ピアッサー失敗。 痛くない!ピアッサーおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

ピアッサーのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

ピアッサー失敗

ドンキホーテでピアッサーを買うおすすめの理由は、ピアッサーの売っている場所も分かりやすく気軽に購入することができます。 ピアッサーの売っている場所は、ほとんどの店舗がアクセサリー売り場に置いてあり,ドンキホーテによってロックされているものもあり自由に取り外しできない置き方をしているところもあります。 鍵がかかっているタイプは、店員さんに取り外してもらう必要もあります。 これは、盗難防止で鍵をかけています。 ロックをかけていない店舗もあるので、その店舗では自由に棚などから取り出してそのままレジに持っていけばOKです。 ピアッサーは、カラコンなどと違って、住所や名前の記入もなく購入できますよ。 親にも内緒でお店で購入できる ドンキホーテでピアッサーを買うおすすめの理由は、販売値段も一つ1000円前後で販売されているので、初心者の方や学生の方でも購入しやすいです。 ピアッサーは使い捨てのアイテムで、一度耳の穴開けに失敗してしまうと、再度使うことができないので新しいピアッサーを購入する必要があります。 販売値段が800円くらいで購入できるものもあるので、もし耳の穴開けに失敗してもすぐに買い直せる価格なので人気でもあります。 また、ピアッサーは一箇所につき1回しか使えないので、一つの耳に数カ所穴を開けたい方は、穴を開ける分のピアッサーが必要です。 両耳穴を開けるだけでもピアッサーは2個必要になります。 ドンキホーテでピアッサーを買う際のおすすめの選び方は? 耳たぶの穴を開けるなら16Gのピアッサーを選ぶ ピアッサーの選び方としては、耳たぶの穴を開けるなら16Gのピアッサーを選びましょう。 ピアッサーにはいくつか種類があり、その一つに開ける穴の大きさを表したサイズのようなものがあります。 ピアッサーのサイズには、14G〜大きいものは20Gまであります。 20Gとは、0. 8mmで、耳たぶの穴におすすめの16Gは1. 2mmです。 好みの大きさに合わせてピアッサーを選ぶことが大切です。 耳たぶで選ばれている人気の大きさは、16Gのピアッサーです。 一般的なピアスならほとんど16Gで通すことができるので、自分で初めてピアスの穴を開けるという方は無難に16Gのピアッサーを選びましょう。 関連記事では、ファーストピアスを外すNG期間についてもあるので、合わせてこちらもチェックしてください! ピアッサーを選ぶときは、ファーストピアスのデザインをチェックすることも大切です。 ピアッサーで耳たぶに穴を開けたらそれで終わりではありません。 今のピアッサーには、ファーストピアスが内臓されているものが多く、耳の穴が開いたと同時にファーストピアスが耳に装着されます。 ピアッサーで開けたときに耳に装着されたファーストピアスは、1週間ほどは取り外さずに耳につけている必要があるため、その間は自分の好みのピアスをつけることはできません。 穴を開けたその瞬間から耳元のおしゃれを楽しみたいのであれば、おしゃれなファーストピアスを選びましょう。 色付きの可愛いピアスもありますし、もちろん目立ちにくい小型でシンプルなピアスもあります。 穴が安定するまではピアスは外せないので、バレたくないといいう方は小ぶりでシンプルなファーストピアスがおすすめですよ。 金属アレルギーの方は素材を確認する 金属アレルギーが気になる方は、ピアッサーの素材をチェックしましょう。 ピアッサーには、医療用でも使用されている素材のものや、金属アレルギーの方でも比較的肌荒れしにくい素材を使用しているものもあります。 金属アレルギーでも安心して使えると言われているものが「純チタン・チタン」素材のものです。 ただ、金属アレルギーの全ての人が安心して使えるものではありません。 「純チタン・チタン」素材は、アレルギーが出にくい素材なので、中にはアレルギー反応が出てしまう方もいます。 ピアスは金属でできているものが多いので、ピアッサーでアレルギ反応が出てしまう方は、ピアスも耳に通すことはできないかもしれませんね。 ドンキホーテのピアッサーの販売値段の口コミをチェックしてみる ドンキホーテで売ってるピアッサーを購入する前に、商品の販売値段の口コミをチェックしてみましょう。 ネット販売されているピアッサーならすぐに商品コメントや口コミをチェックすることができるのですが、ドンキホーテなどの店舗で購入するとなると、どんな商品なのか買ってみないとわからないことも多いです。 ドンキホーテで購入するピアッサーで失敗しないためにも、購入する前に値段や使い勝手などの口コミをチェックしてから自分に合うピアッサーを選びましょう。 関連記事では、女性に人気のピアスブランの記事もあります。 販売値段は、600円くらいと、とてもリーズナブルなピアッサーです。 片耳用のピアッシングで、独自のバネ発射機構のため、出血も少ないように構成されているので、痛みが苦手な方にもおすすめです。 EOガスで減菌されたブリスターパックで無菌状態に包装されていて、とても衛生的なのも魅力的なピアッシングです。 ピアスホールが完成するまでに1ヶ月間もおしゃれが楽しめるデザインが選べます。 誕生月で選べる誕生石も人気ですよ。 QUOTE 無事開けれました! もうビビりで緊張して手が震えましたが、びっくりするほど簡単に開きました! パチンという音もそんなに大きくなかったし、痛くなさすぎてほんとに開いた?って感じ。 今のところジンジンもしていません。 良かったです。 特許取得済みの「痛みを軽減するピアッサー」で、これまで使用を控えていた方でも安心して使える「金属アレルギー対策素材」で、金属アレルギーの方でもピアスの穴開けにトライすることができるピアッサーです。 販売値段は1200円程です。 8mm 20G で穿孔時の痛みを軽減してくてるピアッサーで、針が細いので痛みが感じにくいです。 シリコンキャップがついており、ピアスホールが完成するまでの髪の毛や洋服の繊維の引っかかりも防止してくれます。 もちろんEOGを使用した滅菌処理を採用しているので衛生面でも安心ですよ。 ドリームタッチのピアッサーは、誕生石タイプのピンクのパッケージと、スタンダードのボールタイプのブルーのパッケージの2種類があります。 好みでピアスのデザインも選べるので、バレたくない方はブルーのパッケージがおすすめです。 この軟骨用ピアッサーは、おすすめのピアッサー2つ目で紹介したものを同じメーカーで、その軟骨用のピアッサーです。 販売値段は1200円くらいです。 金属アレルギー症状を起こしにくい医療用ステンレス素材の「SUS316L」を採用し、素材も「金属アレルギー対策素材」を使用しているので、もちろん金属アレルギーの方でもトライできます。 ピアスh、丸玉2,5mmのゴールドなので、目立ちにくく自然と軟骨の穴開けができますよ。 軟骨でも痛みを軽減した処方で、分厚い軟骨でもすんなり穴開けが完了します。 ポストの長さは日本人の耳たぶの厚みに合わせた10mmと長めなので、ピアスと耳の間に蒸れにくくなっているのも特徴で、失敗もしにくいです。 ピアッサーを開けた後のケア方法は? ファーストピアスは穴が安定するまで外さない ピアッサーを開けた後は、穴が安定するまではなるべく触れないようにしましょう。 初めてピアスの穴を開けた方は、違和感で耳たぶをつい触ってしまうかもしれませんが、まだ穴が不安定のうちは無駄に触れることは避けましょう。 また、無意識のうちに手以外のものが触れてしまうこともあります。 例えば、お風呂上がりに髪の毛をタオルドライする時にピアスがタオルに引っかかってしまったり、洋服の着脱でピアスが引っかかったり、気をつけてはいてもこのような予想外のことも起こり得ます。 ファーストピアスの引っかかりが気になる方は、ピアスのキャップが引っかかりにくいタイプのピアッサーがおすすめですよ。

次の

【オススメピアッサー】失敗・トラブル回避の正しい選び方|看護師が解説

ピアッサー失敗

あ、こんなもんなのね。 って感じ。 耳たぶを冷やせば痛くないの? これよく聞きますよね。 実際に私は初めてピアッサーで穴を開ける時、感覚がほぼ無くなるまでガチガチに保冷剤で冷やしてから開けました。 1回開ければ慣れたので2回目以降は冷やさずそのまま開けたのですが… 冷やしても冷やさなくても特に痛みは変わりません。 ピアッサーの場合は開ける瞬間より開けた後に痛みがジンジンくるので、どちらかといえば 開けた後に冷やした方が効果的だと思います。 個人差はあると思いますが、開ける前に皮膚を冷やすと皮膚が硬くなって逆に開けづらい場合もあるとの事なのでおすすめはしません。 ピアッサーで綺麗に穴を開ける6つのコツ 1. しっかりと消毒をする はじめに手をしっかりと洗い、手と耳を消毒します。 消毒液は色々ありますが、 スプレータイプよりジェルタイプの方がピンポイントで塗れるので使いやすかったです。 コットンや綿棒に消毒液を染み込ませてもいいですね。 ちなみに、一度マキ〇ンで消毒したのですが刺激が強かったのか開けた後ピリピリしたので私はおすすめしません(笑) 2. ペンで位置決めをする 開けたい場所にペンでマーキングします。 どんなペンでも大丈夫ですが、私は 開けた後に落としやすいのでアイライナーを使ってます。 鏡の近くでマーキングした後、一度顔を引いて顔全体と穴の位置のバランスを確認すると失敗しにくいです。 肘をしっかり固定する 穴を開ける時にブレると大変なので、テーブルにタオルを敷いてその上に肘をつけて極力腕が動かないように固定します。 もちろん一番大事なのはピアッサーを持つ手がブレないことですが、なんせ心配性なので念入りに。 『耳たぶ』に対して垂直に ピアッサーの説明書に 『耳たぶに垂直になるようにピアッサーを押し込んで下さい。 』 と書いてあるのですが、どう垂直にしていいのかよく分かりませんよね。 この耳たぶに対して垂直というのはこのイメージの Bが正解です。 Aの方が綺麗に見えるんじゃないの?と思うかもしれませんが、耳たぶに対しては斜めに穴が開いている状態になので 穴が長くなって上手く貫通しなかったり、傷が治りにくかったりする可能性があるのでご注意を。 MEMO垂直になってるか心配な人は周りの人に鏡を持ってもらったり、直接位置を確認してもらいましょう。 開ける時はビビらない これ意外に重要なポイントです。 基本的にピアッサーってバネの力で半自動的に穴を開けてくれるので度胸とかはそんなに要らないのですが… ピアッサーが勝手に穴を開けてれる分、瞬間的に位置がズレたらアウトです。 ズレた位置にバチンと穴が開きます(白目) なので『ここだ!』と決めたらビビらずピアッサーのボタンを押し込みましょう。 ホール(穴)が安定するまではいじらない 無事穴が開いたら気になって触りたくなるなりますよね。 でもそこはじっと我慢。 しっかりとホール(穴)が完成するまでは、あくまで傷にすぎません。 開けたばかりのピアスを無理に引っ張ったり動かしたりせず、安定するまではなるべく服などに引っかからないように気をつけましょう。 ヘアカラーやパーマなどもカラー剤が入ってしまうと激しい痛みに襲われるのでしばらくは我慢しましょう。 若気の至りで私は穴を開けた次の日にブリーチをしてしまい死にかけました。 それでも自信が無ければ病院で 『やっぱり自分で開けるのが怖い』 『上手く開けられる自信が無い』 そういう人は無理に自分で開けず、病院で開けてもらうのも1つの選択肢だと思います。 セルフで開けるよりお金は掛かりますが、衛生面と安心感は確かだと思います。 実際私の職場の人は病院で開けてもらったそうなので、今度体験談を聞いて記事をアップしたいと思います。 最後に 初めてピアスを開ける人は不安がいっぱいですよね。 『どのくらい痛いんだろう?』 という不安を抱える人がほとんどだと思いますが、個人的にピアスを開ける瞬間というよりは開けた後のジンジンする鈍い痛みの方が強い気がしました。 でも、その痛みも1日経てば忘れる位のレベルなので…ぶっちゃけたいしたこと無いです。 (そのうち快感に変わります。 ) 後はアフターケアをしっかりすれば大丈夫。 手順とコツさえ守れば怖いことはありませんよ。 ホール(穴)が安定したら好きなピアスをつけて楽しんじゃいましょう!オシャレの幅もグンと広がるし、今日はどんなピアスを付けようかなと迷うのも毎日のひそかな楽しみになったりします。 私が実際に使ったピアッサー.

次の

ドンキホーテで買えるおすすめのピアッサー3選|売ってる場所/販売店

ピアッサー失敗

ドンキホーテでピアッサーを買うおすすめの理由は、ピアッサーの売っている場所も分かりやすく気軽に購入することができます。 ピアッサーの売っている場所は、ほとんどの店舗がアクセサリー売り場に置いてあり,ドンキホーテによってロックされているものもあり自由に取り外しできない置き方をしているところもあります。 鍵がかかっているタイプは、店員さんに取り外してもらう必要もあります。 これは、盗難防止で鍵をかけています。 ロックをかけていない店舗もあるので、その店舗では自由に棚などから取り出してそのままレジに持っていけばOKです。 ピアッサーは、カラコンなどと違って、住所や名前の記入もなく購入できますよ。 親にも内緒でお店で購入できる ドンキホーテでピアッサーを買うおすすめの理由は、販売値段も一つ1000円前後で販売されているので、初心者の方や学生の方でも購入しやすいです。 ピアッサーは使い捨てのアイテムで、一度耳の穴開けに失敗してしまうと、再度使うことができないので新しいピアッサーを購入する必要があります。 販売値段が800円くらいで購入できるものもあるので、もし耳の穴開けに失敗してもすぐに買い直せる価格なので人気でもあります。 また、ピアッサーは一箇所につき1回しか使えないので、一つの耳に数カ所穴を開けたい方は、穴を開ける分のピアッサーが必要です。 両耳穴を開けるだけでもピアッサーは2個必要になります。 ドンキホーテでピアッサーを買う際のおすすめの選び方は? 耳たぶの穴を開けるなら16Gのピアッサーを選ぶ ピアッサーの選び方としては、耳たぶの穴を開けるなら16Gのピアッサーを選びましょう。 ピアッサーにはいくつか種類があり、その一つに開ける穴の大きさを表したサイズのようなものがあります。 ピアッサーのサイズには、14G〜大きいものは20Gまであります。 20Gとは、0. 8mmで、耳たぶの穴におすすめの16Gは1. 2mmです。 好みの大きさに合わせてピアッサーを選ぶことが大切です。 耳たぶで選ばれている人気の大きさは、16Gのピアッサーです。 一般的なピアスならほとんど16Gで通すことができるので、自分で初めてピアスの穴を開けるという方は無難に16Gのピアッサーを選びましょう。 関連記事では、ファーストピアスを外すNG期間についてもあるので、合わせてこちらもチェックしてください! ピアッサーを選ぶときは、ファーストピアスのデザインをチェックすることも大切です。 ピアッサーで耳たぶに穴を開けたらそれで終わりではありません。 今のピアッサーには、ファーストピアスが内臓されているものが多く、耳の穴が開いたと同時にファーストピアスが耳に装着されます。 ピアッサーで開けたときに耳に装着されたファーストピアスは、1週間ほどは取り外さずに耳につけている必要があるため、その間は自分の好みのピアスをつけることはできません。 穴を開けたその瞬間から耳元のおしゃれを楽しみたいのであれば、おしゃれなファーストピアスを選びましょう。 色付きの可愛いピアスもありますし、もちろん目立ちにくい小型でシンプルなピアスもあります。 穴が安定するまではピアスは外せないので、バレたくないといいう方は小ぶりでシンプルなファーストピアスがおすすめですよ。 金属アレルギーの方は素材を確認する 金属アレルギーが気になる方は、ピアッサーの素材をチェックしましょう。 ピアッサーには、医療用でも使用されている素材のものや、金属アレルギーの方でも比較的肌荒れしにくい素材を使用しているものもあります。 金属アレルギーでも安心して使えると言われているものが「純チタン・チタン」素材のものです。 ただ、金属アレルギーの全ての人が安心して使えるものではありません。 「純チタン・チタン」素材は、アレルギーが出にくい素材なので、中にはアレルギー反応が出てしまう方もいます。 ピアスは金属でできているものが多いので、ピアッサーでアレルギ反応が出てしまう方は、ピアスも耳に通すことはできないかもしれませんね。 ドンキホーテのピアッサーの販売値段の口コミをチェックしてみる ドンキホーテで売ってるピアッサーを購入する前に、商品の販売値段の口コミをチェックしてみましょう。 ネット販売されているピアッサーならすぐに商品コメントや口コミをチェックすることができるのですが、ドンキホーテなどの店舗で購入するとなると、どんな商品なのか買ってみないとわからないことも多いです。 ドンキホーテで購入するピアッサーで失敗しないためにも、購入する前に値段や使い勝手などの口コミをチェックしてから自分に合うピアッサーを選びましょう。 関連記事では、女性に人気のピアスブランの記事もあります。 販売値段は、600円くらいと、とてもリーズナブルなピアッサーです。 片耳用のピアッシングで、独自のバネ発射機構のため、出血も少ないように構成されているので、痛みが苦手な方にもおすすめです。 EOガスで減菌されたブリスターパックで無菌状態に包装されていて、とても衛生的なのも魅力的なピアッシングです。 ピアスホールが完成するまでに1ヶ月間もおしゃれが楽しめるデザインが選べます。 誕生月で選べる誕生石も人気ですよ。 QUOTE 無事開けれました! もうビビりで緊張して手が震えましたが、びっくりするほど簡単に開きました! パチンという音もそんなに大きくなかったし、痛くなさすぎてほんとに開いた?って感じ。 今のところジンジンもしていません。 良かったです。 特許取得済みの「痛みを軽減するピアッサー」で、これまで使用を控えていた方でも安心して使える「金属アレルギー対策素材」で、金属アレルギーの方でもピアスの穴開けにトライすることができるピアッサーです。 販売値段は1200円程です。 8mm 20G で穿孔時の痛みを軽減してくてるピアッサーで、針が細いので痛みが感じにくいです。 シリコンキャップがついており、ピアスホールが完成するまでの髪の毛や洋服の繊維の引っかかりも防止してくれます。 もちろんEOGを使用した滅菌処理を採用しているので衛生面でも安心ですよ。 ドリームタッチのピアッサーは、誕生石タイプのピンクのパッケージと、スタンダードのボールタイプのブルーのパッケージの2種類があります。 好みでピアスのデザインも選べるので、バレたくない方はブルーのパッケージがおすすめです。 この軟骨用ピアッサーは、おすすめのピアッサー2つ目で紹介したものを同じメーカーで、その軟骨用のピアッサーです。 販売値段は1200円くらいです。 金属アレルギー症状を起こしにくい医療用ステンレス素材の「SUS316L」を採用し、素材も「金属アレルギー対策素材」を使用しているので、もちろん金属アレルギーの方でもトライできます。 ピアスh、丸玉2,5mmのゴールドなので、目立ちにくく自然と軟骨の穴開けができますよ。 軟骨でも痛みを軽減した処方で、分厚い軟骨でもすんなり穴開けが完了します。 ポストの長さは日本人の耳たぶの厚みに合わせた10mmと長めなので、ピアスと耳の間に蒸れにくくなっているのも特徴で、失敗もしにくいです。 ピアッサーを開けた後のケア方法は? ファーストピアスは穴が安定するまで外さない ピアッサーを開けた後は、穴が安定するまではなるべく触れないようにしましょう。 初めてピアスの穴を開けた方は、違和感で耳たぶをつい触ってしまうかもしれませんが、まだ穴が不安定のうちは無駄に触れることは避けましょう。 また、無意識のうちに手以外のものが触れてしまうこともあります。 例えば、お風呂上がりに髪の毛をタオルドライする時にピアスがタオルに引っかかってしまったり、洋服の着脱でピアスが引っかかったり、気をつけてはいてもこのような予想外のことも起こり得ます。 ファーストピアスの引っかかりが気になる方は、ピアスのキャップが引っかかりにくいタイプのピアッサーがおすすめですよ。

次の