秋葉原 あだち。 秋葉原 店主のお喋りを文字起こしせよ デカ盛りのお店ごはん処あだち

この店、どうかしてるだろ!秋葉原「ごはん処あだち」は常軌を逸したメガ盛りと店主のキャラで本当にお腹いっぱいになれる

秋葉原 あだち

「あだち」の米の量は日本語が歪む お店の前の看板によると 大盛り:7kg 普通:3. 5kg 少なめ:2. 8kg 擦り切れ:600g ものご飯が提供されるようです。 どういう人間の大盛り、普通なんでしょうかw グーグルマップの口コミには星5の評価、星1の評価で真っ二つに別れています。 あだちの店主はこんな感じ 手ぬぐいねじりハチマキのよく喋るご主人がいます。 そして、ご飯の盛りに注文と大きな誤差を気分によって発生させます。 これは江戸っ子だからだそうです。 江戸っ子ってそうなの。 感覚的にメイド喫茶と同じような感じです。 メイド喫茶に純粋に喫茶の部分のみを求めていくのって変化球的じゃないですか。 メイドさんがキャピキャピ接客しに来ますよね。 (勝手なイメージ) ある意味、メイドさんとご主人様あってメイド喫茶という世界が出来上がりますよね。 それと同じ。 「あだち」のご主人と我々が「あだち」を作り上げます。 おしゃべりでお米を大量に継ぎたがるメイドさんと思えばオッケーです。 萌え要素がありませんが。 あだちの料理は… お店の売りはおいしいお米とおいしいからあげです。 まずメニューを選びます。 あまりに自慢の逸品なので、あだち(からあげ)セットを強く強く推奨されます。 なので、あだちセットで良いと思います。 おかずが出来上がると米の量を選びます。 「うちの店の米の量は半端じゃねぇぞ!」と脅かされます。 「夜、口笛を吹くと蛇が出るぞ!」的な茶目っ気のある脅かし方です。 桶の半分くらい(300g)が良いんじゃねぇか、おかわり自由だしといわれます。 誤差がデカイ。 さすが江戸っ子、どんぶり勘定。 「店主が江戸っ子気質のため写真と異なる場合がございます。 」 江戸っ子に薬剤の調剤はまかせらんねぇな。 からあげの味ですがご飯がすすむカレー味です。 もも肉なのでサラッと食べられます。 岩くらいの大きさです。 他にポテトコロッケと揚げ春巻き二本、おでんと柴漬けがあります。 からあげの味は正直言えば、これよりおいしいからあげを僕は知っています。 肉が大きいので、もも肉の淡白な味わいが味付けの濃いめチェーン店系と比較すると物足りないって意見は賛同します。 付け合せのおでんはめちゃくちゃ美味しかった。 「あだち」に向かない人 テーマパークやメイド喫茶にその世界感に入ることに強い抵抗があったり、一歩引いたところで見ちゃう方は難しいかなぁ。 流石に秋葉原で50年以上、三代続いてるお店だけあって ラーメン二郎のような独特の世界観があります。 ラーメン二郎もメイド喫茶(軍服とかくノ一喫茶もあるようですが)も特有の世界観が認められる東京。 しかし、口コミをみると「あだち」の世界観がやや認められていない節があるのは残念だなぁと思います。 知り合いが行くなら覚悟して行けといいますが。

次の

デカ盛り日本一!!秋葉原「ごはん処 あだち」の大盛りは、ご飯7kg!!進撃のグルメ(デカ盛り・メガ盛り・特盛・大盛りetc)世界一のデカ盛り・大盛りグルメサイトを目指しています!!!

秋葉原 あだち

スポンサーリンク 「ごはん処あだち」のものすごいメニューとなぜこんなにデカ盛りなの? お店がある秋葉原で1番の老舗の食堂の「あだち」さん。 確かに、年季が入っている感じはしますが何か温かいお店に見えます。 秋葉原に市場があった頃に市場の労働者が多数いたからデカ盛りを始めたのきっかけ。 コシヒカリご飯は大盛だと2升w 全体的に相変わらず雑w とにかく、お腹いっぱい食べたい方にはオススメします。 絶対入って良かったって思える店、ごはん処あだち。 久しぶりの訪問で今回はネギトロ丼を! — 榛名 gunmaAHM 店主に会いにくる人も… 店主の安達正則さんがものすごく気さくでお話が好きなので、安達さんに会いたくて来る人も…。 深い議論に関しては厨房から出てきてしまうので、そうですね~と軽く流しておくこと。 おもしろいですね。 お話好きな店主さんなのでしょうね。 なぜこんなにごはんが多いのか? 昔は、秋葉原駅前に青果市場があり、 市場で働く人の為の食堂だったそうです、 市場で働く人はたくさん食べるので、ここは「味と量の店」として美味しさとボリュームを売りにしていました。 米は正真正銘新潟のコシヒカリで、米問屋とは先代から築いた信頼があるので安く仕入れることができるので美味しいお米が提供できます。 昔からのつながりや伝統をしっかり守っているのでしょうね。 店主さんと話したら悩みも吹き飛びそうです。 まとめ 今回は、「ナニコレ珍百景」で放送される、 秋葉原にあるデカ盛りのお店「ごはん処あだち」さんについて調べてみました。 あだちについて事前にしっかりと調べていくといい• とにかくデカ盛り!普通盛りで1升• おかずも大きい• お米はコシヒカリ ということがわかりました。 本当に何もかもが大きいお店で本当にビックリしました。 物価が上がってもこうして昔ながらのお店を続けているということは、本当にすごい事だと思います。 お店はまだまだ続けていってほしいですね。

次の

この店、どうかしてるだろ!秋葉原「ごはん処あだち」は常軌を逸したメガ盛りと店主のキャラで本当にお腹いっぱいになれる

秋葉原 あだち

「あだち」の米の量は日本語が歪む お店の前の看板によると 大盛り:7kg 普通:3. 5kg 少なめ:2. 8kg 擦り切れ:600g ものご飯が提供されるようです。 どういう人間の大盛り、普通なんでしょうかw グーグルマップの口コミには星5の評価、星1の評価で真っ二つに別れています。 あだちの店主はこんな感じ 手ぬぐいねじりハチマキのよく喋るご主人がいます。 そして、ご飯の盛りに注文と大きな誤差を気分によって発生させます。 これは江戸っ子だからだそうです。 江戸っ子ってそうなの。 感覚的にメイド喫茶と同じような感じです。 メイド喫茶に純粋に喫茶の部分のみを求めていくのって変化球的じゃないですか。 メイドさんがキャピキャピ接客しに来ますよね。 (勝手なイメージ) ある意味、メイドさんとご主人様あってメイド喫茶という世界が出来上がりますよね。 それと同じ。 「あだち」のご主人と我々が「あだち」を作り上げます。 おしゃべりでお米を大量に継ぎたがるメイドさんと思えばオッケーです。 萌え要素がありませんが。 あだちの料理は… お店の売りはおいしいお米とおいしいからあげです。 まずメニューを選びます。 あまりに自慢の逸品なので、あだち(からあげ)セットを強く強く推奨されます。 なので、あだちセットで良いと思います。 おかずが出来上がると米の量を選びます。 「うちの店の米の量は半端じゃねぇぞ!」と脅かされます。 「夜、口笛を吹くと蛇が出るぞ!」的な茶目っ気のある脅かし方です。 桶の半分くらい(300g)が良いんじゃねぇか、おかわり自由だしといわれます。 誤差がデカイ。 さすが江戸っ子、どんぶり勘定。 「店主が江戸っ子気質のため写真と異なる場合がございます。 」 江戸っ子に薬剤の調剤はまかせらんねぇな。 からあげの味ですがご飯がすすむカレー味です。 もも肉なのでサラッと食べられます。 岩くらいの大きさです。 他にポテトコロッケと揚げ春巻き二本、おでんと柴漬けがあります。 からあげの味は正直言えば、これよりおいしいからあげを僕は知っています。 肉が大きいので、もも肉の淡白な味わいが味付けの濃いめチェーン店系と比較すると物足りないって意見は賛同します。 付け合せのおでんはめちゃくちゃ美味しかった。 「あだち」に向かない人 テーマパークやメイド喫茶にその世界感に入ることに強い抵抗があったり、一歩引いたところで見ちゃう方は難しいかなぁ。 流石に秋葉原で50年以上、三代続いてるお店だけあって ラーメン二郎のような独特の世界観があります。 ラーメン二郎もメイド喫茶(軍服とかくノ一喫茶もあるようですが)も特有の世界観が認められる東京。 しかし、口コミをみると「あだち」の世界観がやや認められていない節があるのは残念だなぁと思います。 知り合いが行くなら覚悟して行けといいますが。

次の