有線 ラン ケーブル。 【2020年版】LANケーブルのおすすめ19選。快適にネットを使いたい方は必見

【LANケーブル】パソコン同士のデータ転送を行いたい

有線 ラン ケーブル

2019年には、次世代規格40GBASE-T(40Gbps)に対応した「 CAT8(カテゴリー8)」が登場しました。 40Gbpsという驚異的な速度に対応するネット環境はまだ存在しませんが、社内のLAN構築などではデータ転送で活用できる場面もあるかもしれませんね。 カテゴリー6A、カテゴリー6eは10ギガビットの「 10GBASE-T」にも対応しているので、6シリーズ内でも速度が速いといえます。 1段階速度が劣るカテゴリー5(e)は、速度はカテゴリー6シリーズと同等ですが、 周波数はその半分となります。 動画視聴をする機会が多いといったことで、通信に不安がある場合には、カテゴリー6以上へ交換した方がいいでしょう。 6シリーズよりも高速通信を使用したいときに適しているのはカテゴリー7とカテゴリー7Aです。 7シリーズは全て10ギガビットの「10GBASE-T」に対応しています。 通信速度が気になるオンラインゲームをする場合には、7シリーズのLANケーブルが適しています。 カテゴリー8は主にデータセンターなどで使用されるケーブルのため、一般家庭やオフィスなどで使用されることはほとんどありません。 カテゴリー8は対応機種や周辺機器を選ぶ必要があり、コストがかかります。 LANケーブルとは? LANというのは、 ローカル・エリア・ネットワークの略語となります。 家庭内や会社内で構築されたネットワーク環境で、データファイルの共有や、プリンターの利用などが可能になります。 「ネットワークを構築する…」と書くと難しく感じますが、ルーターで有線LAN接続をしたり、無線LAN接続をすることで、LANに繋がっているという状態になります。 そして、 ルーターなどの機器にPCやプリンターなどを接続するケーブルがLANケーブルなのです! LANケーブルの端子は電話線と似ています。 しかし、 LANケーブルと電話線は全くの別物なので代用品として使うことはできません。 LANケーブルの形状 LANケーブルは配線する場所によって、その形状を変えると便利です。 LANケーブルの形状が変わると、配線のしやすさだけでなく通信の安定性にも影響があります。 最大伝達速度10Gbps、伝送帯域600MHzの高速通信でゲームも楽しめるカテゴリー7タイプLANケーブルです。 厚さ1. 9mmのウルトラフラットケーブルで、せまい隙間も無理なく通すことが可能。 ケーブルの薄さにもかかわらず、耐ノイズ加工と内部のモールド加工により長期間性能が落ちません。 接続機器との接触の精度を保つ金メッキシールドプラグ採用で接触不良が予防でき、ツメ折れ防止カバー付きのためケーブルの抜き差しも安心して行うことができます。 LANコンセントの対応カテゴリに注意 我が家は積水ハウスのシャーメゾンの賃貸アパートです。 この写真のような LANコンセントが各部屋に用意されています。 備え付けのLANコンセントのLANポートを利用して、有線LAN接続をする人も多いかと思いますが、ここでも対応しているカテゴリがどのようになっているか注意するようにしましょう。 我が家では「 カテゴリー6(CAT6)」となっていました。 LANポートにカテゴリが書いてない場合、LANケーブルは壁内にひかれているため、対応カテゴリーを確認するためには家の仕様書などを見る必要があります。 カテゴリー5以下のケーブルが少しでも使われると、1Gbpsタイプの光回線であっても、100Mbps(0. 1Gbps)以下へと速度低下しますので気をつけてください。 カテゴリー5とカテゴリー5eの速度比較(2018年7月追記) 自宅に新しく導入した「auひかり」の回線速度を調査したところ、無線LANで 上下100Mbps未満でがっかりしました。 しかし、これはONUとホームゲートウェイをつなぐLANケーブルで カテゴリー5を使用していたのが原因でしたw カテゴリー5eに変更したところ、 上下300Mbps台になって安心しました。 業者さんがサービスで置いていったケーブルなどを利用する際には、しっかりカテゴリーを確認しましょうね。 LANケーブル(カテゴリー5e)を使用 ONUやルーターにもLANケーブルが必要 光回線に申し込むと、回線事業者からONUやルーターがレンタルできます。 部屋の壁やエアコンダクトから出てきた光ファイバーとONUとを光コンセントで接続します。 ONUは光通信回線で使用される信号形式とLAN内で用いられる信号形式を変換する役割を持っています。 僕はこれまで光回線でSo-netが運営する「 NURO光」と、KDDIが運営する「 auひかり」を利用しているので、事例としてそれぞれのONUやルーターを紹介してみます。 NURO光 NURO光では ONU兼ルーターがSo-netから届きます。 NURO光のONUはルーター機能も備わっています。 背面には有線LANポートが備わっている上、 無線LAN機能(WiFi)も標準搭載されていて、無料で使用できます。 実は、 光回線サービスによっては無線LANを利用するために、月額500円程度かかることもあるため、無料なのはポイントが高かったりします。 ONUとルーターが分かれていると機器を設置するスペースもとるし、コンセントも増えるのでスッキリしますね。 NURO光のONUや、接続する端末の構成をイラストにするとこのようになります。 もちろん、有線LANを使わずに全て無線LANで接続しても問題ありません。 ONU兼ルーターが、いい働きをしていますね! 背面はこんな感じで、LANケーブルを差し込む口がついています。 auひかり auひかりではこのような機器を2つレンタルできます。 写真左の黒い機器がONU、そして写真右の白い機器である ホームゲートウェイ(ルーター機能付きモデム)の2種類が必要となります。 どちらもKDDIからレンタルして借りるものとなります。 以前は、 ホームゲートウェイの無線LAN機能を使用する場合には毎月500円が別途必要だったのですが、現在提供されている新しいホームゲートウェイでは無料となっています。 auひかりの利用期間が長く、古いホームゲートウェイを使い続けている場合は、余計な出費となっている可能性があるので注意してくださいね。 工事費40,000円が実質無料• 開通月は日割で請求• com•

次の

ソフトバンクエアーはLANケーブルで有線接続できる?安定感は増すのか解説!

有線 ラン ケーブル

有線ルーターを利用する インターネットに接続したい機器が増えて来てはいませんか?• 複数のコンピュータをインターネットに接続したい• ゲーム機も接続したい• 液晶TVも接続したい といった場合は、ルーターを利用しましょう。 特に、プロバイダから提供された機器にLAN端子が1つしか無い場合は、ルーターを利用して端子の数を増やします。 無線ルーターを使う方法もありますが、接続する機器が近隣にあれば、安定していて通信速度の速い有線ルーターもよいでしょう。 機器の価格も、数千円ですから気軽に導入できます。 ルーターの機能が二重にならないように注意してください。 【目次】• 有線ルーターのケーブル接続方法 どのようなルーターを購入すればよいかは、関連記事『』を参照してください。 ここでは、ルータを購入後どのように結線するかを述べたいと思います。 実際の写真を挙げますので参照してください。 1.モデム(光回線の場合は終端装置)のLAN端子にストレートケーブルを接続します。 こちらはPS3へ接続している様子。 PS4も同じ。 上にMDMIケーブルがあり、その下がLAN端子となっています。 ルータ側の2番に接続した赤いケーブルを接続してあります。 なお、1番と3番のLANケーブルは、4番のケーブルと同じようにそれぞれ別のコンピュータに接続してあります。 有線ルーター側の設定 ケーブルによる接続が終わったら、ルーター側の設定です。 その際、認識に時間がかかりますので、それぞれ作動が安定するまで間隔を空けて電源を入れて下さい。 プロバイダからの資料にPPPoE接続を利用していると記述してある場合は、ルータ側にPPPoEの設定を行う必要があります。 設定方法は、各ルータによって異なりますが、筆者の持っているルータで設定方法を紹介します。 ほかのルータでも基本は同じです。 1.有線で接続してあるコンピュータのInternet Explorerを起動し「アドレス」欄に「192. 168. 1」と入力します。 PPPoEの設定を入力 あとは、表示される指示に従って設定を進めれば終了です。 PPPoE以外の接続方法でうまくいかない場合は、上記の方法でルータの設定が「IPアドレス自動取得」になっているかを確認するとよいでしょう。 有線でインターネットに接続する際のその他のチェック項目 以上のほかに、コンピュータ側がIPアドレスを自動取得になっていないと接続できません。 コンピュータの初期値は、IPアドレスを自動取得になっていますが、うまく接続できない場合は、確認してください。 Windows10での確認方法は、以下の通りです。 「コントロールパネル」を開く• 「ネットワークとインターネット」を選択する• 「ネットワークと共有センター」を選択する• 「アダプターのオプションを変更する」を選択する• イーサネットアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択する。

次の

有線LANの特徴とは?Wi

有線 ラン ケーブル

有線ルーターを利用する インターネットに接続したい機器が増えて来てはいませんか?• 複数のコンピュータをインターネットに接続したい• ゲーム機も接続したい• 液晶TVも接続したい といった場合は、ルーターを利用しましょう。 特に、プロバイダから提供された機器にLAN端子が1つしか無い場合は、ルーターを利用して端子の数を増やします。 無線ルーターを使う方法もありますが、接続する機器が近隣にあれば、安定していて通信速度の速い有線ルーターもよいでしょう。 機器の価格も、数千円ですから気軽に導入できます。 ルーターの機能が二重にならないように注意してください。 【目次】• 有線ルーターのケーブル接続方法 どのようなルーターを購入すればよいかは、関連記事『』を参照してください。 ここでは、ルータを購入後どのように結線するかを述べたいと思います。 実際の写真を挙げますので参照してください。 1.モデム(光回線の場合は終端装置)のLAN端子にストレートケーブルを接続します。 こちらはPS3へ接続している様子。 PS4も同じ。 上にMDMIケーブルがあり、その下がLAN端子となっています。 ルータ側の2番に接続した赤いケーブルを接続してあります。 なお、1番と3番のLANケーブルは、4番のケーブルと同じようにそれぞれ別のコンピュータに接続してあります。 有線ルーター側の設定 ケーブルによる接続が終わったら、ルーター側の設定です。 その際、認識に時間がかかりますので、それぞれ作動が安定するまで間隔を空けて電源を入れて下さい。 プロバイダからの資料にPPPoE接続を利用していると記述してある場合は、ルータ側にPPPoEの設定を行う必要があります。 設定方法は、各ルータによって異なりますが、筆者の持っているルータで設定方法を紹介します。 ほかのルータでも基本は同じです。 1.有線で接続してあるコンピュータのInternet Explorerを起動し「アドレス」欄に「192. 168. 1」と入力します。 PPPoEの設定を入力 あとは、表示される指示に従って設定を進めれば終了です。 PPPoE以外の接続方法でうまくいかない場合は、上記の方法でルータの設定が「IPアドレス自動取得」になっているかを確認するとよいでしょう。 有線でインターネットに接続する際のその他のチェック項目 以上のほかに、コンピュータ側がIPアドレスを自動取得になっていないと接続できません。 コンピュータの初期値は、IPアドレスを自動取得になっていますが、うまく接続できない場合は、確認してください。 Windows10での確認方法は、以下の通りです。 「コントロールパネル」を開く• 「ネットワークとインターネット」を選択する• 「ネットワークと共有センター」を選択する• 「アダプターのオプションを変更する」を選択する• イーサネットアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択する。

次の