兄弟子 意味。 実子と養子とは(意味/説明)

「兄弟」は「姉妹」との意味は同じでしょうか

兄弟子 意味

スポンサーリンク 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の違いは? まず最初に 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の違いについて見ていきましょう。 「兄弟」は 「きょうだい」と読みます。 一般には同じ親から生まれた年長の男子と、年少の男子の間柄のことを指します。 「けいてい」といった古い時代の読み方もあります。 これが年長の男子と、年下の女子であれば 「兄妹」と表記し、読み方は 「けいまい」となります。 年長の女子と年少の男子の場合は 「姉弟」と書き、読み方は 「してい」です。 どちらも女子であれば 「姉妹」で、通常は 「しまい」と発音します。 なお 「弟妹」(ていまい)という表現もあり、これは 「自分より年下のきょうだい」のことを示します。 「兄」は、「口」と「八」を合わせた会意文字です。 「口」は「絶えず話をすること」を、「八」は「立って動作をする人」や「どんどん成長する人」を示すとされます。 ここから先に生まれた人を「兄」というようになりました。 「弟」は形声文字で、「韋」という字の略字だとされます。 なめし革を上から順序よく巻き付ける形という説もあります。 つまり「弟」は元来は「順序次第」を表すとされました。 巻き付けた革の下の方を表すため、年少者が「弟」となります。 また「姉」は形声文字で、女ヘンが形を、「市」が音を示します。 「市」には「一番上」という意味があるとされます。 「草の芽が初めて出る」といった意味もあり、そこから「最初に生まれた女」の意味ともなったようです。 また「市」には「長短が揃っていない」との趣旨もあり、年上のきょうだいを指す字となった由来のようです。 さらに「妹」も形声文字であり、音を示す「未」には「小さい」や「後から出る」との意味合いがあります。 転じて「女のきょうだいの下」や「あとから続く」といった意味の字となりました。 「父母」と並んで家族の序列や上下を示すこれらの言葉は、日本人の社会生活の基本単位でもあり、会話や文章では非常によく使われますし、比喩的な言い方も多くあります。 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の使い分け方は? 次に 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の使い分け方について見ていきましょう。 「兄弟」「兄妹」「姉妹」は、基本的には同じ親から生まれた者同士の間柄を指す表現です。 これは「片親または両親を同じくする」という条件で括られており、男女の別はありません。 スポンサーリンク それぞれの組み合わせパターンによって、男の子供たちであれば 「兄弟」、兄と妹なら 「兄妹」、姉と妹であれば 「姉妹」と使い分けます。 子どもたちの全体を示す場合は 「兄弟姉妹」という表現もあります。 なお、結婚や養子縁組みなどにより親を同じくする間柄になった場合にも、これらの語句は用いられます。 「義理の兄弟」や 「義兄」、 「義弟」といった言い方です。 ただ元来は、子供の間柄を示す言葉は「兄弟」だけだったようです。 「兄弟」という言葉には、本来は「同胞」という「同じ母親のお腹から生まれた者」という意味合いが含まれるためです。 「姉妹」という言葉は漢語からの転用で、「兄弟」より後の平安時代ごろから用いられたとされます。 「いもうと」という和語は古語では「年下の女や恋人、妻」などを親しみを込めて呼ぶ場合に用いられたそうです。 つまり、平安時代以前は女性同士であっても「兄弟」だったわけです。 いずれにしても、「兄弟」「兄妹」などは、長幼の序を重んじる日本らしい言葉であり、例えば英語などには、男女の別や年齢の上下をこれほど細かく示す固有の単語はありません。 「男女平等」や国際化の観念が広がってきた近年は、「兄弟」だと男だけを連想する上、英語に訳すと「brothers」になってしまうことから、漢字を使わず「きょうだい」と表記する例も増えているようです。 このため3人以上の関係であっても「姉二人、兄二人の五人兄弟」や「兄弟げんかが絶えない」など、広く「兄弟」と表記したり、「姉妹」を除いては、男女どのような組み合わせでも「きょうだい」と発音する場合もあるようです。 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の正しい使い方は? 最後に 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の正しい使い方について見ていきましょう。 前述のように、基本的には「兄弟」、「兄妹」などは、男女の別によってそれぞれ使い分ける言葉ではありますが、次第に細かい使い分けの垣根は低くなっているといえます。 現代では家族内での関係性を示す言い方のほかに、比喩的な使用例も一般化しています。 親しい男性同士が、くだけた場面で「兄弟、ひとつ頼むよ」と呼びかけたり、芸能など一部の業界内では 「兄弟子」「弟弟子」と呼ぶ例もあります。 さらに人間関係だけでなく、企業や団体間でも、特に親密で強い絆で結ばれている場合などには 「兄弟会社」や 「姉妹都市」といった用法もされます。 「兄弟は他人の始まり」、「兄弟は左右の手」といった慣用表現もあります。 このように「兄弟」「兄妹」などの表現や用例は多岐にわたり、適宜適切に使い分けることが望ましいのですが、迷う場合は「兄弟」を選択しても問題はないといえるでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の 違いと使い分け方、そして正しい使い方について詳しくご紹介しました。 シンプルに考えればなにも難しいことはないのですが、語源や由来などから調べてみるとやはり昔からある言葉の表現方法というのはとても難しいなと思いますね。 「兄弟」「兄妹」のふたつも読み方としては「きょうだい」になるわけですし、日本人の方でも難しいと思うので外国の方からするとなお更、理解できないと思います。 「兄弟」「兄妹」「姉妹」の意味や使い方、語源や由来なども分かったと思うので是非、頭に入れておいてくださいね。

次の

中間子・真ん中っ子の特徴と性格13選|男女別の三人兄弟を紹介!恋愛傾向も

兄弟子 意味

兄の子(甥姪)の読み方 甥姪は「おいめい」と読みます。 「おいめい」は和名(通称)となりますので、正式名称では「セイテツ」と読むことも出来ます。 「甥」が男の子の場合、「姪」が女の子の場合ですね。 兄の子(甥姪)の意味 甥姪とは 「自分の兄弟姉妹の子供」という意味になります。 甥姪から見た自分 自分から見て「甥姪」になるということは、「甥姪」からみると自分の続柄はどのようになるでしょうか。 この場合は、自分の性別と年齢によって次のように分かれます。 自分が男性で兄弟姉妹 甥姪の両親 より年少であれば「叔父」• 自分が男性で兄弟姉妹 甥姪の両親 より年長であれば「伯父」• 自分が女性で兄弟姉妹 甥姪の両親 より年少であれば「叔母」• 自分が女性で兄弟姉妹 甥姪の両親 より年長であれば「伯母」 兄の子(甥姪) の漢字の意味 甥姪は 「『甥』や『姪』の総称」として使われています。 たとえば、「まだ会ったことがなく、その方の甥姪が何人いて男性か女性かもわからない状況」などでよく使われますね。 もしその方の甥姪が男性だった場合に「姪」と記載しては失礼ですが、「甥姪」とすることによって失礼がなく伝えることが出来ます。 兄の子(甥姪)の続柄 甥姪とはどのような続柄でしょうか。 「自分の兄弟姉妹の子供」以外にも、以下の内容があります。 配偶者の甥姪• 兄弟姉妹の養子• 父母の養子の子 上記のように、養子の場合も甥姪となります。 家系図で続柄を確認 続柄を家系図で確認してみることにしましょう。 上記の青色の続柄が「甥姪」となります。 そのため、甥姪は法律用語では3親等の傍系血族とも呼ばれています。 傍系について詳しく知りたい方はこちら 兄の子(甥姪)は親族? 法律上、甥姪は親族にあたるのでしょうか。 民法では親族の定義を以下のように定めています。 【民法】 第4編「親族」 第1章「総則」 (親族の範囲) 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 6親等内の血族 二 配偶者 三 3親等内の姻族 上記を確認すると、親族の定義に「6親等内の血族」という文言があります。 先ほど解説をしたように、 甥姪は3親等の傍系血族となりますので親族に該当していることが分かりますね。 兄の子(甥姪)と結婚することは出来る? 「甥姪と結婚することは出来るか」という問題ですが、 甥姪と結婚することは出来ません。 民法では、近親者の婚姻の禁止として以下を定めています。 【民法】 (近親者間の婚姻の禁止) 第734条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 この条文によると、「直系血族」と「3親等内の傍系血族」の間では結婚をすることが出来ないことがわかります。 甥姪は3親等の傍系血族となりますので、結婚することが出来ないという事ですね。 その他の続柄 家系の中には、この他にも様々な続柄が存在しています。 続柄を知るとご先祖様との繋がりや遠い親戚との繋がりが鮮明に分かって楽しいですよ。 以下のリンクから存在している続柄を全て確認することが出来ます。 是非、ほかの続柄も確認してみてくださいね。 まとめ 今回は甥姪の意味について解説をしてきました。 頭では整理しにくい続柄でも家系図にすると分かりやすくなりますね。 親族と呼ばれるのか?や結婚することは出来るのか?など、まだ知らないことも少しはあったのではないでしょうか。 甥姪以外にも続柄の数は無数にありますので、是非この機会にたくさんの続柄を覚えてみてくださいね。

次の

相続が兄弟のみとなる場合は?養子や腹違いの子がいたら?遺留分は?

兄弟子 意味

「続柄」の意味と読み方は? 「続柄」の意味は「関係」のこと 「続柄」とは、「関係」のことを指します。 主に戸籍や住民票で使われる言葉で、税金や社会保険などの公的な手続きの書類に記入する欄があります。 一般的には、「父」に対して「子」など、親族間の関係性を表すことが多いですが、親族でない人が同一世帯になって同じ住民票に載ることもあるため、親族以外の続柄を書くこともあります。 「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」 「続柄」の正しい読み方は「つづきがら」です。 一般的には、「ぞくがら」と読まれていることも多いですが、「ぞくがら」は「つづきがら」の俗な読み方です。 「続柄」と「あなたとの続柄」の違いとは? 戸籍や住民票の「続柄」とは、代表者との関係性のこと 戸籍で「続柄」と書かれているときには、戸籍の筆頭者との関係性が「続柄」です。 例えば自分の父が戸籍の筆頭者だったときには、自分の続柄は「子」です。 同じく、住民票で「続柄」と書かれているときには、世帯主との関係性が「続柄」です。 戸籍や住民票では代表者との関係性を記入します。 「あなたとの続柄」とは、あなたとの関係性のこと 税金関係の書類には「あなたとの続柄」と書かれていることがあります。 「あなたとの続柄」は、あなたから見てどのような関係の人なのかを記入します。 例えば、会社員の人が年末調整のときに会社に記入するように言われる「給与所得者の扶養控除等申告書」には、扶養家族について記入する欄があります。 扶養家族に対して「あなたとの続柄」を書くので、妻を扶養していれば「妻」、子を扶養していれば「子」、母を扶養していれば「母」と続柄を記入します。 戸籍上の筆頭者や、住民票上の世帯主が誰であっても、「あなたとの続柄」は変わりません。 年末調整は「あなたとの続柄」、確定申告は「世帯主との続柄」 一般的に、年末調整に関する書類では「あなたとの続柄」と書かれており、確定申告の用紙には「世帯主との続柄」と書かれています。 例えば、世帯主が夫で、妻を扶養している場合、夫が年末調整の書類で記入する妻の「あなたとの続柄」は「妻」ですが、確定申告の用紙に記入する「世帯主との続柄」は「本人」です。 「続柄」の書き方一覧 本人や配偶者(夫・妻)の続柄• 本人の続柄は「本人」• 配偶者は「夫」「妻」• 事実婚は「夫(未届)」「妻(未届)」 事実婚とは、夫婦として一緒に暮らしており、生計なども一緒にしているが、まだ婚姻届を提出していない関係のことをいいます。 法律では「内縁関係」と呼びます。 届出をすれば、住民票では「夫(未届)」「妻(未届)」と記載できますが、戸籍上はこのような記載ができません。 娘や息子、孫との続柄• 娘や息子など、自分の子は「子」• 再婚相手の子の場合は「夫の子」「妻の子」• 事実婚で再婚した相手の子は「夫(未届)の子」「妻(未届)の子」• 届出が出せない事実上の子は「縁故者」• 孫は「子の子」 養子縁組した子は、すべて「子」になります。 つまり、再婚相手の子と養子縁組していれば「子」になり、養子縁組していない場合は「夫の子」や「妻の子」などになります。 届出が出せない事実上の子とは、何らかの理由により、養子縁組ができない子のことを指します。 例えば、結婚しているのに別の人と事実婚になっていて、その事実婚の人の子などが該当します。 結婚している人は事実婚の届出ができないために、「縁故者」という言葉を使います。 両親・義理の両親(妻/夫の母など)との続柄• 両親は「父」「母」• 妻(夫)の両親は「妻(夫)の父」「妻(夫)の母」 一般的に、姑などと呼ばれる義理の両親は、「夫の父」など具体的な表記になります。 兄弟と、義理の兄弟の続柄• 兄弟は「兄」「弟」「姉」「妹」• 妻(夫)の兄弟は「妻(夫)の兄」「妻(夫)の弟」「妻(夫)の姉」「妻(夫)の妹」 義理の兄弟は、「夫の兄」など、具体的に表記します。 兄弟が何人いても書き方は変わりません。 例えば、兄が2人いても、どちらも「兄」と記載します。 「長兄」などの書き方はしません。 祖父母との続柄• 父方の祖父母は「父の父」「父の母」• 母方の祖父母は「母の父」「母の母」 一般的には「祖父母」と呼ぶ関係も、戸籍や住民票では「父の父」などの表記になります。 父方の祖父母なのか、母方の祖父母なのかがひと目でわかります。 おじやおばとの続柄• 父方のおじやおばは「父の兄」「父の弟」「父の姉」「父の妹」• 母方のおじやおばは「母の兄」「母の弟」「母の姉」「母の妹」 その他の続柄• 子どもの夫や妻は「子の夫」「子の妻」• いとこの子どもやはとこは「縁故者」• 他人は「同居人」 まとめ 「続柄」とは関係性のことを言います。 書類などに記載しなければならない場面は多いので、「あなたとの続柄」や「世帯主との続柄」など、誰との続柄なのかを確認して記入しましょう。 また、祖父を「父の父」と記載するなど、「続柄」の書き方は独特です。 間違えて記入しないように書き方一覧を参考にしてください。

次の