さつまいも 栽培。 お家で簡単にプランターでさつまいもを育てる方法

シルクスイートの特徴や栽培方法・旬は?おススメの食べ方は?|健康♡料理♡美容♡恋愛

さつまいも 栽培

何気にこのつるが美味いんだ〜。 0~6. 0 さつまいもの原産地は中央アメリカで、強い日光を好み、乾燥にも耐える作物。 種芋から出る苗を切って土に刺せば、節の間から不定根が出て、光合成により根が肥大して芋になります。 収穫は苗植えから4カ月ほどで、追肥や水やりの手間が要らず、初心者にも簡単に栽培できます。 どんな土壌にも適応し、痩せた土でも良くでき連作障害もありません。 ただ水はけの良い環境を好むので深く耕し高畝にしてやりましょう。 また、窒素は少しでもやりすぎると茎葉が茂ってつるぼけになり芋の肥大が損なわれるため注意します。 あくまで理想のやり方。 購入してすぐ植え付けてもちゃんと根付くから気楽に準備しよう メリクロン(ウイルスフリー)苗といって種芋から芽が出たポット苗を購入し植え付ける方法もあります。 鉢か畝に植え付けるとどんどん茎葉が生長するので、本葉7~8枚ほどになったら同様の処理をして植え付けます。 種芋から芽出しで苗を作る方法 サツマイモを種芋にして芽出しすることも出来ます。 コンテナあるいは畝に 株間、条間ともに30㎝以上あけ、種芋を横に寝かせて軽く2~3㎝程度土をかけて埋めましょう。 元肥は 1㎡畝あたり888を200g、植物性堆肥を3~5㎏投入。 ここまで萎れても、ちゃんと復活する それ以降は一切水やりはいりません。 真夏時に萎れが連続してみられる場合のみ潅水しましょう。 特に粘土質の場合は保水力が高いので、過度な水やりは味と収量を落とすことに繋がります。 追肥はいらない サツマイモは吸肥力が強く、窒素肥料によりつるぼけしやすいため追肥しません。 つる返しのやり方 生育旺盛になる夏ごろ、つるが繁栄しすぎて畔の土につく場合があります。 そこから発根し、養分が分散してしまいます。 なので畔に出たつるは上げて畝側に返しておきましょう。 夏から収穫までかけて、2~3回つる返しします。 獲ったばかりの芋は甘みがほとんどなく美味しくありません。 保存することで徐々に芋のデンプンが糖に変わっていきます。 収穫後最低でも10日、理想は数か月おけば追熟して抜群の甘味が出てきますよ。 プランター栽培 coming soon… 失敗しないための生育診断 実が割れる 収穫したさつまいもに割れ目がある場合は、乾燥から急激に水分がきた場合です。 土壌水分を適度に保つため、肥料成分の少ない植物質堆肥を施すことで回避しやすいです。 虫喰いがある 堆肥を入れるとコガネムシなどが繁殖し食害が増えるので、サツマイモ栽培では堆肥を入れない、あるいは前作の数か月以上前に入れておくという考え方があります。 動物性の堆肥は養分が濃いく、コガネなどの害虫も増えやすいので牛糞堆肥の直前使用はおすすめしません。 まったく甘くない さつまいもは収穫仕立ては元々甘味が少ない状態です。 長期間貯蔵するとデンプンが糖化して徐々に甘くなってきます。 甘味が強く、しっかり収量を上げるには「水はけ・通気性」と窒素量を多くしすぎないことが鍵です。 大きくならない サツマイモは肥料なしで育てれる作物として有名です。 そして窒素肥料をやりすぎるとつるぼけして根が肥大しないので注意することもよく言われます。 ただし、真砂土や一般的な肥沃の土壌なら、少なかれど初期成育を促すため窒素肥料は必要です。 また、カリウムは根の肥大を促進させるため、重要な養分源です。 前作で肥料を大量に使った場合以外は、少量肥料を施すようにしましょう。

次の

さつまいもの苗を植え付け後、枯れないようにする方法

さつまいも 栽培

植えるタイミングだったり、水やりしたりとなるべく枯れないようにする手立てはありますので、失敗する確率を減らして、いいさつまいもを育てましょう! 『もう植え付けしちゃって、しかも枯れかけている』っというひとは、思い切って見切りをつけて、植え直すことをオススメします。 (6月中でしたらなんとか間に合います!) 目次• さつまいもの植える時期は?(関東基準) さつまいもの苗を植え付ける時期としては、5月中旬〜6月中旬に植え付けしましょう。 上記の数字を参考にしつつ、それぞれの地域の気温に合わせて栽培しましょう。 ぼくの体験上 5月中に植えてしまった方が、生育がいいと思っています! 【自然栽培】さつまいもの植え付け後、枯れそうになりましたら雨で復活しました 今回植えつけた品種は、「ベニアズマ」「ベニハルカ」「安納芋」の3品種です。 ちなみに ベニアズマは60本で2,311円。 (1本約38円) ベニハルカは60本で2,635円。 (1本約43円) 安納芋は60本で2,635円。 (1本約43円) でした。 ・ ・ ・ ぼくはマルチを使って栽培しています。 理由としては、草対策と地温上昇効果、保湿効果を見込んでのことです。 さつまいもの苗を植える前にマルチを張っておきますが、雨の後を狙って張りましょう。 そうすることで、畝の形が整えやすいのと、苗が枯れにくくなります。 うちは自然栽培は無肥料なので、肥料は入れません。 さつまいもはむしろ肥料なしの方が、よくできる野菜のひとつです。 ちなみに、各節の下から根っこがちょろっと出ているくらいがちょうどいいです。 苗の売り場を見ていただくとわかると思いますが、水を張ったバケツなどにさつまいもの苗を入れていますよね。 あれは、さつまいもが枯れないためと、根っこを出すためなんです。 少し根っこが出ている状態で植え付けをすると、活着(根の着き具合)がよくなります。 もし、買ってきた苗が根っこが出ていなかったら2、3日水に浸けておいてもいいと思います。 その際は毎日か2日に1回は水を変えることをオススメします。 植え付け後、少し枯れかかっていたので心配したのですが、恵みの雨に救われました!(ホッ!) この経験から、 さつまいもの植え付けは、雨予報の前に植え付けができるのがベストだと思いました。 もし難しいようなら、植え付け後水やりしましょう! 天気予報とにらめっこしながら、いいタイミングで植えつけできるといいですね! ・さつまいもの植え付けは雨の前に行うのがベスト ・さつまいもの植え付けで雨の前に行えない場合は、夕方に行うのがオススメ ・さつまいもの植え付けでしばらく雨が降らなそうだったら、たっぷりと水やりがオススメ まとめ さつまいもの苗は枯れないように慎重に さつまいもの植え付けタイミングは雨の前がベストですが、もし難しいようでしたら、水やりしましょう。 枯れかかっても意外と復活するものなですが、「安全のために雨の前に植え付ける」か「夕方に植える」か「水やり」することによって、失敗する確率を減らしましょう。

次の

さつまいもの栽培方法・育て方【肥料控えめ土作りで失敗なし収穫!】

さつまいも 栽培

家庭菜園初心者で、野菜の栽培が難しいと思っている人は、多いのではないでしょうか。 誰もが知識や経験がないうちは不安になるものです。 しかし、やってみると意外と簡単にできる野菜もありますし、何より自分で育てた野菜は本当に美味しく感じます。 今回は、初心者でも簡単に失敗せず栽培できる野菜を紹介します。 それは、スーパーマーケットで定番野菜のさつまいもです。 このさつまいもは、救荒作物として採用され飢饉を救ってきたことでも有名です。 食糧難の戦時中にもよく食べられていました。 救荒作物というだけあって暑さ寒さや乾燥に強く、やせた土地でも栽培可能なうえ、さらに病害虫の被害も少ないのため、 初心者でも失敗せずに簡単に栽培できるのでおすすめ です。 もくじ• 土づくり 適切な時期に植え付けが開始できるように、まず畑の土づくりから開始しましょう。 ゴールデンウィーク中には終えておくようにするのが目安です。 土づくりに体力が必要ですので、ゴールデンウィークの連休中にのんびりやる計画を立てておくと楽に作業ができます。 必要な買い物もその連休中にしっかりしておきましょう。 さつまいもは水はけの良い場所を好むので、畝を高くしてください。 窒素肥料を効かせすぎると「つるぼけ」になるので、あれば窒素の少ないサツマイモ専用の化成肥料があればベターです。 立派なさつまいもを収穫するためにも、「つるぼけ」を防いでください。 苗の植え付け方 苗は植え付ける前日に種苗店から購入しておきます。 イモは節から出る根が肥大したものなので株と株の間隔は30cm程度にして3~4節以上を土の中へ差し込んでおきます。 植え付け後すぐは倒れてしまっていますが、しっかり根が張ってくると元気に起き上がってくるので大丈夫です。 だいたい植え付けてから1週間ほどで発根してきますが、晴れ続きで土が乾いた日が続いている場合は、水をかけて活着を助けてあげると良いでしょう。 除草のポイント 苗の生育途中で雑草が生えてきます。 サツマイモのつるが畑一面を覆うようになるまで、こまめに除草をしましょう。 その際、多少はつるが切れることがあってもさつまいもは丈夫なので気にしなくても大丈夫です。 切れたとしても、すぐまた伸びてきてくれます。 さつまいものつるが畑一面を覆ってくると、草が生える余地がなくなってきます。 そうなるまでは、しっかりと除草をしてあげてください。 水やりは控えめに さつまいもは、 水をやりすぎると弱ります。 逆に乾燥には強いので、元気そうなら水はあげなくても大丈夫です。 くれぐれも、やりすぎないように気を付けてください。 植物の栽培には水やりが大事なイメージを持たれる方が多いですが、さつまいもの場合には過度の水やりはマイナスになってしまうのです。 収穫の時期とポイント 植え付けから約150日後に収穫を行います。 10月~11月上旬の霜が降りないうちに行いましょう。 まず、畑に伸びたつるを刈り取ってから、スコップで土を掘り、つるの根元を持ち引き抜きます。 この時、イモを傷付けないように広めに土を掘っておくのがコツです。 初心者の方が難しく感じる点かもしれません。 しかし、さつまいもに関しては、連作障害がありませんので安心して栽培をしてください。 この点からも初心者向けの野菜といえます。 よりおいしくするひと手間 掘ったサツマイモの泥を落として、3~4日ほど天日に当てると甘みが増して一層おいしく食べられます。 取れたてもおいしいですが、ひと手間加えて味を比べてみるのも楽しいものです。 たくさん取れたら、取れたてと天日に当てたものを食べ比べてみましょう。 少量であればプランター栽培や袋栽培も可能 深さが40センチ程度ある深めのプランターや、袋があればさつまいも栽培は可能です。 ただし、袋を使用する場合は、しっかりと水が抜けるように穴をあける様にしてください。 種芋からも栽培できるやり方もある 種芋から栽培も可能ですが、ポイントが2点あります。 ・まず、植え付け時期が5月中旬~6月中旬なので、それより1か月前から発芽準備をすることです。 苗を育てる期間があるのでその点を、十分注意しておきましょう。 そして、芽が出てきたら25~30cmになるまで育てます。 植え付けの前には、しっかりさつまいもから切り離します。 さつまいも栽培で失敗しない為には、追肥をしない 最初の土作りのところで説明しましたが、さつまいもは、 窒素肥料が効きすぎるとつるぼけになります。 つるぼけとは、つるや葉っぱが元気よく広がるが、イモが太らない状態です。 これを防ぐためには、基本的に肥料をあげないようにしてください。 肥料をあげると良いイメージですが、裏目に出ることがあるので注意が必要です。 もし、葉の色が淡いか悩んだ場合は肥料をあげない方を選択すると良いでしょう。 それくらいさつまいもは生命力の強い野菜になります。 慣れてきたら色んな種類を栽培してみよう さつまいも栽培は、栽培しやすい野菜なので種類が変わっても栽培方法は同じで大丈夫です。 種類は、イモのが早く太り味が良いベニアズマや、高系14号、ベニコマチがおすすめになります。 ほかには、オレンジ色のベニハヤト、紫色のアヤムラサキも人気です。 スーパーでは手に入りにくい品種を栽培し、味比べができるのも家庭菜園をやる魅力になります。 珍しい芋が手に入ったら、栽培して楽しむことも可能になります。 さつまいも栽培のまとめ さつまいもは、水はけがよく日当たりが良い場所であれば元気に育ちます。 畑一面を元気につる葉が覆うので成長すると除草の必要性も低くなります。 手があまりかからない上、病気害虫にも強く失敗が少ない作物です。 水やりも神経質になることがないので、手間もかかりません。 初心者にこそ、おすすめの野菜になります。 チャレンジするには打って付けの野菜なので、是非栽培してみてください。 手始めにさつまいもから始めて、自信がついたら色々な野菜に挑戦してみるのも良いでしょう。

次の