有栖川有栖 本。 【有栖川有栖】おすすめ小説!売れ筋人気ランキング名作ベスト10はこれ!

有栖川有栖作品のおすすめランキング10選【本格ミステリーで大人気】

有栖川有栖 本

概要 [ ] 有栖川宮は歴代、・の師範を勤めての信任篤く、やをはじめ、や、、などとも婚姻関係を結び、公武ともに密接であった。 また代々、次男以下の子弟をに・として入寺させていた。 2年()、の第7皇子・が創設。 当初の宮号は ( 高松殿)で、親王の祖母・の御所高松殿に由来する。 好仁親王はの養女・亀姫(実父は秀忠の甥で娘婿にも当たる)を妃としたが、嗣子がなかったため甥にあたるの皇子・良仁親王が養嗣子として第2代となり、 ( 花町殿)を名乗った。 やがて良仁親王が後西天皇として践祚することになるが、これは先代の養子・識仁親王(後の)が幼少であったための中継ぎであり、後西天皇は自分の皇子・に高松宮を継がせて、宮号を有栖川宮(有栖川殿)に改めた。 改号の理由および「有栖川宮」の宮号の由来は明らかではない。 その後、幸仁親王の子・が嗣子なく薨じたため、霊元天皇の第17皇子・が入って第5代を継承し、以後、6代・、7代・、8代・、9代・、10代・と、いずれも霊元天皇の血統が続くが、1908年に11代目予定のが20歳の若さで薨去。 2年()に威仁親王が薨去したため、の規定に基づき断絶が確定した。 その後はとの両未亡人が宮家を守っていたが、大正12年()2月7日に董子が、同年6月29日には慰子が相次いで薨去し、翌年の慰子の一年祭をもって有栖川宮は正式に断絶となった。 有栖川宮の祭祀および財産は、大正天皇の特旨によってにより引き継がれ、宣仁親王には有栖川宮の旧称である「高松宮」の宮号が与えられている。 ただし、旧皇室典範によって皇族の養子縁組は禁じられていたため、宣仁親王が有栖川宮の当主を継承したわけではない。 後に宣仁親王は、父系で6代・の血を、母系で10代・威仁親王の血統をそれぞれ持つ(の内孫)を妃とした。 有栖川宮邸 [ ] 本邸(京都時代) [ ] 有栖川宮の本邸宅の場所は、京都・東京時代を通じ、火災焼失等による仮住まいの期間を除いても複数回の移転があった。 初代好仁親王の時代からほぼ江戸時代を通し、の北東部分にあたる猿ヶ辻と呼ばれた場所に屋敷が存在した。 この地は幟仁親王時代の元年()に、御所の拡張用地として召し上げられた。 翌慶応2年()までに、跡地は京都御所の敷地に編入されるか道路に転用されたため、建物等の遺構は現存しない。 代わりに下賜されたのが、現在の内で「有栖川宮邸跡」の碑が建つ、御所建礼門前の(御花畑)跡であった(この地は直前までが宿舎として利用していた)。 この場所に明治2年(1869年)に新御殿が落成したが、わずか3年後の明治5年()、すでにによって東京に移っていたからの呼び寄せにより幟仁親王も東京へ転住することになったため、宮邸の土地家屋はを経てに引き継がれ、裁判所として使用された。 現在角に建つの学舎の一つ「有栖館」は、この建物の一部を移築したものと伝えられている。 本邸(東京時代) [ ] 幟仁親王より先に東京へ転居していた熾仁親王は、旧屋敷(神田小川町、現在の「駿河台下」交差点付近)、旧屋敷(御門内、現在の付近)などを転々としたあと、明治4年()に芝浜崎町の旧紀州藩別邸()を本邸とした。 しかしここは明治8年()にに買い上げられたため、維新後はが住んでいた一丁目二番地の旧屋敷跡(現在の国会議事堂敷地南部から南地区にかけての一帯)1万1千93坪を買上げ, 同年8月28日に移転。 しかしこの旧副島邸、既存建物が老朽化していたため, 明治13年より殿邸の改築が企てられる。 の担当で工事が実施された。 そのうちの洋館は設計の2階建てで建築され、本邸として使用された。 この洋館は明治14年()から17年()7月に竣工までの3年におよぶ工期と約47万円(当時)の費用をかけて建てられ、外国使節の接待施設としての機能も併せ持つ非常に豪華な建物であり、「コンドル博士遺作集」では「荘重なる復興式となし, 内部諸室の意匠も都て此方針に拠れり。 本建物は蓋し皇族の御殿を純洋風に造りたる嚆矢にして, 永く後の模範となりたり」と伝えている。 邸宅には前述のコンドル設計の本館(洋館)のほか、木造の日本館があって職員の事務棟などとして使用されていた。 また17年4月よりの担当で着手したは, 翌18年6月に完成し, 有栖川宮邸としての体裁を完全にととのえることになる。 威仁親王に代替わりした後の明治29年()には、宮内省によってとして買い上げられさらに31年には建物など一切が買上げられたが、威仁親王の希望により明治36年()まで継続使用された。 明治37年2月8日に宮家から引渡しがあり, 2月13日付で霞関離宮となったもので,大正10年より同12年まで東宮仮御所となる。 また日本館はのちにで庁舎が被災したが大正13年より昭和12年まで臨時に使用したが、のちに解体されて一部がのに移築された。 明治36年12月、隠居した幟仁親王が薨去まで住んでいた、三年町5番地の隠邸跡(現在の、庁舎)に新本邸が完成し、同月17日に移転。 有栖川宮の最後の本邸宅となった。 霞関離宮本館と三年町本邸(絶家後は高松宮邸を経て外務大臣官舎)の両建物は有栖川宮の絶家後も存在し、関東大震災にも耐えたが、ともに昭和20年()5月25日ので被弾炎上し、終戦後に撤去された。 別邸 [ ]• 幕末の領地 [ ] の『データベース』より算出した幕末期の有栖川宮領は以下の通り。 (2村・1,000石)• のうち - 2村• 大石中里村のうち - 664石1斗3升7合5勺1才2撮• 安養寺村 - 335石8斗6升2合4勺8才8撮 エピソード [ ]• 3代・幸仁親王は、延宝8年(1680年)に将軍家綱が死去した際、のによって将軍に擁立されようとした、とする宮将軍擁立説がある。 6代・織仁親王の娘のうち、は12代将軍 の正室となり、はの正室となってやを生んだ。 8代・幟仁親王(-)は、の前身であるや神道教導職の総裁に任ぜられ、の書道師範を務めた功績を以ってを賜った。 また、有栖川流書道を大成させ、の正本を揮毫した。 9代・熾仁親王(-)は和宮の婚約者だった人として知られ、3年()12月、により新政府のの座に就いた。 に際してを務め、では征討総督となった。 議長、も務めた。 (明治27年)のではを務めた(戦争中に在職のまま病没)。 10代・威仁親王(-)はとなったほか、時代のをよく輔導した。 威仁親王の嗣子・は父に先じて早世したが、有栖川宮歴代の勲功に鑑み、大正天皇は親王の臨終に際し特旨をもって第3皇子・光宮宣仁親王に高松宮の称号を与え、有栖川宮の祭祀を継がせた。 威仁親王の第2王女であるはに嫁ぎ、宣仁親王妃である喜久子の生母となった。 有栖川宮詐欺事件 [ ]• (平成15年)、有栖川宮の祭祀継承者(宣仁親王御落胤)と自称する者による事件が起きた。 詳細はを参照。 脚注 [ ].

次の

有栖川有栖

有栖川有栖 本

今月に入って初めて有栖川作品を読むに至りましたが、探偵役の名前を見て 「あぁ、最近やってたドラマは有栖川作品だったのか」とか思った次第。 度が過ぎた天才でもないし、勿体ぶることもないし、作中人物の有栖川とのやりとりも軽妙で味がある。 今作で最も好きなのは「髭がわかんねぇんだよな…」ってやつ。 その点は過不足なく書かれていたと思います。 作中の有栖川に、自己を投影しているかの如くな箇所も然り。 にしても、 が出てくる(商業)小説ってのは、 世界中探してもこの1冊だけでしょう。 吃驚しましたわ。 本書はタイトルが示す通りサルバドール・ダリの世界観をフィーチャーした物語に仕上がっています。 自称天才にして奇行で知られたこの画家の作品や、その赤裸々な私生活が作中にエロチックにしてグロテスク、いびつにして美しい雰囲気を 漂わせています。 夢かうつつか判らない超現実的な世界観。。 さて、火村先生のフィールドワークになる肝心な事件の概要と言えば、、ダリを偏愛してやまない宝石店の社長が週末を利用してやってくる 別邸において自身愛用のフロートカプセル(人の体温と同じにして特殊な液により全身をぷかぷかと浮かべながら瞑想できる装置! )の中で 無残に事切れている状態で発見されるという不思議な現場。 しかも何故か彼がダリを真似てたくわえていた自慢の髭が剃られていた(!? 本作品の魅力は動機解明が面白い所。 ワンマンゆえに仕事上の怨恨を抱えていたいのか? 二人とも母親が異なる弟との関係? 男女の三角関係? と被害者をとりまく人間関係が入り組んでいる。 それを火村・有栖川コンビに加え樺田警部や野上刑事などの魅力的な人物が加わり、俗に 言う裏を取る作業に没頭していく訳ですね。 序盤で重要な意味を持っていた人物が後半で簡単にまびかれてる所とかは多少竜頭蛇尾な感も なきにしもあらずだが、全体的には最後まで犯人をさとらせず飽かせません。 それに加え、犯罪者を裁く法律自身のあり方に、犯罪被害者の責任の有無などを火村視点で鋭く講義するあたりも魅入るし、オタク文化などを とりあげて語られる現代人それぞれの繭=現実逃避の定義も甚だ感銘する事間違いなしですね。 また終わり良ければすべて良しのアクロバットな締めくくり方も豪胆で好かったりする。。 火村教授+アリスの2作目長編です。 そう思うとごく初期の作品なのですが、今、読んでも古びていなくて充分に楽しめます。 各国シリーズではないので、スペインは特に関係ありません。 ダリを崇拝している宝石チェーン店の社長、彼はダリ好きだけあって、店や自宅にもダリの作品やその模倣品がたくさん飾られていました。 本人もダリと同じようなひげをはやしていて、それで全国的に有名でした。 彼には母親の違う弟が2人いて、1人は同社の副社長、もうひとりは社外ですが取引会社勤務で、3人はいたって良い関係を築いていました。 そして社長は秘書の女性に心から惚れていたけれど、その女性は同社勤務の宝石デザイナーとのつきあいもあった様子。 そこへ社長が異様な状況で殺されて・・・というお話です。 大きな繭型の中で水のようなものに浮かぶと心が落ち着くという新奇な装置も出てきますが、ごくオーソドックスな本格ミステリです。 人物や状況設定にも非現実的で不自然なところがなく、すんなりと話に入っていけました。 舞台はいつもの関西。 大阪は夕陽丘のアリスの自宅、心斎橋の宝石店本社、六甲山の宝石店社長の別荘、そして三重県の鳥羽。 火村とアリスが調査のために鳥羽に向かうのですが、アリスはそこで小学校時代の修学旅行を思い出します。 余談ですが、有栖川氏の世代だと、関西からの小学校の修学旅行は、ほとんどが伊勢志摩2泊3日でした。 作中のアリスも、何十年ぶりにやってきて、当時をなつかしく思い出します。 同世代の関西人なら、思わずにやりと笑ってしまうのではないでしょうか。 事件が解決してみると、心情的にとても哀しいものがありました。 世の中には望んでもどうしても得られないものがある、どうしょうもないことがある、と。 ネタばれになるので詳しくは書けませんが。 トリックや状況にも無理がなく、なかなかよかったと思います。

次の

有栖川有栖 新刊情報 (523作品)

有栖川有栖 本

概要 [ ] 有栖川宮は歴代、・の師範を勤めての信任篤く、やをはじめ、や、、などとも婚姻関係を結び、公武ともに密接であった。 また代々、次男以下の子弟をに・として入寺させていた。 2年()、の第7皇子・が創設。 当初の宮号は ( 高松殿)で、親王の祖母・の御所高松殿に由来する。 好仁親王はの養女・亀姫(実父は秀忠の甥で娘婿にも当たる)を妃としたが、嗣子がなかったため甥にあたるの皇子・良仁親王が養嗣子として第2代となり、 ( 花町殿)を名乗った。 やがて良仁親王が後西天皇として践祚することになるが、これは先代の養子・識仁親王(後の)が幼少であったための中継ぎであり、後西天皇は自分の皇子・に高松宮を継がせて、宮号を有栖川宮(有栖川殿)に改めた。 改号の理由および「有栖川宮」の宮号の由来は明らかではない。 その後、幸仁親王の子・が嗣子なく薨じたため、霊元天皇の第17皇子・が入って第5代を継承し、以後、6代・、7代・、8代・、9代・、10代・と、いずれも霊元天皇の血統が続くが、1908年に11代目予定のが20歳の若さで薨去。 2年()に威仁親王が薨去したため、の規定に基づき断絶が確定した。 その後はとの両未亡人が宮家を守っていたが、大正12年()2月7日に董子が、同年6月29日には慰子が相次いで薨去し、翌年の慰子の一年祭をもって有栖川宮は正式に断絶となった。 有栖川宮の祭祀および財産は、大正天皇の特旨によってにより引き継がれ、宣仁親王には有栖川宮の旧称である「高松宮」の宮号が与えられている。 ただし、旧皇室典範によって皇族の養子縁組は禁じられていたため、宣仁親王が有栖川宮の当主を継承したわけではない。 後に宣仁親王は、父系で6代・の血を、母系で10代・威仁親王の血統をそれぞれ持つ(の内孫)を妃とした。 有栖川宮邸 [ ] 本邸(京都時代) [ ] 有栖川宮の本邸宅の場所は、京都・東京時代を通じ、火災焼失等による仮住まいの期間を除いても複数回の移転があった。 初代好仁親王の時代からほぼ江戸時代を通し、の北東部分にあたる猿ヶ辻と呼ばれた場所に屋敷が存在した。 この地は幟仁親王時代の元年()に、御所の拡張用地として召し上げられた。 翌慶応2年()までに、跡地は京都御所の敷地に編入されるか道路に転用されたため、建物等の遺構は現存しない。 代わりに下賜されたのが、現在の内で「有栖川宮邸跡」の碑が建つ、御所建礼門前の(御花畑)跡であった(この地は直前までが宿舎として利用していた)。 この場所に明治2年(1869年)に新御殿が落成したが、わずか3年後の明治5年()、すでにによって東京に移っていたからの呼び寄せにより幟仁親王も東京へ転住することになったため、宮邸の土地家屋はを経てに引き継がれ、裁判所として使用された。 現在角に建つの学舎の一つ「有栖館」は、この建物の一部を移築したものと伝えられている。 本邸(東京時代) [ ] 幟仁親王より先に東京へ転居していた熾仁親王は、旧屋敷(神田小川町、現在の「駿河台下」交差点付近)、旧屋敷(御門内、現在の付近)などを転々としたあと、明治4年()に芝浜崎町の旧紀州藩別邸()を本邸とした。 しかしここは明治8年()にに買い上げられたため、維新後はが住んでいた一丁目二番地の旧屋敷跡(現在の国会議事堂敷地南部から南地区にかけての一帯)1万1千93坪を買上げ, 同年8月28日に移転。 しかしこの旧副島邸、既存建物が老朽化していたため, 明治13年より殿邸の改築が企てられる。 の担当で工事が実施された。 そのうちの洋館は設計の2階建てで建築され、本邸として使用された。 この洋館は明治14年()から17年()7月に竣工までの3年におよぶ工期と約47万円(当時)の費用をかけて建てられ、外国使節の接待施設としての機能も併せ持つ非常に豪華な建物であり、「コンドル博士遺作集」では「荘重なる復興式となし, 内部諸室の意匠も都て此方針に拠れり。 本建物は蓋し皇族の御殿を純洋風に造りたる嚆矢にして, 永く後の模範となりたり」と伝えている。 邸宅には前述のコンドル設計の本館(洋館)のほか、木造の日本館があって職員の事務棟などとして使用されていた。 また17年4月よりの担当で着手したは, 翌18年6月に完成し, 有栖川宮邸としての体裁を完全にととのえることになる。 威仁親王に代替わりした後の明治29年()には、宮内省によってとして買い上げられさらに31年には建物など一切が買上げられたが、威仁親王の希望により明治36年()まで継続使用された。 明治37年2月8日に宮家から引渡しがあり, 2月13日付で霞関離宮となったもので,大正10年より同12年まで東宮仮御所となる。 また日本館はのちにで庁舎が被災したが大正13年より昭和12年まで臨時に使用したが、のちに解体されて一部がのに移築された。 明治36年12月、隠居した幟仁親王が薨去まで住んでいた、三年町5番地の隠邸跡(現在の、庁舎)に新本邸が完成し、同月17日に移転。 有栖川宮の最後の本邸宅となった。 霞関離宮本館と三年町本邸(絶家後は高松宮邸を経て外務大臣官舎)の両建物は有栖川宮の絶家後も存在し、関東大震災にも耐えたが、ともに昭和20年()5月25日ので被弾炎上し、終戦後に撤去された。 別邸 [ ]• 幕末の領地 [ ] の『データベース』より算出した幕末期の有栖川宮領は以下の通り。 (2村・1,000石)• のうち - 2村• 大石中里村のうち - 664石1斗3升7合5勺1才2撮• 安養寺村 - 335石8斗6升2合4勺8才8撮 エピソード [ ]• 3代・幸仁親王は、延宝8年(1680年)に将軍家綱が死去した際、のによって将軍に擁立されようとした、とする宮将軍擁立説がある。 6代・織仁親王の娘のうち、は12代将軍 の正室となり、はの正室となってやを生んだ。 8代・幟仁親王(-)は、の前身であるや神道教導職の総裁に任ぜられ、の書道師範を務めた功績を以ってを賜った。 また、有栖川流書道を大成させ、の正本を揮毫した。 9代・熾仁親王(-)は和宮の婚約者だった人として知られ、3年()12月、により新政府のの座に就いた。 に際してを務め、では征討総督となった。 議長、も務めた。 (明治27年)のではを務めた(戦争中に在職のまま病没)。 10代・威仁親王(-)はとなったほか、時代のをよく輔導した。 威仁親王の嗣子・は父に先じて早世したが、有栖川宮歴代の勲功に鑑み、大正天皇は親王の臨終に際し特旨をもって第3皇子・光宮宣仁親王に高松宮の称号を与え、有栖川宮の祭祀を継がせた。 威仁親王の第2王女であるはに嫁ぎ、宣仁親王妃である喜久子の生母となった。 有栖川宮詐欺事件 [ ]• (平成15年)、有栖川宮の祭祀継承者(宣仁親王御落胤)と自称する者による事件が起きた。 詳細はを参照。 脚注 [ ].

次の