主流 対義語。 「マイノリティ」の意味とは?使い方や例文、類義語・対義語など

「マイノリティ」の意味とは?使い方や例文、類義語・対義語など

主流 対義語

「傍流」とは? 「傍流」の表現の日常の使い方• 「傍流」を使った例文や解釈• 「傍流」の類語や類義表現 「傍流」とは? 意味 「傍流」というのは本中から別れた流れ、あるいは主流から外れた系統や党派などを指します。 大元、あるいは正当な系統、主な流れから外れている場合などを指し、河川などの流れについて使われることもあります。 例えば、大学を卒業した後は一般的には就職し、同じ会社で定年まで働く、という考え方が存在します。 しかし、例えば大学を卒業した後は転職を経験しながらステップアップをしながら他の人とは違った人生を歩んできた、あるいは下請けのような仕事をして精神的に辛い思いをしたけれど最終的にはそこから学ぶことも多かったなど、他の人とは違う経験を持っている場合、 「自分は傍流を歩いてきた」などと表現することもあります。 「傍流」を使った例文1 「出世をしたいならば、傍流を歩め」 社長になりたい、役員になりたい、と思うならば、むしろ主流ではなくて 「傍流」を歩んだほうが良い、という考え方があります。 最近では社会が保守化になっており、就職したものの本流ではない部署に配属されてショックを受けてしまう新入社員が多いと考えられています。 しかし、実は花形職業というのはごく1部にしか存在せず、むしろ花形ではなく、 「傍流」で経験を積んだ方が良いのではないか、という見方も存在しています。 花形の部署で経験もないまま、大きな役割を与えられるよりも、 「傍流」で細かい経験を繰り返しながら成長していく方が良い、と考えられています。

次の

「マジョリティ」の意味とは?反対語「マイノリティ」や類語も解説

主流 対義語

「傍流」とは? 「傍流」の表現の日常の使い方• 「傍流」を使った例文や解釈• 「傍流」の類語や類義表現 「傍流」とは? 意味 「傍流」というのは本中から別れた流れ、あるいは主流から外れた系統や党派などを指します。 大元、あるいは正当な系統、主な流れから外れている場合などを指し、河川などの流れについて使われることもあります。 例えば、大学を卒業した後は一般的には就職し、同じ会社で定年まで働く、という考え方が存在します。 しかし、例えば大学を卒業した後は転職を経験しながらステップアップをしながら他の人とは違った人生を歩んできた、あるいは下請けのような仕事をして精神的に辛い思いをしたけれど最終的にはそこから学ぶことも多かったなど、他の人とは違う経験を持っている場合、 「自分は傍流を歩いてきた」などと表現することもあります。 「傍流」を使った例文1 「出世をしたいならば、傍流を歩め」 社長になりたい、役員になりたい、と思うならば、むしろ主流ではなくて 「傍流」を歩んだほうが良い、という考え方があります。 最近では社会が保守化になっており、就職したものの本流ではない部署に配属されてショックを受けてしまう新入社員が多いと考えられています。 しかし、実は花形職業というのはごく1部にしか存在せず、むしろ花形ではなく、 「傍流」で経験を積んだ方が良いのではないか、という見方も存在しています。 花形の部署で経験もないまま、大きな役割を与えられるよりも、 「傍流」で細かい経験を繰り返しながら成長していく方が良い、と考えられています。

次の

タイギ語 ~反対語・対義語の極致~|にぅま|note

主流 対義語

「傍流」とは? 「傍流」の表現の日常の使い方• 「傍流」を使った例文や解釈• 「傍流」の類語や類義表現 「傍流」とは? 意味 「傍流」というのは本中から別れた流れ、あるいは主流から外れた系統や党派などを指します。 大元、あるいは正当な系統、主な流れから外れている場合などを指し、河川などの流れについて使われることもあります。 例えば、大学を卒業した後は一般的には就職し、同じ会社で定年まで働く、という考え方が存在します。 しかし、例えば大学を卒業した後は転職を経験しながらステップアップをしながら他の人とは違った人生を歩んできた、あるいは下請けのような仕事をして精神的に辛い思いをしたけれど最終的にはそこから学ぶことも多かったなど、他の人とは違う経験を持っている場合、 「自分は傍流を歩いてきた」などと表現することもあります。 「傍流」を使った例文1 「出世をしたいならば、傍流を歩め」 社長になりたい、役員になりたい、と思うならば、むしろ主流ではなくて 「傍流」を歩んだほうが良い、という考え方があります。 最近では社会が保守化になっており、就職したものの本流ではない部署に配属されてショックを受けてしまう新入社員が多いと考えられています。 しかし、実は花形職業というのはごく1部にしか存在せず、むしろ花形ではなく、 「傍流」で経験を積んだ方が良いのではないか、という見方も存在しています。 花形の部署で経験もないまま、大きな役割を与えられるよりも、 「傍流」で細かい経験を繰り返しながら成長していく方が良い、と考えられています。

次の