場合は「厳しい残暑が続いていますが、くれぐれもご自愛ください」など)を添えたあと、最後に「まずはとり急ぎお礼まで」と書いて締めの言葉にしました。 はがきの文面は以下のとおり。 実際の印刷は縦書きです。

次の

8月の書き出し例文

時候の挨拶 8月

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の

【時候の挨拶】8月上旬/中旬/下旬の季節の挨拶と季語は?手紙の書き出しも

時候の挨拶 8月

「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは? 「時候・季節の挨拶」は季節の移り変わりを表現する礼儀文 「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは、季節感を大切にしてきた日本における、手紙の冒頭に用いる礼儀文のことをいいます。 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがある 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがあります。 「漢語調」は例えば春であれば「陽春の候(ようしゅんのこう)」というように季節を表す言葉に「の候」をつけます。 「候」とは暑さ寒さなどからみた季節を表す言葉です。 「口語調」は例えば夏であれば「毎日暑い日が続いておりますが」というように話し言葉で季節感を表します。 漢語調の挨拶は格調高く文書を作成したい時に使い、ビジネス文書でよく使われます。 口語調の挨拶は一般的には個人間の手紙に使われますが、ビジネスでも例えば顧客に対してソフトで親しみやすい文書を送りたい時などに使うこともできます。 ここでは漢語調の時候・季節の挨拶を使う場合について説明します。 口語調の時候・季節の挨拶については月別の記事で紹介していますので、あとで紹介するリンク記事を参考にしてください。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの書き方 「拝啓」から始まり「敬具」で終わるのが一般的 プライベートな手紙では「時候・季節の挨拶」から手紙を書きだすことが多いようですが、ビジネスの手紙や公的な手紙の場合は「拝啓」から始めて次に「時候・季節の挨拶」を入れ、「主文」のあとに「結びの言葉」を入れ、「敬具」で終わるのが一般的です。 手紙は「前文」「主文」「末文」の大きく3つで構成されます。 「時候・季節の挨拶」のあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れる ビジネスレターの場合は、「拝啓」「時候・季節の挨拶」を書いたら、そのあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れるのが一般的です。 ここまでが「前文」です。 「繁栄を喜ぶ言葉」は「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 「前文」のあと「本文」に入ります。 本文は「さて、」「つきましては、」という言葉から始めるのが一般的です。 結びの言葉は「指導を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」+「締めくくりの言葉」 本文を書き終えたら、結びの挨拶の「末文」に入ります。 末文では「指導・愛顧を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」を書き、そのあとに「締めくくりの言葉」を書きます。 「指導・愛顧を願う言葉」は「今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 」などで、「繁栄を祈る言葉」は「末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 」などがよく使われています。 「締めくくりの言葉」は「まずは書中にてお知らせいたします。 」などが一般的です。 またこの時、前文と末文で同じ言葉が重ならないように注意します。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型(例文) 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型の例文を紹介します。 〇〇で示した季節ごとの挨拶は次に紹介するリンクの記事で月ごとに紹介しています。 「新緑の候」「歳末の候」などのように季節に応じた言葉を書きます。 拝啓 〇〇の候、貴社ますますご清栄のことと心からお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 まずは書中にてお知らせいたします。 「繁栄を喜ぶ言葉」の慣用表現• 貴社にはますますご繁栄のことと心よりお喜び申し上げます。 貴社にはご清栄の段、何よりと存じます。 〇〇様にはいよいよご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 「感謝の言葉」の慣用表現• 平素はご支援を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は格別のご高配をいただき心から感謝申し上げます。 平素はご愛顧を賜り心からお礼申し上げます。 「指導・愛顧を願う言葉」の慣用表現• 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 これからも一層のお引き立てをくださいますよう、伏してお願い申し上げます。 今後におきましても変わらぬご高配を賜りたく、心からお願い申し上げます。 「繁栄を祈る言葉」の慣用表現• 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社のますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社の一層のご繁栄を心より祈念いたします。 「締めくくりの言葉」の慣用表現• まずは書中にてお知らせいたします。 まずは取り急ぎご案内申し上げます。 まずは取り急ぎご挨拶申し上げます。 「時候・季節の挨拶」月ごとの例文 1月から12月までの月ごとの「時候・季節の挨拶」を使った例文は次の記事を参考にしてください。 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 まとめ 「拝啓」から始めて「敬具」で終わり、さらに「時候・季節の挨拶」も入れたビジネス文書は、格調が高く相手に丁寧な印象を与えることができます。 また「前文」「本文」「末文」と構成を考えて作成することで、必要な要件を簡潔にまとめることができます。 ビジネス文書にも季節を取り入れる日本文化の「型」が生きていますので、ぜひ取り入れてみてください。

次の