いぬやしき 試し読み。 いぬやしき(漫画)

話題の「いぬやしき」のストーリーと登場人物を教えちゃいます。

いぬやしき 試し読み

投稿者: エリ - とても斬新なストーリーですが、気がついたら序盤からどんどん引き込まれてしまう作品です。 画力の高さは言うまでもなく素晴らしいのですが、台詞を多用する事なく登場人物の表情でここまでの表現ができるんだと初めて読んだ時は目から鱗でした。 漫画において説明し過ぎず、あえて心の声を入れずに読み手に委ねるという手法は、なかなかしようと思っても出来る事ではありません。 高い画力と表現力があってこそ可能な事で、一般的な漫画の枠に囚われず、こうした斬新な描き方に挑戦する「攻めの姿勢」も私が奥浩哉さんの作品が大好きな理由の一つです。 中には残酷な描写や心が痛むような描写もありますが、とても純粋なものや尊いものを引き立たせる上で必要なのだと思います。 小さな子供からお年寄りまで受け入れられるというタイプの作品ではありませんが、刺さる人には心の深くに刺さる、ずっと忘れられないような作品になると思います。 投稿者: エリ - 斬新な設定でグイグイ引き込まれていきます。 奥浩哉さんの作品は、コマや台詞を多用するのではなくて緻密な画力とリアリティのある描写で魅せる独特な作風です。 一般的な漫画とはまた違った魅力があります。 普通の漫画で当たり前である「心の声」も描かれていません。 読み手に委ねるということなのでしょう。 そして、こんな描き方を出来るのは、登場人物の表情や、画面に高い表現力がなくては不可能な事だと思います。 中には残酷な描写や、思わず心が痛くなるような描写もありますが、世の中で起こっている理不尽や矛盾を出来る限りリアリティを持って描こうとする作者のこだわりや美学をとても感じます。 そしてダークなものとすごく純粋なものを対比させながらストーリーを展開していく魅せ方が見事です。 小さな子供からお年寄りまで受け入れられるというタイプの作品ではないのかもしれません。 でも、刺さる人には心の奥深くに刺さる、そんな作品かなと思います。 作画も本当に綺麗で、素晴らしい作品だと思います。 私にとっては名作です!.

次の

【いぬやしきのネタバレ】と感想!あらすじや無料試し読み!

いぬやしき 試し読み

いぬやしきあらすじ紹介 主人公の1人、 犬屋敷壱郎(いぬやしき いちろう)は 58歳の初老の男性でサラリーマン。 見た目が歳よりも老けているのと 内向的な性格のため、 家族から疎まれる存在。 しかも胃ガンで余命3ヶ月と宣告され、 家族に打ち明けるタイミングを逃して 近所の公園で独り打ちひしがれていた。 突如、謎の宇宙人の 宇宙船事故に巻き込まれます。 同じくその場にいたもう1人の主人公で 高校生の獅子神皓(ししがみ ひろ) とともに爆死してしまいます。 しかし、不慮の事故を地球人に 知られたくないためか、 彼らの高度な科学力を使用します。 2人は、かつての記憶や精神をそのままに、 機械の体を持つ不死身の生命体 として生き返ります。 彼らが身に付けた力は想像以上に強力。 空を飛べる、 遠隔から複数の人間の殺害ができます。 また不治の病をもつ人間をも 全快させることができます。 おそらく望めばたった一人でも 地球を支配できるほどの凄まじい能力を 持つことになるのです。 しかし蘇った2人は 自分達が持っている力を だんだん把握していきます。 そこでそれぞれが違う目的で そのパワーを発揮することになります。 犬屋敷はもともとが 優しい性格です。 図らずも身に付けたその力で、 困っている人々を助けます。 方や獅子神は、まだ高校生。 善悪の判断を正しくできない性格のため、 自らの強大なパワーで、 次々と殺人を犯していきます。 同じ力を持ちながらも、 違う目的のために 生きることになった2人。 今後どのように絡んでいくのか、 どういう結末になるのかが、 本作の見所になります。 いぬやしきネタバレ・今後の展開 謎の宇宙人の科学力によって 蘇った初老のサラリーマンである 犬屋敷壱郎と、高校生の獅子神皓。 外見は普通の人間と変わらないのに、 銃で撃たれても死なない。 しかも全身の至るところから 人間を殺傷可能な武器を発射できる。 果ては空まで飛ぶことができる 自身の能力に最初はとまどいもあります。 犬屋敷は最終的には弱者を救うことを 自分の生きる目的と思い定めます。 街の不良少年やとんでもなく凶暴な 武闘派ヤクザと組員達を再起不能にして (しかし殺しはしない)弱い人々を救います。 かつ不治の病を持った病人を人知れず 救うなどの善行を行っていきます。 しかし一方の獅子神はその能力を躊躇無く、 他人を殺傷することに利用します。 獅子神の幼馴染で友人だった 安堂直行(あんどう なおゆき)がいます。 彼は安堂をいじめた級友を殺害した 獅子神の異常性に恐怖し、 ついには獅子神と絶交してしまいます。 そして、ひょんなことから 犬屋敷のことを知った安堂。 犬屋敷の純粋さと善行を 目の当たりにしてすっかり感動します。 犬屋敷を裏でフォローする パートナーになります。 若くて頭が柔らかいせいか、 自分自身の驚異的な能力を それなりに把握。 次々と悪事を行っていく獅子神に対して、 犬屋敷はまだまだ自身の真の能力の全てを 把握しきれていません。 その隠された能力の可能性、 使用方法などを安堂がアドバイスし、 犬屋敷も徐々に能力を発揮していきます。 やがて犬屋敷は、自分と同じく 強大なパワーで蘇った獅子神と その行いを知ることとなります。 ついには1日に100人を殺すと 日本中に宣言した獅子神の暴挙を、 犬屋敷は阻止することができるのか? サイト内で【 いぬやしき】を検索! いぬやしき読んでみた感想・評価 まず奥浩哉さんの作画は、 以上に緻密でキレイです。 このアートのような作画を味合うだけでも、 本作を読む価値があると思っています。 ただこの作品、 結構突っ込みどころも多いです。 最初に事故を起こした宇宙人が、 なぜ死んだ2人を機械人間として 再生させたのか。 死んでしまったのなら 一切の痕跡を消して行方不明にしたほうが、 絶対に地球人にはバレないと思うのですが。 地球人に自分達の事故を 隠蔽したいわけです。 こんなスーパーパワーを持った機械人間を、 地球に野放しにするほうが ヤバい気がするのですが。 しかも死んだ2人は完全に再生しているのに、 犬屋敷の携帯電話(ガラケーです)は、 中身が空っぽの瀬戸物と、なぜか中途半端。 どうせ再生するなら、 その優れた科学力で携帯電話も 再生すりゃいいのに。 さっぱり意味がわからないのです。 ストーリーが進んでいく過程で、 彼ら宇宙人の意図が 明らかになるのでしょうか。 また犬屋敷と獅子神の能力ですが、 さすがに死んだ人間は 生き返らせることは不可能。 ガンなどの不治の病は完治できるのですが、 いくら宇宙人の科学力が高度とはいえ、 そこまではやり過ぎのような。 まぁ、そうはいいながらも、 その 美麗な作画で展開される犬屋敷の活躍と 獅子神の残虐さは痛快。 これからこの2人がどのように絡んで、 どのように争っていき、 そして結末はどうなっていくのか。 とても楽しみな作品だと思います。 独特の世界観やバイオレンスな描写など好きな方におすすめ まずファンだった方は、 奇抜なストーリーや残虐さ、 バイオレンスさは同じです。 なのでこの作品も きっと楽しめると思います。 なお本作は現在7巻まで出ています。 一部のファンの方からは、 ページのコマが大きくて、 かつストーリー展開が遅すぎる。 といった批判もあるようですが、 言われるほど展開が遅いとは思えないです。 奥浩哉さんの緻密な作画は、 むしろ大きいコマのほうが 見やすいのでは、と感じます。 いずれにせよ他の作品にない 奇想天外なSF作品だと思います。

次の

話題の「いぬやしき」のストーリーと登場人物を教えちゃいます。

いぬやしき 試し読み

Contents• いぬやしき 10巻 最終回 ネタバレ|犬屋敷、地球を救うため家を出る 世界を救うために宇宙へ行こうとしている犬屋敷を止めるチョッコー。 「僕には……… 聞こえるんだ……… 全世界の助けを求める人達の……沢山の声が………」 犬屋敷さんがそこまでしなくてもと泣きじゃくるチョッコー。 しかし、犬屋敷は行くつもりだ。 「うう……幸運を……祈ってます………」 電話を切る。 ずっと犬屋敷を見ていたはな子を抱きしめる。 「………はな子… はな子…… はな子…… ああ……はな子…………」 しばらく泣いた犬屋敷。 「じゃあ……行ってくるよ」 部屋のドアを閉める。 水道水をたらふく飲む。 「みんな………行ってくるよ………」 玄関に行くと麻理が立っていた。 「どこ……行く……の?」 散歩と答えるいぬやしきに、じゃああたしも行くと言う麻理。 ごめんウソと言い、本当の事を話すと、そんなの 父さんが行かなくてもいいじゃんと麻理は 泣きそうになる。 最後まで諦めたくないんだ、行ってくると玄関を 開けようとした犬屋敷を抱きしめ、やーだ!! やだ!お父さん行っちゃやだぁ!! と子供みたいに 泣きじゃくる。 部屋にいたはな子はドアをカリカリしている。 自力でドアを開け、ワンワン吠えている。 お母さん達も目を覚ます。 勢いよく階段から降るはな子は、足を踏み外してしまい、階段から転げ落ちるが、すぐに立ち上がる。 「帰って来る 約束する」 犬屋敷は空を飛び行ってしまう。 はな子は ダッシュで犬屋敷を追いかけていく。 空を眺めている犬屋敷の家族。 チョッコーから通話がかかってきて、 犬屋敷は出る。 隕石の上にいると伝え、写真を送る。 隕石がおまりにも大きいので無理じゃないかなと弱気になるチョッコー。 犬屋敷がどんなに攻撃しても隕石は壊れない。 「もう……充分です……犬屋敷さん… これが人類の運命なんですよ…… 帰って来て……… 家族と一緒にいてあげてください」 チョッコーに何を言われても諦めない犬屋敷。 ロボットになってしまったのには、 何か意味があるはずだと犬屋敷は言う。 いぬやしき 10巻 最終回 ネタバレ|獅子神が宇宙に 獅子神が隕石の上にいる事に気づいた犬屋敷。 「やっぱり…あんた来ると思ってたよ…」 「なんで……ここにいるの?」 「……これの… 軌道を……変えようと思って………」 「君……が!? なぜ…?」 少し沈黙の後口を開く獅子神。 「俺にだって……死んでほしくない人…….. しおんとチョッコーには…死んでほしくないんだ…」 獅子神は自爆すると言う。 犬屋敷は帰ってもいいと。 しおんの泣いてる声が聞こえ、少し涙を浮かべる 獅子神。 目が自爆スイッチだから、犬屋敷に押してほしいと頼む。 犬屋敷はチョッコーに獅子神が目の前にいることを伝え、君に死んでほしくないと言っていたと 伝える。 チョッコーは泣きじゃくる。 ごめんよーと大きな声で獅子神に向けて叫ぶチョッコー。 獅子神は涙が零れる。 犬屋敷はスイッチを押す。 獅子神は自爆し、体はバラバラ。 隕石はまだ残っている。 いぬやしき 10巻 最終回 ネタバレ|犬屋敷死す これから家に帰るよとチョッコーに伝える犬屋敷。 「やっぱり…これが… 運命なんだ…… みんな…約束守れなかった… ごめん……」 目のスイッチを押す。 チョッコーは犬屋敷が帰って来ると思っていた。 犬屋敷は家族を思い、涙を流す。 そして、爆発する。 世界がブワッと光に包まれ、チョッコーは犬屋敷が自爆したのだとわかり、涙を浮かべ驚いている。 犬屋敷を外で待っていた家族は、泣きじゃくる。 隕石は結局落ちてこなかった。 誰も犬屋敷と獅子神のおかげだとは知らない。 学校で友達からお父さんの事を聞かれた麻理は、 涙が零れる。 犬屋敷の妻は仕事に集中出来ない様子。 息子は、いつもかつあげしてくる不良を殴る。 返り討ちにされる息子だが、「見ていた?父さん」とスッキリした表情で言う。 チョッコーはしおんに犬屋敷と獅子神が世界を救ってくれた事を話す。 2人は泣きながら空を見上げる。 相変わらず泣いていた麻理。 コンビニに入り、ジャンプを 立ち読みするとあることに気づく。 麻理の描いた漫画が入賞し、賞金500万円だと 書いてある。 麻理は急いで家に帰り母さんにその事伝えるのだった。

次の