イトダ ネーム マスク。 布マスク、20万枚超す予約 大分市のイトダネーム「一日でも早く手元に」【大分県】 新型コロナ

株式会社イトダネーム / 夏用!フレッシュエアマスク 子供用

イトダ ネーム マスク

新型コロナウイルスの流行が長期化するなか、異業種の参入が相次ぐマスク生産の中で、本格的な夏に向け、各社は「夏用マスク」の生産・販売に力を入れている。 イオングループの衣料品販売を行う株式会社コックス(東京・中央区)は、14日から大人用マスクの予約販売を開始した。 従来販売していた布マスクに、触れたら冷たさを感じる「接触冷感」の要素を加えた。 総合企画室の白鯛有希さんは「マスクを着けて過ごす初めての夏を、快適に過ごせるようにと開発しました」と話した。 十分な在庫を備えているといい、6月からは店頭でも販売する予定だ。 一方で、通気性を重視したマスクを手掛けるのが、刺しゅうなどを手掛ける株式会社イトダネーム(大分市)だ。 使用者の飛沫(ひまつ)を防止すると同時に、ポリエステル素材で「速乾性」にも力を入れた。 特販部の本山純康さんは「(従来の)布マスクより熱がこもらないです。 汗をかくと感じる気持ち悪さも軽減されています」。 現在は1日100件程度の問い合わせがあるという。 ファーストリテイリングでも、傘下のカジュアル衣料品店「ユニクロ」で、機能性肌着「エアリズム」に採用している通気性や速乾性に優れた生地を使用したマスクの販売を今夏に始める。 各社とも特長を押し出したマスクを開発している。 【南谷竜則】.

次の

大分でもガーゼマスクを販売。マスクの在庫状況がわかるサイトがあるのにマスクで大騒ぎしてませんか?

イトダ ネーム マスク

工場長/柳田 和昭 「とにかく感動する商品をつくることがお客様の笑顔 感動 につながるんです。 そうしたらきっとイトダネームファンもどんどん増え続けてくれます。 」とコメントをしてくれた柳田さん。 工場長という商品管理の責任や、スタッフをまとめる重要な立場におかれながらも、常に想い馳せる姿にイトダネームの一員としてのみならず、人としての貫禄を感じました。 製 版 コンピュータなどを使い、商品製作の 準備を行います。 1頭式 緻密なデザイなどの刺しゅうを 精密に表現します。 インクジェット 細部まで表現できるフルカラー対応の インクジェットプリンター。 レーザーカッター コンピュータと連動し、レーザーで 正確にカットします。 シルクプリント シルクのスクリーン版で一枚一枚 丁寧に制作します。 AMS データを入力し自動で刺しゅうが 行えます。 ジャガード ロット数の多い商品でも対応可能な マシンです。 プレス 熱圧着加工でシワなくウェアなどへ 転写します。

次の

株式会社イトダネーム / 夏用!フレッシュエアマスク 子供用

イトダ ネーム マスク

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大分市でも慢性的にマスクが品薄になっていることから、大分市のグッズ制作会社「株式会社イトダネーム」(井戸田剛社長)は、布マスクの販売を始めました。 愛媛県今治市のタオル会社と連携して、タオルマスクを初日に販売するも即完売。 日本製のガーゼマスク(カラー:白、1枚420円)は約3万枚用意しているようで販売を継続しています。 ガーゼマスクは、繰り返し洗って使うことができ、ゴム部分以外はアイロン掛けも可能だそうです。 販売は、2020年4月9日(木)~11日(土)の午前9時から午後17時までで、大分駅前すぐの祝祭の広場にて。 また、12日(日)は、JR大分駅府内中央口広場で、午前9時から午後9時の販売を予定しているそうです。 販売初日の9日は、長蛇の列で多くの方が布マスクを買い求める姿がありました。 しかし、列に並ぶ際は「前の方と2m程の間隔を空けて並ぶ」ことを原則とし、係員が整備するなど密集しないよう徹底されていました。 手持ちの使い捨てマスクが不足している中、ガーゼマスクはとても有難いですね。 先日ご紹介した、大分市内在住の妊婦の方へのマスク配布も同マスクのようです。 マスクはなくなり次第終了とのことでしたので、ご希望の際はお早めにお買い求めください。

次の