マツコ 有吉 番組。 有吉のアンジャッシュ児嶋イジリにマツコ「標的が相方に替わった」とツッコミ『かりそめ天国』

有吉弘行&マツコが渡部の不倫に言及「大悪党だからね」

マツコ 有吉 番組

今週からテレビ朝日久保田直子アナウンサー(38)の登場です。 「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜午後8時)の進行を務めており、マツコ・デラックス、有吉弘行と出会い、番組を通して「生きるのが楽しくなった」と感謝しています。 「かりそめ」は昨年10月ゴールデンに昇格した。 番組の雰囲気はそのままで「何も変わってないです。 ホッとしました」と話す。 バラエティーのトップランナーであるマツコ、有吉と共演して2年半。 「おふたりと仕事ができるってことがアメージング」と日々喜びを感じている。 打ち合わせなし、スタジオに入って初めて顔を合わせる独特のスタイルは今も新鮮で「いつだって刺激的で、舌鋒(ぜっぽう)の鋭さもハラハラしながらっていうのが、まだ続いています」。 スタジオで笑顔を見せる久保田直子アナウンサー(撮影・中島郁夫) 視聴者の投稿を読み上げるコーナーでは、自分の意見やプライベートを話す場面もある。 スポーツや情報番組畑が長く「個性を出すなら進行をアナウンサーとしてしっかりやるべきと先輩に教えてもらいましたし、そういう番組が多かった」と振り返る。 快活な印象だが、自分について「明るい分、恐ろしいくらいの暗さを持っている」と話す。 初回収録後、マツコの楽屋で「あんた今までは明るくて感じのいいお姉さんでやってきたと思うけど、この番組はそうじゃなくていいんだからね」とアドバイスを受けたという。 これが身に染み「そうか、自分の明るさだけじゃない部分も出していいんだ」と気が楽になった。 「ちょっと自分を隠そうとすると、それっておふたりからするとつまらないんですよね。 『そんないい子ちゃんなのはしらけるわ』って、たぶん、そう思っていて。 うそのないおふたりに対峙(たいじ)するには、うそのない自分でいないといけないって途中で気づいて。 遅かった」と苦笑する。 素の自分を意識し始めると、肩の荷が下り「生きるのが楽しくなった」と話す。 「人にものを言うようになったし、自分のいやらしさもねじ曲がった部分も出せるようになって。 気がついたら『ああ救われた。 この番組に』って。 そうじゃなかったら常に大きめの声で『お疲れさまです!』って言うような自分だったと思います。 それって周りを疲れさせていたと思うし」 番組が仕事にも私生活にも好影響を与えた。 立教大社会学部を卒業後、05年テレビ朝日入社。 レギュラーは「大下容子ワイド!スクランブル」「裸の少年」など。 159センチ。

次の

アンジャ渡部、有吉の“暴言”に激怒!「あんなのオンエアしていいんですか?」

マツコ 有吉 番組

有田とマツコと男と女 ジャンル 演出 神尾祐輔 出演者 () エンディング 製作 プロデューサー 御法川隼斗、高橋利一郎 稲見亜矢(MP) 制作 放送 放送国・地域 第1期前半(水曜深夜時代) 放送期間 - 放送時間 木曜日1:25 - 1:55(水曜日深夜) 放送分 30分 第1期後半(金曜深夜時代) 放送期間 2011年 - 放送時間 土曜日0:55 - 1:25(金曜日深夜) 放送分 30分 第2期(木曜深夜時代) 放送期間 - 放送時間 木曜日23:50 - 翌0:20 放送分 30分 特記事項: ナレーター:() 『 有田とマツコと男と女』(ありたとマツコとおとことおんな)は、で放送されていたである。 概要 [ ] (13日深夜)から放送開始。 とが、毎回、一般人50名をゲストに迎えてトークを展開していく。 」と紹介していた。 ) の22:00 - 23:24()に、全国ネット(TBS系列全局)のスペシャルで『 超禁断の世論調査スペシャル』が放送された。 更に同年には『超禁断の世論調査SP』の第2編が、同年には第3編が、同年には第4編がそれぞれ放送された。 には『』で第5編が放送され、これ以降も不定期で放送されていた。 2011年(15日深夜)より、水曜深夜から金曜深夜の放送に移動した。 2011年9月24日(23日深夜)をもって一旦終了。 より木曜23:50 - 翌0:20にて再開。 2013年3月28日で、第2期も終了した。 内容 [ ] 公式ホームページか番組内の募集で集まった一般人50人(全員18歳以上)にフリップやトータライザーを用いて質問()をし、トークを展開していく。 この際、一般人の・・が公表される。 赤いカーテンの前でトークをする有田とマツコの映像から始まる。 この時に集まった一般人の平均年齢や男女比率などの情報が明かされる。 そして、カーテンが開き一般人の待つスタジオセットに入った2人は着席し、しばらく一般人弄りを展開。 その後、モニターに過去に出演した一般人が登場し、テーマを発表する。 なお、スペシャル放送では、出演ドラマの宣伝を兼ねた俳優やお笑い芸人が登場して、テーマを発表する。 このモニターではが採用されている。 出演者 [ ] 司会• アシスタント (第1期のみ)• (募集ガール) ナレーション• (SP1・2)• 一般人が超高額商品を売り込み! 』 15 『リアルに面白い芸人ランキング・新企画! 一般人が超高額商品を売り込み! 元芸能人50人』 20 『ゴールデンSP延長戦! カリスマ社長 VS 定職に就かない若者』 21 『ゴールデンSP延長戦! 外国人総集編』 29 『新春SP直前! 4 2011年12月20日(火曜日) 超禁断の世論調査SP〜革命編〜 5 2012年7月5日(木曜日) 超禁断の世論調査SP5 6 2012年9月27日(木曜日) 21:00 - 22:48(108分) 教師も社長もニートも人妻もみんな本気で大喧嘩SP 7 2013年1月2日(水曜日) 21:00 - 23:30(150分) 新年から禁断の大バトル!! 〜細木数子も緊急参戦! 〜 ネット局と放送時間 [ ] 第1期 [ ] 放送地域 放送局名 放送日・放送時間() 放送開始日 遅れ日数 (TBS) 土曜日 0:55 - 1:25(金曜日深夜) 2010年10月14日 制作局 (SBS) 2011年4月15日 同時ネット (SBC) 木曜日 0:50 - 1:20(水曜日深夜) 2010年10月21日 12日遅れ (OBS) 木曜日 0:55 - 1:25(水曜日深夜) 19日遅れ (HBC) 土曜日 0:20 - 0:51(金曜日深夜) 2010年10月23日 7日遅れ (ATV) 木曜日 1:00 - 1:30(水曜日深夜) 2010年10月28日 19日遅れ (MBC) 金曜日 0:10 - 0:40(木曜日深夜) 2011年1月7日 62日遅れ (MRT) 水曜日 0:55 - 1:25(火曜日深夜) 2011年1月10日 67日遅れ (RKK) 月曜日 0:55 - 1:25(火曜日深夜) 2011年2月15日 94日遅れ (RBC) 火曜日 0:50 - 1:20(月曜日深夜) 2011年3月29日 150日遅れ ・ (BSS) 土曜日 0:55 - 1:25(金曜日深夜) 2011年4月2日 77日遅れ (CBC) 火曜日 23:50 - 翌0:20 2011年4月5日 39日遅れ (TUF) 金曜日 0:50 - 1:20(木曜日深夜) 2011年4月8日 181日遅れ (tys) 金曜日 1:20 - 1:50(木曜日深夜) 69日遅れ (MBS) 土曜日 1:30 - 2:00(金曜日深夜) 2011年4月13日 42日遅れ (NBC) 木曜日 23:50 - 翌0:25 2011年4月14日 20日遅れ (RKB) 金曜日 0:20 - 0:50(木曜日深夜) 2011年4月15日 不明 (TUT) 火曜日 0:42 - 1:12(月曜日深夜) 2011年4月5日 不明 (IBC) 水曜日 0:50 - 1:20(火曜日深夜) 2011年5月4日 不明 (TUY) 水曜日 0:20 - 0:50(火曜日深夜) 2011年4月20日 不明 単発放送実績• (TBC):番組改編の穴埋めで放送。 (FTB、):番組改編やスポーツ中継の穴埋めで放送。 第2期 [ ] この節のが望まれています。 放送地域 放送局名 放送日・放送時間() 放送開始日 遅れ日数 関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 木曜日 23:50 - 翌0:20 2012年4月19日 制作局 北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット 山形県 テレビユー山形(TUY) 静岡県 静岡放送(SBS) (MRO) (RCC) 福岡県 RKB毎日放送(RKB) 長崎県 長崎放送(NBC) 中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2012年5月1日 東北放送(TBC) 2012年5月4日 (itvTV) 2012年12月6日 近畿広域圏 毎日放送(MBS) 日曜日 1:28 - 1:58(土曜日深夜) 2012年4月28日 79日遅れ 長野県 信越放送(SBC) 火曜日 0:20 - 0:50(月曜日深夜) 2012年5月1日 11日遅れ (BSN) 火曜日 0:50 - 1:20(月曜日深夜) (RSK) 水曜日 0:20 - 0:50(火曜日深夜) 2012年5月2日 12日遅れ 沖縄県 琉球放送(RBC) 木曜日 0:50 - 1:20(水曜日深夜) 2012年5月3日 13日遅れ 鹿児島県 南日本放送(MBC) 水曜日 0:10 - 0:40(火曜日深夜) 2012年5月9日 19日遅れ 富山県 チューリップテレビ(TUT) 水曜日 0:00 - 0:30(火曜日深夜) 2012年5月9日 (OBS) 金曜日 0:55 - 1:25(木曜日深夜) 2012年5月11日 7日遅れ 宮崎県 宮崎放送(MRT) 木曜日 0:50 - 1:20(水曜日深夜) 2012年5月17日 20日遅れ 山口県 テレビ山口(tys) 2012年6月28日 62日遅れ 熊本県 熊本放送(RKK) 土曜日 0:20 - 0:50(金曜日深夜) 2012年10月27日 8日遅れ スパモク!! 版 [ ] この節のが望まれています。 放送対象地域 放送局 放送日時 遅れ日数 関東広域圏 TBSテレビ(TBS) 制作局 青森県 青森テレビ(ATV) 同時ネット 岩手県 IBC岩手放送(IBC) 宮城県 東北放送(TBC) 山形県 テレビユー山形(TUY) 福島県 テレビユー福島(TUF) (UTY) 新潟県 新潟放送(BSN) 長野県 信越放送(SBC) 静岡県 静岡放送(SBS) 石川県 北陸放送(MRO) 近畿広域圏 毎日放送(MBS) 鳥取県・島根県 山陰放送(BSS) 岡山県・香川県 山陽放送(RSK) 広島県 中国放送(RCC) 愛媛県 あいテレビ(itv) 長崎県 長崎放送(NBC) 熊本県 熊本放送(RKK) 福岡県 RKB毎日放送(RKB) 2012年(14日深夜) 2:00 - 3:57 9日遅れ 鹿児島県 南日本放送(MBC) 2012年 19:00 - 20:54 14日遅れ 北海道 北海道放送(HBC) 2012年 14:00 - 16:00 16日遅れ 中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2012年 12:57 - 15:00 30日遅れ 大分県 大分放送(OBS) 2012年 14:00 - 15:54 114日遅れ 歴代のエンディングテーマ [ ]• 『Feel good muzik feat. EL LATINO』2010年10月・11月度• 『』2010年12月・2011年1月度• 『』2011年2月・3月度• 『』2011年4月・5月度• 『』2011年6月・7月度• 『』2011年8月・9月度• 『』2012年4~6月度• 『』2012年7~9月度• 『』2012年10~12月度• 『ハレノヒ』2013年1月~2013年3月 スタッフ [ ] 第1期 [ ]• 構成: 西田伸昌 成瀬正人• TM:金澤健一• CAM:端坂嘉寛• MIX:石堂遼子 相馬敦• AF:山羽稔 内山浩• VE:藤本剛• 照明:中川清志 篠原秀樹• 美術:三須明子• 美術制作:五島章弘• 装置:佐藤恵美 牧ヶ谷純二• メカ:濱口利行• 電飾:田谷尚教 田中晶子• メイク:石月裕子• 編集:佐分利良規• MA:斉藤冬彦• 音効:太田光則 福永真弓• 技術協力:• CG:嵯野ともこ• TK:野村佳乃子(スペシャル放送のみ)• 編成:坂田栄治• 宣伝:小林久幸• AD:下山弘一郎 中村義之 廣瀬真結• AP:久田誠司 和田敬子• デスク:椿美貴子• ディレクター:北山孝 流郷敏隆 香西康位 畑村陽平 五島大徳• 演出:神尾祐輔• プロデューサー: 高橋利一郎• チーフプロデューサー:• 制作協力:ナチュラルエイト、• 製作著作: 第2期 [ ]• ナレーション:、、• 構成:桜井慎一、西田伸昌、成瀬正人、木南広明• TM:金澤健一• TD:山田賢司• CAM:荒井隆之、端坂嘉寛• MIX:石堂遼子• VE:藤本剛• 照明:中川清志、岩永亜由子• 編集:佐分利良規• MA:斉藤冬彦、赤津英彰• 音効:太田光則、福永真弓• 技術協力:、IMAGICA、FREEDOM OF ZACK• 美術:三須明子• 美術制作:五島章弘• 装置:佐藤恵美• 電飾:田谷尚教、田中昌子、吉田晃子• 装飾:dosco• メイク:石月裕子• CG:嵯野ともこ(アイヴリック)• リサーチ:、ロックヒル、加藤孝宏、河野秀彰• 編成:坂田栄治• 宣伝:小林久幸• マネージメントプロデューサー:稲見亜矢(2012年5月3日までは、お母さん)• デスク:椿美貴子• AP:久田誠司• AD:宍戸透• ディレクター:北山孝 水野達也、流郷敏隆、畑村陽平、妹尾篤志、岩永紗代美、香西康位、五島大徳、小林悦子(以前はAD)• 演出:中澤智有(途中から)• 総合演出:神尾祐輔(以前は演出)• プロデューサー:御法川隼斗、高橋利一郎• 制作協力:ナチュラルエイト、• 製作著作:TBS 脚注 [ ] []• 2014年1月4日閲覧。 IBC・TBC・TUFを除くでは最後のスペシャル放送だった。 2011年4月18日(17日深夜)までは月曜 0:50 - 1:20(日曜深夜)の放送。 2011年4月20日(19日深夜)より時間変更。 不定期での放送経験有。 2010年11月29日~放送していた時期もあった。 2011年9月29日(28日深夜)までは木曜日 2:10 - 2:40(水曜日深夜)に放送。 2011年10月15日(14日深夜)より放送日時変更。 『』もしくは特別番組を放送する週は休止となった。 レギュラー開始前は『』『』などの休止時に不定期で穴埋め放送されていた。 初回は1時間遅れ。 2012年9月28日(27日深夜)までは、金曜日 0:50 - 1:20(木曜日深夜)に28日遅れで放送されていたが、10月18日放送分より同時ネットに昇格。 2012年10月2日までは火曜日 23:50 - 翌0:25に19日遅れで放送されていたが、10月25日放送分から同時ネットに昇格。 『』終了に伴い同時ネット。 2012年9月28日(27日深夜)までは金曜日 0:05 - 0:35(木曜日深夜)に28日遅れで放送されていた。 2013年3月までは土曜日 0:20 - 0:50(金曜日深夜)に放送されていた。 2012年10月23日(22日深夜)までは、火曜日 0:20 - 0:50(月曜日深夜)に放送されていたが、11月6日(5日深夜)からは現在の日時。 2012年10月からの日時。 同年6月までは水曜日 1:20 - 1:50(火曜日深夜)に、7月から9月は火曜日 23:50 - 翌0:20放送されていた。 2012年6月20日(19日深夜)からの日時。 同年6月7日(6日深夜)までは木曜日 0:00 - 0:30(水曜日深夜)に放送されていた。 第2回から放送 関連項目 [ ]• - 同じくTBS系列で、からまで放送された討論バラエティー番組。 一部内容が共通。 - 同じくTBS系列で、からまで放送された討論バラエティー番組。 演出担当者、一部の外国人出演者が共通。 外部リンク [ ]• aritamatsuko - 木曜1:25 - 1:55枠(深夜) 前番組 番組名 次番組.

次の

テレ朝久保田直子アナ マツコ、有吉と共演に感謝

マツコ 有吉 番組

タレントのが26日、テレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」に出演。 番組で共演するの人柄や仕事に対する姿勢について明かした。 有吉が「僕はストレスを抱え込む方です」と他人に怒りをぶつけるのではなく、自分で抱え込むタイプと分析すると、マツコは「有吉さんて、言わないじゃない?スタッフの人とかに。 皆さんね、この人のキャラとかだと、スタッフの人とかにすごい注文つけそうに思えるかもしれないけど、そういうの全然しないので有名なのよ」とスタッフに怒ったり、クレームをつけることは全くしない人だと明かし、「だからさ、この人パンクするんじゃないか?って思うぐらい言わないから」と心配。 「ちょっとはガス抜きした方がいいよ」とアドバイスした。 スタッフに文句を言わないことについて、有吉は「仕事はいつか(ストレスが)溜まって、お互いうまくいかなくなったら話し合えばいい、っていうのがあるから」などと説明。 「本当に心配になるよ、本当に言わないから、この人は」と重ねて心配するマツコに対し、「なんとなく長くやっていく中で、そうなっていっただけ。 楽しい番組がめちゃめちゃ多くなってる。 あんまりストレスを抱えないタイプの仕事がいつのまにか多くなってる」と肩の力が抜けたような表情で話していた。 外部サイト.

次の