街コン 情報。 街イング

【ラブアカデミー初開催】栃木県小山市・若者カフェ街コン1

街コン 情報

街と合コンの「コン」をつなげた造語で、「街を盛り上げる合コン」という意味がある。 は2004年に栃木県で開催された「」で、その後11年後半から全国各地に広まった。 街コンという呼び方が生まれるまでは「巨大合コン」「大型合コン」などと言われていた。 しかし、 株 リンクバル代表取締役CEOの吉弘和正が代表を務める団体「街コンジャパン」が、各地の街コンをプロデュースするために発足しサイトを立ち上げる際に、呼び名を統一するため「街コン」と命名した。 ただし、それぞれの街コンは街コンジャパンに属する人が主催しているわけではなく、各地域が自主的に開催している。 街コンジャパンのサイトでは、各地の街コン情報を集め、掲載している。 街コンは通常同性2名以上が一組となって制限時間内に開催地区の飲食店の飲み歩きや食べ歩きをしながら出会いを求めるという形式で、大規模な街コンの場合は複数の飲食店を貸し切って行うこともある。 受付は各店舗で行うケースと、1カ所で行うケースがあり、行ける店舗数もイベントによって異なる。 多くの場合、受付でリストバンドなどを貰い、それを参加証として入店する。 年齢や参加費など参加条件は街コンによって異なるが、飲食代は参加費に含まれるので、自由にいろいろな店での飲食を楽しめるのも魅力の一つだ。 1回の開催で数百人から千人を超える参加者があるため、低迷する景気対策にもなっている。 また、街コンの開催は土曜日・日曜日の午後が多く、飲食店にとってはアイドルタイムと呼ばれる来店が少ない時間帯であるため、売り上げにも貢献している。 更に同じ地域内に住む人同士の出会いの機会が高くなる点も多くの人に受け入れられている理由の一つである。 特に近年は少子化による若年層の人口減などで結婚に結びつくいい出会いの機会が減っていると言われるが、未婚率増加を解消する効果もある。 ただ、近年は街コンの人気をビジネスに利用する動きがあり、本来の飲食店の活性化と出会いの場をセッティングするという目的から逸脱したケースもある。 そこで12年に全国街コン協議会が発足。 公式サイトを通しての情報発信、SNSで非公開での情報交換、全国街サミットの開催などを通して、街コン本来の趣旨を伝えるとともに街コンのモラルの維持に努めている。 12年6月現在、全国街コン協議会に加入しているのは、宇都宮市の「宮コン」、広島市の「ひろコン」、前橋市の「前コン」、新潟市の「潟コン」、福島市の「福コン」、仙台市の「せんコン」の6つ。 ただ、それ以外にも、協議会に所属せず、独自に開催される街コンは多い。 中でも2000人規模で開催される東京・恵比寿の「恵比コン」や、独身の20代限定という東京・渋谷の「渋谷若者コン」など特色のある街コンも増えている。 金廻すみ子 ライター / 2012年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 市民が参加し、街ぐるみで行われる合同コンパ(合コン)のこと。 とも表記する。 や市民団体、自治体などが開催母体となり、市街地の活性化を目的として行われる大規模な市民参加の懇親会である。 2~数名の同性が1グループとなり、割安な参加費を支払って登録すると、半日ほどの制限時間内は、商店街の参加店で自由に飲食に興じることができ、同時にほかのグループとの出会いを楽しめるという内容が一般的である。 街コンは栃木県宇都宮市で2004年(平成16)に開かれた「宮コン」という市内活性化のためのイベントが始まりといわれている。 地域の活性化と若い男女に出会いの場を提供するという趣旨が話題をよび、その後数百人が参加する大規模なイベントが日本各地で催されるようになった。 地元の街づくりや高齢者を支援している市民団体などが企画、市の広報などを通じて参加者を募り、引きこもりがちな高齢者に出会いを演出し、友達づくりの場にしてもらうといった、高齢者向けの街コンも人気が高い。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

長崎・街コン情報局|参加者の口コミ・感想まとめ、オススメ街コン3選│街コンCEOのレポ・ブログ

街コン 情報

街コンにブサイクな男が行ってモテるのか、年間50回は街コンに行くプロが回答 今回は、にブサイクな男性が行って彼女ができるか、モテるかについて話していきます。 街コンにはブサメンからイケメンまで様々な男性がきています。 女性も同じく、ブスな子から美人で可愛い子まで幅広くきているため、アナタが高望みしたり選り好みしない限りは、需要と供給が基本的に釣り合っている場だと考えると良いです。 街コンではブサイクでも彼女ができると断言します はい、タイトルの通りで、タイトルが全てです。 結論から言うと、に行けば ブサイクな男性でも彼女ができます。 しかも、やる気があれば何人でも彼女が作れます。 複数回、様々な街コンに行ってみることで出会いが増え、彼女も増えていくという構図です。 街コンにきているのは真面目な男性が多いため、何人も作ることはないと思いますが。。。 ブサイクで顔に自信がなくても、街コンという出会いの場に行けば彼女はできると、実際の事例を見て筆者は考えています。 街コンにきているブサイク男性に彼女が出来た事例を紹介 ここで、街コンに行っていた筆者の友人の話を事例として挙げましょう。 20代の彼は顔レベルが低めの所謂ブサイクな男性です。 しかし、先日で出会った同じ20代の女性と意気投合し現在は羨ましいぐらいラブラブな毎日を送っています。 ブサイクな男性は「イケメンやフツメンと比べて第一印象で負けるのでは」と不安に感じている方がいます。 たしかに、第一印象の要素に顔は重要ですので、イケメンなどと比べると負けるでしょう。 しかし、女性からすれば超絶イケメンでない限りフツメンもブサイクもレベルは同じなので、 ブサイクだということは街コンでは気にする必要がありません。 むしろブサイクをネタにするぐらいの気持ちで堂々と話しをしましょう。 友人もブサイクでしたが堂々と狙える女性にアプローチをかけ、上手くものにしています。 顔がブサイクでも可愛い子や美人は落とせるのか にはブスな女性から美人まで様々な容姿の女性が参加しています。 なので、ブサイクな男性でもちょっと高望みして美人な女性と話したくなる時はあります。 この項目では、ブサイクでも可愛い子・美人な子を落とせるのかについて紹介します。 可愛い子や美人な子を落とせるかは運次第 これまで100以上の街コンであらゆる人を観察してきましたが、正直なところ 可愛い子を落とせるかは運次第です。 ブサイクでも可愛い子と意気投合できれば落とせます(まぁ殆どの場合イケメンがかっさらって行くんですが。。。 ) テーブル運、出会い運、など運の要素は強いので美人=落とせないと考えず、美人でもイケると考えて積極的にアプローチしてみてください。 ブサイクが最低限守るべき注意点3つ ブサイクでも上手く彼女を作れるようになるために、 最低限守るべき注意点は3つです。 実際に中に守るべき注意点はたった2つなので、初参加の方は特に意識しながら振る舞ってみると良いでしょう。 服装の注意点 これはに参加するまでに注意しておくべきことです。 女性にモテる人が意識してやっていることが、清潔感のある服装や髪型にすることです。 男性目線で見た清潔感は女性目線で見た清潔感とは異なりますので、注意が必要。 ファッションなどのオシャレに疎い方は男性に多いため、いまいちピンとこないという方もいるでしょう。 そういう方は、実際にお店に行って女性の店員さんに「女性目線で見て清潔感のある服装がしたい」とコーデを考えてもらう、髪型を考えてもらうと良いでしょう。 結果、男性目線で見た清潔感と女性目線で見た清潔感の違いに驚く方もいるハズです。 会話の注意点 続いて会話の注意点として、 街コン中に気をつけておいた方が良いポイントを2つ紹介します。 どちらも筆者が実際にやっている女性を落とすための最低限のテクニックを特別にお伝えしています。 ブサイクでも女性を落とせる方法なので、意識してやってみると良いでしょう。 共通のポイントがあれば深掘りすること 街コン中に意識しなければならないポイントの1つは 共通のポイントがあれば深掘りすることです。 でもストリートでも、女性を落とすために重要なのは容姿ではありません。 女性に共感してもらえるか、が非常に重要です。 たまに美女と野獣カップルを街で見かけると思いますが、女性は男性がブサイクでも構わない人が多いです。 女性は、自分の話を聞いてくれる、自分と共通した部分が多いなど居心地の良さを求める生き物なので、 街コンの時間内に共通の話題を見つけることが第一ミッションです。 そして、共通のポイントがあれば深掘りして話を拡げましょう。 ちなみに街コンで女性の服装を褒めている人がいますが、これは上級者テクニックで上手く伝えられなければ逆効果です。 ネガティブな話は絶対にしない 街コンで良くいるのが、ネガティブな話をする人です。 ネガティブと言っても色々ありますが、例えば• 収入の話をする• 契約社員であるなどの話をする• 女性の話を否定する• 週末だけ出張できていることを公表する• 住んでいる部屋の間取り(1Kとか)を話す 上記のような話をする男性は間違いなくモテません。 正直なのは良いことですが、 女性が街コンで聞きたくないと感じている話をわざわざ自分からする必要はないですよね。 で失敗している男性の多くが上記のようなパーソナル且つネガティブな話をしているケースです。 また、会話中の声が大きいことも女性に嫌われる要素なので声のトーンにも注意すると良いでしょう。 街コンにブサイクな男が行ってモテるのか、のまとめ 以上、今回は街コンにブサイクな男性が行ってモテるのか、について実際の体験談を元に話をしました。 ブサイクでも街コンに行けば彼女ができますが、出会いは運なのでめげずに何度も参加してみることを強くオススメします。

次の

街コンにブサイクな男が行ってモテるのか、年間50回は街コンに行くプロが回答

街コン 情報

街コン 市場調査データ 街コン• 街コンとは、地域振興を目的としたコンパ・イベントであると定義できる。 1回の街コンの参加人数は数百人程度が一般的であるが、千人を超す大規模な催しが実施されるところもある。 運営形態に関しては、参加者同士の複数人数のグループが、制限時間内に決められた地域の飲食店などを一定の価格内で利用して回る、というケースが多く、地元商店街の活性化などの地域振興はもとより出会いの場としても注目を集めている。 以下では、街コンについての消費者の利用状況や利用意向を、アンケート調査結果を元に探っていく。 現在の利用状況 現在の利用状況を見ると、「よく利用している」と「たまに利用している」を合わせた「利用率」は、全体で3%、男性3%、女性2%であり、男女ともに利用率は未だ高いとはいえない(表1、図1)。 年代別・性別に見ても、30代・40代男性の利用率が4%である以外は、2~3%の利用率となっている。 また、全体で、「利用経験あるが、現在利用していない」の割合が利用率に比べて大きいことから、リピート率の低さも窺える。 表1 現在の利用状況 1回あたり利用金額は、無料から30,000円以上までと多岐にわたっている(図3)。 全体では、「1,000~1,500円」の価格帯がグラフの50%の水準に位置しているので、おおむね「1,000~1,500円」が一般的な相場(中央値)であろうと推定できる。 年代別・性別には、若い年代、そして男性の利用金額が比較的高いといえる。 利用経験者のうち、1回に3,000円以上を使うユーザーの割合は、20代男性で50%、20代女性で40%、ほか、50代男性で38%などとなっている。 また、1回に30,000円以上を使うユーザーも、20代・30代利用経験者の中に10~20%程度存在している。 図3 1回あたりの利用金額(「利用したことがない」「不明」回答者を除く) 積極的利用意向から実際の利用率を除いた潜在需要(積極的潜在需要)は、50代・60代女性を除く全ての年代・性別でプラスとなっている(図5)。 また、街コンの利用に否定的な意向を持たない層を加味した潜在需要(消極的潜在需要)は、全ての年代・性別でプラスとなっている。 消極的潜在需要は、20代~40代男性や20代女性に比較的多く存在していると考えられる。 20代~40代男性や20代女性を中心とした層を対象に、その意義などをアピールし関心を喚起していけば、さらなるニーズの掘り起こしは可能だと考えられる。 また、参加回数の多い人には割引を行うなど、リピート率の向上に向けた努力も有効だと考えられる。 いまだ始まって歴史の浅い街コンであるが、地域振興のため、そして、出会いの場を提供する手段として、今後の発展が期待される。 本レポートのアンケート調査は2012年に行われたものであるが、結婚に対する意識の高まりから、現在の利用率等は上がってきているとも考えられる。 (本シリーズのレポートは作成時時点における情報を元に作成した一般的な内容のものです。 個別の施策等を検討される際には別途、専門家にも相談されることをお勧めします。 ) 調査概要 調査期間: 2012年6月2日~6月29日 調査対象: 国内在住の20~60代男女(有効回答数:1,084人) 調査方法: インターネットによるアンケート調査 最終内容確認日2013年9月.

次の