かくしごと 最終。 『かくしごと』アニメの魅力を解説&ネタバレ感想|最終回12話 「ひめごと」 に号泣|アニメの缶づめ

『かくしごと』アニメの魅力を解説&ネタバレ感想|最終回12話 「ひめごと」 に号泣|アニメの缶づめ

かくしごと 最終

漫画家の父 可久士と小学4年生の娘 姫の日々を描く「かくしごと」の単行本には、 冒頭と末尾に雑誌では連載されていない「18歳になった姫」の描き下ろしのストーリーが 毎巻カラーで掲載されているのはファンの方ならご存知のはず。 この「18歳になった姫」のストーリーを読んでいくと、いくつか疑問点が浮かんできます。 舞台が中目黒から海の近い七里ヶ浜になっていること。 七里ヶ浜には中目黒の姫の自宅と全く同じ間取りの家があること。 その家を、可久士ではなく可久士のアシスタントの墨田 羅砂(すみた らすな)が案内していること。 そしてこの7年後のストーリーには、姫の父 可久士が出てこないことーーー 以上の展開から、 「7年後の世界では可久士は死んでいるのでは?」 という疑問や憶測が読者の間で飛び交ったり、 可久士死亡説まで囁かれることとなっています。 ここでは「かくしごと」の結末についてと、7年後の可久士についてを原作から解説・考察していきます。 』 色々なシチュエーションで、愛する一人娘・姫の名を呼ぶ可久士。 雑誌では味わえない、斬新な楽しみ方ですね。 こちらの「18歳になった姫のストーリー」は、未来編と呼ばれています。 18歳になった姫は、羅砂の案内により鎌倉の家に訪れます。 この時に初めて父 可久士が漫画家であったことを知ったようです。 姫自身は「なにも隠すことないのに」と思う反面、 「本当は父が隠していたのではなく私が知ろうとしなかった」と独白しています。 可久士が漫画家を廃業した理由 可久士が漫画家をやめた理由は、プライベートなことである妻の死が新聞によって公になってしまったことでした。 (原作から) ギャグ漫画家として、「配偶者の死別」という悲惨な面を知られたら、読者が心から笑ってくれないからと漫画を描くことをやめてしまいます。 その「かくしごと」がプライベートかつ悲惨だというのもあり、「これでは読者はこれから自分の漫画で心から笑ってくれない」と思い込んだ可久士は筆を折ったのでした。 編集者の十丸院 五月(とまるいん さつき)は後藤先生は悪くないと言っており、羅砂は同意していますが、 「作者と作品を分けて考えられない読者もいる」と続けます。 可久士はそんな読者もいることと、 今回の件で彼らを心から笑わせられなくなる事を懸念していたのでしょう。 「漫画家の鑑」と言うのも、ここでは皮肉になりますね…… 「隠し子と」にはかかっているのか 可久士の生い立ちにも決して幸せではない秘密があります。 こちらで書くとチョット長くなってしまうので分けさせていただいております。 父 可久士は死んでいたのか? 結論から言うと、死んでいません。 生きてます 参考記事 良いニュースと悪いニュース 7話の終わりで一子先生が言った「良いニュースと悪いニュース」というのは事故を起こした可久士の容態の事についてです。 良いニュース 可久士は事故を起こし、昏睡状態で1年以上眠っていました。 10巻では可久士は意識を取り戻します。 意識を取り戻したことが「良いニュース」です。 悪いニュース 目を覚ました可久士は羅砂に 「姫はまだ10歳だ」と言うのです。 どうやら7年後の可久士の記憶では「姫は10歳」で、「10歳の姫と過ごした記憶」までしかなく 事故による記憶障害によりそれ以降の記憶は失っている様子。 悪いニュースというのは可久士が7年間の記憶を失っていることでした。 そのため18歳になった姫を 愛娘である「後藤姫」だと認識していなかったようです。 7年前に連載していた「風のタイツ」を描こうとしていたのをふまえると 「10歳の姫と過ごした記憶」というよりは「7年前の記憶」で止まっている感じですね。 ということは、姫は10巻では小学5年生になっているので、 10巻からの本編での出来事の記憶はないのでしょう……… そして11巻では、少しでも思い出せるキッカケになればと 当時の可久士のアシスタント達が集結します。 そこでなんと、羅砂が漫画家になっていることが新たに分かります。 それも看板作家。 1巻の登場人物紹介ページでは漫画家になる気はないと言っていましたが、一体どういう心境の変化なのでしょうか。 7年前は「墨垂らすな!」とよく怒られていたというのに!笑 可久士の仕事場「G PRO(ゴトープロダクション)」でのアシスタントを経て、何かしらの影響を受けたのでしょうか。 「かくしごと」単行本の表紙イラストからの考察 単行本の表紙を見てみると、1巻除く2〜11巻にはそれぞれ海が描かれていたり、 海を連想させるような綺麗な青色の快晴が背景になっています。 「中目黒」よりも「鎌倉」を連想させやすいこの表紙イラストも、 伏線の一つかもしれません。 そして1巻の表紙イラストにある家、 これは1巻の冒頭で18歳の姫が訪れた 「パンドラの筐」と呼んでいた家に似ていませんか? ただ七里ヶ浜を連想しやすいこの表紙イラスト。 姫の隣(もしくは近く)には、必ず可久士がいます。 未来編である「18歳になった姫」のストーリーでは、 可久士と姫が一緒にいるシーンはほとんどありませんでした。 そう考えると不自然ですが 1〜11巻で可久士と姫以外の登場人物が表紙だったことはありません。 中目黒の家と鎌倉の家はなぜ同じ間取りなのか 鎌倉にある倉庫になっている家は、中目黒の家と同じ間取りになっています。 5巻と6巻では、可久士は「幼い姫を育てるために週刊連載漫画家をしなくてはならなかった」と説明されています。 「鎌倉で漫画家稼業は目立つので中目黒で埋没したかったから、思い出深い鎌倉の家とまったく同じ間取りの家を建てた」「田舎じゃ目立つ仕事だから中目黒へ引っ越した」とありました。 (アニメでも、自分の家が貧乏だから古い家なんだと勘違いしていた際に新築だと説明していましたね。 ) ここの家には可久士と母、姫の3人で暮らしていたことが分かる痕跡が残されていました。 なお年内には完結し、全12巻になる予定だそうです。 4月現在で11巻まで発売中の「かくしごと」。 全12巻が本当に実現するとしたら、 一体最後はどんな結末を迎えるのかーーー 乞うご期待ですね! 月曜日 ・啄木鳥探偵處 ・プリンセスコネクト!Re:Dive ・フルーツバスケット2nd season ・邪神ちゃんドロップキック2期 ・白猫プロジェクトZERO CHRONICL ・A3! ・食戟のソーマ豪ノ皿 土曜日 ・アルテ ・イエスタデイをうたって ・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった ・ギャルと恐竜 ・メジャーセカンド第2シリーズ ・ ・SAOアリシゼーションWoU2ndクール 日曜日 ・デジモンアドベンチャー: ・アイドリッシュセブンSecond BEAT! ・キングダム3期 ・グレイプニル ・継つぐもも ・ミュークルドリーミー ・ポケットモンスター ・社長、バトルの時間です!.

次の

「かくしごと」最終回を迎えた父娘愛コメディ…感動の結末、アニメ版の見どころは?【ネタバレアリ】(アニメ!アニメ!)

かくしごと 最終

この人物はいったい…。 そんな人の為に 「かくしごと」の動画を無料で1話から最新話まで見返せる方法があるんです。 それが 動画配信サービスの無料期間を利用する方法です。 Anitube等にアクセスできなくなった今、 全話高画質高音質で安心安全に視聴するには絶対に公式な動画配信サービスがお勧めですよ。 そこで、この 動画配信サービスの無料期間を利用すれば、 全話動画を無料視聴することができるんです。 ということで管理人が特に優秀だと思う 「かくしごと」が配信されているサービスを紹介します。 \U-NEXTは31日間無料/ U-NEXTの特徴や登録解約方法などを画像付きで知りたい方は以下の記事をご覧ください。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 「かくしごと」12話最終回のあらすじ TVアニメ『かくしごと』も、残すは最終話だけになりましたね。 久米田先生とアニメ制作の皆さんと、しっかり打ち合わせした上で迎えるラストです。 ドキドキしながら、18日(木)を楽しみにお待ちください。 — TVアニメ絶賛放送中!『かくしごと』公式 gotoukakushi 「三人きりの誕生日会、毎年やっていこうな」と可久士は言った。 何者かから「鍵と地図」を手に入れた姫は、江ノ電に乗って鎌倉にある家を目指していた。 父と、母と、姫が住むはずだったその家で、姫は可久士が漫画家であったことを知る。 ……なんでお父さんは、かくしごとをやめちゃったのかな……」ひとりつぶやく姫を、見知らぬ少年が見つめていた。 引用: 「かくしごと」12話最終回のネタバレストーリー 舞台は8年後 隠し子…じゃ、ないんだ…(苦笑) 最終回 — たていし8G TAteishi8G 18歳の誕生日に姫は父親の仕事を知りました。 そして鎌倉の家が家族3人で暮らすための家だったことも知ります。 そこで姫のことを姉さんと呼ぶ少年と出会います。 その少年は有名な歌舞伎役者を襲名していました。 お父さんが隠し子 — ゼデブ zeldamasterword 隠し子だったのは可久士でした。 製本工場で働いていた可久士は倒れてきたジャンポに押しつぶされてしまいました。 貯金もなくなった可久士は肉体労働をして食いつないでいたようです。 えぇ… — Kuro. 奥さんを失ったのにギャグ漫画を書いていたことがバレたことが可久士の筆を折ったきっかけになりました。 いいニュースとわるいニュース 入院していた可久士が目を覚ました。 しかし姫のことを忘れていました。 うわああああああああああやっぱり記憶喪失じゃないかあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ — ゼデブ zeldamasterword 忘れていたのではなく、この7年の記憶だけを失ってしまったようです。 成長した姫を見ても姫だとわからなかったのです。 そしてとっくの昔に終わった風のタイツの原稿を書き始めます。 いつものメンバー! — ゼデブ zeldamasterword 周りの人達は記憶を失った可久士に合わせて原稿を書きます。 仕事をしている可久士の姿を姫は初めて見ました。 そんなにイキイキしている父親を見て、記憶を取り戻すことのほうが残酷ではと考えます。 前に(7年前) — ゼデブ zeldamasterword 蘇る記憶 仕事を終わらせちゃったことに対する… — ななりん@ガバります NanalynXD 漫画の仕事を隠していて、辞めなければいけなくなったことに姫は自責の念を感じます。 ですが可久士が姫の成長を願っていたことを知り姫は走り出します。 鎌倉の家にあった原稿を姫は持ってきました。 だめな娘です — ゼデブ zeldamasterword 可久士はその原稿見て楽しかったこともそうでなかったことも思い出します。 18歳の姫を見て姫のことを思い出します。 新たな隠し事 美術部に入っていた姫、部活中に漫画を書いていました。 ですがそれは父親に隠しています。 新しい仕事の打ち合わせをする可久士、また漫画を書き始めたようです。 十丸院は漫画家であることを娘に隠す漫画家の話はどうかと提案しますが、誰が読むんだと可久士は一蹴するのでした。 可久士は漫画を書くのが好きでした。 しかしそれを辞めざるを得ない状況になってしまいました。 奥さんのこと、家のこと、そして姫のこと、たくさんのことが積み重なり可久士を追い詰めていました。 しかし漫画を書き始め、姫が立派に成長したことに気づいた可久士は新たな一歩を踏み出すことができました。 姫に隠すこともなく、好きな漫画の仕事を始められた可久士。 過酷な状況を乗り越えた彼がどんな漫画を書くのでしょうか。 可久士が姫を熱烈に愛していること、そして姫に隠しながらも同じくらい漫画家という仕事に愛を持っていることを1クールしっかりと描いてきただけにいい最終回になっていました。 尺の関係でカットしないといけなかったエピソードが多いため、何らかの形でアニメ化されるかもしれません。 久米田康治先生の次回作にご期待ください!という感じですね。 まとめ ということで 「かくしごと」の12話最終回の動画を無料視聴する方法やネタバレ、感想などをご紹介しました! UNEXTの無料期間を利用すれば「かくしごと」の動画を無料視聴することができますので、ぜひ利用してみてくださいね!.

次の

TVアニメ『かくしごと』最終回にておきて破りの設定が盛り込まれるも感動の結末に!?第12話|おたぽる

かくしごと 最終

2020年6月18日放送で最終回を迎えた『かくしごと』。 視聴者からは感動の声のほか、最終回に突如現れたキャラクターと声優に、驚きの声もちらほらと上がっています。 「かくしごと」 『かくしごと』の原作は、『さよなら絶望先生』などで知られる久米田康治が「月刊少年マガジン」にて連載中の同名コミック。 何においても愛娘・姫を最優先する親バカ・可久士は、自身の職業が「ちょっと下品なマンガを描いてるマンガ家」であることを姫に知られたくない。 そんな愛と笑いとちょっとの感動を描く家族の物語です。 最終話である第12話「ひめごと」では、姫は18歳に。 そして、鎌倉の家を訪れ可久士が漫画家であったことを知ります。 そこに見知らぬ少年・石川なんとかェ門が現れ、ある事情を説明し……。 石川なんとかェ門 この石川なんとかェ門を演じたのは内山昂輝。 最終話のみの登場となりましたが、SNSでは「う、内山昂輝だと!!!」「かくしごと、最後に内山昂輝を出してくる隠し事をしており無事オタクは死にました」などと話題になりました。 内山さんは、今期のアニメではほかにも『波よ聞いてくれ』の沖進次、『グレイプニル』海斗、『神之塔 -Tower of God-』クン・ハツルリングとして登場。 脇役だったり、終盤に登場するキャラが多い印象ですが、魅力を最大限に引き出し、大きな存在感を見せつけています。 7月には、内山さんが出演するNetflixオリジナルアニメ『HERO MASK』Part I(第1~15話)がTOKYO MXにて放送開始。 また、10月には『池袋ウエストゲートパーク』タカシ役として出演も決定しています。 今後もどんなキャラクターを演じ、ファンを楽しませてくれるのか、期待して待ちましょう。 C 久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会 《animeanime》.

次の