御曹司 ボーイズ ネタバレ。 【ネタバレ】御曹司ボーイズ 第9話~10話 あらすじ: Visit the World!!

御曹司ボーイズの最終回・楽しみ・インスタライブが話題

御曹司 ボーイズ ネタバレ

企画の大元は実際に企画され2018年に出演者募集を行いながらも撮影に至らなかったAbemaTVの同名企画。 御曹司集団「御曹司ボーイズ」役の4名には出演者が揃えられた。 主要対象視聴者を『』などAbemaTVの恋愛リアリティショー世代に位置づけ、1話15分 全18話 、初回は4話連続配信。 翌週の5月5日22時からの第5話以降は、最新話を毎週2話ずつという編成で配信する。 2019年4月18日、東京・にて先行試写会が行われた。 配信日当日未明の3時20分からはテレビ朝日にて「御曹司ボーイズ放送直前SP」と題した先出特別番組が放送された。 普通の女子高生・ 相原麦が応募したところ、70万人超の書類審査を見事通過する。 しかし2次選考会では、お嬢様・ 大野ふみの、ギャル読モの 柴山優など癖のあるライバルが多数登場。 77人から10人。 そして御曹司より少ない3人へと絞られる。 はたしてリアリティショーの行方は? 登場人物 [ ] 麦とライバル [ ] 相原麦(あいはら むぎ) 演 - 都立尾山台高校に通う女子高生。 ダンス部所属。 東大卒だがパン屋の父と結婚したことでパン屋店員となっている母親と接し、「女の人生は結婚相手で決まる」との思いを強める。 このため勉強するよりハイスペックな男性との結婚を望み番組に応募した。 撮影現場にはドレスではなく私服で臨むなど、あまりにも「普通」の感性の持ち主のため、逆に参加者や視聴者から注目浴びる。 取柄はダンスのキレと明るいこと。 大野ふみの(おおの ふみの) 演 - (幼少期:) では名の知れた建設会社の娘。 成金コンプレックスに悩む埼玉のプチお嬢様。 やや高慢でカメラの回ってない箇所では口調が違う。 このことが放送に乗ってしまったことでSNSでの炎上に至る。 お金より家柄を好む。 緊張しやすくすぐ腹痛を起こす。 柴山優(しばやま ゆう) 演 - 母子家庭の母を幸せにしたいギャル雑誌の読モ。 あっけらかんとして裏表がない性格。 父方は裕福であり、幼いころに琴などを習い芸術系の素養がある。 御曹司ボーイズ [ ] 二階堂陸(にかいどう りく) 演 - (幼少期:) 二階堂財閥御曹司。 由緒正しき財閥の跡取りで4ヶ国語が話せるマルチリンガル。 ピアノの腕前もプロ級。 右肩に大きな傷跡が残る。 ボーイスカウト出身でスイッチが入るとスパルタな「鬼軍曹」モードが発動する。 西園寺大雅(さいおんじ たいが) 演 - (幼少期:) SAIONJI GROUP御曹司。 人気モデルでありながら実家のグループ会社の経営にも携わる青年実業家。 白馬に乗ってやってくる一面もある。 演ずる飯島によると役作りでは「イタリアっぽい感じ」を心がけている。 薬袋輝之進(みない てるのしん) 演 - (幼少期:) みない薬品御曹司。 日本最大手製薬会社の跡取り。 プログラミング世界大会で優勝経験もある。 通称・テル。 周囲に内緒ではあるが、漫画家志望。 持ち込み先と優の読者モデルを務める雑誌出版社が同じだったことから、ひそかな夢は優にのみ知られている。 伊達達成(だて たつなり) 演 - (幼少期:) すし達成御曹司。 大手寿司チェーン店の長男。 本名は「たつなり」だが、周囲からは自分の名前から取られた企業名である「タッセイ」と呼ばれる。 他の御曹司と違い、父が一代で会社を立ち上げたこともあり 、筋脳系と言われるムードメイカー。 その他 [ ] ナレーション 声 - リアリティー番組『プリンスマリッジ』のナレーターで進行役。 福原堂椿(ふくはらどう つばき) 演 - (幼少期:) 福原堂化粧品のお嬢様。 御曹司ボーイズの幼馴染。 武藤とともに番組を見守る陸のフィアンセ。 リアリティーショーが進むにつれ、演出や御曹司たちの行動に不満を覚え、『プリンスマリッジ』総合演出を代わって務めることになる。 武藤巧(むとう たくみ) 演 - 『プリンスマリッジ』番組プロデューサー。 相原夏子(あいはら なつこ) 演 - 麦の母。 東大卒の元外資系キャリアウーマン。 現在はパン屋。 相原太一(あいはら たいち) 演 - 麦の父。 腕の確かなパン屋。 町のパン屋であるが、一流レストラン・モンペリエにも卸している。 葵(あおい) 演 - 相原麦のダンス部仲間であり、友人。 番組の放送を見守る。 理央(りお) 演 - 相原麦のダンス部仲間であり、友人。 葵とともに見守る。 『プリンスマリッジ』参加者 演 - 、大江穂乃佳、、岡崎ゆう、、、原明日夏 執事 演 - 椿の専属執事。 言葉はほぼ発さないが常に帯同する。 編集ディレクター 演 - 『プリンスマリッジ』の制作会社「TSUBAME TV」編集ディレクター。 既婚者。 女生徒 演 - スタッフ [ ]• 企画 -• オープニング演出 -• フードスタイリスト - はらゆうこ• フードコーディネート - はらゆうこ、なるせゆき、山崎千裕、桑原りさ、村上ゆき、杖谷萌香• 特殊メイク - 中田彰輝• 振り付け・ダンス指導 - 鎌田紳一郎、松永奈々• 乗馬指導 - 多胡啓• ピアノ指導 - 古澤愛香星• ビリヤード指導 - 有田秀彰• 弓道指導:藤田謙作• ピグデザイン - 小嶋克典• メイキング監督 - 竹尾日菜子• 美術プロデューサー - 福田宣• 企画協力 - アリエシュンスケ• 助監督 - 山下和徳、渡邊裕也、笹ヶ瀬寛大、宮寺加奈• 監督 - 、、• 脚本 - :、川村泰祐• プロデューサー - 神通勉(AbemaTV)、横山祐果(AbemaTV)、森一季(MMJ)、(ブースタープロジェクト)• 製作プロダクション -• 制作協力 -• 製作著作 - AbemaTV 音楽 [ ] 主題歌 [ ]• 「Love me, Love you」 () 配信日程 [ ] 各話 配信日 サブタイトル 監督 脚本 第 01話 4月28日 嗚呼、タマノコシ!!! の巻 川村泰祐 渡辺千穂 第 02話 運命の御曹司様!? の巻 第 07話 5月12日 西園寺大雅の憂鬱の巻 酒井麻衣 第 08話 麗しき決戦の刻の巻 第 09話 5月19日 狙われたシンデレラの巻 第10話 嵐の前のキュン! キュン! キュン! の巻 第11話 5月26日 天国と地獄でLOVEの巻 第12話 裏切りのヒーローの巻 第13話 6月 02日 七人のさすらいの巻 大塚徹 第14話 ロマンスをもう一度! の巻 第15話 6月 09日 ナ・カ・ナ・オ・リ!? の巻 川村泰祐 第16話 嘘から出たマコトの愛!? Inc, Natasha 2019年6月24日. 映画ナタリー. 2019年6月30日閲覧。 オリコンニュース 2019年3月20日. 2019年4月27日閲覧。 北海道新聞 2019年4月18日. 2019年4月27日閲覧。 ザテレビジョン 2019年4月27日. 2019年4月27日閲覧。 映画ナタリー 2019年4月19日. 2019年4月27日閲覧。 テレビ朝日. テレビ朝日. 2019年4月28日閲覧。 AbemaTIMES 2019年3月21日. 2019年4月28日閲覧。 2019年4月28日閲覧。 AbemaTIMES 2019年5月6日. 2019年5月6日閲覧。 AbemaTIMES. 2019年4月28日閲覧。 AbemaTIMES 2019年6月10日. 2019年6月12日閲覧。 AbemaTIMES 2019年5月6日. 2019年5月6日閲覧。 www. ken-on. 2019年4月28日閲覧。 AbemaTIMES 2019年6月9日. 2019年6月12日閲覧。 モデルプレス 2019年4月26日. 2019年4月27日閲覧。 Deview 2019年4月28日. 2019年4月28日閲覧。 TV LIFE 2019年4月9日. 2019年4月27日閲覧。 Inc, Natasha. 音楽ナタリー. 2019年4月28日閲覧。 外部リンク [ ]• - プレイリスト この項目は、に関連した です。

次の

御曹司ボーイズの相関図が気になる!椿と陸の関係は!?

御曹司 ボーイズ ネタバレ

麦とデート を賭けたスノボ対決をする大雅と陸。 勝ったのは・・・・ 陸 デートは、 テルとふみの タッセイと優 陸と麦 の3ペアに決定しました。 学校で麦は、陸と大雅どっちがいいか聞かれます。 迷う麦。。 でも麦のロッカーにはずっと大雅の写真を貼っていたのでした。 麦は陸とのデートは、麦が予定を決めます。 もんじゃへ行きたいと思う麦ですが、友達から御曹司を連れてもんじゃとは・・・驚かれます。 さて、テルとふみののデートが始まりました。 お嬢様の椿が、友人のお嬢様たちに頼みごとをします。 デートの中継をずっと椿が監視しています。 テルが連れて行ったのは、テルの一家が所有する美術館です。 一般の方にも開放しているくらい大きくステキな美術館にふみのは、こんなブルジョアの世界を夢見ていました さらに気合が入るふみのです 美術館のあとはリムジンに乗って移動します。 リムジンの中で出された飲み物をこぼし高級ブティックで好きな服をプレゼントするテル。 ふみのは何着か試着し華やかな黒のドレスを選びました。 お昼は、このドレスに似合うところがいいなあと言ったためテルが考えていた中華ではなくフレンチに変更。 予約しないと入れないような」レストランでこの日も満席でしたが、レストランもテルが訪れたため慌ててテーブルを用意します。 お席は窓際を準備してもらいました。 椿もそのレストランへ電話し今から3人分のお席を用意するよう伝えます。 レストラン側も満席ですが椿の要求を受け入れます。 メニュー表には訳の分からない名前ばかりの料理が記載してありました。 ふみのは全く分かりません。 そこへ、椿の友人のお嬢様たちが隣の席から 『もしかして隣のお方デザートのお名前が分からないのかしら?・・・場違いとはこのことねえ』とコソコソ聞こえるようにふみのをバカししています。 ふみのも言い返します。 『そちらの方が場違いですよ。 隣のテーブルの様子を伺って悪口をおっしゃるなんて。 どちらのお嬢様方かしら?』 3人の友人たちは睨みかえします。 ふみのはテルにもう帰ろうと言います。 帰ろうとすると、一人の(椿の)友人が、 『あなたもしかして埼玉大野土木建設のお嬢さんじゃなくて?うちの父はゼネコンの小森建設の社長ですのよ。 』 他の友人が、 『なーんだ、下請けの娘さんでしたのね。 通りで先ほどから田舎くさい匂いがすると思ったらあなたでしたのね。 』 ふみのはお腹が痛くなり急いで出ようとすると、『あらあらどちらへ?』『ちょっといじめないでくださる?うちの下請けの娘さんですのよ。 』と追い討ちをかけて嫌味をいいます。 そこへテルが注意しようとするとふみのは自らその人たちのテーブルへ向かい花瓶の水を3人にかけます。 そして『バーカ、ブース』と言い放ち出て行くのでした。 追いかけるテルはふみのを慰めます。 ふみのはコンプレックスだった成金(田舎のお嬢様)について悩みを打ち明けます。 テルは励ましますが、ふみのは持って生まれた御曹司には分からないといいますが、持って生まれたことが重荷になることだってあるとふみのに言葉を返します。 ふみのはそこで、テルが密かに描いていたマンガのことについて問いただします。 『どんなに面白くないマンガでも面白いよ世に出すべきだよとか、そういえばテルくんのことなら落とせそう。。。 もう優が実践しているって言ってたわ。 』 という言葉にショックを隠せません。 テルはマンガのことを唯一知ってる優が応援してくれて密かに思いを寄せていたからです。 テルはその場を立ち去ります。 その様子を見ている椿は大喜び。 さて、次はタッセイと優。 初めはタッセイのお寿司屋さんでタッセイの握ったお寿司をご馳走してくれます。 板前姿のタッセイにお寿司に優は嬉しそう お寿司も美味しくて大満足の優 タッセイは職人になりたいと思っていますが、タッセイの父は経営のほうをやってほしいと強く思っています。 タッセイにも悩みがありました。 お寿司を食べた後は、ドライブデート。 タッセイは車好きで暇さえあれば洗車しているため車はピカピカ。 着いた先は、タッセイ所有の馬がいる場所。 名前は シャーロットと言うらしい。 乗馬まで体験させてくれます。 スノボもプロ級で乗馬までできるタッセイに感心する優。 帰りの車から森で倒れているおばあちゃんを優が発見します。 タッセイに車を停めるよう言いますが、 『気のせいじゃない?ユータンする場所ないし、バックで下がるわけにはいかないし、、』 と頑なに断ります。 そのとき車が大好きなタッセイは自分の車を汚したくないんだと確信し、優一人車から降りておばあちゃんを 助けに行くのでした。 この二人の関係もうまくいかず、監視している椿は大喜びです。 さて続いて、陸と麦。 スポンサーリンク この二人のデートプランは麦が立案。 いつも行くもんじゃの店の前は行列ですが、陸と麦は並んで待っています。 もんじゃを食べたことない陸。 麦がリードして注文をお勧めします。 それを見ていた椿の顔は強張っています。 きっと椿の本命は陸のようです。 もんじゃを作ろうとする麦に陸は俺が作るとスプーンを握ります。 実は、もんじゃの作り方を勉強してきたのでした 麦もトッピングのチーズをかける場面で、陸は 『共同作業だな。 』といいます。 嬉しそうな麦 初のもんじゃに陸は、『美味しい。 想像以上に美味しい』と微笑みます。 椿は 『こんなどろどろした得体の知れない食べ物が美味しい分けないでしょ』 と悔しそう。 一方、大雅はひたすらモデルの仕事をこなしています。 陸と麦が向かった先は、遊園地。 ジェットコースターなど思い切り楽しみますが、気持ち悪くなる麦との会話中に陸は、 『意外と可愛いところあるんだな』と。 麦 『え、私可愛いですか?』 陸 『ああ。 』 麦は大喜び 麦はおやつに家から持ってきたパンをを渡します。 陸は『めちゃくちゃ美味しい。 』誰が作ったか尋ねると麦はお母さんといいます。 陸は『東大卒の?』 麦は何で知ってるか尋ねると、御曹司ボーイズに応募するエントリーシートに書いてありました。 『人生が結婚相手で決まるなら、受験勉強より結婚相手探したほうが手っ取り早い』 と丸々覚えていた陸。 どんなやつだコイツと思い、選考で3人の中に選んだのは陸だったようです。 麦は運命を感じます しかし、こんな時間はずっと続かないのでした。。。。

次の

御曹司ボーイズはオオカミくんメンバー?配役の謎が何か調査した!

御曹司 ボーイズ ネタバレ

女性陣のお部屋に御曹司ボーイズたちの差し入れ『フルーツサンド』が用意されてました。 麦はそのお皿を返しに行く途中で大雅と出会います。 すると、 大雅 『どうでもいいんだ、出会い方なんて。 出会ってしまえばその人が運命だろうって。 』 一方、テルの携帯に週刊少年雑誌の担当者から電話がかかってきます。 テルが持ち込んだ漫画に興味があり、今後の展開(連載など興味があるか)を伺いたいとのこと。 テルは持ち込んだ記憶はないものの大喜び。 急いで優の元へ向かい、後で会う約束をします。 プールでくつろいでいる御曹司ボーイズ。 そこでテルが生まれたときから家を継ぐという自分の人生が決まっている自分たちに『もし好きに生きられたらなにしたかった?』と3人に尋ねます。 タッセイは、大手寿司チェーンの実家を継ぐ経営ではなく職人になりたかったようです。 大雅は、『そんなこと考えたこともなかった。 考えるだけ時間の無駄だ。 今置かれている立場とか役割とか自分の持っているものに十分満足しているし。 』 と余計なことは考えないようにしている様子。 そしてタッセイは『陸だったら逆に勿体無いよな。 陸だったらなんにでもなれるから。 昔から陸は何でも一番だった 勉強もスポーツも女子にもモていた マドンナの椿も』といいます。 陸は、『俺はなれるとしたら医者かな。 人が人の命を救えるってすごいなって。 』 大雅は何か思うことがあるような顔をしいます。 その夜。 テルが優に出版社からの嬉しい報告をし、優も大喜び。 持ち込んだのは実は優だったのです。 その会話を聞いていたふみのは、部屋に戻り優の荷物の中からテルの漫画を盗み出します。 テルの弱みを握り今後に利用しようと思いついたのです。 顔にパックしウキウキの麦。 実は先ほど大雅にデートに誘われたのです。 誰にも誘われてないふみのは焦ります。 デートの場所のホテル屋上のバーに向かう麦。 大雅が先に待っていました。 スポンサーリンク 麦が理想おタイプを尋ねると 大雅『少なくとも君は論外。 俺の持っているもの目当ての人はね。 』 麦『大雅さんの持っているものは何なんですか?』 大雅『金でしょ』 麦『それだけじゃないですよね?大雅さんだからいいってところたくさんあると思うんですけど。 』 大雅『この企画に70万にの人が応募してきたんだ。 そんな大勢の女が俺たちの金に群がってくるんだ。 』 麦『そんな風に考えてたら誰も信じられなくなりません?持っているものってお金だけじゃないですよね?中身とかもそうだと思うな。 大雅さん自身を見てくれる人がちゃんといます。 絶対に。 』 大雅『俺たちが金持ちじゃなかったら大学生なら、フリーターなら応募した?結婚なんて考えた?』 麦『それは・・・・』 大雅『応募してないだろ。 自分のこと棚に上げてよく言えるな。 』 その言葉に麦は、 出会ってしまえばその人が運命と思ったからこの企画やったはずで、違うんならやんなきゃよかったんですよっ! と言い放ちます。 数秒後、言いすぎたと後悔し、カクテルを一気飲みして謝り退散します。 完璧だと思っていたあの大雅でも色々あるんだなと意外な面を見た麦。 お金だけじゃなく大雅自身を好きになってくれる人は必ずいるという麦の言葉を思い出す大雅。 今まで初めて言われた言葉だった。 そして麦を追いかけると、 部屋へ帰る途中で外国人客に絡まれた麦をまた陸が助けている様子を目撃してしまします。 ほっとして動けなくなる麦に、陸はおんぶして部屋まで送っていくところまで見てしまいます。 また何か陸に対して嫉妬しているような顔をする大雅。 また、陸が麦を助け部屋まで送っていく様子を見ていた執事が誰かに電話で報告しています。 そして自分だけ誰にも誘われていないふみのは、本物の御曹司をゲットするため成り上がりのお金持ちタッセイではなく陸を狙います。 まちぶせしていたふみのは陸が現れて声を掛けますが全く興味のない様子。 その場面を通りがかったタッセイが聞いてしまったと思ったふみのはタッセイに『最低!悪趣味』と言い放ちます。 タッセイはその言葉に『最悪だなぁ』といい返します。 さらにふみのは、『ただの成金なのに、御曹司でもないのになぜここにいるの?!』と強く問い詰めてしまいます。 その通りだけどね。 と悲しそうな顔をするタッセイ。 少し後悔したふみのだけど、私は私の道を行く!と相変わらず強気のふみのでした。 温泉で麦は優に陸がまた助けてくれた話を嬉しそうに報告しています。 3回も助けてくれて好きになっちゃうという麦に、陸は誰にでも助けにいくタイプだから麦みたいな女性は多そうと助言します。 そして執事がその報告をしていたのは陸を好きな?お嬢様でした。 (おそらく椿お嬢様) そして翌日は、御曹司ボーイズとツーショットデート 着ぐるみ着た御曹司ボーイズたちが登場します。 誰だか分かりませんが直感で女性陣がくじ引き順で御曹司を選びます。 デートプランは、ふみのと優は御曹司にお任せ。 麦は自分で決めたいと宣言します。 1番を引いたふみのが選んだ相手の正体は テルでした。 タッセイ以外を選びたいと思っていたふみのは密かに喜んでいます。 2番目は優。 優はテルとデートしてみたかったけどふみのに取られてしまったので、どれにしようかな、天の神様の言うとおりで止まったひとを選びます。 正体は・・・ タッセイでした。 選んでくれてありがとう。 よろしくと笑顔のタッセイによろしくと笑顔で返す優。 そして麦。 残っているのは大雅と陸。 麦の理想のデートコースは、もんじゃ食べに行ったり、遊園地や水族館にも行きたいとリクエスト。 二人のことを考えながら前へ進んでいきます。 しかし途中でつまずいてしまい二人が麦を助けます。 二人に触れてしまってルール違反になってしまったので、急遽、大雅と陸はスノボ対決で麦とのデートを争うことに。 スタート地点の山頂で、大雅は陸に今までのようにわざと負けたり手加減したりしないよういいます。 しかし、今までも手を抜いたことはないしこの勝負も絶対に勝つという陸。 いよいよ対決が始まりました。 ゴールでみんなが待っています。 タッセイが麦にどっちに勝ってほしいか尋ねると麦は、、、どっちなんだろうと心の中で思います。 まだ決められない様子。 そして二人が見えてきました。 先にゴールしたのは・・・・ All photos by Abema TV.

次の