ヒプマイ 飴 村 乱数。 ヒプマイの元ネタを集めるブログ

【ヒプマイ考察】飴村乱数とシグマ、フランケンとロボット兵について【ヒプマイの血縁関係 2/5】

ヒプマイ 飴 村 乱数

少しブログのタイトルを変えてみました。 モテないヲタクだって恋がしたい!(もちろん二次元でも可) 今回はシブヤ・ディビジョン、FlingPosseのリーダー 飴村乱数について考察します。 前回記事はこちら。 一見関連がなさそうに見えますが乱数の存在は、前回に引き続きヒプマイの血縁関係を考察する上で欠かせない存在となってます。 拾いたければ拾えば? 麻薬バラマキ疑惑 乱数の考察としてよく上げられるのが、イメージアイテムの キャンディーは麻薬の隠喩ではないかという説ですね。 こちらに関しては今回のテーマである血縁関係とあまり関係が無いので詳しく取り上げません。 やブログなどに詳細な考察があると思いますので、おググりください。 乱数が麻薬を配り歩いている説が事実か推測かは別にして、アルバムに収録された一連のドラマトラックによると ヒプマイの世界は麻薬汚染が激しく、政府(中王区)もグルになっていることがうかがい知れます。 武力による戦争が根絶されたとはいえ、マイクを中心にした世界の混乱は続いているようです。 犬は決して私に噛みつかない、中王区との繋がり 乱数は中王区の(以下肩書略) 勘解由小路の指示でディビジョンラップバトルに参加していることがドラマトラックとコミカライズで明らかになっています。 しかし政府の操り人形ではなく、 強い反感と反逆の意思を持っているようです。 調べ始めたらまとまりが無くなってしまったので結論から言うと、 乱数は中王区によって作られた人造人間=ロボットではないか、という説を推していきます。 普通に考えて、24歳でありながら「 小学生のような幼い見た目」(公式プロフィール)って、いくらなんでもおかしくないですか? 小学生の年齢は6歳~ 倍も生きているのに、小学生のような見た目というのは若く見えるとか幼く見えるとか、デザイナーという職業柄身なりに気を使っているという問題じゃないように感じますね。 ロボットなので歳をとらないのでは、と思う理由がここにあります。 また「 凄まじくモテる」という公式プロフィールにも疑問があります。 キャターとしては魅力的ですが、可愛くて、頭の回転が速くて、有名デザイナーでも、 見た目小学生に恋愛感情持てますか……? 女尊男卑のH歴世界に生きる女性の好みが、現在の一般的な女性の好みと変わってる可能性も十分ありますが、小学生…… 小さすぎません? という突然のマジレス。 公式プロフィールに関わると飴をくれるという記述もありますが、 知らない人からお菓子貰っちゃダメってお母さん言ったでしょ!!! 見た目が小学生でも可愛くても、 24歳の男性がお菓子配り歩いてたら普通に怖いですよね。 シブヤだし、怪しさ満点です。 キャンディー=麻薬を配り歩いて、女性を依存させ、中王区政権の安定に一役買っているロボット、というのが 乱数に関する推測です。 中王区によって作られた存在なので、様の言うことを聞くしかないけれど、内心世界を変えること…… 中王区を含む世界を破滅させることを目的としているように見えます。 この考察を書くために調べなおして、知ったのですが「」の元ネタはイギリスの小説家、メアリー・ーが出版した『』という小説であり、その小説の登場人物、 ヴィクター・は科学者を志し狂気を含んだ研究の末、 人造人間(名前の無い怪物)を生み出したというのが、(いつもどおり雑な)あらすじです。 後世に創作された映画などの影響で勘違いされてますが、=人造人間を指すのではなく、 =人造人間を生み出した科学者の名前、なんだそうです。 *「後世の創作での変容」の項を参照。 私も今回調べるまで勘違いしていました。 原作の小説からすると、フランケン全然かっこよくも強くもないんです。 むしろ 自分が生み出した怪物に死ぬまで追い込まれちゃう悲惨な末路をたどる人……。 ただ、上記に引用したの「慣用」の項を見ると、という単語は英語において「 自ら創造したものに滅ぼされる者」、「 自ら撒いてしまった呪い(または災い)の種」といった意味の慣用句としても使われている、そうです。 推測ですが、この慣用句の使い方は 中王区と乱数の未来を暗示しているように感じます。 中王区が作った乱数によって滅ぼされる中王区政権……。 そしてによって生み出された名前の無い怪物を「 母親のいない子供」のメタファーであると捉える研究もあるとのこと。 *「メタファーとしての怪物」の項を参照。 乱数の両親・家族・血縁いずれも明らかになっていないことと、関連があるように見えるのは飛躍しすぎでしょうか。 また、 ・コンプレックスという言葉も存在します。 「小説『』に由来する言葉、(中略)このロボットに対する人間のな恐怖が、 ロボット工学三原則を生み出したということになっている。 」 ロボット工学三原則まで出てきてしまうと、ちょっと手に負えなくなってしまいます……が関連のキーワードは意外なところにありました。 ラムダとシグマとロボット兵 Drama Track 「Know Your Enemy Side F. P VS M」で麻天狼の一二三が乱数の名前を 「 飴村シグマ」と間違えるセリフがあります。 そもそも、 ラムダとか シグマってどういう意味? 数学? ? 難しいこと分かんない……。 でも、ただの言い間違えにしては引っ掛かります。 間違えるなら飴村オメガでもベータでもカッパでも良いのに、 あえてシグマ? 分からないので「ラムダ シグマ」と、そのままググったところ、 百科事典・ ロボット兵のページに行き当たりました。 (リンクは自粛) 項目「 『』TV第2シリーズのロボット兵」という意外なところに、 ラムダと シグマの記述があります。 全くヒプマイと関係無いのですが、アニメ2ndシリーズが個人的に大好きすぎてロボット兵が登場する最終回、 「さらば愛しきルパンよ」は何度も見ました。 詳細はこちらに書いてありますが、の 監督が脚本・演出を担当しており、ヒロインの声はの さん。 間違いなく名作であり、半端なく豪華な制作陣なので、 よかったら見てください!(まさかのルパン) 内容は後年作られる『』や『』に登場するロボット兵とルパン一味の共演が見られます。 詳しく語り始めるとキリがないので上記のから「あらすじ」の項をご覧ください。 ぜひ読んでください!!!(念押し) 本音を言えば語りたくてしょうがないけれど、ウィキのあらすじが綺麗にまとめてくれてるので……私の出る幕は無い……。 要点を抜き出すと、 ・ラムダ 搭乗型の 試作ロボット兵。 の依頼で開発されたものの何者かに強奪され悪用される、 日本政府は非常事態宣言を発令しラムダの破壊を決定。 ・シグマ 量産を前提とした 試作ロボット兵、ラムダとは異なり 完全自立型兵器。 ラムダが悪用されたことで ロボット兵の有効性がアピールされてしまい、国防会議により大量発注が決定。 そしてルパン一味、ロボット兵開発に資金援助をしていた永田重工という企業、ロボット兵開発者の小と娘である小山田真希の思惑が重なり……もろもろ、というストーリーです。 ロボット兵、政府、試作品、偽物と本物、そして ラムダと シグマ。 コンテンツの枠を超えていますが、ヒプマイの乱数と重なるキーワードが多いように感じます。 つまり、 ポッセが500に乗ってぶち抜くカーしてシブヤstyleしてくれたら、めちゃくちゃテンション上がるなってことです。 結局乱数の血縁関係は何なの?.

次の

ヒプノシスマイク「ピンク色の愛」/飴村乱数Trailer

ヒプマイ 飴 村 乱数

(「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side F. ヒプマイを知った当初から。 けどヒプマイの楽曲だけでなく、物語が進むにつれ、飴村乱数というキャラが気になって気になって……(笑) 特に今回のラスト、普段は「裏表が激しい」なんてもんじゃない乱数ちゃんの、素朴な本音が垣間見えて、すげー可愛かったです。 前回までのあらすじ H歴3年。 かつて日本を制覇した伝説のチーム・The Dirty Dawgの元メンバーたちは、来たるディビジョン・ラップバトルに向けて、三人一組のチームのメンバーを探していた。 シンジュク・ディビジョンでは、変人好みの神宮寺寂雷が、極度の女性恐怖症のホスト・伊弉冉一二三と、超ネガティブで不眠症の会社員・観音坂独歩を勧誘し、 チーム「麻天狼」を結成。 一方、とある事情により寂雷と犬猿の仲にある、シブヤ・ディビジョンの飴村乱数が目を付けたのは、 以前から中王区がマークしていた人物・夢野幻太郎。 病床につく友人を楽しませるために嘘をつくようになり、それが乗じて作家となった幻太郎の心理を見抜いた説得によって、乱数は彼をチームに引き入れることに成功する。 そして乱数が欲したもう一人の人物は、ギャンブラー・有栖川帝統。 命懸けのスリルを求める帝統とラップバトルを重ねた末、乱数は帝統の説得に成功。 チーム「Fling Posse(=志を共にする刹那の友)」を結成した。 やはり、今後チーム戦を勝ち抜いていく上で必要となる、 メンバー同士の連携力を高めるために、乱数と寂雷が一計を案じています。 ただ、麻天狼サイドがドラマ・トラックにほぼ忠実なのに対して、ポッセの方は色んな要素が追加されていましたね。 なので、 今回はポッセ、特に乱数ちゃんについて感想・考察を述べていきます! 中王区が「飴村乱数」を使って成し遂げたい目的とは? 4話は、乱数が無花果に電話する場面から始まります。 来たるディビジョンバトルにて、自分がどう動けばいいか、無花果に指示を仰ぐ乱数。 その彼に対して、 「予選は間違いなく突破しろ」、「決勝トーナメントまで行けばいつ負けてもいい」と無花果は告げます。 意外にも、乱数以外の「男」が今回のバトルで優勝したとして、無花果にとっては痛くも痒くもないご様子。 というのも、無花果が乱数を使って成し遂げたいのは、バトルに優勝して他ディビジョンの男たちを制圧することではないからです。 この台詞、色んな解釈ができると思います。 まず、「中王区に入れる男」とはどういう意味か。 決勝トーナメントの前日を描いたドラマ・トラック「Know Your Enemy」で分かる通り、中王区は高い壁で囲まれており、決勝トーナメント進出が決まったチームにのみ、その壁を越えることが許されました。 つまり、 「中王区に入れる男」=男たちの中でもラップスキルが抜きん出ている者、と解釈できます。 または、 「中王区に入れる」とは「中王区の居住権」のことを指している、と考えることも可能です。 現時点では、政治の行われる中王区に住めるのは女性だけです。 無花果は、飴村乱数を「中王区に住むことが許された、最初の『男』」にしたいのかもしれない。 次に、「印象づける」とは、誰に対しての言葉なのか。 これは、「世間に印象づける」という意味と、「 中王区の人間に印象づける」という意味が考えられるかなーと思います。 まあ、乱数のラップスキルが非凡であることは、彼の属していたTDDが日本制覇したことから既に知れ渡っているはずで、今更印象づける必要もないと思うので。 「飴村乱数は、中王区の居住権を与えても問題ない男である」ということを、世間 or 中王区の人間に印象づける、というのが、今回のバトルにおける無花果の目的なのではないでしょうか。 では、なぜそう印象づける必要があるのか? ずばり言うと、 無花果は壁の内側に、「女に無害で、女にとって都合の良い男」という存在を造りたいのだと思います。 飴村乱数=量産型クローン説 「造りたい」と表現したのは、ドラマ・トラック「Me Against The World」で、「飴村乱数」は量産型クローンでは? と思える台詞がいくつか出てきたからです。 下記は、乱数に対する無花果の台詞。 さらに無花果曰く、 飴村乱数の代替は「文字通り」たくさんいるとのこと。 「新世紀ヱヴァンゲリオン」で、綾波レイの大量のクローンが溶液の中でぷかぷか揺れているシーンがあるじゃないですか。 あれの乱数ちゃんver. が真っ先に思い浮かびました。 じゃあ誰が「飴村乱数」というクローンを造ったのか? 当然、中王区の人間ですよね。 ならば、彼が造られた理由は? 乱数って、女にとって何かと都合が良い「男」だと思います。 そりゃあヒプマイは女性に大人気のコンテンツなので、乱数以外のキャラクターも女ウケの良い要素をたくさん兼ね備えてはいますが(笑) 乱数は特に、ヒプマイの世界における、男性主体の政治が生み出した戦争や暴力に疲弊し怒りのクーデターを起こした女性たちにとって、都合の良い「男」だと思うんです。 155cm/49kg の小柄な身体は、女性を怯えさせるほどの絶対的な筋力差を感じさせない。 あらゆるタイプの女性を「お姉さん」と呼んで優しくしてくれる博愛主義。 小学生のような愛らしい外見とは裏腹に、ちゃんと女を満足させられる成人男子。 暴力性を持ち合わせず、かつ女の欲望を満たせる男。 なんて都合の良い男。 女ばかりの世界では物足りないから「男」の良い部分だけ欲しい、という、中王区の身勝手な野望によって産み出されたのが、飴村乱数というクローンなのではないでしょうか。 「中王区の居住権を与えても問題ない」= 暴力性はないし女にも逆らわない、愛くるしい見た目と人懐っこさを備えた男として、乱数を中王区の人間に印象づけるために、無花果は彼に決勝トーナメントまで勝ち進むことを命じたのだと思います。 彼女にとって、ディビジョンバトルは「飴村乱数」のお披露目パーティーだったのかな、と。 「人間」としての飴村乱数 だけど、乱数にはこの現状が我慢ならない。 当然です、彼にも自我があります。 女にとって完全に都合の良い「男」なんて存在しません。 自分の代わりはいくらでもいる。 ゆえに失敗や反逆は命取りになる。 無花果に生殺与奪を握られていると十分理解しているから、乱数は彼女に従っているだけです。 心の中では人間全員を憎んでいるのに。 しかし、 中王区や自身の境遇とは関わりのないところで、「飴村乱数」個人としての感情もしっかり芽生え、育っています。 例えば、神宮寺寂雷に対する敵意。 それは負の感情でしょうが、中王区とは関係のない、誰からもそれを抱くように命令されていない、乱数だけの感情です。 それに、今回の話で幻太郎や帝統とチンチロをした後、事務所の屋上でひとり煙草を吸いながら、浮かべた笑顔。 そして 幻太郎と帝統を誘い Fling Posse というチームを作ったのは自分の目的のため。 彼らは駒にすぎない。 にもかかわらず、芽生えてしまう愛着。 (素の笑顔。 「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- side F. 自身の目的を遂げるために組んだ「刹那」のチームだけど、幻太郎と帝統は確実に乱数の「友」になってるんですね。 こういう、目的遂行のための非情に完全には徹しきれないキャラ、好きですわ。 幻太郎、秘密ありすぎ 他のメンバーに話を移します。 先述したように、ポッセの方はドラマ・トラックから若干の変更がありました。 ポッセの三人で金を賭けてチンチロをやり、相手を素人同然とナメてかかった帝統が、乱数と幻太郎に立て続けにピンゾロを出されて大敗する、という結果は同じですが。 ドラマ・トラックの方は、単純に帝統の運の悪さが強調されたコミカルな仕上がりになっていました。 一方で漫画版は、イカサマをした幻太郎と、イカサマをしたかどうかさえ分からない乱数の不気味さが描かれていました。 幻太郎がスマホを持っていたことにも驚きですが(なんとなくガラケーのイメージ)、 イカサマに使うサイコロを用意してくれる知人?がいたことにも驚き。 青年と編集とポッセの面々としか連絡を取っていないかと思ってた。 彼はどれだけ秘密を抱えているのか(笑)中王区にとっての重要人物らしいし、こういう時に利用できる謎の人脈も持っているらしい。 「本人はてんで無自覚だけど、実はキーパーソンになり得る秘密を背負っている」的なキャラでいてほしかったんですけどね~。 幻太郎のイカサマの手法がはっきり描かれていた(てかギャンブル中の離席を許しちゃダメだろw)のとは対照的に、 乱数は手の内が一切描かれておらず、ゆえに彼がイカサマをしたのかどうかさえ分からないため、なおのこと正体不明で不気味でしたね。 ドラマ・トラックでは、そもそも幻太郎がなぜ乱数の過去を調べたのか、彼を怪しんだのか、その理由が語られていませんでしたが。 このチンチロが、乱数への疑念の種を幻太郎に植えつけるきっかけになったのでしょう。 にしても、ポッセにきな臭さが集中しすぎ(笑)ただひたむきにギャンブルを愛しているだけの帝統がほんとに可愛く見える。 感想まとめ シブヤいいねシブヤ。 推しが変わりそうで怖い(笑) それにしても、今回もメンバーお揃いのトレードマークはついていませんでしたね。 あれ、いつ生まれるんだろう? あと、ヒプマイとは関係ないんですが、「コミックゼロサム」今月号から 「騎士団長 島耕作」が始まってて笑いました。 島耕作まで異世界に転生する時代なんですね。 すと子 感想記事は順次更新中.

次の

ヒプマイの元ネタを集めるブログ

ヒプマイ 飴 村 乱数

加藤です。 乱数の考察やっと出しました。 乱数についてですが、人外説とかもろもろでてますね。 とりあえずここでは「人間嫌いの人間」として扱います。 人外だとちょっと想定外なので。 ちなみに、まだ新しいドラマパートを聞いていない方がいらっしゃるかもしれないので一度貼っておきます。 先週公開されたばかりです。 ファッションデザイナー。 小学生のような幼い見た目だが、頭の回転が早く、 自分がどう見られているか解っている。 天真爛漫で遠慮がなく、空気を読まない発言も多いが、 持ち前の可愛らしさで愛されている。 凄まじくモテるが特定の相手は作らない。 頭をなでると、笑顔でキャンディをくれる。 シンジュク・ディビジョンの寂雷とはの仲。 引用: 乱数が人間を滅っしようとしている理由とは そもそも飴村乱数は人間嫌いなのか?という疑問。 「この世界はもっと面白いはずじゃない?」と言っていたらむぴはどこに行ったんですか。 というか世界をもっと面白くしようよというのは嘘なのか? いやそもそもなぜに協力しているのか? とにかく疑問が尽きないので、ひとつひとつ並べてみます。 ところで「凄まじくモテるが特定の相手は作らない」って、改めて見るととんでもない設定ですね…。 飴村乱数との関係性 - 文字通り、お前の代わりなんていくらでもー - オネーさんこわぁーい!…よいっしょっ!そーれじゃっ、オネーさんまったねー。 - ふ、やはり失敗作、か。 - (乱数の歩く音) - …あの女、いつか殺してやる。 ふ…いや、あの女だけじゃない。 人間ども全員を…。 引用: 乱数はのことを殺したいほど憎んでいますね。 しかし、計画には好意的なポーズをとって協力している、ということは、おそらく自分自身を人質に取られているのではないかと推測できます。 つまり、の言うことに背いた時点で、乱数という駒が廃棄されるのではないでしょうか?そして「代わりは補充できる」と脅されていると。 乱数自身もそのことに気づいていて、表向きに従っているように見えます。 乱数の生い立ち はなぜ、乱数を従えることができているのでしょうか。 - 文字通り、お前の代わりなんていくらでもー ここです。 乱数の代わりはいくらでも補充できると。 つまりどこかで量産(人だとしたら言い方が悪くなってしまいますが)しているってことですね。 ということは、乱数もその量産品の中のひとつということになります。 ちなみにそういう意味でパッと浮かんだのが、子供がたくさんいる施設だったんですけど。 ここから先は深読みの妄想なのですが、(政府の人間)は駒として乱数のような人間を、H歴以前から準備してきていたのではないでしょうか。 寂雷の手首の斑点 で検索かけて考察みてたら「薬物中毒者に斑点が出ることがあるらしい」という記述を見まして、その時はふーんて感じだったんですが、もし本当に薬物を摂取していたとしたらその薬物はどこから…?(ただの画質の問題説もありますが、あまりに目立つので故意かなと思っています) 引用: 「わかっているな」についてはただの威圧とも思えますが、以前何かあったともとることができます。 話は戻って、寂雷が薬物を摂取していたとするならば、この神のような御仁が自分で打った(飲んだ)とは考えにくくないですか? 誰かに打たれたor身代わりになったとか、そういう状況にないとこうはならないと思います。 ちょっとまとまらないのですが、この辺乱数に関係してきそうな予感がします。 飴村乱数と薬物 「乱数は薬物と何か関連があるのでは」という説は随分前からありますね。 それについては の記事を参照してもらえるとありがたいです。 それで、結局薬物って何か関係あるの?という話なんですが今まで、「売人説」とか「飴が麻薬を表現しているのでは?」という意見はあったのですが、乱数自身が薬物を摂取しているという可能性はないのか…?と最近思いました。 乱数のソロ曲である「」ですが、乱数の主観の歌詞であると思えばなんとなく意味は通るような気もしないでもない…とも思うんですけど全然根拠はないです。 飴村乱数の過去.

次の