子役 男。 有名子役42名のその後が気になる!あの人気俳優は元子役だった!?【2020年最新版】

朝ドラ「エール」子役プロフィール(裕一・久志・鉄男)一覧/まとめ

子役 男

- 2019年 7月月4日午後11時31分PDT 韓国の人気週末ドラマ「私はチャン・ボリ! 」で、子役とは思えない名演技を見せ、多くの視聴者の涙を誘いました。 その後も「ドクター異邦人」や「誘惑」などに出演しています。 ちなみに、目標としている女優はハ・ジウォンとのことですよ! シン・リナ 韓国で今、一番勢いのある子役と言われていますね!イ・ソジン主演のドラマ「契約結婚」や「被告人」、「青い海の伝説」など立て続けに人気ドラマに出演。 涙の演技はもちろん、そのおっとりとした微笑みも人気の理由です。 筆者もイチオシの子役で、将来大物女優になること間違いなしです! チュン・ヨンソク 時代劇ドラマ「朱蒙」や「雲が描いた月明り」「六龍が飛ぶ」、高視聴率を記録したドラマ「ドキドキ再婚ロマンス子供が5人」などで熱演を見せました。 紹介しきれないほど、数多くの作品に出演しており、休む暇もないのでは?!と心配になるほどです。 ユ・ウンミ 3歳から子役を続けており映画「王の涙」や人気韓国ドラマ「私はチャン・ボリ! 」で一躍大人気となりました。 その後も「トロットの恋人」や「ディアブラッド~私の守護天使~」に出演し、高い評価を得ています。 現在の演技力はもちろん、今後さらに磨きがかかった演技が期待できますね! 韓国ドラマの子役も成長しました!~男の子編~ 韓国では男の子の子役は少ないようで、韓国ドラマでは「この子、また出てる!」という場面も多くありますね!ここでは子役出身の6人の俳優をご紹介していきましょう。 チャン・グンソク 「韓国で子役出身と言えばチャン・グンソク!」と言っても過言ではないほど、今や韓国を代表する俳優となりました。 7歳で子供服カタログのモデルとしてデビューし、数々のドラマに出演。 ユ・スンホ 現在は「国民の弟」と呼ばれ、主演俳優を務めるほどに成長した人気俳優ですね。 5歳から子役をスタートし、現在まだ24歳!これからの活躍にも十分期待が出来そうです。 ヨ・ジング 子役時代の面影をそのまま残し、現在大人気の俳優です。 目元や鼻が幼少期のままで、とても可愛らしいですね!8歳でドラマデビューを果たし、韓国では「天才子役」と呼ばれ、数々の新人賞や男優賞などを総なめにしたことで知られています。 カン・チャンヒ 韓国ドラマ「私の心が聞こえる?」で名演技を見せた子役。 2016年10月に9人組ボーイズグループ「SF9」のメンバーとしてデビューを果たし、ラッパーとメインダンサーとして活躍しているそうですよ! オ・ジェム 「製パン王キム・タック」で人気を博した子役であり、現在も俳優として活動しています。

次の

朝ドラ・エールの佐藤久志役の子役は誰?モデル人物や母親についても!

子役 男

あらすじ [ ] 4月上旬沈没の日直前に、のの漁協に1人の女性が訪れた。 その女性・内田真貴子は、大和が沈没した地点へ連れて行って欲しいと頼み回るが、漁協組合員の漁師達は組合長を含め相手にしてくれない。 漁協の漁師の中に、時に大和の乗組員として乗艦していた神尾克己がいた。 一度は真貴子の頼みを断るが、彼女が上官であった内田二曹の娘(養女)であることを聞かされる。 真貴子は、内田が去年末に亡くなり、遺言の「大和沈没地点に散骨して、戦死した戦友達と一緒にして欲しい」という願いを実現するため、枕崎に来たのである。 その瞬間、60年間ひっそりと暮らしていた神尾に若き頃の思い出が浮かび上がってきた。 内田が激戦の中で戦死せず生き残っていたことに驚きつつ、戦時中の大恩人である彼のために出港を決意し、真貴子の頼みを聞き入れた神尾は、唯一の乗組員・前園敦(神尾の部下で15歳の少年であるが、船舶操縦免許を取得して操縦も行う)と共に彼女を乗せ、大和の沈没地点へ出航する。 そして、ずっと閉ざしていた口を開き、あまり語らなかった内田の話を、真貴子に語り始める。 船は明日香丸という小さな漁船であった。 神尾は、戦時中に恋人であった野崎妙子をで亡くしたため、戦後も結婚せずに子や孫もいなかったが、漁業組合長の孫の敦を雇って、孫代わりにしていた。 戦時中の回想として、戦艦大和が同型艦(大和型)で僚艦の戦艦らとともに、フィリピンのレイテ島付近のに参戦したが、戦果は芳しくなく、武蔵など多数の艦艇を撃沈されるという、最悪の展開から開始される。 その後は及び司令部から、「護衛機無しでを行え」という無謀な命令が出て、大和は沖縄での特攻戦に向かう途中でアメリカ軍に撃沈される。 大和沈没後、神尾は大和の乗組員だった西哲也の母のサヨを訪問し、「哲也が戦死したが、立派な最期だった」と賞賛したが、サヨは神尾だけ生き残ったことを咎めたり、哲也の死を受け入れられなかったりした。 サヨは哲也の送金で田んぼが買えたと神尾に紹介し、神尾は西へのせめてもの手向けとして田植えや雑草取りなどを手伝い、サヨは謝礼として握り飯を神尾にくれたが、神尾はそれをその場に置き、自分だけ生き残ってしまったことをサヨに土下座して謝罪する。 サヨも泣き崩れて土下座し、追及したことは悪かったと謝罪して、死んだらいけないと神尾を諭し、謝罪合戦になる。 そして、広島への原爆投下があり、終戦を迎える。 スタッフ [ ]• 監督・脚本:• 製作者:• プロデューサー: 厨子稔雄、小柳憲子、村上典吏子• 製作総指揮: 、• 企画: 、• 監修: 、• 史料考証: 、• 原作: 『決定版 男たちの大和』(角川春樹事務所ハルキ文庫)• 参考文献: 『』• セカンドユニット監督:• 撮影監督:• セカンドユニット撮影監督:• 水中撮影:• 特撮監督:• 美術: 松宮敏之、近藤成之• 編集: 米田武朗• 照明: 大久保武志• セカンドユニット照明: 沢田敏夫• 整音: 瀬川徹夫• 録音:• セカンドユニット録音: 西田正広• 助監督:• セカンドユニット助監督: 佐和田恵• 音響効果:• 音楽:• 演奏:• 主題歌:• サポートソング: 「オレ達の大和」• 音楽総合プロデューサー: 角川春樹• VFXスーパーバイザー: 進威志• CGスーパーバイザー:• テクニカルコーディネーター: 根岸誠• 特撮: (協力: )• 大和ミニチュア造型:• グラマン造型:• 造型メカニカルエフェクト: アップ・アート• VFX・CG: NTTメディアラボ スタジオDU ファブグラフィックス• 機銃発砲:• 操演・特効: スプリームエフェクト• 擬斗: 清家三彦 中村健人• キャスティング: 福岡康裕• 製作担当: 清水圭太郎• 製作管理統括: 奈村協• 宣伝統括: 遠藤茂行• 宣伝プロデューサー: 野村俊哉、多田容子• 宣伝: 柳迫成彦 、西野亜紀子、高橋由香、速水雅也• 製作プロダクション:• 製作: 『男たちの大和/YAMATO』製作委員会(、、、、、、、、、、、、、、、、、東京都ASA連合会、、、) キャスト [ ] (括弧内は役名) 大戦中 [ ]• (森脇庄八 海軍二等主計兵曹)• (内田守 海軍):晩年の遺言ナレーション• (・神尾克己)• (海軍特別年少兵・伊達俊夫)• (海軍特別年少兵・西哲也)• (海軍特別年少兵・常田澄夫 )• (海軍特別年少兵・児島義晴)• (唐木正雄 海軍二等兵曹)• (川添海軍二等兵曹)• (玉木)• (第二十一分隊医務科・大森班長)• (町村海軍)• (神尾の同級生・野崎妙子)• (唐木の妻・伸江)• (常田の実母・玉木ツネ)• (西の母親・サヨ)• (大和第4代艦長・・)• (戦艦大和副長・)• (大和・)• (第二十一駆逐隊・海軍大佐)• (・海軍少将)• (呉の芸者・文子)• (神尾の母親・スエ)• (大和第5代艦長・海軍大佐)• (連合艦隊参謀長・海軍中将)• (第二艦隊・海軍中将) 現代 [ ]• (内田の養女・真貴子)• (明日香丸船員・前園敦)• (枕崎市漁業協同組合組合長)• (明日香丸船長・神尾克己) ナレーター [ ]• (アナウンサー) 製作 [ ] 企画 [ ] 企画は東映のプロデューサー・坂上順。 角川春樹の姉・辺見じゅんの小説を原作に東映で映画化の話が持ち上がっていたとき、角川は収監中であった。 出所した角川が、保釈のための嘆願書の発起人である東映社長にお礼を言いに行った際、その場で岡田から正式にプロデューサー就任の要請があり、復帰第一作として引き受けた。 これまでの戦記もの映画は、司令官、指導者が主役を張るケースが多かったため、プロデューサーの坂上は「艦底から見た大和を描きたい」と下から支える側としていたって地味な烹炊員(調理担当の兵士)として反町隆史を主役として登場させた。 佐藤監督も「兵士一人一人を見つめる」映画にしたいと考えていた。 実写映像 [ ] 当時の実写映像が随所に挿入される。 これは、当初の構想ではエンドロール後に般若による楽曲をBGMにした数分間の実写映像集を上映されることになっていたが、実写映像集の上映が全国ロードショー直前になって急きょ取りやめになってしまったことによるものである(一部劇場や、ロードショー前の試写会会場などでは、この実写映像集をカットせずに上映したところもあった)。 この映像集の最後には、特攻機が敵艦にぶつかって爆発した瞬間を収めたカラー写真をバックに「彼らが命を賭けて守ろうとした日本の未来に、私たちは生きている。 」という字幕が映されている。 作品への評価 [ ]• 角川は「これまで作った映画の中で一番思い入れのある作品」と話している (角川は、戦艦大和のオープンセット制作費に一部私財を投じている)。 撮影に協力した海上自衛隊艦艇 [ ] (の「」の2番艦) 機関室を大和の機関室として撮影。 また本艦の航跡を撮影したものを合成し、大和の航跡が映るシーンで使用した。 本艦の内火艇も作品中で使用されている。 (海上自衛隊の「」の2番艦) 劇中、大和の艦舷として、大和に着任したばかりの海軍特別年少兵たちが、タラップを甲板へ上がるシーンで、本艦を撮影に使用。 本艦左舷のタラップを降ろし、合成処理の都合から、艦左舷に青いシートを張って撮影された。 戦艦大和オープンセット [ ] ロケセット公開中の様子。 甲板は本物が台湾檜であるが、合板が使われている 広島県向島町の向島西工場跡地に総工費約6億円をかけ、大和の全長263メートルのうち艦首から艦橋付近までの190メートルが原寸大で再現された。 ドック横の資材置き場に、建築現場のを組んで基礎として必要な高さを確保し、その上に合板などを使用してロケセットが作られた。 主砲の砲身は樹脂製。 第一主砲塔の砲身や艦橋上部は省略されている。 艦橋は高層建造物となるので、のクリアができなかった。 また第一主砲については、設置場所の関係で主砲の土台を設置するスペースが無く、のみの簡略化された形になった。 それらの不足部分は、大和ミュージアムに展示されている10分の1模型を合成して撮影された。 2005年3月に完成。 撮影は同年6月まで行われた。 撮影終了後にロケセット公開 観光 を目的に、第一主砲から艦首まで増設した。 撮影を目的としていないので造設された部分は簡略化されていた。 5月にロケ現場で記者発表が行われた際、亀田良一尾道市長(以下、役職は全て当時)と佐藤忠男尾道商工会議所会頭から東映相談役に「ロケセットを観光に使わせて頂きたい」と申し出があり快諾 、同年7月17日からロケセットが一般公開された(入場料大人500円、子供300円)。 セットの公開以外にスタッフの食堂として使用していた圭ちゃん食堂(そのまま食堂として営業)や小道具、パネル展示、大和オープンセットを使用した場面の映画のメイキングシーンの放映なども同時に行われた。 当初はセットの寿命を考えて2006年3月31日に公開を終了する予定だったが、予想を大幅に上回る入場者数のため、細かな修復をしながら同年5月7日のゴールデンウィーク期間まで公開期間を延長。 最終日に100万人突破の快挙を達成。 休業日を除く253日間に100万2343人もの入場者が訪れた。 3億円以上の入場収入その他、は25億円程度とされた。 公開終了後の5月10日より解体が開始された。 さらに公開の延長を望む声も多く、事実、公開最終日にはセットを見学するまで3時間もの待ち時間が発生した。 しかしながらオープンセットの設置現場は休止中の造船所であり、この造船所の再稼動が迫っていたため、閉鎖に至った。 解体後、東映は主砲身や機銃、小道具など、セットの一部分計64点を呉市にあるに寄贈した。 尾道が撮影地に選定されたのは、日立造船があったこと、交通の便の良さに加え、尾道市民の映画に対する理解の深さなどの理由からで、製作的な優位性は他都市を圧倒した。 結果的には尾道に大変な経済効果をもたらし、全国のの憧憬の的になった。 また映画が公開された2005年に同じ広島県の呉市にがオープン、十分の一の巨大な大和の模型が人気を呼び、映画との相乗効果もあって161万人が入場。 地方の施設にも関わらず、2005年度の美術館・博物館入場者の全国1位となった。 興行成績 [ ]• 興行収入 - 50. 9億円(東映の興収ランキング2位)• 観客動員数 - 400万人 その他・エピソード [ ]• オープニングでの大和の正面ショットは、海上自衛隊の護衛艦を撮影した上から大和の艦首をCG処理で合成している [ ]。 ラストでの大和の沈没シーンでは、艦橋が倒れ水柱が上がる撮影に際して、水ではなく直径0. 4ミリの白竜砕石という砂を圧縮空気で吹き上げることによって表現している [ ]。 川添二等兵曹役を演じたは、本作品PRの為に出演したトーク番組『』の中で、実際に大和に乗艦していた生存者から海軍の所作や儀礼、弾の持ち運び方の指導を受けた時の事を取り上げ、「当時を思い出されたのか、涙ぐみながら指導して頂いた事は私の役者経験の中で一番感動した事でした。 」と語っている。 『』で映画のロケシーンが扱われ、反町隆史や中村獅童が登場した。 関連項目 [ ]• (大和ミュージアム)• - ロケ地• - ロケ地• 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• モデルは• 作中では、森脇庄八は特攻当日に戦死したことになっているが、モデルとなった丸野正八は生還している。 モデルは• モデルは• モデルは• クレヨンしんちゃん「男たちの大和だゾ」 出典 [ ] []• 2012年6月29日閲覧。 : p. の2008年5月28日時点におけるアーカイブ。 2017年9月24日閲覧。 『YEAR BOOK 2006』〈ソノラマMOOK〉、2006年4月20日、71頁。 、焼酎紀行ニュース(焼酎だより)、2006年2月1日。 、、2011年11月23日。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

子役

子役 男

女優エカテリーナ・スターズホーワ の子役時代(8歳時)の報道写真 子役(こやく)とは、や演劇的作品(性のある・・テレビなど)における、の(配役)。 また、それを演じる子供をも指す。 子供のイメージ全般も含むとする捉え方もある。 では、男女を区別して " child actor"、" child actress" といい、でもこれらをした「 チャイルドアクター」「 チャイルドアクトレス」が通用する。 では英単語とので " enfant star( アンファン スター)" という。 では「 ( :〈 トォンシィン〉)」という。 日本伝統芸能における子役 [ ] ここでは、において、「子役」に相当する配役とその演者について解説する。 能の子方 [ ] では、が扮する役、および、それを演じる少年を、「 子方(こかた)」という が、これとは大きく意味の異なるもう一つの語義として、本来は大人が演じるべき大人の役をあえて少年に務めさせるその役、および、それを演じる少年をも、同じく「子方」という。 演劇や映画などの分野における「子役」と同じと言えるのは前者のみであり 、後者は能に固有の演出法である。 子方はから出るものと決まっており 、後者はシテ方を際立たせるための演出法として始まったとも 、の愛好趣味( cf. )に由来するとも考えられている。 前者の例としては、『』の花若 (はなわか) 、『』の千代童 、『 (えぼしおり) 』や『』の 、『』の稚児 などがある。 後者の例としては、『』 と『』の 、『』の男大迹皇子 (時代の) と『』の天皇(継体天皇) 、『 』の 、『 (しょうぞん) 』の などがある。 狂言の子方 [ ] では、少年が扮する役、および、それを演じる少年を、 子方(こかた)といい、子方の出るものが少数ながらある。 歌舞伎の子役 [ ] では、大抵の場合、役者の子が「 子役(こやく)」として初舞台を踏む。 子役が成長してもっぱら子役を務めている間は「 若衆方(わかしゅがた)」と呼ばれ 、これは配役上結果的の「役」を意味する。 子役は、長じては「 (たちやく)」と「 (かたきやく)」、もしくは「 (むすめがた)」の、いずれかを務めることになる。 なお、娘方は「 若女方(わかおんながた)」へと変わってゆき 、娘方は若女方の役柄の一つという位置づけになる。 歌舞伎の子役には地位による差別は無く 、出勤は演目の都合によって決められ 、給金は演じるごとに包み金という形で渡される。 歌舞伎の場合、「寺子屋」こと『』の小太郎、『』の千松、『 (しげのい こわかれ) 』の三吉など、舞台の出来を左右する大役に子役を配した演目もある。 舞台子役と深夜労働 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年4月)• が含まれているおそれがあります。 2001年(平成13年)にが制定されたことに伴い、演劇界はこのに積極的に働きかけている。 各演劇興行会社が長官に要望書を提出したり、2003年(平成15年)6月3日には、神奈川県とがの一つとして22時まで延長する「子役特区」を提案した。 が「特区」と名付けて実施を目指していたが、は「義務教育を受けるためにも限界がある」と慎重な姿勢を示していた。 で行われた同年9月3日の会談で坂口厚労相が「21時まで認める」と述べ、2004年(平成16年)11月16日のに対する答申にて、2005年(平成17年)1月1日より全国的に演劇などへの「13歳未満の子役の出演が従来の20時までから21時まで」に延長されることになった。 この議論においても、テレビの収録などはこの範囲ではないとの発言もあり、子役や演劇という言葉の示す範囲の曖昧さが指摘されている。 21時までの出演が可能となってからも、世界各国の子役事情と比較し緩和が十分とはいえず、2007年(平成19年)12月4日、日本演劇興行協会より子役出演時間延長の要望書がに提出されている。 2008年(平成20年)4月7日、において「児童俳優の舞台時間延長問題を考えるパネル」が開かれ、子供の教育を受ける権利や児童の福祉を考慮した上での舞台子役の育成と保護について論じられた。 2017年(平成29年)には、のにおいて、WOWOWの意向でハードワークを課せられた製作陣が、深夜3時から始まる撮影に当時6歳の子役・を駆り出したうえ、などによるを含む14時間もの撮影を強要した。 この案件は、『』が3月1日にウェブサイト版「文春オンライン」で、明くる2日に本誌で取り上げ、関係者もその事実を認めたと報じられた。 子役を取り巻く環境と問題点 [ ] この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年4月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2017年3月) 向けの表紙はの半ばまでは少女子役の写真であり、それ以後は少女の写真になり、表紙が定番になるのはさらにのちのことである。 人気を得た子役は幼少時代にサラリーマンを大きく上回る収入を得るため、一般的な金銭感覚を身につけることが出来ず、社会生活に苦労することも少なくない。 子役には引退して一般人になった人も数多いが、成功経験を忘れられず身を持ち崩した結果、やのように悲惨な末路をたどる人物も存在する。 そのため、子役に対しても適切なポジションや作品の配分が必要とされている。 日本の子役・子役出身者 [ ]• 生まれ• (1月2日)• (1月9日)• (1月21日)• (2月6日)• (2月24日)• (3月15日)• (3月16日)• (3月20日)• (4月10日)• (4月11日)• (4月27日)• (5月13日)• (5月18日)• (6月1日)• (6月3日)• (6月25日)• (7月2日)• (7月2日)• (7月16日)• (8月1日)• (8月11日)• (8月14日)• (8月16日)• (8月18日)• (8月20日)• (9月8日)• (9月9日)• (9月26日)• (10月4日)• (10月8日)• (10月31日)• (11月4日)• (11月18日)• 生まれ• (2月1日)• (2月3日)• (2月19日)• (2月24日)• (3月1日)• (3月2日)• (3月9日)• (3月17日)• (3月28日)• (4月5日)• (4月16日)• (4月21日)• (4月21日)• (4月23日)• (4月30日)• (5月24日)• (6月2日)• (6月15日)• (6月25日)• (6月28日)• (6月30日)• (7月4日)• (7月7日)• (7月16日)• (8月16日)• (8月17日)• (9月14日)• (9月16日)• (9月21日)• (9月26日)• (9月27日)• (10月12日)• (10月17日)• (10月20日)• (10月20日)• (11月8日)• (12月7日)• (12月26日)• 生まれ• (1月11日)• (1月28日)• (2月4日)• (2月20日)• (3月4日)• (3月13日)• (4月2日)• (4月5日)• (4月12日)• (4月16日)• (5月7日)• (5月10日)• (5月16日)• (5月20日)• 5月28日• (6月18日)• (6月19日)• (6月21日)• (6月28日)• (6月29日)• (7月7日)• (7月9日)• (7月11日)• (7月30日)• (8月7日)• (8月15日)• (8月15日)• (8月16日)• (8月21日)• (10月4日)• (10月11日)• (10月16日)• (10月16日)• (10月20日)• (10月22日)• (11月2日)• (11月15日)• (12月8日)• (12月17日)• 生まれ• (1月9日)• (1月21日)• (2月11日)• (3月8日)• (3月12日)• (3月27日)• (3月31日)• (4月3日)• (4月5日)• (4月14日)• (4月23日)• (4月28日)• (6月7日)• (6月30日)• (7月19日)• (7月23日)• (7月24日)• (8月7日)• (8月11日)• (8月27日)• (9月4日)• (9月9日)• (9月17日)• (9月17日)• (9月20日)• (9月24日)• (9月26日)• (10月9日)• (10月23日)• (10月24日)• (10月25日)• (10月26日)• (11月1日)• (11月8日)• (11月12日)• (11月21日)• (11月28日)• (12月3日)• (12月8日)• (12月9日)• (12月14日)• (12月19日)• (12月21日)• 生まれ• (1月2日)• (1月23日)• (2月13日)• (2月21日)• (2月21日)• (2月29日)• (3月5日)• (3月11日)• (3月21日)• (3月23日)• (3月27日)• (5月1日)• (5月4日)• (5月20日)• (5月30日)• (6月1日)• (6月12日)• (6月23日)• (6月24日)• (6月24日)• (6月26日)• (6月27日)• (7月7日)• (7月15日)• (7月16日)• (7月19日)• (8月7日)• (8月18日)• (8月24日)• (8月27日)• (9月3日)• (9月9日)• (9月11日)• (9月14日)• (9月19日)• (9月21日)• (10月5日)• (10月13日)• (10月15日)• (10月19日)• (10月28日)• (11月13日)• (11月18日)• (11月26日)• (12月1日)• (12月1日)• (12月8日)• (12月21日)• (12月27日)• 生まれ• (1月1日)• (1月13日)• (1月15日)• (1月18日)• (1月19日)• (1月27日)• (2月3日)• (2月8日)• (2月28日)• (3月10日)• (3月24日)• (4月30日)• (5月10日)• (5月15日)• (5月15日)• (5月19日)• (5月21日)• (5月22日)• (6月9日)• (6月10日)• (6月11日)• (6月13日)• (7月2日)• (7月10日)• (7月17日)• (7月18日)• (7月18日)• (8月4日)• (8月5日)• (8月7日)• (8月21日)• (9月2日)• (9月3日)• (9月3日)• (9月3日)• (9月15日)• (9月21日)• (9月22日)• (9月23日)• (9月25日)• (9月28日)• (9月28日)• (10月2日)• (10月4日)• (10月14日)• (10月17日)• (10月19日)• (11月7日)• (11月16日)• (11月19日)• (11月20日)• (12月1日)• (12月3日)• (12月20日)• (12月31日)• 生まれ• (1月14日)• (1月20日)• (1月20日)• (1月27日)• (2月4日)• (2月12日)• (3月1日)• (3月3日)• (3月7日)• (3月23日)• (4月6日)• (4月8日)• (4月13日)• (4月16日)• (4月24日)• (4月26日)• (4月27日)• (5月4日)• (5月10日)• (5月25日)• (6月7日)• (6月7日)• (6月11日)• (6月12日)• (6月15日)• (7月3日)• (7月4日)• (7月8日)• (7月8日)• (7月13日)• (7月18日)• (7月25日)• (7月26日)• (7月28日)• (8月2日)• (8月4日)• (8月6日)• (8月9日)• (8月12日)• (9月3日)• (9月6日)• (9月7日)• (9月11日)• (9月13日)• (9月24日)• (10月1日)• (10月3日)• (10月3日)• (10月13日)• (10月19日)• (10月31日)• (11月22日)• (12月15日)• (12月20日)• (12月22日)• (12月28日)• 生まれ• (1月16日)• (1月19日)• (2月1日)• (2月9日)• (2月13日)• (2月16日)• (2月24日)• (2月27日)• (3月3日)• (3月5日)• (3月15日)• (3月16日)• (3月21日)• (3月31日)• (4月6日)• (4月6日)• (4月12日)• (4月19日)• (4月24日)• (4月25日)• (4月26日)• (4月28日)• (5月6日)• (5月7日)• (5月9日)• (5月21日)• (5月22日)• (6月8日)• (6月8日)• (6月14日)• (6月15日)• (6月19日)• (6月21日)• (6月29日)• (7月8日)• (7月14日)• (7月25日)• (7月31日)• (7月31日)• (8月1日)• (8月6日)• (8月8日)• (8月8日)• (8月15日)• (8月26日)• (8月28日)• (8月29日)• (9月1日)• (9月5日)• (9月6日)• (9月8日)• (9月10日)• (9月10日)• (9月13日)• (9月18日)• (9月30日)• (10月13日)• (10月19日)• (10月22日)• (10月31日)• (11月7日)• (11月7日)• (11月16日)• (11月8日)• (11月24日)• (11月27日)• (12月6日)• (12月13日)• (12月13日)• (12月18日)• 生まれ• (1月1日)• (1月16日)• (1月24日)• (2月3日)• (2月12日)• (2月16日)• (2月22日)• (2月27日)• (3月11日)• (3月19日)• (4月2日)• (4月6日)• (4月10日)• (4月16日)• (4月20日)• (4月29日)• (5月11日)• 5月13日• (5月17日)• (5月18日)• (5月19日)• (6月11日)• (6月16日)• (6月16日)• (6月17日)• (6月18日)• (6月27日)• (6月27日)• (6月29日)• (7月8日)• (7月18日)• (8月2日)• (8月3日)• (8月8日)• (8月10日)• (8月10日)• (8月10日)• (8月15日)• (8月22日)• (8月23日)• (8月28日)• (9月4日)• (9月9日)• (9月10日)• (9月14日)• (9月15日)• (9月20日)• (9月28日)• (9月29日)• (10月5日)• (10月6日)• (10月14日)• (10月14日)• (10月22日)• (10月25日)• (11月5日)• (11月8日)• (11月9日)• (11月18日)• (11月23日)• (12月1日)• (12月4日)• (12月12日)• (12月13日)• (12月18日)• (12月18日)• (12月26日)• 生まれ• (1月3日)• (1月12日)• (1月19日)• (1月22日)• (1月22日)• (1月22日)• (1月22日)• (1月22日)• (1月27日)• (1月29日)• (2月21日)• (2月22日)• (2月22日)• (3月6日)• (3月7日)• (4月5日)• (4月9日)• (4月9日)• (4月10日)• (4月12日)• (4月17日)• (4月18日)• 5月8日• (5月9日)• (5月9日)• (5月17日)• (5月20日)• (5月23日)• (5月25日)• (6月5日)• (6月10日)• (6月15日)• (6月27日)• (7月13日)• (7月14日)• (7月19日)• (7月27日)• (7月29日)• (8月3日)• (8月6日)• (8月7日)• (8月9日)• (8月10日)• (8月22日)• (8月25日)• (9月4日)• (9月9日)• (9月11日)• (9月12日)• (9月12日)• (9月17日)• (9月22日)• (9月23日)• (9月28日)• (10月2日)• (10月5日)• (10月9日)• (10月15日)• (10月18日)• (11月3日)• (11月6日)• (11月10日)• (11月19日)• (11月21日)• (11月23日)• (11月23日)• (11月27日)• (12月20日)• 生まれ• (1月1日)• (1月1日)• (1月9日)• (1月11日)• (1月11日)• (1月16日)• (1月24日)• (1月29日)• (1月29日)• (1月29日)• (2月2日)• (2月2日)• (2月6日)• (2月10日)• (2月10日)• (2月19日)• (3月6日)• (3月8日)• (3月9日)• (3月19日)• (4月3日)• (4月4日)• (4月5日)• (4月7日)• (4月7日)• (4月15日)• (4月19日)• (4月28日)• (4月29日)• (5月1日)• (5月10日)• (5月13日)• (5月21日)• (5月21日)• (6月1日)• (6月5日)• (6月11日)• (6月12日)• (6月14日)• (6月26日)• (6月30日)• (7月1日)• (7月4日)• (7月6日)• (7月12日)• (7月16日)• (7月22日)• (7月24日)• (7月31日)• (8月10日)• (8月14日)• (8月18日)• (8月28日)• (9月17日)• (9月18日)• (9月18日)• (10月6日)• (10月9日)• (10月12日)• (10月19日)• (10月25日)• (10月27日)• (11月1日)• (11月2日)• (11月9日)• 11月12日)• (11月14日)• (12月6日)• (12月19日)• (12月21日)• (12月24日)• (12月30日)• (12月31日)• 生まれ• (1月10日)• (1月11日)• (1月11日)• (1月16日)• (1月24日)• (1月27日)• (2月3日)• (2月7日)• (2月13日)• (2月19日)• (2月24日)• (2月28日)• (3月13日)• (3月14日)• (3月16日)• (3月20日)• (4月11日)• (4月13日)• (4月15日)• (4月16日)• (4月17日)• (4月18日)• (4月20日)• (4月23日)• (5月6日)• (5月9日)• (5月9日)• (5月14日)• (5月15日)• (5月21日)• (5月23日)• (5月23日)• (5月23日)• (5月29日)• (5月31日)• (6月1日)• (6月1日)• (6月13日)• (6月13日)• (6月16日)• (6月17日)• (6月19日)• (6月20日)• (6月25日)• (6月30日)• (7月2日)• (7月3日)• (7月3日)• (7月4日)• (7月5日)• (7月22日)• (7月26日)• (7月29日)• (7月29日)• (8月2日)• (8月2日)• (8月2日)• (8月3日)• (8月10日)• (8月10日)• (8月19日)• (8月20日)• (8月21日)• (8月30日)• (8月31日)• (9月9日)• (9月16日)• (9月19日)• (9月24日)• (9月26日)• (10月28日)• (10月29日)• (11月23日)• (12月2日)• (12月4日)• (12月12日)• (12月14日)• (12月21日)• (12月29日)• 生まれ• (1月10日)• (1月11日)• (1月18日)• (1月24日)• (1月24日)• (2月1日)• (2月3日)• (2月3日)• (2月11日)• (2月13日)• (2月15日)• (2月15日)• (2月21日)• (2月28日)• (3月1日)• (3月2日)• (3月2日)• (3月4日)• (3月8日)• (3月8日)• (3月10日)• (3月14日)• (3月18日)• (3月23日)• (3月29日)• (3月31日)• (4月3日)• (4月7日)• (4月7日)• (4月15日)• (4月18日)• (4月30日)• (5月4日)• (5月5日)• (5月8日)• (5月11日)• (5月15日)• (5月19日)• (5月20日)• (5月22日)• (6月2日)• (6月16日)• (6月24日)• (6月29日)• (7月5日)• (7月8日)• (8月2日)• (8月27日)• (8月29日)• (8月31日)• (8月31日)• (9月17日)• (9月21日)• (9月27日)• (10月15日)• (10月16日)• (10月18日)• (10月18日)• (10月23日)• (10月24日)• (11月5日)• (11月9日)• (11月15日)• (11月15日)• (11月18日)• (11月21日)• (11月24日)• (12月3日)• (12月7日)• (12月9日)• (12月12日)• (12月18日)• (12月18日)• (12月19日)• (12月21日)• (12月21日)• (12月28日)• 生まれ• (1月6日)• (1月7日)• (1月8日)• (1月9日)• (1月15日)• (1月16日)• (1月19日)• (1月21日)• (1月25日)• (1月29日)• (2月4日)• (2月22日)• (2月23日)• (3月6日)• (3月8日)• (3月22日)• (3月30日)• (4月11日)• (4月17日)• (4月20日)• (4月24日)• (4月25日)• (4月30日)• (5月1日)• (5月18日)• (5月22日)• (6月3日)• (6月17日)• (6月18日)• (6月19日)• (7月2日)• (7月8日)• (7月9日)• (7月15日)• (7月16日)• (7月17日)• (7月18日)• (7月19日)• (7月24日)• (7月31日)• (8月1日)• (8月4日)• (8月4日)• (8月15日)• (8月16日)• (8月19日)• (8月23日)• (8月26日)• (8月29日)• (9月19日)• (9月21日)• (10月16日)• (10月17日)• (10月25日)• (10月28日)• (11月2日)• (11月5日)• (11月7日)• (11月22日)• (12月10日)• (12月11日)• (12月18日)• (12月29日)• 生まれ• (1月2日)• (1月3日)• (1月5日)• (1月6日)• (1月12日)• (1月21日)• (1月27日)• (1月30日)• (2月2日)• (2月15日)• (2月27日)• (3月7日)• (3月17日)• (3月25日)• (4月1日)• (4月5日)• (4月6日)• (4月10日)• (4月23日)• (4月25日)• (5月2日)• (5月3日)• (5月14日)• (5月15日)• (5月15日)• (5月19日)• (6月7日)• (6月20日)• (6月27日)• (6月30日)• (7月2日)• (7月3日)• (7月8日)• (7月9日)• (7月10日)• (7月15日)• (7月17日)• (7月20日)• (7月23日)• (7月29日)• (7月31日)• (8月7日)• (9月1日)• (9月18日)• (9月26日)• (10月11日)• (10月17日)• (11月8日)• (11月16日)• (11月18日)• (12月2日)• (12月6日)• (12月11日)• (12月19日)• (12月19日)• (12月20日)• (12月26日)• (12月28日)• (12月30日)• 生まれ• (1月15日)• (1月19日)• (2月6日)• (3月2日)• (3月11日)• (3月12日)• (3月12日)• (3月19日)• (4月11日)• (4月12日)• (4月19日)• (4月19日)• (4月21日)• (4月22日)• (4月26日)• (4月27日)• (5月4日)• (5月8日)• (5月13日)• (6月9日)• (6月11日)• (6月18日)• (6月20日)• (7月14日)• (7月25日)• (7月31日)• (8月7日)• (8月8日)• (8月13日)• (8月23日)• (8月26日)• (9月18日)• (9月21日)• (10月1日)• (10月20日)• (10月21日)• (11月1日)• (11月2日)• (11月12日)• (11月15日)• (12月4日)• (12月5日)• (12月10日)• (12月19日)• (12月22日)• (12月25日)• 生まれ• (1月25日)• (1月30日)• (2月7日)• (2月12日)• (2月16日)• (2月20日)• (2月23日)• (3月1日)• (3月11日)• (3月18日)• (3月31日)• (4月2日)• (4月9日)• (4月10日)• (4月15日)• (5月1日)• (5月4日)• (5月4日)• (5月8日)• (5月9日)• (6月1日)•

次の