僕を連れてって。 ラブホに連れてって|ちゃっきー|note

童貞物語4 ボクもスキーに連れてって : 作品情報

僕を連れてって

今年の冬を振り返って 暖かくなり、季節も春。 今さらかよ!って言われそうですが、冬に関する記事を書きます。 豊岡市日高町、冬には雪国となる神鍋高原で民宿を営む市民ライターの飯田です。 スキーの技術は人並みです。 雪国とは言いましたが今年の冬の神鍋高原は、例年に比べて雪は少なかったです。 海側に雪が降る「浜雪」が今年は多く、山側は例年に比べて降らなかったです。 浜雪、山雪については、市民ライターのが書かれていますのでご覧ください。 そうは言っても寒いのが神鍋高原。 今年も 水道管が凍ってトイレやお風呂の水が出なくなりました。 夜間に水をちょろちょろ出して、気をつけてはいるんですが。 雪が降ると大変なことがあります。 運転しづらくなりますし、雪かきも大変です。 それでも特別な景色を見せてくれる冬。 少しの不便も「またか」と「こうでなくちゃ」と、愛せてしまう豊岡市民は多いです。 スキー場に近い小学校 神鍋高原には3つのスキー場があります。 アップかんなべ、万場(まんば)スキー場、奥神鍋スキー場の3ヶ所。 そんなスキー場に囲まれた神鍋高原で暮らす、小学生の特別な授業についてのお話です。 僕の母校である豊岡市立清滝(きよたき)小学校には、冬になると特別な授業が始まります。 それが体育の授業の一環として行われる「学校スキー」と呼ばれるスキー教室です。 僕が小学生の当時にはすでに行われており、楽しく受けていました。 長年続く学校スキーについて、清滝小学校の先生にお伺いしてきました。 みんな楽しみな学校スキー 学校スキーは、全校生徒が対象です。 豊岡市内の小学校では、冬シーズンに1回スキー教室を開催しているそうですが、清滝小学校は全4回、毎週木曜日に丸一日行われます。 最後の回は記録会です。 小学生にしてはハードだなと思う方もいるかもしれませんが、生徒の反応はそんなことはなく、みんな楽しんでいるらしく、 どちらかと言えばハードだと感じているのは先生たちのようです。 「生徒の中には先生より上手な子もいるからな」と、先生も苦笑いされていました。 地域の支え。 活躍するおっちゃん。 では、スキー上手な生徒たちにスキーを教えているのは誰でしょうか。 なんと、ほとんどが保護者の方々です。 保護者の方々はこの日のために仕事を休んできてくれる方もいるようです。 それでも人出が足りないときは、地元のスキーのインストラクターをされている方が教えますし、清滝小学校の先生たちも教えます。 裏話になりますが、先生たちも学校スキーが始まるまでに、インストラクターの方にスキーを教わる日があるらしいです。 先生が「ハードだ」とおっしゃる理由もわかる気がします。 そして驚くことに、講師を務める保護者の方も、地域のインストラクターの方々も、皆ボランティアとして参加されるようです。 学校スキーの日は、生徒がゲレンデに向かう路線バスも増便されますし、生徒のスキー板やストックは地域の方々がゲレンデまで運びます。 いつから始まったかはわかりませんでしたが、地元の先輩に聞いたところおそらく40年以上は続いている伝統のある授業です。 伝統のあるこの授業に、いろんな方たちの協力や応援があるおかげで、子どもたちはスキー教室を楽しむことができます。 強く 正しく 潔く 豊岡市立清滝小学校は5年前に、西気(にしき)小学校と合併しました。 それでも全校生徒は現在93人。 年々減ってきています。 生徒数の減少は寂しい気がしますが、そんな生徒たちを地域の方々がサポートしています。 生徒の数が少ない分、生徒と地域の方々とのつながりが強いです。 スキー教室のお話を聞くことで、改めてそう思えました。 清滝小学校の学校だよりにこんなことが書かれていました。 子どもたちからは、「この記録会のために、練習を一生懸命しました。 」「スキーは楽しい。 」という声を多く聞きました。 最初は滑る事もおぼつかなく、半泣きで滑っていた1年生も、記録会では自分一人の力で旗門を通過しながらコースを滑降する事ができました。 スキーが地域の特徴である神鍋の学校で育った子どもたちは、スキー人口が減る中、逞しく、その特徴を身につけることができました。 この冬で一回り大きく成長したと感じました。 きっと、大人になったときに、ふるさとを大切にし自信を持ってこのスポーツにも関わってくれるでしょう。 本当に、ありがとうございました。 ふるさとのスポーツって、ありますか? 僕は小さな頃からスキーをするのが当たり前でした。 大学進学で神鍋高原を離れても、冬には必ず帰り、スキーを楽しみました。 これってもしかしたら特別なことかもと、最近気づきました。 ふるさとのスポーツ スキーは、豊岡市民にとって気軽にできるスポーツの一つですが、申請したら幼稚園、小、中学生はなんと、日曜日は1,000円で滑ることができます。 また、清滝小学校のみですが、専用のゼッケンを着け、保護者同伴で滑りに来ると、なんといつでもタダで滑ることができます。 スキーが上手な人がそこら中にいる神鍋高原。 神鍋の人が自分のスキーの技術を「人並みです」と言う人は、 実は少し上手だったりします。

次の

僕らをスキーに連れてって

僕を連れてって

DRIVEに連れてって 投稿者: 阿部 裕美 「PRIDE」とどっちにしようか?と迷ったけどこの曲にしました。 今井さんの柔らかい、女らしい部分が詰まってる部分を初めて知った高校生のころを思い出します。 この季節のドライブになれば自然に口ずさんで楽しい気分になります。 特に雨上がりに聞くとスカッとさわやかな気分になります!! 投稿者: ryu この曲は本当にリズミカルで、テンポ良い曲です。 今井美樹さんの歌声にまさにマッチしています。 現在高校2年生の僕ですが、この曲には幼い頃から思い出があります。 母も、今井美樹さんの曲が好きで昔からいつも車の中で聴いていて、僕もそれをいつも聴いていました。 特にこのDRIVEに連れてっては、僕が幼い頃から理由はわかりませんが本当に好きだったみたいです。 そして、高校生になった今、この曲のメロディーや歌詞の内容から改めて、良い曲だ!と思い、ますますこの曲が好きです。 音楽プレイヤーにはもちろんのこと、カラオケに行ったときには必ずこの曲を歌います。 投稿者: こば コンサートで歌ってくれた瞬間、懐かしさでジーンときました。 バラードも良いけど、アップテンポの曲も大好きです。 改めて「彼女とTIP ON DUO」も聞き直しまくってます。 当時大学1年だった僕は、東北地方を自転車で旅していたのですが、この曲のメロディーが、いつもどこかからか流れていました。 その伸びやかで透き通るような歌声を耳にすると、真夏の太陽に照らされた身体に、一陣の涼風がすっと吹き抜けていくような、そんなさわやかな感覚をおぼえました。 実は、「この曲は多分、今井美樹の曲かな」というぐらいしかその時はわからなかったにも関わらず、僕はいつしかその歌声とその曲が大好きになっていたのです。 確かに、「今井美樹」という方のことを、以前から認知してはいました。 しかし、その曲を聴いて初めて、僕は美樹さんのすばらしさを知ることができたのです。 あの夏の体験や旅先の美しい風景は、僕にとって忘れられない大切なものですが、そんなひと夏の記憶を今なお鮮やかに彩ってくれる、この「DRIVEに連れてって」も、僕にとって大切な一曲なのです。 ずっと回り道していた鈍感な僕を、美樹さんと引き合わせてくれた「DRIVEに連れてって」。 本当に感謝!の一曲です。 投稿者: miko ここ数年の美樹さんの曲といえば、多くの曲は詞の中に 深いメッセージが込められているような気がします。 それらの曲に比べて「DRIVEに連れてって」は、 ポップな感じで、ただ、ただ、幸せ感が漂ってて、楽しげで。。。 美樹さんが、日常の中でキラキラ笑ってる、顔を想像したとき、 ああ、実はこれぞ美樹さん!っていう歌なのかも?! と思いました。 大好きな歌の一つです。 KNOCKS ME OFF MY FEET 投稿者: ヒロユキ この曲は今井美樹さんの曲の中でも、珍しいカヴァー曲です。 もともと洋楽のカヴァーを歌って欲しいと思っていた時期に出た曲だったので、とても好きになりました。 今井美樹さんは、元々独特な歌声だったので、STEVIE WONDERの曲も、原曲とは全く違うものに感じられました。 他と比べるせいか、より「今井美樹」らしさを感じることができる一曲だと思います。 このシングルでしか聞けないのが残念です。 投稿者: まある ヴォーカリストとしての今井美樹さんは一作品ごとに必ず結果を 出してきた人だから、もちろんこのシングルが出た当時より 今のほうが技量も表現力もあるし、このゴスペルタッチの アレンジなら10年後の美樹さんの声で聞きたいというのも気持ちとして あるんだけど・・・その時にしか出すことのできない輝きってあるんですよね。 この頃の美樹さんの声のトレンドは輪郭がはっきりとしていて透明感のある ものでしたが、それがこの名曲を唯一無二の今井美樹サウンドに 昇華できた理由だと思います。 だから「Love Of My Life」はすごく好きな アルバムだけどこの曲が「Ruby」のカップリングだったらあまり好きに ならなかったのかもしれない。 それほど97年夏の今井美樹がぎゅっと 詰まったナンバーです。 是非聴いてみてください。

次の

ボーイその6:初指名で連れてって・・・

僕を連れてって

皆さんどーもボーイです! 今回は本編6話目です。 前回、初めて訪れたミスユニバースで指名を、する事となったのですが・・・ *この物語はノンフィクションで2016年当時よりスタートしています。 現在の店名やフィリピンの状況と大きく相違する所があるかもしれませんがご了承ください。 「エランデクダサーイ!」 ボーイ「選ぶ!?」 目の前にはズラッと、面積の少ない服を着た女性たちが並んでいる。 店内が暗いせいか、正直なところ顔は良く見えないが全員こちらに笑顔を振りまいている。 —おやじ「せっかくはじめて来たんだからボーイ君が最初でいいよ!ねっ社長?」 社長「もちろんだよ、どーぞどーぞ」 ボーイ「選ぶって、どうしたらいいんですか?」 社長「そんなもん簡単だよ!びびっときた子えらびゃいいんだよ!」 ボーイ「はぁ・・・」 内心、目の前に綺麗な女性がズラッと並んでいてテンションが上がっていて、少し胸の鼓動が早くなっている。 左側から一人ずつ顔から、つま先まで見て行った。 みんな笑顔だったが、一人恥ずかしそう微笑むショートカットの子がいた。 ーーなぜか気になる。 ボーイ「じゃあ、あの子・・」 と、僕は控えめにその子を指さした。 ちなみに僕は女性の好みに関しては、とても範囲が広いらしい。 自覚は無いが友人たちからは良く言われる。 昔、イチローがオリックス時代にホームベース手前でワンバウンドしたボールをヒットにしたことがあるが、僕はそれぐらいストライクゾーンが広い。 ただ一つだけ許容できないのが、ふくよかな女性だ。 幸いにもこの時に僕の前に並んだ子達は、全員スイングできるレベルだった為とても悩んだが、なぜか分からないが雰囲気が気になるこの子を指名した。 ーー社長「じゃ、オレこの子!」 おやじ「この子!」 二人はあっさりと指名した。 それぞれの指名の子が隣に座る。 僕たちはサンミゲルで乾杯をした。 リトル東京ではさほど飲んでいなかったので、ここでもまだ飲むことは出来た。 私はお酒があまり強くない。 飲まずに済むなら飲まないで済ましたいとも思うことがあるが、この夜は初めてのフィリピンの夜の緊張感を和らげたいが為か、サンミゲルが進む。 そして、僕が指名をした子。 どうやら、日本語が話せないらしい。 彼女たちはフィリピン人であり、日本語が出来ないのは当然なのだが、こういった業種では彼女たちは外国語が必須のようだ。 ちなみに僕は、空港などではかなりの確率で韓国語で話しかけられる。 しかも韓国人から・・・ 彼女は英語を話すことが出来るようだ。 後で知ったが、フィリピンでは英語が第二公用語となっているようで大抵の国民は最低限の英語を話すようだ。 僕は、日常会話程度なら話せる。 恐る恐る会話を始めてみる。 ーーボーイ「May I have your name? 」リザです。 とネームプレートを指さした。 」僕はボーイです。 何歳ですか? リザ「22…」 といったような会話が続いたが、リザは僕の質問に答えるだけで一向に会話にならない。 少年野球チームのキャッチボールのようだ。 僕は話す事が無くなり、その場をやり過ごすために、サンミゲルを飲むペースを速めていた。 元々、高校は男子校、職場は野郎だらけの僕は、あまり女性に免疫が無い。 当然だ、思春期と青春を見渡す限りの野郎達と過ごしてきたのだ。 とりあえず、ち〇こ出しとけば爆笑が取れる環境で育った。 当然彼女もいなく、日本ではキャバクラや、ピンパブ等は行ったことが無かった。 おばちゃんがママのスナックに行った事がある程度だ。 面と向かって女性と会話をすることなど、苦痛にも感じた。 サンミゲルが、大分効いてきたのだろうか、気持ちよくなってきた。 リザが僕の腕に抱き付いている・・・ そして彼女、僕の耳元で囁いた。 リザ「Bring me to your hotel room Sir….. 」私をホテルに連れて行って・・・ 「はっ!?」 次回、「南を甲子園に連れってって」と並ぶ最上級の魔法の言葉を女性から言われたボーイは?.

次の