メルペイ コンビニ 払い。 メルペイスマート払いはクレジットカードで支払いできる?【解決策あり】(後払いサービス)

メルペイスマート払い(あと払い)を徹底解説!手数料・支払い方法

メルペイ コンビニ 払い

【簡単!】コンビニでコード決済を使用する方法とは どこのコンビニも、チャージ用の専用端末はレジに置かれているため、同じような手順となります。 メルペイをコンビニで使用するまえに、メルペイのアプリを入れる必要があります。 設定は上で進めていきます。 また、支払いするためのクレジットカードをアプリに設定する必要があります。 まずはレジへ行き、店員さんに 「メルペイで支払いしたい」 と伝えましょう。 レジでの流れは、コードをアプリで表示 お店のコードリーダーで読み取りで完了です。 1分もあれば支払い完了です! 簡単ですね。 コンビニへ行くにもお財布を持たずに、携帯だけでお買い物ができるようになります! 少額支払いでも、小銭の用意もいらないので、小銭いれも必要なく、スムーズに支払いができます。 コンビニ以外でもコード決済できる場所 メルペイはコンビニ以外でも、スーパーやショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなどで、利用可能となっています。 JapanTaxi 〇 松屋 〇 クスリのアオキ 〇 カラオケBIG ECHO 〇 大手コンビニ、スーパー、百貨店はOrigami PAY QRコード決済未対応も多い、、、今後の拡大に期待 セブンイレブン、などのコンビニ大手は、 メルペイに対応していなかったり、その他コンビニでも対応していても一部店舗に限定されていたりと、 まだまだ十分に普及はしていないようです。 今後、普及が進んでいくことに期待したいですね。 コンビニでのQRコード決済とは? QRコードは、ある特殊な形になっており、それをバーコードで読み取ることで認証ができる ものをいいます。 これを利用すれば、バーコードと同じ働きがあるだけでなく、様々なとこ ろで利用できる点に大きな魅力があるといえるでしょう。 従来ならば、バーコードを利用していましたがバーコードはその店でしか適応されるものでは ありません。 お店では、各商品のバーコードを登録しており、登録された商品をスキャナーで読み取りこれにより価格などが分かりますが、そのお店のそとに出てしまうと、そのバーコードが使えない可能性があります。 例えばスーパーの商品をコンビニに持っていって登録していない状態でスキャナーを使って読み込んだとしても、反応がないことが分かるはずです。 このような場合にはハーコードでは不便ですので、QRコードを利用するわけです、QRコードがより発展したので、QRコード決済といわれるものが存在しています。 QRコード決済はそのQRコードを読み取ることで、お金の決済ができてしまう点に大きな魅力があるといえるでしょう。 お金を持ち歩く必要がないだけでなく、特定の店外でも利用することができるために便利です。 これを積極的に取り入れているところの一つはコンビニになります。 コンビニは、一昔前と異なり様々決済方法を取り入れていますが、メルペイもコンビニでQRコード決済できるように適応しているのが基本です。 コンビニでのQRコード決済は、どのような仕組みになっているかといえば、スマートフォンにQRコードが表示されるようになっておりそれをコンビニにで使用すれば、一切お金を出さなくても支払いができてしまう仕組みになるわけです。 実はこれを利用するコンビニは増加している傾向があります。 やはり、現金を持ち歩かなくてよい為、気軽に支払うことができる点が大きな魅力といえます。 お店側も、現金を取り扱わなくてよい為、レジに無駄にお金をいれておかなくてもよくなってきます。 やり方さえ理解できれば、決して難しいものではないですので、ある程度のお店のスタッフを訓練すれば、確実にできる ようになるものです。 このように両者の使いやすさからQRコード決済を取り入れる店舗が増えているといえるでしょう。 その場で割引することができる点も、利用者としては見逃すことはできません。 スマートホンのアプリを導入すれば 簡単に利用することが可能ですので、もし気になる場合には積極的に使用してみるといいですね。 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

【最新】メルペイが支払いに使えるコンビニは?チャージ方法や使い方も解説 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ コンビニ 払い

キャッシュレス化の波の中で、大人気フリマアプリ「メルカリ」もスマホ決済アプリ「メルペイ」を提供しています。 メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用できますので、メルカリユーザーには、使い勝手のよいサービスです。 この記事では、メルペイの特徴・メリットと使い方を紹介します。 利用開始までの設定方法を画像(スクリーンショット)付きで解説しているので、これからメルペイを活用したい方は、ぜひ参考にしてください。 本記事内の各種情報については、メルペイの公式サイトから引用しています。 【引用元】 本記事内のスクリーンショット画像は、メルカリアプリから引用しています。 【引用元】 目次• 1.メルペイとは? (1)特徴 メルペイは、 株式会社メルペイが運営する、メルカリアプリを使った決済サービスです。 2019年2月13日にサービスを開始しました。 決済方法は「iD」を使ったIC決済と、QRコード決済をつかったコード決済の2本立てです。 メルペイの他の決済方法との一番の違いは メルカリで発生した売上金を使って買い物できるという点です。 通常メルカリで売り上げた金額を現金化するために振り込む場合は1万円未満だと手数料がかかるなど少し難がありました。 しかしメルペイなら手数料もかからず、すぐに使えてとても便利なのです。 もちろんメルカリで商品を買うことができるため、• メルペイにお金が貯まる というサイクルでお得に買い物ができそうです。 (2)メリット 通常iDを利用するときも、その他QRコード決済を利用する場合でも基本的にはクレジットカードの登録は必須であることがほとんどです。 しかし、メルペイならメルカリの売上金をそのまま利用する、もしくは銀行振込でチャージするという形になるので気軽にキャッシュレス決済に手を出すことが来ます。 GW中は「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!キャンペーン」というキャンペーンを展開しています。 GW期間中は、メルペイをオトクに使う絶好のチャンスです。 merpay 下記記事で、キャンペーンの概要や注意点を簡単に紹介していますので、気になる方はご参照ください。 「PayPay」「LINEPay」「au Pay」「d払い」などで現在行われている、還元率の高いキャンペーンをまとめ… (3)チャージ・支払い方法 メルペイに金額をチャージする方法は2種類あります。 まず1つ目は、メルカリの売上金からポイントを購入する方法です。 メルカリで出品し、売り上げた金額を利用してポイントを購入しそれを支払いに利用するという形になります。 2つめは銀行口座と連携させて銀行口座からポイントチャージを行うという方法です。 一見難しそうですが登録はすぐできますし、登録してしまえば本当にスムーズに残高を気にせずメルペイを利用できるようになります。 (4)使える店舗 メルペイの使える店舗は「iD」マークがあるところ、もしくは「メルペイ」のマークがあるところです。 iD払いだけでも全国で80万箇所で使えるため、決済で「メルペイが使えない」と困ることは、あまりありません。 iDが使える主要なお店としては• コンビニ(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン他)• ドラッグストア(ウエルシア、ツルハドラッグ、スギ薬局他)• イオン• マクドナルド• ビックカメラ など多種多様なお店で利用することができます。 さらなる詳細はメルペイのウェブサイトを参照ください。 2.メルペイの使い方 (1)メルカリを登録 メルペイを使うためにはまずApp Storeから メルカリのアプリをダウンロードしてください。 もしすでにメルカリのアプリを持っている方は最新バージョンかどうかを確認し、以前のバージョンだとメルペイに対応していない可能性がありますのでアップデートをしましょう。 コンビニなど店舗でのお支払い方法をタッチしてください。 迷う箇所はありませんので、画面に従って進んでいきます。 これで、コンビニなどで使えるようにするための設定が完了です。 (3)チャージ方法 ・銀行口座の登録方法 銀行口座の登録方法 チャージするためには、銀行口座の登録が必要ですので、まず、銀行口座を登録します。 指示に従って、4桁のパスコードを入力し、再度、同じものを入力します。 このパスコードは、ロック画面のパスコードとは異なりますので、忘れないようにしましょう。 チャージ方法 銀行口座が登録できたらお金をチャージします。 (今のところiOSアプリのみ) それ以前にメルカリアプリをインストールしている人は、アプリをアップデートしてください。 コード決済で支払う際には、お店側に 「メルペイで」と伝えます。 iDで支払う お店で支払う時は 「iD(アイディ)で」と伝えます。 「電子マネー(iD)を開く」をタッチします。 パスコードを入力して支払うか、もしくはTouch IDやFace IDを利用できます。 ここでは、パスコードで支払う場合を説明します。 パスコードを入力します。 そして、お店に置いてあるリーダーにかざします。 支払いが完了すると、店名、金額、日時が表示された完了画面が出ます。 (下記画面では店名を消しています。 ) (5)残高・履歴の確認方法 残高・履歴の確認は残高履歴で確認できます。 (6)口座への振込方法 メルペイに貯まっているお金を銀行に振り込む方法もあります。 (7)解約方法 メルペイは辞めたいときに解約方法などはありません。 ただ、銀行口座との連携を解除したい場合の操作方法はあるのでご紹介します。 ただし、銀行口座と連携しておけば大丈夫です。 また、メルペイは現状iD支払いなのでiD払いができないiPhoneの方(iPhone7より前の機種)はメルペイを利用することができないので注意してください。 PCでWEB版を利用できなくなることがあった PCでWEB版を利用してメルカリを利用している人は、要注意です。 メルペイの銀行口座の登録を行うと、次のようなメッセージが出て、2019年3月から4月にかけて、PCでWEB版を利用できなくなってしまいました。 「現在、メルペイ残高をご利用のお客様はWeb版のメルカリをご利用いただくことができません。 」 メルペイから銀行口座を削除し、ウォレットからメルペイ電子マネーを削除したとしても、WEB版を利用できるようにはなりません。 当初、「WEB版の公開は3月下旬頃を予定しております」と表示されていましたが、4月下旬まで延びました。 4月下旬に解除され、現在では、PCでも正常にWEB版を利用できています。 ただ、アップデートに伴って、また突然利用できなくなる可能性もありますので、いつもPC版で利用している人は、気をつけて利用したほうが良いでしょう。 まとめ メルペイはメルカリを利用している人も利用していない人も是非利用していただきたいです。 メルカリを利用している人は、身の回りで不要になったものを売って、売れた金額がそのまま日々のお買い物に使用できます。 現金としてお金を手にしていないのにアプリ上だけでお金の移動が完結するなんてお金のようでお金でない、メルカリが提唱するまさに「お金らしきもの」です。 そのような近未来的なお金をイオンや主要なコンビニなどで気軽に使える時代が、すでに来ています。 また、メルカリを利用していない人もクレジットカードなどを使用することなく簡単にメルペイを利用することができるので、他のキャッシレス決済よりも簡単に始めることができます。 そんなメルペイをこの機会に是非利用してみてください。 Ad Exchange.

次の

メルペイポイント使い方!コンビニ・後払い・id支払いの方法を分かりやすくまとめてみた

メルペイ コンビニ 払い

メルペイスマート払いの初期設定手順 まずは、メルペイスマート払いの初期設定をしましょう。 メルカリアプリを開き、下部「メルペイ」タブの中ほどにあるメルペイスマート払いの「設定して利用限度額を知る」ボタンを押します。 はじめにメルカリスマート払いの紹介が表示されるので、ざっと目を通しておくと理解しやすい。 使った分はすぐに確認でき、翌月にまとめて支払います。 利用上限金額は、審査による上限額の範囲内で自由に設定が可能。 (後述します) メルペイスマート払いを利用するには、メルペイの本人確認(銀行口座登録 or 免許証等で本人確認)を行い、指定された額の範囲内で利用上限金額を設定すればOK。 さっそく設定してみましょう。 本人確認をするには、運転免許証 or 在留カード or 日本のパスポートによる確認、もしくは銀行口座の登録が必要。 ここでは、免許証による本人確認をやってみることにします。 免許証を含む本人確認書類による本人確認の場合、自分と書類を同時にスマートフォンのカメラに写すことで照合を行います。 書類の文字が隠れないように注意しましょう。 「撮影を開始する」でカメラが起動し、本人確認がスタートします。 私も運転免許証でやってみようとしたんですが、アプリの指示の中に「右目をつぶってください」というものがあり、そこでジ・エンド。 認証不可能。 右目だけつぶるって皆できるもんなの?私は左目だけつぶることはできるけど右目だけはできないんですが。。。 メルペイアプリさん、指示が難しすぎませんかね。。。 パスポートでも同様の撮影が求められて自信がなかったので、結局銀行口座の登録で本人確認を済ませることにしました。 私の場合、メルペイスマート払いの枠(上限額)は60,000円でした。 利用頻度が高いユーザーでもこの額が少なめの場合があり、どういった要素でこの額を決定しているかは不明。 クレジットカードと違って年収や勤務先などの情報は登録した覚えがないし、裏で信用情報でもやりとりされているのか、それとも利用の仕方からAIが実際の利用可能額を推測したりでもしてるんでしょうか。 メルカリスマート払いとメルペイの切り替えと使い方 メルペイ利用時にメルペイ残高とスマート払いのどちらを使うかは、「支払い方法」のところで設定します。 矢印のところを押すと切り替え可。 月々の利用上限金額は、「メルペイ設定」の「メルペイスマート払い利用上限金額」で設定します。 私の場合は、審査で決定された上限額60,000円を最大として10,000円刻み(最少額のみ5,000円)で設定可能でした。 あまり利用することはなさそうですが、とりあえず30,000円で設定してみた。 コンビニなどの店舗で支払う際は、アプリ上でメルペイスマート払いを利用する設定にしておきiDで決済すればOK。 私の場合は1月に利用したので、2月中の支払いが必要。 それ以外は手数料が300円かかります。 残高払いの場合、メルペイ残高のほかに銀行口座からの支払いもできるようです。 この方法だと口座振替との違いがよくわかりませんが、どうなんでしょうか。 メルペイに一旦チャージしてそこから払う形、ってことなのかな。 私の場合、メルペイ残高およびポイントを使って支払うので、「ポイントを使用」にチェックを入れてお支払い詳細を確認。 大丈夫そうですね。 「支払う」ボタンを押せばメルペイスマート払いの支払い完了。 今月分の利用可能枠も復活します。 なお、メルペイスマート払いの利用額を翌月末までに支払えない場合、返済が終わるまで利用不可となるほか売上金も自動的に充当されるとのこと。 さらに長期間にわたって精算されない場合、利用制限や利息(損害金)の付与、第三者への債権回収依頼を行うこともあるらしい。 お支払い期限までにご清算いただけなかった場合、ご清算が完了するまでメルペイスマート払いのご利用をお断りするほか、お持ちの売上金を未払い金額に充当いたします。 長期に渡りご清算いただけない場合は、下記の対応を行う可能性がありますことをご了承ください。 未払いのメルペイスマート払い債権、手数料等の回収を第三者に委託することがあります。 年率14. 6%の遅延損害金を請求することがあります。 お電話または書面でご清算のご案内をすることがあります。 ある意味でメルペイスマート払いは借金の一種。 ご利用は計画的に。 支払い先延ばし以上の意味はないので、個人的にはあまり使うことは無さそう。 ただ、ポイント還元キャンペーン等の開催時は別。 メルペイ残高で払えば手数料もかからないし、そういった得する要因があるときにはスマート払いを活用するつもりでいます。 いつも通りメルペイ払いに戻しておけば特にデメリットはないので、今後もメルカリを活用する予定の方はとりあえずスマート払いの設定を済ませておいてもいいかもしれませんね。

次の