今週のおうし座。 おうし座

牡牛座 今週の運勢

今週のおうし座

生命と飛躍の瞬間 今週のおうし座は、ロダンの「カテドラル」という彫刻作品のごとし。 あるいは、 さまざまな記号のはりついた人間である前に一個の生命体であることに基づいていこうとするような星回り。 ロダンの作品の中では小品ながら「カテドラル(大聖堂)」と名付けられた作品があります。 厚みや大きさ、手首の細さが異なる二つの手が今にも触れ合おうとしているのでしょうか。 それとも、離れる瞬間なのでしょうか。 いずれにせよ、そこには不思議な宇宙性と宗教性が横溢しています。 どうしてこのような作品がつくられ、祈りの場である大聖堂の名がついたのか。 周囲の人々の熱心な聞き取りから生まれた『ロダンの言葉抄』の中に、次のような箇所がありました。 (宗教とは)無限界、永遠界に向かっての、きわまりない智恵と愛とに向かっての、われわれの意識の飛躍です。 多分夢幻に等しい頼みごとでしょう。 (中略)線と色調とはわれわれにとって隠れた実在の表象です。 表面を突き通して、われわれの眼は精神まで潜りこむのです。 そうして、彼にとっての宗教体験と制作哲学とが重なり合い、次のように結ばれます。 「よき彫刻家が人間の彫刻をつくるとき、彼が再現するのは筋肉ばかりではありません。 それは筋肉を活動させる生命です」と。 14日におうし座から数えて「意識の飛躍」を意味する9番目のやぎ座にある木星・冥王星に改めて焦点があたっていく今週のあなたもまた、 自分が人生に対して何を祈り、それをどのような形で具現化しようとしているのか、改めておのれに問うていくことになりそうです。 酔芙蓉のごとく 日本の中世では「補陀落渡海」といって、南方に臨む海岸から行者が渡海船に乗り込み、そのまま沖に出る自発的な捨身を行って民衆を先導する捨身行がおこなわれていました。 ここで言う「補陀落(ふだらく)」とは、観音菩薩の降り立つとされる伝説上の霊場のことで、補陀落浄土とも呼ばれるもの。 まさに浄土の「まぼろし」に見せられた宗教的伝統のうちの一つであった訳ですが、この「補陀落渡海」について詠んだ句に「補陀落といふまぼろしに酔芙蓉」(角川春樹)というものがあります。 この句では、観音菩薩が「酔芙蓉」に重ねられている訳です。 酔芙蓉は、夏から秋にかけて薄紅色の美しい五弁の花を咲かせるのですが、朝に花が開くと翌朝にはしぼんでしまうんですね。 さながら、清水の舞台からポーンと飛び降りるみたいに咲いては、「まぼろし」のなかに消えていく。 それは まぼろしに「酔う」ということでもあって、そのなかに何かまったく新しい自分のあり方やそれを可能にするような道というのを見つけていく訳です。 ロダンが『カテドラル』を造ったのも、おそらくそんな心持ちだったのではないでしょうか。 今週のおうし座もそれに続いていくべし。 今週のキーワード 補陀落渡海.

次の

牡牛座 今週の運勢

今週のおうし座

今週は「成長を促すこと」がテーマになります。 全体性を意識することになり、みんなで何かを成し遂げることに重きが置かれます。 共感共有を大切にしましょう。 大義名分や、やりがいを作ることができるでしょう。 おうし座 7月13日(月)〜7月19日(日)の運勢 頼りにされることが多く、やりがいを得られたり、自分にできることを増やせそうなのですが、その反面、人使いが荒くなったり、無意識のうちに厳しい言葉を使ってしまうことも。 寛容な気持ちを忘れずに。 週の始まりは、具体的な進捗がありそうです。 前向きな姿勢を大切に。 能力が発揮されます。 火水木あたりは、これからの自分の在り方がまとまってきます。 心地良さを追求しましょう。 週末にかけて、若干ケアレスミスに注意ですが、様々な価値に触れられ、良い刺激を得られそうです。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

【今週の運勢/おうし座】「満たされたい、もっと。」ミモット星占い(7/13

今週のおうし座

今週の予報 「歩けるようになるまで走るな」という言葉があります。 でも、なぜそんなことを言うのでしょう? 赤ちゃんが歩き方を覚える時、走ることから始める子が多いです。 バランスのとり方を覚えるまでは、走らない限り転んでしまうのですね。 さて、あなたは長いことある長期目標を心に温めているようですが、今週はその目的を達成するための最初の一歩を踏み出す時期として理想的です。 石橋を叩いて渡る必要はなさそうです。 宇宙があなたを応援してくれているので、その案件に体当たりで臨むことをおすすめします。 ついにその時がやってきました。 全力を挙げて取り組んでください。 今週の予報(恋愛編) 「五勺桝(ごしゃくます)に五合は入らない」ということわざがあります。 このことわざ、現代人の耳には奇異に聞こえます。 五勺や五合って何のこと? 十進法が採用されている現代においては、「90ミリリットル容量の容器に900ミリリットルの液体は入れられない」と言い換えなければならないでしょう(もっとも、この言い方では舌をかんでしまうかもしれませんが!)。 いずれにせよ、あなたはある人間関係を特定のカタチに圧搾しようとしています。 でも、人の感情はそんな風に働きません。 感情を粘土のように形作ることはできないのです。 というわけで、悪化している人間関係を修復したいのだったら、あなたの考え方を調整するようにしてください。 今、あなたは困難な状況に直面しているのですか? 今の状況にベストな答えを得るには、12星座によるシンプルな「今日の運勢」以上のものが必要です。 ジョナサンの個人鑑定をデジタルで忠実に再現したチャート鑑定書いただけます。 お求め頂きやすい1ヶ月版コース(1200円)が登場しました。

次の