大阪市立大 unipa。 森 一彦

学術情報総合センターLibrary Service(大阪市立大学)

大阪市立大 unipa

建築史 人がその場所にいて「心地いい」と感じるのは、建築物の美しさや空間の快適性だけに由来するわけではありません。 例えば、室内のインテリアや窓から見える景色であったり、建築物を含む都市環境であったり、さまざまなものが影響しています。 つまり古い建築物や、さまざまな地域の環境に着目することで、「どういうものを造ればいいのか」という目的に関するヒントが見えてくるわけです。 その観点から、過去やさまざまな地域について考察し、得られたものを未来の建築につなげようというのが建築史の考え方です。 有名な建築物だけが対象になるわけではありません。 例えば、ある学生は町の銭湯を取り上げ、「コンビ二型銭湯」というジャンルを自ら考案し、現代の地域コミュニティの場として着目しました。 このように評価基準を変え、既存のものに新しい価値を見出せるのも建築史の面白いところです。 本学がある大阪市は、生きた歴史がつまっている街です。 例えば、江戸時代から船場の商人の守り神だった北御堂は今も公共の場として賑わっていますし、北浜・中之島界隈には現在も使われている明治から昭和初期に建てられたレトロな建築物があり、もちろん市内には最新の技術が用いられたビルなどもたくさん存在します。 今に息づく伝統や歴史が生活圏に多数存在し、それが現代の都市と融合している全国的にも珍しい地域であり、フィールドワークでそれらを目にし、体感することが、これからの建築を考えていく上での大きなヒントになるでしょう。 フィールドと文献を行き来しながら、新たな価値を発見し、位置づけていくのが建築史の醍醐味です。 アドミッションポリシー 本学科は幅広い分野に対応しており、多様な人材を求めています。 以下の「6」は必須ですが、「1」~「5」のいずれかの資質を有する人を求めています。 より良き人間生活と社会づくりに向けて、建築や社会の問題を解決するために幅広い知識と技術を修得しようとする 意欲のある人• 探究心が旺盛で、人間・社会・自然界で生じるさまざまなできごとや、それを支える仕組みに興味がある人• 建築という形のあるものを創り出すこと、それを実現するための学術・芸術・技術に対する興味と意欲のある人• 立体的な思考が得意で、ものづくりや空間への興味・関心が高く、創造力の豊かな人• 自分の意見を相手に伝えることのできるコミュニケーション能力がある人• 建築学に関する専門科目を習得するのに必要な一定レベルの学力を有しており、人文・社会科学、文化、歴史など 広範な学問領域に興味のある人.

次の

森 一彦

大阪市立大 unipa

建築史 人がその場所にいて「心地いい」と感じるのは、建築物の美しさや空間の快適性だけに由来するわけではありません。 例えば、室内のインテリアや窓から見える景色であったり、建築物を含む都市環境であったり、さまざまなものが影響しています。 つまり古い建築物や、さまざまな地域の環境に着目することで、「どういうものを造ればいいのか」という目的に関するヒントが見えてくるわけです。 その観点から、過去やさまざまな地域について考察し、得られたものを未来の建築につなげようというのが建築史の考え方です。 有名な建築物だけが対象になるわけではありません。 例えば、ある学生は町の銭湯を取り上げ、「コンビ二型銭湯」というジャンルを自ら考案し、現代の地域コミュニティの場として着目しました。 このように評価基準を変え、既存のものに新しい価値を見出せるのも建築史の面白いところです。 本学がある大阪市は、生きた歴史がつまっている街です。 例えば、江戸時代から船場の商人の守り神だった北御堂は今も公共の場として賑わっていますし、北浜・中之島界隈には現在も使われている明治から昭和初期に建てられたレトロな建築物があり、もちろん市内には最新の技術が用いられたビルなどもたくさん存在します。 今に息づく伝統や歴史が生活圏に多数存在し、それが現代の都市と融合している全国的にも珍しい地域であり、フィールドワークでそれらを目にし、体感することが、これからの建築を考えていく上での大きなヒントになるでしょう。 フィールドと文献を行き来しながら、新たな価値を発見し、位置づけていくのが建築史の醍醐味です。 アドミッションポリシー 本学科は幅広い分野に対応しており、多様な人材を求めています。 以下の「6」は必須ですが、「1」~「5」のいずれかの資質を有する人を求めています。 より良き人間生活と社会づくりに向けて、建築や社会の問題を解決するために幅広い知識と技術を修得しようとする 意欲のある人• 探究心が旺盛で、人間・社会・自然界で生じるさまざまなできごとや、それを支える仕組みに興味がある人• 建築という形のあるものを創り出すこと、それを実現するための学術・芸術・技術に対する興味と意欲のある人• 立体的な思考が得意で、ものづくりや空間への興味・関心が高く、創造力の豊かな人• 自分の意見を相手に伝えることのできるコミュニケーション能力がある人• 建築学に関する専門科目を習得するのに必要な一定レベルの学力を有しており、人文・社会科学、文化、歴史など 広範な学問領域に興味のある人.

次の

森 一彦

大阪市立大 unipa

建築史 人がその場所にいて「心地いい」と感じるのは、建築物の美しさや空間の快適性だけに由来するわけではありません。 例えば、室内のインテリアや窓から見える景色であったり、建築物を含む都市環境であったり、さまざまなものが影響しています。 つまり古い建築物や、さまざまな地域の環境に着目することで、「どういうものを造ればいいのか」という目的に関するヒントが見えてくるわけです。 その観点から、過去やさまざまな地域について考察し、得られたものを未来の建築につなげようというのが建築史の考え方です。 有名な建築物だけが対象になるわけではありません。 例えば、ある学生は町の銭湯を取り上げ、「コンビ二型銭湯」というジャンルを自ら考案し、現代の地域コミュニティの場として着目しました。 このように評価基準を変え、既存のものに新しい価値を見出せるのも建築史の面白いところです。 本学がある大阪市は、生きた歴史がつまっている街です。 例えば、江戸時代から船場の商人の守り神だった北御堂は今も公共の場として賑わっていますし、北浜・中之島界隈には現在も使われている明治から昭和初期に建てられたレトロな建築物があり、もちろん市内には最新の技術が用いられたビルなどもたくさん存在します。 今に息づく伝統や歴史が生活圏に多数存在し、それが現代の都市と融合している全国的にも珍しい地域であり、フィールドワークでそれらを目にし、体感することが、これからの建築を考えていく上での大きなヒントになるでしょう。 フィールドと文献を行き来しながら、新たな価値を発見し、位置づけていくのが建築史の醍醐味です。 アドミッションポリシー 本学科は幅広い分野に対応しており、多様な人材を求めています。 以下の「6」は必須ですが、「1」~「5」のいずれかの資質を有する人を求めています。 より良き人間生活と社会づくりに向けて、建築や社会の問題を解決するために幅広い知識と技術を修得しようとする 意欲のある人• 探究心が旺盛で、人間・社会・自然界で生じるさまざまなできごとや、それを支える仕組みに興味がある人• 建築という形のあるものを創り出すこと、それを実現するための学術・芸術・技術に対する興味と意欲のある人• 立体的な思考が得意で、ものづくりや空間への興味・関心が高く、創造力の豊かな人• 自分の意見を相手に伝えることのできるコミュニケーション能力がある人• 建築学に関する専門科目を習得するのに必要な一定レベルの学力を有しており、人文・社会科学、文化、歴史など 広範な学問領域に興味のある人.

次の